Amazon通販 日本のエッセー・随筆 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → 日本のエッセー・随筆


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
大家さんと僕

大家さんと僕(メーカー 新潮社 矢部太郎)

発売日 2017-10-31  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

1階には大家のおばあさん、2階にはトホホな芸人の僕。挨拶は「ごきげんよう」、好きなタイプはマッカーサー元帥(渋い!)、牛丼もハンバーガーも食べたことがなく、僕を俳優と勘違いしている……。一緒に旅行するほど仲良くなった大家さんとの“二人暮らし”がずっと続けばいい、そう思っていた――。泣き笑い、奇跡の実話漫画。

2 位
九十歳。何がめでたい

九十歳。何がめでたい(メーカー 小学館 佐藤愛子)

発売日 2016-08-06  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

待望の単行本がついに発売。実にめでたい!

 『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。

 大正12年生まれ、今年93歳になる佐藤さんは2014年、長い作家生活の集大成として『晩鐘』を書き上げました。その時のインタビューでこう語っています。
「書くべきことは書きつくして、もう空っぽになりました。作家としての私は、これで幕が下りたんです」(「女性セブン」2015年2月5日号より)

 その一度は下ろした幕を再び上げて始まった連載『九十歳。何がめでたい』は、「暴れ猪」佐藤節が全開。自分の身体に次々に起こる「故障」を嘆き、時代の「進歩」を怒り、悩める年若い人たちを叱りながらも、あたたかく鼓舞しています。

 自ら災難に突進する性癖ゆえの艱難辛苦を乗り越え92年間生きて来た佐藤さんだからからこそ書ける緩急織り交ぜた文章は、人生をたくましく生きるための箴言も詰まっていて、大笑いした後に深い余韻が残ります。
 ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。(2016年8月発表作品)

3 位
Lily ――日々のカケラ――

Lily ――日々のカケラ――(メーカー 文藝春秋 石田ゆり子)

発売日 2018-01-30  希望価格 販売価格¥ 1,944
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

4 位
専業主婦は2億円損をする

専業主婦は2億円損をする(メーカー マガジンハウス 橘玲)

発売日 2017-11-16  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

47万部のベストセラー
『言ってはいけない 残酷すぎる真実』の著者による
衝撃の書き下ろし!

“専業主婦”は日本だけの絶滅危惧種!?

働く女だけが、
お金も恋愛も自由も手に入れる。

ソロ充、リア充、ソロリッチ。
あなたはどの生き方を選ぶ?
  ↓
目指すは、生涯共働きでニューリッチ。

! 専業主婦はカッコ悪い
! 依存する人生は楽しくない
! 婚活よりはるかに確実な方法
! どんな仕事なら稼げるか
! スペシャリストとマックジョブ
! 正社員と非正規は日本独特の「身分差別」
! 専業主婦になりたい女子は賢い男子に選ばれない
! 同類婚が増えていく
! これからは女性のほうが仕事に有利
! 母子家庭というリスク

知らなきゃ損する、100年ライフの生き抜き方 

独身も既婚も男性も必読!

5 位
女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 【電子特典付き】 (角川書店単行本)

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 【電子特典付き】 (角川書店単行本)(メーカー KADOKAWA / 角川書店 西原 理恵子)

発売日 2017-06-02  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

娘が反旗を翻し、独立戦争勃発中。巣立ちを目前に、しくじり先生サイバラから愛娘へ。どうしてもこれだけは語り継ぎたい母の教え。【電子書籍版限定、西原理恵子直筆イラストを収録!】

6 位
妻に捧げた1778話 (新潮新書)

妻に捧げた1778話 (新潮新書)(メーカー 新潮社 眉村 卓)

発売日 2004-05-16  希望価格 販売価格¥ 734
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

7 位
夫の後始末

夫の後始末(メーカー 講談社 曽野綾子)

発売日 2017-10-02  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

夫・三浦朱門はある日、崩れるように倒れた。私は日々刻々と夫の精神活動が衰えるのを感じた。その時から、覚悟を決めたのである――。作家・曽野綾子が80代なかばにして直面した、90歳になる夫の在宅介護。「介護とは」「看取りとは」そして「老いとは何か」を自問自答する日々が始まった。すべての日本人に知ってほしい、夫婦の愛のかたち。

