Amazon通販  日本文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  日本文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
噂は噂 壇蜜日記4 (文春文庫)

噂は噂 壇蜜日記4 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 壇蜜)

発売日 2018-01-04  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

くしゃみの止まらない猫のために空気清浄機を買い、
「不条理の利用」を女子に説き、
寿司屋の看板を見ては「寿司良いなぁ」と涙し、
男の優しさの先にある苦くて甘い「取り返しのつかない何か」を時にかじりたくなる……
“壇蜜”の日常を瑞々しくも不穏な筆致でつづって大反響を呼んだシリーズ、
これがまさかの読み納めなのか!?
書下ろし日記第四弾。


各界から絶賛の声!!

予測なし理想なし悲観なし。
誰も真似できない壇蜜的文章作法。──桜木紫乃

屁理屈が優美でズルい。──武田砂鉄

滴るような愛と、なまなましい傷。私はこのひとの猫か魚になりたい。──宮下奈都

2 位
見仏記

見仏記(メーカー 中央公論社 いとう せいこう)

発売日 1993-09  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

3 位
深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-03-30  希望価格 販売価格¥ 529
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

4 位
西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)

西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)(メーカー 講談社 高野秀行)

発売日 2009-11-13  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

中国四川省の成都を出発し、ビルマ北部を通って、最後にはインドへ――幻の西南シルクロードに挑む著者の前には、圧倒的なジャングルと反政府少数民族ゲリラの支配する世界屈指の秘境がたちふさがっていた。混迷と困難を極める旅なのに、これほど笑えるのはなぜか。究極のエンタメ・ノンフィクションついに登場。

5 位
こういう旅はもう二度としないだろう (幻冬舎単行本)

こういう旅はもう二度としないだろう (幻冬舎単行本)(メーカー 幻冬舎 銀色夏生)

発売日 2017-12-06  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

旅は、人生の縮図。
旅ができるということは、奇跡のように有難いこと。
待望の旅フォトエッセイ。

ベトナム「世界遺産の街ホイアンに4連泊」
ニュージーランド「先住民のワイタハ族と火と水のセレモニーを体験するツアー」
スリランカ「仏教美術をめぐる旅」
インド「薄紅色に染まる聖域 春のラダックツアー」
イタリア「花のドロミテ 山塊を歩く」
子育てが一段落したから、旅をしたい。そう思って、準備運動的にツアーに参加。苦手な集団行動だけど、「郷に入っては郷に従え」と唱えながらの旅行で、出会った人、見た景色、感じた風は……。待望の旅フォトエッセイ。

6 位
カラー版 パタゴニアを行く-世界でもっとも美しい大地 (中公新書)

カラー版 パタゴニアを行く-世界でもっとも美しい大地 (中公新書)(メーカー 中央公論新社 野村哲也)

発売日 2011-01-25  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

パタゴニアは、南米大陸の南緯40度以南、アンデス山脈が南氷洋に沈むホーン岬までを含む広大な地だ。豊かな森と輝く湖水が美しい北部、天を突き破らんばかりの奇峰がそびえ、蒼き氷河に彩られる南部、そして一年中強風が吹き荒れる地の果てフエゴ島…。変化に富む自然に魅せられて移住した写真家が、鋭鋒パイネやフィッツロイ、バルデス半島のクジラ、四季の花や味覚、そして人々の素朴な暮らしを余すところなく紹介する。

7 位
遠い太鼓 (講談社文庫)

遠い太鼓 (講談社文庫)(メーカー 講談社 村上 春樹)

発売日 1993-04-05  希望価格 販売価格¥ 864
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

8 位
深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-03-30  希望価格 販売価格¥ 529
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

9 位
深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-04-28  希望価格 販売価格¥ 529
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

10 位
文学ムック たべるのがおそい vol.4

文学ムック たべるのがおそい vol.4(メーカー 西崎 憲)

発売日 2017-11-19  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

【小説と翻訳と短歌を中心にした文学ムック】
わたしたちは誰もが重力というものに支配されています。
「たべるのがおそい」は、その重力を少し弱めてみたいと思っています。
読んでいるあいだ、少し動きやすく、歩きやすい、
それがこの一風変わったタイトルの文学誌の目標です。

西崎憲(編集長)

