Amazon通販  フランス文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  フランス文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
カミュ=グルニエ往復書簡―1932―1960

カミュ=グルニエ往復書簡―1932―1960(メーカー 国文社 アルベール・カミュ)

発売日 1987-10  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

レビューは有りません。

2 位
苦悩

苦悩(メーカー 河出書房新社 マルグリット・デュラス)

発売日 2019-01-18  希望価格 販売価格¥ 3,456
2019-2-21 の情報

レビューは有りません。

3 位
妻に恋した男: 当世風の偏見

妻に恋した男: 当世風の偏見(メーカー ラ=ショッセ)

発売日 2019-02-17  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

貴族文化華やかなりし18世紀のフランス。
愛人をもち恋愛遊戯にふけるのが上流階級の「トレンド」だった時代、貴族デュルヴァルは禁断の女性への恋に落ちてしまう。露見すれば世間の笑い者になること間違いなし、その相手とは――自分の妻だった!
劇作家ラ=ショッセによる、皮肉と諷刺のスパイスの利いたラブ・コメディ。
知られざる傑作戯曲「当世風の偏見」(Le Préjugé à la mode, 1735)をこのたび初邦訳した。

4 位
ヴィクトル・ユゴー作品集

ヴィクトル・ユゴー作品集(メーカー 古典教養文庫 ヴィクトル ユゴー)

発売日 2014-02-02  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

(ヴィクトル・ユゴーについて)

 ヴィクトル・ユゴーはフランスの詩人、小説家、劇作家です。父はナポレオン軍の将軍で,母は王党派の家の娘で、ブザンソンに一八〇二年に生まれました。
 教育はおもにパリで受け、少年時代から王党派の詩人として頭角を現します。一八二七年には、戯曲クロムウェルに付した有名な序文の中で古典主義の演劇を批判して,ロマン主義の文学運動に理論的な支柱を与えました。さらに一八三〇年になると、ロマン派戯曲の典型であるエルナニを上演し、その後ロマン派が十年以上もの間文壇で栄える契機を作りました。
 

(レ・ミゼラブルについて)

 『レ・ミゼラブル』は、ヴィクトル・ユーゴーが一八六二年に執筆したロマン主義フランス文学の大河小説です。原題 Les Miserables は、「悲惨な人々」や「哀れな人々」を意味します。
 一個のパンを盗んだために十九年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯を描く作品で、作品中ではナポレオン一世没落直後の一八一五年からルイ十八世・シャルル十世の復古王政時代、七月革命後のルイ・フィリップ王の七月王政時代の最中の一八三三年までの十八年間を描いています。さらに随所でフランス革命、ナポレオンの第一帝政時代と百日天下、二月革命とその後勃発した六月暴動の回想・記憶が挿入されています。当時のフランスを取り巻く社会情勢や民衆の生活も、物語の背景として詳しく記載されています。
 日本では始め、森田思軒が一部を「哀史」の題名で訳したが完訳には至らず、黒岩涙香による翻案が『噫無情』(ああむじょう)の題で一九〇二年(明治三十五年)から翌年まで『萬朝報』に連載され、これによってユーゴーの名が広く知れわたることになりました。また銀の燭台のエピソードは特に有名です。


(この本について)

 この「ヴィクトル・ユゴー作品集」には以下の作品が収められています。
 
 上巻 レ・ミゼラブル
   第一部 ファンティーヌ
   第二部 コゼット
   第三部 マリユス
   第四部 叙情詩と叙事詩
   第五部 ジャン・バルジャン
   
 下巻 死刑囚最後の日
  
 Kindleでは、各部には移動メニューから移動できます。また本の最初には目次がありますので、そこからさらに小見出しに移動することもできます。


(古典教養文庫について)

古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。

1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。

2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、Kindleはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットでの読書に最適化しました。また索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
 青空文庫をベースとしている場合も、適切に処理してありますので、そのまま青空文庫の物をダウンロードして読むよりも格段に読みやすくなっています。