8 位
藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて

藝人春秋2 上 ハカセより愛をこめて(メーカー 文藝春秋 水道橋博士)

発売日 2017-11-30  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

9 位
0 to 100 会社を育てる戦略地図

0 to 100 会社を育てる戦略地図(メーカー ポプラ社 山口豪志)

発売日 2017-11-14  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

起業〈0 to 1〉から上場〈100〉まで、これ1冊ですべての戦略がわかる! クックパッド上場、ランサーズ急進を実現した事業戦略家が、会社と事業の成長を6つのフェイズに分類。各フェイズでぶち当たる壁と、乗り越え方を徹底解説します。創業者ではなく、現場担当だったからこそわかった、超実践的な戦略の数々。今の課題を明らかにし、解決するのに役に立つ、まさにトラブルシューティングのような1冊です。

10 位
ベッドの上の心理学 感じるオトナのための保健体育 (単行本)

ベッドの上の心理学 感じるオトナのための保健体育 (単行本)(メーカー KADOKAWA / 角川マガジンズ メンタリスト DaiGo)

発売日 2017-06-30  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

メンタリストDaiGoが贈る、初の「セックス心理学」。ベッドに誘う前~最中~事後、さらにその後につながるモテまで教えます! あなたの“感じる”をもっと高める、究極のセックスメンタリズム。
PART1 昼の部 モテるメンタリズム
ベッドに誘う前、異性にフェロモンを感じさせ、モテるためのメンタリズムとは――
第1章 科学とデータでモテる──モテる趣味、モテるヒールの高さは実在した
第2章 男は「良い遺伝子」を、女は「妊娠しやすさ」をアピールせよ
第3章 女の胃袋をつかめ。男は酔わせればなんとかなる
PART2 夜の部 オルガスムのメンタリズム
ベッドの上で必要なのはメンタリズムと、相手と自分が高まるためのテクニック
第4章 本当にイかせたければスローセックスしかない
第5章 指は「焦らす」ためにある。 ~ソフトタッチの技法~
第6章 脳に効く舌と口の使い方 ~オーラルセックスの認知心理学~
第7章 入れてもすぐに動くな ~正しい挿入の仕方~
第8章 結局、どこが気持ちいいの? ~オルガスムの解剖学~
第9章 ベッドで失神する方法 ~奥義“ブレンデッド・オルガスム”~
第10章 膣トレとチントレの科学
PART3 朝の部 性と愛、そして幸福のメンタリズム
セックスの後、とびきりの幸せを共有して、次のチャンスに生かすには――
第11章 浮気しない・されない技術──長続きするカップルはどんなセックスをしているのか
第12章 セックスは人を幸福にする
第13章 セックスがさらなるモテを生む

11 位
自分をいたわる暮らしごと

自分をいたわる暮らしごと(メーカー 主婦と生活社 結城アンナ)

発売日 2017-10-27  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

10代のころからファッション誌やCMのモデルとして活躍し、
俳優・岩城滉一氏と結婚後は理想のカップルとしても人気に。
60歳を過ぎてなお、内面からにじみ出る輝きとナチュラルな美しさは増すばかり。
その秘訣は、シンプルで心地よい、自然体を楽しむ毎日の暮らし。
多くの女性の憧れ的存在である著者が、初めて綴ったエッセイです。

【内容】

Chapter1|食と向き合いきれいを育む
・体が欲するものを素直に取り入れる
・手作りすることで意識が変わる
・メインはランチ、いつも腹八分目がちょうどいい
・お肉と白いものをやめて心と体を軽やかに
・誰かのために作る、そう思うとワクワクする
・キッチンで過ごす穏やかな時間が一番好き
Chapter2|これからは日々いたわる
・美しさは1日にして成らず
・今必要なのは内も外もたっぷりの潤い
・湯たんぽはベストフレンド
・若いころより疲れやすいと自覚する
・メイクは年齢とともにシンプルに
・ストレスを感じたらまずは深呼吸
Chapter3|ファッションで今の自分を表現
・心地よく快適に、そして自分らしく
・お手本は街中で出会うかっこいい人
・グレーヘアが色の選択肢を広げる
・コーディネートの基本はMix&Match!
・アクセントアイテムで好感度アップ
・帽子でおしゃれに紫外線対策
Chapter4|小さな幸せを重ねて暮らす
・気持ちが安らぐ、生活感のある空間が好き
・自然に寄り添いながら、自然体で暮らす
・“ちょっと適当”ぐらいが心地よい
・“買わない”から、ものを減らして身軽になる
・1日、1時間を大切に暮らす
・植物と触れ合い、人付き合いを知る
Chapter5|自分のこと、夫婦のこと、家族のこと
・日本とスウェーデン、ハーフの自分が好き
・人生の道しるべは努力家の祖父
・理想の女性像は気丈な曾祖母
・正反対夫婦の円満の秘訣
・親を看取る、それは幸せなこと
・60歳、これからの10年を考える
・人生は映画のようなもの

