Amazon通販  日本文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  日本文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
TRANSIT41号 ニューヨーク ニューヨークには夢がある!

TRANSIT41号 ニューヨーク ニューヨークには夢がある!(メーカー euphoria factory ユーフォリアファクトリー)

発売日 2018-09-14  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

人種、お金、宗教、トランプ政権……さまざまな問題が渦巻く。
それでもやっぱり、ニューヨークには夢がある!

【現地取材】
・ニューヨーカーの肖像
街行く人びとの原寸大のNYライフに迫る。

・ 食都ニューヨーク 生まれるものと消えゆくものの間で
写真家・奥山由之とフードエッセイスト・平野紗季子がNYの食を巡る。

・ 誇り高きアウトサイダーたち
NYに生きる移民たちの姿と、それぞれの物語。

・ システムと横断 リアルの在り処
美術館から路上のペイントまで、個性あふれるアートシーンを切り取る。

・ NYを生きる女たち
スピーディでタフな女性起業家たちを取材。

・ マンハッタンから北に向かえば
アップステートの田舎町に移住した人びとの生活とは。

【特集企画】
・ 資本主義が生んだもの
世界恐慌、スポーツ、都市計画、ヒップホップ、ドナルド・トランプなど、NYを彩るキーワードを資本主義の視点から斬りまくる全32ページ。

・ STORIES ABOUT NEW YORK
野村訓市、都甲幸治、山崎まどか、松田青子、井出幸亮、真魚八重子、舩橋 淳が推薦するNYの映画、本、音楽。

・ NYネイチャーガイド
アップステートや公園、周辺の島々での遊び方。

・ ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーが見つめる、アメリカ、ニューヨーク。

・ 9.11は、アメリカをどう変えたのか?

・ 椎名誠インタビュー

・ パワー・オブ・ニューヨーク/佐久間裕美子=文

ほか

【付録】
・マンハッタン&ブルックリン エリアマップ
NY歩きの達人たちが教える、最新おすすめスポットを網羅。


【連載】
・ 旅支度/熊谷和徳、マリエ、黒田卓也
・ 越境の民 vol.3 チン族(ミャンマー)/佐藤健寿=写真

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2 位
十五の夏 上 (幻冬舎単行本)

十五の夏 上 (幻冬舎単行本)(メーカー 幻冬舎 佐藤優)

発売日 2018-03-28  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

一九七五年、高一の夏休み。ソ連・東欧一人旅。
異能の元外交官にして、作家・神学者である“知の巨人”の
思想と行動の原点。40日間の旅行記。

僕がソ連・東欧を旅することになったのは、高校入学に対する両親からの「御褒美」だ。旅行費用は、僕の手持ちの小遣いを入れて、48万円もかかる。僕は父の給与がいったいいくらか知らないが、浦和高校の3年間の授業料の10倍以上になるのは間違いない。両親には申し訳ないと思ったが、好奇心を優先した。

羽田→カイロ空港→チューリヒ→シャフハウゼン→シュツットガルト→ミュンヘン→プラハ→ワルシャワ→ブダペシュト→ブカレスト→キエフ→

3 位
深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-03-30  希望価格 販売価格¥ 529
2018-10-22 の情報

レビューは有りません。

4 位
TRANSIT40号 ポルトガル この世界の西の果てで

TRANSIT40号 ポルトガル この世界の西の果てで(メーカー euphoria factory ユーフォリアファクトリー)

発売日 2018-06-19  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

ユーラシア大陸の西の端に位置するポルトガル。
かつて世界を制した大国のノスタルジーと、
新たな魅力を「発見」する旅へ。

【現地取材】
・ ポルトガルが奏でる風景
アズレージョや教会の天井画など、ポルトガルの日常に在る美しいものたちを切り取る。

・ 最果ての潮騒
サーフィン天国のナザレや、最西端ロカ岬、サグレスなど、海岸線を巡るロードトリップ。

・ ジョへ 歌とともにある人びと
カンテ・アレンテジャーノという伝統音楽が愛されつづける理由とは。

・春の野山を越えて
古き良きポルトガルの暮らしが残る、ピオダンやマルヴァオンなど北中部の歴史的な村へ。

・ 最果ての果て、アソーレス諸島へ
本土からさらに西へ1000kmのところに浮かぶ9つの島の絶景を求めて。

・ 隔離された黒いレイヤー
音楽やアートで外の世界と通じる、リスボン郊外のアフリカ系移民の暮らしに迫る。

・ ブルーを追いかけて
爽やかな気候のなかでのんびり過ごす、夏のひととき。

【特集企画】
・ ポルトガル・サッカー講座
C.ロナウドを擁する強豪国のサッカー事情を、初心者にも分かりやすく解説。

・ ポルトガル人のおいしい1日
素朴でやさしく、おいしい料理の数々を、レシピとともに。

・ 日本と南蛮の交差点
織田信長が見たポルトガルと、ザビエルがみた日本。

・ 偉大なる10人のポルトガル人
知らなきゃまずい!? 世界が賞賛する偉人たちとその功績。
フェルナンド・ペソア いとうせいこう/マノエル・デ・オリヴェイラ 柄本 佑/アルヴァロ・シザ 伊藤 廉 ほか

