Amazon通販 中国文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → 中国文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
3億人の中国農民工 食いつめものブルース

3億人の中国農民工 食いつめものブルース(メーカー 日経BP社 山田 泰司)

発売日 2017-11-09  希望価格 販売価格¥ 1,944
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

2 位
[復刻版]敗走千里

[復刻版]敗走千里(メーカー ハート出版 陳 登元)

発売日 2017-06-19  希望価格 販売価格¥ 1,944
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

3 位
生と死のことば――中国の名言を読む (岩波新書)

生と死のことば――中国の名言を読む (岩波新書)(メーカー 岩波書店 川合 康三)

発売日 2017-10-21  希望価格 販売価格¥ 842
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

4 位
歩歩驚心(ホホキョウシン) ~花萌ゆる皇子たち~ (下)

歩歩驚心(ホホキョウシン) ~花萌ゆる皇子たち~ (下)(メーカー 新書館 桐華(トン・ホァ))

発売日 2016-12-24  希望価格 販売価格¥ 2,592
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

5 位
中国が愛を知ったころ――張愛玲短篇選

中国が愛を知ったころ――張愛玲短篇選(メーカー 岩波書店 張愛玲)

発売日 2017-10-26  希望価格 販売価格¥ 2,592
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

6 位
歩歩驚心(ホホキョウシン) ~花萌ゆる皇子たち~ (上)

歩歩驚心(ホホキョウシン) ~花萌ゆる皇子たち~ (上)(メーカー 新書館 桐華(トン・ホァ))

発売日 2016-11-25  希望価格 販売価格¥ 2,160
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

7 位
さんねん峠―朝鮮のむかしばなし (フォア文庫)

さんねん峠―朝鮮のむかしばなし (フォア文庫)(メーカー 岩崎書店 李 錦玉)

発売日 1996-07-01  希望価格 販売価格¥ 605
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

8 位
歩道橋の魔術師 (エクス・リブリス)

歩道橋の魔術師 (エクス・リブリス)(メーカー 白水社 呉明益)

発売日 2015-04-24  希望価格 販売価格¥ 2,268
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

9 位
半生縁―上海の恋

半生縁―上海の恋(メーカー 勉誠出版 張 愛玲)

発売日 2004-10  希望価格 販売価格
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

10 位
西遊記〈上〉 (岩波少年文庫)

西遊記〈上〉 (岩波少年文庫)(メーカー 岩波書店 呉 承恩)

発売日 2001-11-16  希望価格 販売価格¥ 821
2017-12-13 の情報

上、中、下巻の中古レベルは同等クラスの3冊セットです。

11 位
故郷/阿Q正伝 (光文社古典新訳文庫)

故郷/阿Q正伝 (光文社古典新訳文庫)(メーカー 光文社 魯迅)

発売日 2009-04-20  希望価格 販売価格
2017-12-13 の情報

久しぶりに再会した幼なじみは、かつて僕の英雄だった頃の輝きを失っていた……切なさと次世代への期待に溢れる「故郷」。定職も学もない男が、革命の噂に憧れを抱いた顛末を描く「阿Q正伝」。周りの者がみな僕を食おうとしている! 狂気の所在を追求する「狂人日記」など、文学で革命を起こした中国現代文学の父、魯迅の代表作『吶喊』『朝花夕拾』から16篇を収録。

12 位
封神演義(上) (講談社文庫)

封神演義(上) (講談社文庫)(メーカー 講談社 )

発売日 1988-11-15  希望価格 販売価格
2017-12-13 の情報

中国三大奇書を越える奇想天外な大伝奇小説商から周への易姓革命を舞台に、軍師太公望を擁する西岐軍と紂王軍の殺戮戦。妖術玄術が切り結び、飛び交う秘密兵器はSFを凌ぐ。幻の大伝奇ロマン、本邦初訳。(講談社文庫)

13 位
三国志〈上〉 (岩波少年文庫)

三国志〈上〉 (岩波少年文庫)(メーカー 岩波書店 羅 貫中)

発売日 2000-11-17  希望価格 販売価格¥ 778
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

14 位
星空 The Starry Starry Night

星空 The Starry Starry Night(メーカー トゥーヴァージンズ ジミー)

発売日 2017-01-21  希望価格 販売価格¥ 2,160
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

15 位
悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)

悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)(メーカー 新潮社 万城目 学)

発売日 2016-12-23  希望価格 販売価格¥ 529
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

16 位
西遊記〈中〉 (岩波少年文庫)

西遊記〈中〉 (岩波少年文庫)(メーカー 岩波書店 呉 承恩)

発売日 2001-11-17  希望価格 販売価格¥ 821
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

17 位
紫嵐の祈り 下巻

紫嵐の祈り 下巻(メーカー 大樟樹出版社 沈石渓)

発売日 2017-11-24  希望価格 販売価格¥ 1,296
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

18 位
古代中国の語り物と説話集

古代中国の語り物と説話集(メーカー 東方書店 高橋 稔)

発売日 2017-11-10  希望価格 販売価格¥ 2,592
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

19 位
史記・春秋戦国人物事典 (Truth in history 7)

史記・春秋戦国人物事典 (Truth in history 7)(メーカー 新紀元社 小出 文彦)

発売日 2005-10-19  希望価格¥ 4,104 販売価格¥ 4,104
2017-12-13 の情報

レビューは有りません。

20 位
上海、かたつむりの家

上海、かたつむりの家(メーカー プレジデント社 六六)

発売日 2012-09-09  希望価格 販売価格
2017-12-13 の情報

中国じゅうを熱狂させ、突如打ち切りとなったテレビドラマ『蝸居』の原作。
中国人さえ「大事実了!(あまりにもリアルすぎる!)」と驚愕した大ベストセラー小説。

地方出身、大卒、共働き、離れて暮らす子どもひとり……。
上海で暮らす若いカップルのささやかな夢は、
“かたつむりの殻のような狭すぎる住まい”から一刻も早く抜け出すことだった。

貧富の差の拡大、拝金主義、住宅問題、官僚の汚職、ローン地獄……。
上海を舞台に、中国人男女4人の可笑しくてやがて切ない夢と希望と現実を
100%リアルに描く、かつてない問題作。


──中国人は年収の100倍近い家をどうやって買うのか?
──発覚すれば厳罰なのに、なぜ公務員は汚職を繰り返すのだろう?
──中国人のホワイトカラーは日系企業をどう見ているのだろう?
──中国人のイメージする「日本人」とは?

「中国の不思議」を解き明かしてくれる本書は「小説上海現代史」の側面をもつ。
小説としてはもちろん、中国に、上海に関わり関わろうとする人、
今のリアルな中国を知りたい人の参考書がわりとなる1冊。


【目次より抜粋】
■貯金の増える速度は物価上昇の速度に、永遠に追いつかない
■処女のような新築の家が欲しいの
■消費は欧米にならえ、収入は南米・アフリカにならえ
■先に豊かになった人のために奉仕する
■結婚なんて、つまりは金勘定よ
■彼女にとって、家とはお墓なんです
■残業はアジアの文化だ
■愛人のいる男の生活はブルーカラーと同じである
■心の傷はなんとかなっても、面子をなくしたら男は終わり