3、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。

4、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。

5 位
ロラン・バルト 喪の日記 【新装版】

ロラン・バルト 喪の日記 【新装版】(メーカー みすず書房 ロラン・バルト)

発売日 2015-12-11  希望価格 販売価格¥ 3,888
2019-2-21 の情報

レビューは有りません。

6 位
秋の日本 (角川文庫)

秋の日本 (角川文庫)(メーカー 角川書店 ピエール・ロチ)

発売日 1953-10  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

筆者は明治18年(1885)、35歳のとき、フランス海軍「トリファント号」の艦長として日本を訪問し、同年7月から12月中旬まで滞在した。明治政府によって破格の待遇をうけ、「鹿鳴館」の舞踏会へ招待されたり、各地を見てまわる際にも、普通は目にできないものを見せてもらうことができた。そのときの体験をまとめたのが本書で、明治初期の日本の姿がみごとなまでにとらえられ、非常におもしろい貴重なドキュメントになっている。

7 位
アミエルの日記 (2) (岩波文庫)

アミエルの日記 (2) (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 アミエル)

発売日 1972-05-16  希望価格 販売価格¥ 1,102
2019-2-21 の情報

レビューは有りません。

8 位
ゴリオ爺さん(上)

ゴリオ爺さん(上)(メーカー 古典教養文庫 オノレ・ド・バルザック)

発売日 2018-01-18  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

(この本について)
 この古典教養文庫版の「ゴリオ爺さん」は、以下の小西茂也訳「ゴリオ爺さん」を元にして作成しました。
  世界文学全集九 新潮社一九六一(昭和三十六)年十月五日発行

 この本は、以下の様に作者、翻訳者ともに死後五〇年以上を経過し、パブリックドメインとなっています。
 著者 オノレ・ド・バルザック(一七九九年 ― 一八五〇年)
 原訳者 小西茂也(一九〇九年 ― 一九五五年)

 またこの本には次のような特長があります。
1、現在では使われない言い回しや言葉は、現在普通に使われる言葉に置き換えました。現代人には意味の取りにくい文は、平易な文に書きなおしました。また読みやすいように適宜改行を入れました。
2、原文で触れられた場所、人物、絵画などを中心に、関連する画像を、著作権フリーのものにかぎって、いくつか挿入しましたので、より興味深く読み進めることができます。
3、わかりにくい言葉や、登場人物、でき事、作品などについての適切な注を、割り注の形で入れてありますので、本文の理解が深まります。これは原訳書にあったものに、編集者が適宜加えたものです。
4、人名・地名は、現在通常に使われている表記に変更しました。

「ゴリオ爺さん」の章立ては以下のようになっています。
「ゴリオ爺さん」(上)
  第一章 下宿屋
  第二章 二つの訪問
  第三章 社交界への登場
「ゴリオ爺さん」(下)
  第四章 不死身
  第五章 二人の娘
  第六章 爺さんの死
 この本はそのうち上巻にあたります。

(バルザックについて)
 バルザックは、十九世紀のフランスを代表する小説家です。
 イギリスの作家サマセット・モームは、『世界の十大小説』のなかで、バルザックを「確実に天才とよぶにふさわしい人物」と述べています。
 バルザックは九十篇の長編・短編からなる小説群『人間喜劇』を執筆しましたが、これは、ドストエフスキー、トルストイを始めとする十九世紀ロシア文学のさきがけとなった写実的小説群とされています。
 代表作には、この「ゴリオ爺さん」の他、「従兄ポンス」「従妹ベット」「谷間の百合」「ウージェニー・グランデ」などがあります。
 若き日のドストエフスキー以下のように兄に書き送っています。
「バルザックは偉大です! 彼の描いた諸性格は、宇宙的叡智の所産です! 単なる時代精神ではなく、数世紀の歳月がその発酵によって、一人の人間の魂のなかでこのような解決を準備したのです。」