12 位
男と女の理不尽な愉しみ (集英社新書)

男と女の理不尽な愉しみ (集英社新書)(メーカー 集英社 林真理子)

発売日 2017-11-22  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

「ゲス不倫」叩きから、「熟年離婚」まで……。世の中は、かくも男女の問題に満ち溢れている。甘美で魅力的なはずの関係はなぜ、今や絶望的なまでに我々を追い詰めているのか? 男女の機微を知り尽くした作家とタレントが、出会いから恋愛の作法、不倫の在り方、看取りの瞬間まで、男と女を巡るあらゆる問題を徹底討論。しなやかでありながら、したたかでもある男女の「愉しみ方」を提言する。古典的男女観ともフェミニズムとも異なる視点の2人が、とかく男女に世知辛い日本社会を喝破する!【目次】まえがき/第一章 結婚したい女たち/第二章 男と女の利害関係/第三章 女は「損」なのか?/第四章 人はなぜ不倫を許さないのか/第五章 女はどう育つのか/第六章 死ぬことと、生きること/あとがき

13 位
天才たちの日課

天才たちの日課(メーカー フィルムアート社 メイソン・カリー)

発売日 2014-12-15  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

偉人たちも、いや偉人たちこそ、最高の仕事をするために、毎日どう時間をやりくりし、どう過ごせば創造性や生産性を高められるかを悩んでいました。彼らはどう解決していたのでしょうか。そのヒミツは日常のごく平凡な小さな積み重ねにあったのです!

本書では、古今東西の小説家、詩人、芸術家、哲学者、研究者、作曲家、映画監督など161人の天才たちの、これまで見過ごされてきた「仕事の周辺」に注目。起床時間、就寝時間といった毎日のスケジュール、部屋での様子や生活信条、仕事の際のクセやこだわり、嗜好品をまとめることで見えてきた、知られざる素顔や意外な事実は、驚きとともに、創造的な活動を続けるための秘訣に値する手がかりが満載でした。

◆ハイスミスは動物好きで、特に猫とカタツムリに強い愛着を感じ、100匹のカタツムリを夜のお伴にしていた!
◆ヘミングウェイは自分をごまかさないため、毎日書いた語数を記録していた!
◆マルクスは人生で一度も定職につかず、金銭管理能力がなかった!

かつてイチロー選手が朝食に決まってカレーを食べていたり、スティーブ・ジョブズが黒いタートルネックしか着なかったことなども、ある行為を習慣化させることで日常生活でのストレスを徹底して避けるための策であったと言われています。彼らは限られた資源である時間や意志、自制心などを有効活用するための仕組みを常に意識し、実行していたのでしょう。

どんなに偉大な作家でも、孤独との戦いがあり、苦しい閉塞状態やスランプを抱えながら机に向かわなくてはいけないのは今も昔も変わらないこと。先人たちの成し遂げてきた仕事と歴史に思いを馳せることで、そっと背中を押されたような勇気が溢れてくるはず。好奇心と向上心をくすぐる、発見に満ちた一冊です!

14 位
138億年宇宙の旅 (早川書房)

138億年宇宙の旅 (早川書房)(メーカー 早川書房 クリストフ ガルファール)

発売日 2017-11-25  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

私たちはここになぜいるのか? いまこの疑問に答えられるのは先端物理学だけだ。ホーキングとベストセラーを書いたサイエンスライターが物質の起源からダークエネルギー、多宇宙理論まで、万物の起源と行く末を読みながら体感させる、必ず腑に落ちる科学解説。

15 位
シークレット婚活塾

シークレット婚活塾(メーカー SBクリエイティブ 井上 敬一)

発売日 2017-09-21  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

悩める女性殺到!驚異のノウハウを初公開!