・ ポルトガルの冒険の書
国家誕生以前のことから、大航海時代を経て、現代そして未来まで。複雑な歴史を総まくり。
ポルトガルって何だ? /ポルトガルの新しい才能/ポルトガルを愛した作家たち/etc

【付録】
・ ポルトガルトラベルガイド
首都リスボンやポルトを中心に、ポルトガル通が現地のおすすめスポットをセレクト。

【連載】
・ 旅支度/ルー大柴、小島聖、光嶋裕介
・ 越境の民 vol.2 ボンダ族(インド)/佐藤健寿=写真

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

5 位
十五の夏 下 (幻冬舎単行本)

十五の夏 下 (幻冬舎単行本)(メーカー 幻冬舎 佐藤優)

発売日 2018-03-28  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

ソ連・東欧一人旅。人生を変えた40日間。
高1の夏休み、日本を飛び出し出会った外の世界。
異能の元外交官にして、作家・神学者である“知の巨人”の原点。

若いうちに外の世界を見ておくと、後でそれは必ず生きる。そのことをきっかけにして、自分がほんとうに好きなことが見つかるかもしれない。ほんとうに好きなことをしていて、食べていけない人を僕は一人も見たことはない。ただし、中途半端に好きなことではなく、ほんとうに好きなことでないとダメだ。十五の夏のソ連・東欧一人旅は、神様が準備してくださった道だった。

→モスクワ→サマルカンド→ブハラ→タシケント→ハバロフスク→ナホトカ→バイカル号→横浜

6 位
人生で一度はやってみたいアメリカ横断の旅

人生で一度はやってみたいアメリカ横断の旅(メーカー 実業之日本社 吉田 ちか)

発売日 2018-03-02  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

「好きなことで、生きていく」を地で行く著者が、無謀にもクルマで東海岸(ニューヨーク)から西海岸(ロサンゼルス)まで大横断!さまざまなトラブルを乗り越え、アメリカの魅力を再認識させた、話題のロード・トリップを書籍化。動画「バイリンガール英会話」の中では語られなかった裏話も満載。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできません。

7 位
サラリーマン2.0 週末だけで世界一周

サラリーマン2.0 週末だけで世界一周(メーカー 河出書房新社 東松寛文)

発売日 2018-06-12  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

旅ほど「働き方」を最速で変える方法はない!激務の広告代理店で“社畜寸前”だった著者が、会社を辞めずに「週末」と「貯金」を使って3か月で5大陸18か国を制覇した理由。

8 位
深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-03-30  希望価格 販売価格¥ 529
2018-10-22 の情報

レビューは有りません。

9 位
深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-04-28  希望価格 販売価格¥ 529
2018-10-22 の情報

レビューは有りません。

10 位
西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)

西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)(メーカー 講談社 高野秀行)

発売日 2009-11-13  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

中国四川省の成都を出発し、ビルマ北部を通って、最後にはインドへ――幻の西南シルクロードに挑む著者の前には、圧倒的なジャングルと反政府少数民族ゲリラの支配する世界屈指の秘境がたちふさがっていた。混迷と困難を極める旅なのに、これほど笑えるのはなぜか。究極のエンタメ・ノンフィクションついに登場。

11 位
遠い太鼓 (講談社文庫)

遠い太鼓 (講談社文庫)(メーカー 講談社 村上 春樹)

発売日 1993-04-05  希望価格 販売価格¥ 864
2018-10-22 の情報

レビューは有りません。

12 位
深夜特急〈4〉シルクロード (新潮文庫)

深夜特急〈4〉シルクロード (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-04-28  希望価格 販売価格¥ 497
2018-10-22 の情報

レビューは有りません。

13 位
生年月日で解るあなたの運命: UMMO星人占いの活用法

生年月日で解るあなたの運命: UMMO星人占いの活用法(メーカー UMMO)

発売日 2018-10-07  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

「運命は事細かに決まっている!」

・・・というと、あなたはどんな印象を持たれるでしょうか?