(「ゴリオ爺さん」について)
 一八三五年に発表された長編小説で、バルザックの代表作とも言える作品です。『人間喜劇』のうち「私生活情景」に収められています。
 一八一九年のパリを舞台に、子煩悩な年寄りゴリオ、謎のお尋ね者ヴォートラン、うぶな学生ウージェーヌ・ラスティニャックの三人の生き様の絡み合いを描いています。
 サマセット・モームは、『世界の十大小説』の一つに挙げています。

9 位
ゴリオ爺さん(下)

ゴリオ爺さん(下)(メーカー 古典教養文庫 オノレ・ド・バルザック)

発売日 2018-02-01  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

(この本について)
 この古典教養文庫版の「ゴリオ爺さん」は、以下の小西茂也訳「ゴリオ爺さん」を元にして作成しました。
  世界文学全集九 新潮社一九六一(昭和三十六)年十月五日発行

 この本は、以下の様に作者、翻訳者ともに死後五〇年以上を経過し、パブリックドメインとなっています。
 著者 オノレ・ド・バルザック(一七九九年 ― 一八五〇年)
 原訳者 小西茂也(一九〇九年 ― 一九五五年)

 またこの本には次のような特長があります。
1、現在では使われない言い回しや言葉は、現在普通に使われる言葉に置き換えました。現代人には意味の取りにくい文は、平易な文に書きなおしました。また読みやすいように適宜改行を入れました。
2、原文で触れられた場所、人物、絵画などを中心に、関連する画像を、著作権フリーのものにかぎって、いくつか挿入しましたので、より興味深く読み進めることができます。
3、わかりにくい言葉や、登場人物、でき事、作品などについての適切な注を、割り注の形で入れてありますので、本文の理解が深まります。これは原訳書にあったものに、編集者が適宜加えたものです。
4、人名・地名は、現在通常に使われている表記に変更しました。

「ゴリオ爺さん」の章立ては以下のようになっています。
「ゴリオ爺さん」(上)
  第一章 下宿屋
  第二章 二つの訪問
  第三章 社交界への登場
「ゴリオ爺さん」(下)
  第四章 不死身
  第五章 二人の娘
  第六章 爺さんの死
  *訳者による解説

 この本はそのうち下巻にあたります。巻末に訳者による解説を掲載しました。

(バルザックについて)
 バルザックは、十九世紀のフランスを代表する小説家です。
 イギリスの作家サマセット・モームは、『世界の十大小説』のなかで、バルザックを「確実に天才とよぶにふさわしい人物」と述べています。
 バルザックは九十篇の長編・短編からなる小説群『人間喜劇』を執筆しましたが、これは、ドストエフスキー、トルストイを始めとする十九世紀ロシア文学のさきがけとなった写実的小説群とされています。
 代表作には、この「ゴリオ爺さん」の他、「従兄ポンス」「従妹ベット」「谷間の百合」「ウージェニー・グランデ」などがあります。
 若き日のドストエフスキー以下のように兄に書き送っています。
「バルザックは偉大です! 彼の描いた諸性格は、宇宙的叡智の所産です! 単なる時代精神ではなく、数世紀の歳月がその発酵によって、一人の人間の魂のなかでこのような解決を準備したのです。」

(「ゴリオ爺さん」について)
 一八三五年に発表された長編小説で、バルザックの代表作とも言える作品です。『人間喜劇』のうち「私生活情景」に収められています。
 一八一九年のパリを舞台に、子煩悩な年寄りゴリオ、謎のお尋ね者ヴォートラン、うぶな学生ウージェーヌ・ラスティニャックの三人の生き様の絡み合いを描いています。
 サマセット・モームは、『世界の十大小説』の一つに挙げています。


(古典教養文庫について)

 古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。

1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。
2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、電子書籍デバイスはもちろん、スマートフォンやタブレットなどでの読書に最適化しました。またMacやパソコンでも読むことができます。
3、すばやい操作性
 索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
4、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。
5、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。古典教養文庫のブログに書き込むことで迅速なレスポンスが得られます。

10 位
アミエルの日記 (1) (岩波文庫)

アミエルの日記 (1) (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 アミエル)

発売日 1972-04-17  希望価格 販売価格¥ 1,156
2019-2-21 の情報

ジュネーブ大学で美学と哲学を講じたスイスの哲学者フレデリック・アミエル(1821‐1881)は,われわれには学問的業績よりもむしろこの日記で親しい.1847年より約30年にわたって綴られた内省的な人生記録は,感傷を排して冷酷なまでの自己観察に貫ぬかれ,思想と芸術,自然と人生の諸相の多彩なルポルタージュとして一大偉観をなしている.