悩める独身女性が殺到!!
驚異の実績をほこる「恋愛力アカデミー」のノウハウを初公開する一冊!

・一度も彼氏が出来なかったのに、1ヵ月に4人もの男性に告白された女性
・17年間続いたドロ沼不倫から目覚め、スーパー玉の輿婚を叶えた50代女性
・たった2回のLINEだけで元彼に結婚を前提にやり直そうと言われた女性
・国際結婚したものの旦那さんが家を出て行き、離婚をずっと突き付けられていた女性も、アカデミー卒業後、旦那さんが帰ってきて子どもまで授かり幸せに
・男性にまったくモテない女性が半年の講座の間に結婚が決まり、アカデミーを途中卒業…ほか実績多数!

これほどの実績が出る理由。それは、井上氏が、女性を口説く男性の手口をすべて知っているからこそ、それを逆手にとった恋愛戦術を教えられるから。

本書は、元・カリスマホストの恋愛塾講師が、自身がホストの時代に駆使しただけでなく、ホスト経営者時代にホストやホステスを指導して実績を出し、また現在主宰して大好評中の女性向け恋愛講座「恋愛力アカデミー」でも次々と結果を出している、プロしか知らない実践法を、こっそり教えます。
1万人の女性を泣かせてきた著者が「全男性を敵に回してもいい」と懺悔の気持ちで挑む初の恋愛本。

●目次
「シークレット婚活塾」開校!
1時限目「男を知る」習性がわかれば攻略はとっても簡単
2時限目「男に馴れる」一気にモテモテになる友だち大作戦
3時限目「男に仕掛ける」相手があなたを追いかけだすしくみ
4時限目「男を落とす」大好きなあの人にプロポーズさせる
5時限目「男に愛され続ける」そして一生虜にし続ける

16 位
窓ぎわのトットちゃん (講談社青い鳥文庫)

窓ぎわのトットちゃん (講談社青い鳥文庫)(メーカー 講談社 黒柳 徹子)

発売日 1991-06-15  希望価格 販売価格¥ 821
2018-1-19 の情報

『窓ぎわのトットちゃん』は、女優・タレントの黒柳徹子による自伝的物語。1981年に講談社から出版された。第5回路傍の石文学賞受賞作。

17 位
きのう、きょう、あした。

きのう、きょう、あした。(メーカー 主婦と生活社 つばた 英子)

発売日 2017-11-17  希望価格 販売価格¥ 1,512
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

18 位
それでいい。:自分を認めてラクになる対人関係入門

それでいい。:自分を認めてラクになる対人関係入門(メーカー 創元社 細川 貂々)

発売日 2017-06-20  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

ネガティブな人生をラクにするコツは、
「当たり前の気持ち」を受け入れて、自分を認めること。


“ネガティブ思考クイーン"の漫画家・細川貂々が、
精神科医で「対人関係療法」の第一人者・水島広子に会いに行く、等身大の成長物語。

ネガティブな性格で生きづらい、自分を“ダメ人間"と思ってしまう、
コミュニケーションのとり方がわからない、そもそも人づきあいがニガテ、
ネガティブな人を引き寄せてしまう、人に振り回されることが多くて疲れる……etc。

そんな人生をラクにするコツは、「当たり前の気持ち」を受け入れて、自分を認めること。
そのヒケツは、対人関係の「ズレ」と「役割期待」にあり。
対人関係が健康であれば心も健康であり、対人関係に自信があれば人生にも自信がもてる。
生きづらさを克服するための対人関係入門書。

*

◆第1章【悩み編】ネガティブ思考でいいんです。

てんてん、対人関係療法に出会う
(悩み・1)ネガティブな性格で生きづらい!
(悩み・2)ネガティブな自分がイヤなんです!
(悩み・3)ネガティブな人って嫌われますよね?!
(悩み・4)期待に応えられない自分を“ダメ人間"と思ってしまいます!
(悩み・5)そもそも人づきあいがニガテなんです!
(悩み・6)やっぱりコミュニケーションのとり方がわからない!
(悩み・7)SNSや仕事づきあいでの接し方がわからない!
(悩み・8)よく勘違いされます!

