Amazon通販 エッセー・随筆 全般 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → エッセー・随筆 全般


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
東京するめクラブ 地球のはぐれ方

東京するめクラブ 地球のはぐれ方(メーカー 文藝春秋 村上 春樹)

発売日 2004-11-10  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

2 位
自分の仕事をつくる

自分の仕事をつくる(メーカー 晶文社 西村 佳哲)

発売日 2003-10-01  希望価格 販売価格¥ 2,052
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

3 位
意味がなければスイングはない

意味がなければスイングはない(メーカー 文藝春秋 村上 春樹)

発売日 2005-11-25  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

4 位
自分思考

自分思考(メーカー 講談社 山口 絵理子)

発売日 2011-09-21  希望価格 販売価格¥ 1,337
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

5 位
ひとり旅は楽し (中公新書)

ひとり旅は楽し (中公新書)(メーカー 中央公論新社 池内 紀)

発売日 2004-04-25  希望価格 販売価格¥ 778
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

6 位
勝つために戦え!

勝つために戦え!(メーカー エンターブレイン 押井 守)

発売日 2006-03-04  希望価格 販売価格¥ 1,620
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

7 位
いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。

いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。(メーカー Think D出版 326(ナカムラミツル))

発売日 2006-02-09  希望価格 販売価格¥ 1,296
2017-11-19 の情報

帯あり。受け取られた方が不快に思われるような、傷みのひどい本、見苦しい本などは扱っておりません。本品は小口付近に軽い折れがある程度で、あとは目立つような傷・汚れもありません。本文は使用感もなく「非常によい」状態です。気持ちよく鑑賞していただけるのではないかと思います。専用書庫にて保管しております。ご注文確定後、速やかに送付いたします。

8 位
150cmライフ。 (3)

150cmライフ。 (3)(メーカー メディアファクトリ- たかぎ なおこ)

発売日 2006-01-13  希望価格¥ 1,026 販売価格¥ 1,026
2017-11-19 の情報

この度は数ある店舗の中から当店をご覧頂き誠にありがとう御座います。【お支払いの確認後Amazonセンターより年中無休で発送・Amazonプライム対象品:代金引換・コンビニ決済等可能】 発売から年数が経っている商品に関しまして一部ヤケ、スレなどがある場合がございます。ご了承下さいませ。

9 位
ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね

ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね(メーカー 平凡社 岡崎 京子)

発売日 2004-02-21  希望価格 販売価格¥ 1,296
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

10 位
エクソフォニー-母語の外へ出る旅-

エクソフォニー-母語の外へ出る旅-(メーカー 岩波書店 多和田 葉子)

発売日 2003-08-21  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

11 位
ああ息子

ああ息子(メーカー 毎日新聞社 西原 理恵子)

発売日 2005-12-22  希望価格 販売価格¥ 905
2017-11-19 の情報

受け取られる方が不快に思われるような、傷みのひどい本、見苦しい本などは扱っておりません。本品はカバー背・天付近に微細な角折れがある程度で、あとは目立つような傷・汚れもありません。本文は使用感もなく「非常によい」状態です。気持ちよく鑑賞していただけるのではないかと思います。専用書庫にて保管しております。ご注文確定後、速やかに送付いたします。

12 位
私のパリ 私のフランス

私のパリ 私のフランス(メーカー 講談社 岸 恵子)

発売日 2005-12-19  希望価格 販売価格¥ 2,057
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

13 位
ねにもつタイプ

ねにもつタイプ(メーカー 筑摩書房 岸本 佐知子)

発売日 2007-01-25  希望価格 販売価格¥ 1,620
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

14 位
ゴルフがある幸せ。

ゴルフがある幸せ。(メーカー 日本経済新聞社 夏坂 健)

発売日 2004-02-21  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

15 位
シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ

シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ(メーカー 文藝春秋 田丸 公美子)

発売日 2005-08-03  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

16 位
独りでできるもん

独りでできるもん(メーカー メディアファクトリー 森下 えみこ)

発売日 2006-04-21  希望価格 販売価格¥ 1,026
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

17 位
人生の100のリスト

人生の100のリスト(メーカー 講談社 ロバート・ハリス)

発売日 2004-02-24  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

18 位
杉浦日向子の食・道・楽

杉浦日向子の食・道・楽(メーカー 新潮社 杉浦 日向子)

発売日 2006-07-22  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

19 位
夢のなか、いまも

夢のなか、いまも(メーカー 創出版 宮崎 勤)

発売日 2006-02-17  希望価格 販売価格¥ 1,620
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

20 位
柳宗理 エッセイ

柳宗理 エッセイ(メーカー 平凡社 柳 宗理)

発売日 2003-06-24  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

   柳宗理の名は、日ごろあまりデザインに馴染みのない読者にも広く知られているだろう。テーブルウェアのような小物から、歩道橋や自動車、オリンピックの聖火台のような大掛かりなものに至るまでその活動の幅は広く、それらの作品のなかには「バタフライ・スツール」のように海外でも広く知られているものも少なくない。しかし、作品の高い知名度と比べてみても、柳その人が語ったデザイン観は不思議とあまり話題に上らなかった。88歳を迎えた著者・柳が初めて刊行したエッセイ選集である本書は、日本のプロダクトデザインをリードしてきた重鎮の軌跡が軽妙な言葉によってつづられた、今までの遺漏を埋め合わせて余りある1冊となっている。

   本書には折に触れ書き留められた多くのデザイン論が収録されているが、なかでも著者のデザイン観が最も凝集されているのが冒頭の「アノニマス・デザイン」であろう。著者は匿名の職人によって作られたジーパン、野球のボール、ピッケルなどに「その土地土地の生活の用に準じて、忠実に素直に作られている健康で平穏な美しさ」を見出してそれを「濁流渦巻く現代文化への清涼剤」として位置付けている。この部分だけを読んでいても拍子抜けしてしまいそうだが、しかしこの視点は伝統的な「用即美」の境地とほぼ同一のものといってよく、シンプルにして質実剛健なデザインこそ著者の希求するものであったことを他の多くのデザイン論や雑感からも読み取ることは難しくない。

   言うまでもなく、このような「アノニマス・デザイン」へのまなざしは民藝運動を展開した美学者である著者の実父・宗悦の大きな影響下に形成されたものであり、本書の後半にも、宗悦が創設した日本民藝館の館長を務める立場となった今、あらためて実感されるその業績の偉大さを回顧する断章が挿入されている。親子2代にわたって受け継がれた民藝運動の理念を「蛙の子は蛙」と言って済ますのは安直に過ぎるというほかない。(暮沢剛巳)