11 位
アミエルの日記 (3) (岩波文庫)

アミエルの日記 (3) (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 アミエル)

発売日 1972-06-16  希望価格 販売価格¥ 994
2019-2-21 の情報

レビューは有りません。

12 位
サルトル/メルロ=ポンティ往復書簡―決裂の証言 (みすずライブラリー)

サルトル/メルロ=ポンティ往復書簡―決裂の証言 (みすずライブラリー)(メーカー みすず書房 J.‐P. サルトル)

発売日 2000-06  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

レビューは有りません。

13 位
マダム・エドワルダ(海外新訳文学叢書)

マダム・エドワルダ(海外新訳文学叢書)(メーカー ジョルジュ バタイユ)

発売日 2016-12-22  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

「この書物には秘密がある。私は何も言わない。なぜならその秘密はあらゆる言葉を超えているから。」(本文より)

 エロティシズムとタブーの中にこそ神聖さを見出す挑発的な思想を、切り立つ文体と生々しい表現で短編小説として表現。哲学者ジョルジュ・バタイユによる思想小説。
 角川文庫や光文社古典新訳文庫にも名を連ねる有名作品が、二〇代の若手訳者の手で新鮮な訳文として生まれ変わる。
 訳者自身の身体性を通して原文の異物感を語る「男を訳す女――訳者あとがきに代えて」を収録。

<著者>
ジョルジュ・バタイユ Georges Bataille。フランスの哲学者・小説家。無神論の徹底から至高性を見出す思想を展開。ニーチェ研究や経済思想でも活躍。代表作に『無神学大全』、『呪われた部分』、『眼球譚』、『C神父』など。

<訳者>
木口香恵 Kae Kiguchi。2016年3月に某女子大学文学部卒業。現在は大学院生で、専攻は文学。

14 位
名の明かされない女性への手紙―恋をした星の王子さま

名の明かされない女性への手紙―恋をした星の王子さま(メーカー くらしき絵本館 アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ)

発売日 2012-11  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

レビューは有りません。

15 位
ゴリオ爺さん(上)

ゴリオ爺さん(上)(メーカー 古典教養文庫 オノレ・ド・バルザック)

発売日 2018-01-18  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

(この本について)
 この古典教養文庫版の「ゴリオ爺さん」は、以下の小西茂也訳「ゴリオ爺さん」を元にして作成しました。
  世界文学全集九 新潮社一九六一(昭和三十六)年十月五日発行

 この本は、以下の様に作者、翻訳者ともに死後五〇年以上を経過し、パブリックドメインとなっています。
 著者 オノレ・ド・バルザック(一七九九年 ― 一八五〇年)
 原訳者 小西茂也(一九〇九年 ― 一九五五年)

 またこの本には次のような特長があります。
1、現在では使われない言い回しや言葉は、現在普通に使われる言葉に置き換えました。現代人には意味の取りにくい文は、平易な文に書きなおしました。また読みやすいように適宜改行を入れました。
2、原文で触れられた場所、人物、絵画などを中心に、関連する画像を、著作権フリーのものにかぎって、いくつか挿入しましたので、より興味深く読み進めることができます。
3、わかりにくい言葉や、登場人物、でき事、作品などについての適切な注を、割り注の形で入れてありますので、本文の理解が深まります。これは原訳書にあったものに、編集者が適宜加えたものです。
4、人名・地名は、現在通常に使われている表記に変更しました。