【水島広子の対人関係カウンセリング】
対人関係療法って?
人として当たり前の感情
「それでいい。」と自分を認める
反応の誘導は「束縛」という暴力
怒っていい。言葉でちゃんと伝えるだけ
周りを優秀でカンペキと思い込まない
対人関係をチェックする(重要な他者)
役割期待のズレがストレスを生む


◆第2章【解決編】対人関係の大問題――「ズレ」と「役割期待」

(ズレのパターン・1)間接的であいまいな言葉
(ズレのパターン・2)言葉を使わないコミュニケーション
(ズレのパターン・3)沈黙する
(コミュニケーションの悪いクセ)自分を苦しめる勝手な思い込み
(ズレをつくらないために)ズレをうめる共通理解
(それでもズレてしまった時)ふたつの方法
(役割期待)当たり前を確認するだけで器用になれる
(大切な行動・1)言いわけの技術
(大切な行動・2)ぐちの技術

【水島広子の対人関係カウンセリング】
「言葉」がコミュニケーションを成長させる
役割期待への応え方


◆第3章【成長編】ちょっとずつ変わっていける。

振り返るとクセが見えてくる
だいたいは許せる~日常生活の人間関係を振り返って
妥協しよう
自然のまま、ありのまま
恵まれた出会いのなかで
今、私がしてる練習

【水島広子の対人関係カウンセリング】
どんな人も頑張っている

19 位
女子の人間関係

女子の人間関係(メーカー サンクチュアリ出版 水島広子)

発売日 2014-04-10  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

なぜ、あの“女”(ひと)はあなたの感情を乱すのか?

すぐ感情的になるひと 裏表のあるひと 群れたがるひと 張り合ってくるひと…

対人関係のイライラは、医学的に見れば99%解消できる。

グループ、派閥、噂話、嫉妬など女性特有の人間関係の悩みを持つ方に
対人関係療法の専門医水島広子氏がその原因を解析&ステップを踏んで丁寧に解決方法を教えます。
女性だけでなく、女性の部下、上司、恋人、妻を持つ男性も役に立つ内容です。
・何かと張り合ってくる女
・「選ばれたい気持ち」をどうするか
・ライフスタイルの違いをどう乗り越えるか
・選ばれること、大切にされること
・ ほめられたとき、どう返す?
・「女」が「ほめる」ということ
・友人の結婚がよろこべない

20 位
この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。

この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで。(メーカー イースト・プレス 小林エリコ)

発売日 2017-12-15  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

彼女を非難できる人は幸せかもしれない。
自尊心を失い、喉を掻きむしる地獄を知らないからだ。
精神障害を抱えても、自殺未遂をしても、生活保護を受けても、終わりじゃない。
それでも人や社会と繋がることをあきらめず、生き直した人がここにいる。
<主婦 / 『夫のちんぽが入らない』著者 こだまさん>

うつ、自殺未遂、生活保護、親との軋轢、貧困ビジネス……。
問題ばかりの人生を生き抜く、自伝的エッセイ!!

月給12万、ボーナスなし、社会保険なし、休みなし。
エロ漫画雑誌の編集者としてブラック企業で働いた結果、心を病んで自殺未遂。
仕事を失い、うつ病と診断され、生活保護を受給することに。
社会復帰を目指すも、やる気のないケースワーカーに消耗させられ、
患者を食い物にするクリニックの巧妙なビジネスに巻き込まれる日々。
自由もなく“ただ生きている”ことへのうしろめたさからよみがえる希死念慮。
未来の見えない絶望の中、ふたたび巡り合った「漫画の編集」という仕事で運命を拓こうとするが……!?
女一人、「再生」するまでの記録。

普通に働いて、普通に生きたかった。
その「普通」が、いかに手に入れるのが困難なものかを知った。
宝石も高価な服も要らない。
ただ、その日その日をつつましく生きたいと願っていた。(本文より)

“生きづらさ”を感じる多くの方に読んで頂きたい一冊です。

<目次>
はじめに
第1章 精神障害、生活保護、自殺未遂
第2章 ケースワーカーとの不和
第3章 「お菓子屋さん」とクリニックのビジネス
第4章 漫画の単行本をつくる仕事
第5章 普通に働き、普通に生きる
第6章 ケースワーカーに談判、そして
第7章 人生にイエスと叫べ!
おわりに
特別収録 コミック「女編集者残酷物語」