Amazon通販  101-125回 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  101-125回


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
天子蒙塵 第四巻

天子蒙塵 第四巻(メーカー 講談社 浅田次郎)

発売日 2018-09-28  希望価格 販売価格
2018-10-20 の情報

満洲でラストエンペラー・溥儀が再び皇帝の位に昇ろうとしている。そんななか、新京憲兵隊大尉が女をさらって脱走する事件が発生。欧州から帰還した張学良は、上海に繰り返し襲い来る刺客たちを返り討ちにしていた。日本では東亜連盟を構想する石原莞爾が関東軍内で突出した存在になりつつあり、日中戦争突入を前に、日本と中国の思惑が複雑に絡み合う。満洲に生きる道を見いだそうとする少年二人の運命は?

2 位
テンプル騎士団 (集英社新書)

テンプル騎士団 (集英社新書)(メーカー 集英社 佐藤賢一)

発売日 2018-07-18  希望価格 販売価格
2018-10-20 の情報

12世紀初頭に誕生した「テンプル騎士団」は、もともとエルサレム巡礼に向かう人々の保護のために設立された。しかしその後、軍事力、政治力、経済力すべてを持ち合わせた超国家組織に変貌を遂げる。彼らは、後世に影響を与えた数々の画期的な制度(管区、支部といった巨大ネットワークを張り巡らせる組織作り、指揮命令系統の明確な自前の常備軍、銀行業の始まりともいわれる財務管理システムなど)を形成した。西洋歴史小説の第一人者が、その成立過程から悲劇的結末までの200年にわたる興亡を鮮やかに描き出す。 【目次】はじめに/第一部 テンプル騎士団事件――前編/第二部 テンプル騎士団とは何か/第三部 テンプル騎士団事件――後編/おわりに/参考文献

3 位
天子蒙塵 第三巻

天子蒙塵 第三巻(メーカー 講談社 浅田 次郎)

発売日 2018-06-21  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

4 位
その日のまえに (文春文庫)

その日のまえに (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 重松 清)

発売日 2008-09-03  希望価格 販売価格¥ 691
2018-10-20 の情報

その日のまえに 重松 清 (著) 内容(「BOOK」データベースより) 僕たちは「その日」に向かって生きてきた―。昨日までの、そして、明日からも続くはずの毎日を不意に断ち切る家族の死。消えゆく命を前にして、いったい何ができるのだろうか…。死にゆく妻を静かに見送る父と子らを中心に、それぞれのなかにある生と死、そして日常のなかにある幸せの意味を見つめる連作短編集。

5 位
呉越春秋 湖底の城 七 (講談社文庫)

呉越春秋 湖底の城 七 (講談社文庫)(メーカー 講談社 宮城谷 昌光)

発売日 2018-09-14  希望価格¥ 680 販売価格¥ 680
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

6 位
天子蒙塵 第一巻

天子蒙塵 第一巻(メーカー 講談社 浅田 次郎)

発売日 2016-10-27  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

7 位
呉越春秋 湖底の城 第九巻

呉越春秋 湖底の城 第九巻(メーカー 講談社 宮城谷 昌光)

発売日 2018-09-28  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

8 位
わが心のジェニファー (小学館文庫)

わが心のジェニファー (小学館文庫)(メーカー 小学館 浅田 次郎)

発売日 2018-10-05  希望価格 販売価格¥ 810
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

9 位
天子蒙塵 第二巻

天子蒙塵 第二巻(メーカー 講談社 浅田 次郎)

発売日 2016-12-07  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

10 位
きみの友だち (新潮文庫)

きみの友だち (新潮文庫)(メーカー 新潮社 重松 清)

発売日 2008-06-30  希望価格 販売価格¥ 724
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

11 位
鏡の背面

鏡の背面(メーカー 集英社 篠田 節子)

発売日 2018-07-26  希望価格 販売価格¥ 2,160
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

12 位
漂砂の塔 (ひょうさのとう) (単行本)

漂砂の塔 (ひょうさのとう) (単行本)(メーカー 集英社 大沢 在昌)

発売日 2018-09-05  希望価格 販売価格¥ 2,160
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

13 位
とんび (角川文庫)

とんび (角川文庫)(メーカー 角川書店(角川グループパブリッシング) 重松 清)

発売日 2011-10-25  希望価格 販売価格¥ 691
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

14 位
琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎

琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎(メーカー 集英社 伊集院 静)

発売日 2017-10-05  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-10-20 の情報

購入後1回読んだのみです。ほぼ新品。

15 位
小学五年生 (文春文庫)

小学五年生 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 重松 清)

発売日 2009-12-04  希望価格 販売価格¥ 605
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

16 位
青い鳥 (新潮文庫)

青い鳥 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 重松 清)

発売日 2010-06-29  希望価格 販売価格¥ 724
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

17 位
宮部みゆき 全一冊

宮部みゆき 全一冊(メーカー 新潮社 宮部 みゆき)

発売日 2018-10-22  希望価格 販売価格¥ 2,376
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

18 位
あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続(メーカー KADOKAWA 宮部 みゆき)

発売日 2018-04-27  希望価格 販売価格¥ 1,944
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。

19 位
雨の狩人 狩人シリーズ

雨の狩人 狩人シリーズ(メーカー 光文社 大沢 在昌)

発売日 2018-08-24  希望価格 販売価格
2018-10-20 の情報

新宿の地下格闘技場で起こった射殺事件は、多発する死亡事件の氷山の一角に過ぎなかった。警察、ヤクザからも嫌われる新宿署刑事佐江は、背景に大掛かりな謎のプロジェクトが進行していることに気づく。粘り強く捜査を進める佐江だが、一介の刑事の彼ですら暗殺者に命を狙われる。ヒートアップする新宿の街に降る雨は、誰の頬を濡らすのか? 「狩人」シリーズ第4作。文庫上下巻849ページを1巻にまとめ、ついに電子書籍化!

20 位
希望荘 (文春文庫)

希望荘 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 宮部 みゆき)

発売日 2018-11-09  希望価格 販売価格¥ 972
2018-10-20 の情報

レビューは有りません。