「ゴリオ爺さん」の章立ては以下のようになっています。
「ゴリオ爺さん」(上)
  第一章 下宿屋
  第二章 二つの訪問
  第三章 社交界への登場
「ゴリオ爺さん」(下)
  第四章 不死身
  第五章 二人の娘
  第六章 爺さんの死
 この本はそのうち上巻にあたります。

(バルザックについて)
 バルザックは、十九世紀のフランスを代表する小説家です。
 イギリスの作家サマセット・モームは、『世界の十大小説』のなかで、バルザックを「確実に天才とよぶにふさわしい人物」と述べています。
 バルザックは九十篇の長編・短編からなる小説群『人間喜劇』を執筆しましたが、これは、ドストエフスキー、トルストイを始めとする十九世紀ロシア文学のさきがけとなった写実的小説群とされています。
 代表作には、この「ゴリオ爺さん」の他、「従兄ポンス」「従妹ベット」「谷間の百合」「ウージェニー・グランデ」などがあります。
 若き日のドストエフスキー以下のように兄に書き送っています。
「バルザックは偉大です! 彼の描いた諸性格は、宇宙的叡智の所産です! 単なる時代精神ではなく、数世紀の歳月がその発酵によって、一人の人間の魂のなかでこのような解決を準備したのです。」

(「ゴリオ爺さん」について)
 一八三五年に発表された長編小説で、バルザックの代表作とも言える作品です。『人間喜劇』のうち「私生活情景」に収められています。
 一八一九年のパリを舞台に、子煩悩な年寄りゴリオ、謎のお尋ね者ヴォートラン、うぶな学生ウージェーヌ・ラスティニャックの三人の生き様の絡み合いを描いています。
 サマセット・モームは、『世界の十大小説』の一つに挙げています。

16 位
ラガ――見えない大陸への接近

ラガ――見えない大陸への接近(メーカー 岩波書店 ル・クレジオ)

発売日 2016-03-16  希望価格 販売価格¥ 2,376
2019-2-21 の情報

レビューは有りません。

17 位
ジョルジュ・サンドからの手紙―スペイン・マヨルカ島、ショパンとの旅と生活

ジョルジュ・サンドからの手紙―スペイン・マヨルカ島、ショパンとの旅と生活(メーカー 藤原書店 ジョルジュ サンド)

発売日 1996-03  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

レビューは有りません。

18 位
サン=ジェルマン=デ=プレ入門

サン=ジェルマン=デ=プレ入門(メーカー 文遊社 ボリス・ヴィアン)

発売日 2005-07-25  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

レビューは有りません。

19 位
文学ムック たべるのがおそい vol.4

文学ムック たべるのがおそい vol.4(メーカー 西崎 憲)

発売日 2017-11-19  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

【小説と翻訳と短歌を中心にした文学ムック】
わたしたちは誰もが重力というものに支配されています。
「たべるのがおそい」は、その重力を少し弱めてみたいと思っています。
読んでいるあいだ、少し動きやすく、歩きやすい、
それがこの一風変わったタイトルの文学誌の目標です。

西崎憲(編集長)

※こちらの電子書籍は、リフロー版ではなく、レイアウトが固定されているフィックス版となっております。

【執筆陣】
【巻頭エッセイ】
皆川博子

【特集〈わたしのガイドブック〉】
澤田瞳子 谷崎由依 山崎まどか 山田航

【小説】
木下古栗 古谷田奈月 町田康 宮内悠介

【短歌】
伊舎堂仁 國森晴野 染野太朗 野口あや子

【エッセイ】
辻山良雄 都甲幸治

【翻訳】
アルフォンス・アレー
マルセル・シュオッブ
マルセル・ベアリュ
 西崎憲訳
マルレーン・ハウスホーファー
 松永美穂訳

20 位
セヴィニェ夫人手紙抄 (岩波文庫)

セヴィニェ夫人手紙抄 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 セヴィニェ夫人)

発売日 1987-11  希望価格 販売価格
2019-2-21 の情報

レビューは有りません。