「そんなことはない!自分の努力で、ここまでやってこれたのではないか!」
と、言う人が大半だと思います。

然し、ちょっと待ってください、自分より能力がなくても、自分が望むような人生を送っている人は沢山います。

「自分の人生は自分で切り拓くものだ!」
と思っている人が大多数だと思います。

ここで言うことは、世間の常識から離れたことかも知れませんが、実際に「人生」についてよく洞察してみると、あなたか産まれた事については、あなたの自由意志とは無関係に始まっています。

私達は、本当に「自己選択」「自由意志」で、生きているのでしょうか?

これまでの人生を振り返ってみてください。
全て自分の努力次第で、成し遂げてきたのでしょうか?

闇雲に努力して、自分ではない自分を演じて来たのではないでしょうか?

唐突ですが、「あれ!?」そうかも知れない・・・

と思ったなら、本書を是非参考にして頂ければ幸いです。

14 位
TRANSIT39号 今こそ、キューバ 眠れるカリブの楽園で

TRANSIT39号 今こそ、キューバ 眠れるカリブの楽園で(メーカー euphoria factory ユーフォリアファクトリー)

発売日 2018-03-16  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

TRANSIT(トランジット)39号 今こそ、キューバ 眠れるカリブの楽園へ(講談社MOOK)[ムック]

革命から60年経ったカリブの国、キューバ。
アフリカとラテンが混ざり合う特異な文化を保ちながら、
人びとは時が止まったようなコロニアルな街なみで生活している。
ヴェールにつつまれた社会主義国、キューバの今を見つめる旅。


【現地取材】

・革命のゆくえ、みんなの幸せ
20年間キューバに通う写真家が、今のキューバの人びとを写し撮る。

・キューバ漂流、その源流へ。
3週間で全土を横断。キューバの歴史を辿るように島の東西を駆け抜けた旅。

・夢みるキューバ
若者たちの現実と夢、2つの視点が結ぶ彼らの未来を追いかける。

・なんでもない日々
名も知らない小さな街に暮らす人びとの、何気ない日常の一コマ。

・スウィート・ハバナ・デイズ
昼と夜を彷徨い出会った、静かでロマンティックな愛すべきハバナの光景。


【特集企画】

・キューバの一家が考えた、幸せってなんだ?
社会主義国キューバで暮らす人びとの生活事情を徹底解剖。
食べもの/仕事/住まい/健康/教育/犯罪/自由

・キューバを取りまく世界
長きにわたり敵対していたアメリカをはじめ、世界各国・各地域とのさまざまな関係を俯瞰。
ひとつの国としてのキューバをとらえる。
アメリカ/社会主義国/ラテンアメリカ諸国/アフリカ etc.

・キューバのニューウェーブ
MUSIC/ARCHITECTURE/LITERATURE/DANCE/FASHION

なぜ、キューバへ向かうのか? /巨匠と芸術/日常のたしなみ/民俗舞踊団/2010年、コムアイのキューバ旅/いまさら聞けない革命のこと ゲバラ、カストロ etc.


【付録】

・ハバナのトラベルガイド
キューバをこよなく愛するナビゲーターたちによる、食事処・宿・観光スポットのおすすめガイド。
ハバナを中心に全土をカバー。街歩き地図付き。


【連載】

・越境の民 vol.1 /佐藤健寿=写真 
・旅支度/谷尻 誠、柴 幸男、コムアイ
・制作旅行/穂村 弘

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

15 位
イザベラ・バードの日本紀行(上) (講談社学術文庫)

イザベラ・バードの日本紀行(上) (講談社学術文庫)(メーカー 講談社 イザベラ・バード)

発売日 2008-04-10  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

1878年、横浜に上陸した英国人女性イザベラ・バードは、日本での旅行の皮切りに、欧米人に未踏の内陸ルートによる東京―函館間の旅を敢行する。苦難に満ちた旅の折々に、彼女は自らの見聞や日本の印象を故国の妹に書き送った。世界を廻った大旅行家の冷徹な眼を通じ、維新後間もない東北・北海道の文化・習俗・自然等を活写した日本北方紀行。

16 位
深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海 (新潮文庫)

深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-05-30  希望価格 販売価格¥ 529
2018-10-22 の情報

レビューは有りません。

17 位
深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)

深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-05-30  希望価格 販売価格¥ 529
2018-10-22 の情報

レビューは有りません。

18 位
苦汁100% (文春e-book)

苦汁100% (文春e-book)(メーカー 文藝春秋 尾崎世界観)

発売日 2017-05-24  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

本当に大切なことは書かないし、書けない。
だから、書く。

楽しい。恐い。売れたい。
嬉しい。悔しい。やりたい。

ロックバンド・クリープハイプのフロントマンであり、
初小説『祐介』が話題をさらった作家・尾崎世界観が赤裸々に綴る、
自意識過剰な日々。

ーー

某月某日
テレビに出ると相変わらずネットでは批判が噴き出す。コイツ喘ぎ声だしてるだけだろう。喘ぎ声で商売してるって凄い世界観だな。こんなようなことを書かれていた。よっぽど燗にさわるんだろう。(ポンポン。癇に障る音。)

某月某日
いつも通っているあの本屋へ。「祐介」がどこに置かれているかの確認へ。前は3冊、サブカルコーナーにぽつんと置かれていた。でも、テレビや雑誌で何度か取り上げて貰った今なら、きっと。そう信じて見たけれど無い。文芸のコーナーに置いていない。サブカルコーナーを見てみると前よりも増えている。おまけに奥の人気の無い音楽書籍コーナーにも追加で大量に並んでいて、絶対に文芸と認めないという書店の意地を感じた。ドラフトで、巨人に行きたいのにオリックスに指名されたら、こんな気持ちになるのかなぁと思った。

某月某日
ライブ本番、今日もアナウンスで冒頭から盛り上がる。細かいミスも気にならない。嫌、本当は気になったけれど、それ以上に良い空気が流れている。お客さんが楽しそうで、そこに答えが見えているから安心出来る。今日も男子が多い。嬉しくなって、「男子」「男性」「男の人」「オス」 「メスじゃない方」と完全に贔屓したコールアンドレスポンスをした。それに対する圧倒的な数の女子からの批判。「女子もやって」という声に対して「だって女子は、ヤッたら終わっちゃうじゃないか」と言ったらもの凄く変な空気になった。

某月某日
夜は皆と飲んでホテルへ。
風呂にも入らず、就寝?就寝?(あのCMの救心?救心?のイメージで)

19 位
TRANSIT38号 ベトナム 懐かしくて新しい国へ

TRANSIT38号 ベトナム 懐かしくて新しい国へ(メーカー euphoria factory ユーフォリアファクトリー)

発売日 2017-12-18  希望価格 販売価格
2018-10-22 の情報

目まぐるしい変化の只中だけれど、
目の前にはいつか見たようなほっとする風景がある。
懐かしくて新しい、今しか会えないベトナムへ。

【現地取材】
・ベトナムらしさはどこにある?/フエ、ホイアン、ホアルー、ハノイ
原風景を訪ねて古都へ。彼らの生き方を写真家・濱田英明が切り取る。
・ベトナム夜想曲/ホーチミン
ベトナムに残る「フランス」―作家・仏文学者である小野正嗣が、街を歩き人びとと語り合い紡いだ物語。
・ご飯食べた?/カントー、バンメトート、ホーチミン
食材の生産地から食卓まで、豊かな食文化をたどる。
・今日は、市場へ行こう!/サパ 他
少数民族の集落が点在する山岳地域。ベトナムに通い続ける写真家・西澤智子が各地で開かれるマーケットへ。
・水と生きる人びと/バベ国立公園、カントー、フーコック島 他
水辺に暮らす人びとを追いかけた南北縦断トリップ。


【特集企画】
・いくつもの季節が流れて
今昔の写真家たちが見たベトナムの美しさとは?

・アジアの星、ベトナム市場
社会主義なのに経済成長も好調なベトナムの、理由と実情を徹底解明。
ドイモイ政策/マーケットを覗こう!/経済格差/越僑たち/未来

・ベトナム戦争が遺したもの
“知っているようで知らない”ベトナム戦争を総まとめ。
概要/アメリカとの関係/文化的影響/石川文洋Interview

・映画監督トラン・アン・ユンInterview
映画人生における故郷ベトナムとパリ、その映像美の源泉に迫る。

・現代カルチャー最前線
ナビゲーター:西澤俊理、遠藤水城、t・pot journal 他

・少数民族の今
エッセイ:樫永真佐夫

ベトナムって何だ? /古代ー王朝時代史/近現代史/料理レシピ/TRANSIT編集部社員旅行レポ etc.


【付録】
・三都市トラベルガイド
雰囲気の異なるハノイとホーチミン、ダナンを比較&スポット紹介。街歩き地図付き。

【連載】
・旅支度/濱田岳、野村友里、西畠清順
・制作旅行/辛酸なめ子

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

20 位
見仏記 (角川文庫)

見仏記 (角川文庫)(メーカー 角川書店 いとう せいこう)

発売日 1997-06-01  希望価格 販売価格¥ 734
2018-10-22 の情報

レビューは有りません。