※こちらの電子書籍は、リフロー版ではなく、レイアウトが固定されているフィックス版となっております。

【執筆陣】
【巻頭エッセイ】
皆川博子

【特集〈わたしのガイドブック〉】
澤田瞳子 谷崎由依 山崎まどか 山田航

【小説】
木下古栗 古谷田奈月 町田康 宮内悠介

【短歌】
伊舎堂仁 國森晴野 染野太朗 野口あや子

【エッセイ】
辻山良雄 都甲幸治

【翻訳】
アルフォンス・アレー
マルセル・シュオッブ
マルセル・ベアリュ
 西崎憲訳
マルレーン・ハウスホーファー
 松永美穂訳

11 位
「カラー版」昆虫こわい (幻冬舎新書)

「カラー版」昆虫こわい (幻冬舎新書)(メーカー 幻冬舎 丸山宗利)

発売日 2017-07-27  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

体長わずか数ミリメートルの昆虫を求めて、アマゾンの密林や広大なサバンナへと世界を旅する著者は数々の恐ろしい目に遭ってきた。ペルーでは深夜の森で、帰り道の目印に置いた紙片をアリに運ばれ遭難しかけたり、カメルーンではかわいい顔したハエに刺されて死の病に怯えたり、ギアナでの虫採りが楽しすぎて不眠症になったり……。「昆虫こわい」と半ば本気で、半ば興奮を戒めるためにつぶやく著者の旅を追ううちに、虫の驚くべき生態や知られざる調査の実態がわかる、笑いと涙の昆虫旅行記。

12 位
世界をひとりで歩いてみた

世界をひとりで歩いてみた(メーカー 祥伝社 眞鍋かをり)

発売日 2013-12-10  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

10代で芸能界にデビューし、電車の乗り方もろくに知らなかった著者が、海外ひとり旅に目覚め、自分で行動を起こす達成感、何にも縛られない自由を経験し、成長していく旅エッセイ。三十路(現在33歳)の女性の本音と、デジタルツールを駆使すれば「海外旅行はこんなにも簡単に楽しめる」という、初心者ならでは視点からの役立つ情報が満載!

13 位
本物の名湯ベスト100 (講談社現代新書)

本物の名湯ベスト100 (講談社現代新書)(メーカー 講談社 石川理夫)

発売日 2016-12-13  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

温泉ファンが納得して、温泉地選びの参考にしてもらえるような、客観的指標を五つ設定。それは「源泉そのものを評価する指標」「源泉の提供・利用状況を評価する指標」「温泉地の街並み景観・情緒を評価する指標」「温泉地の自然環境と周辺の観光・滞在ソフトを評価する指標」「温泉地の歴史・文化・もてなしを評価する指標」。読み進めるうち、どんな効果・効能が見込まれ、どんな満足感が得られるかなどが、明確にわかる!

14 位
深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海 (新潮文庫)

深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-05-30  希望価格 販売価格¥ 529
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

15 位
深夜特急〈4〉シルクロード (新潮文庫)

深夜特急〈4〉シルクロード (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-04-28  希望価格 販売価格¥ 497
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

16 位
パラダイス山元の飛行機の乗り方 1日11回搭乗の「ミリオンマイラー」が教えるヒコーキのあれこれ (ダイヤモンドビッグ選書)

パラダイス山元の飛行機の乗り方 1日11回搭乗の「ミリオンマイラー」が教えるヒコーキのあれこれ (ダイヤモンドビッグ選書)(メーカー ダイヤモンド社 パラダイス山元)

発売日 2013-09-26  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

様々な顔を持つ粋人・パラダイス山元が、今度は「マイル修行僧」の肩書きでヒコーキについて語り尽くします。「1日の最多搭乗回数11回! 年間の最多搭乗回数1018回!」を誇る著者が、予約の仕方・座席の選び方から、正しいマイルの貯め方・空港から一歩も出ない観光まで教えます。驚愕そして爆笑必至の1冊です。
プロフィール
パラダイス山元(ぱらだいす・やまもと)

肩書は、ハイパーメダポ喰い足りねーなー。
本業は、マンボミュージシャン。
特技は、餃子を美しく焼くこと。趣味は、マイルを貯めること。
日課は、1日に2回マン盆栽に水をやること。
老後は、ANAとJALのダイヤモンドサービスメンバーを毎年継続することが目標。
東京パノラママンボボーイズ、マン盆栽家元、入浴剤ソムリエ、会員制餃子レストラン蔓餃苑のオーナー、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースと支離滅裂、活動は混迷を深めるばかり。
寅年、蠍座。

著書に、『読む餃子』『餃子のスゝメ』『ザ・マン盆栽』『お湯のグランプリ~誰も書けなかった入浴剤文化論』『サンタクロース公式ブック』他
CDに『東京パノラママンボボーイズ完全盤』など

17 位
深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)

深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)(メーカー 新潮社 沢木 耕太郎)

発売日 1994-05-30  希望価格 販売価格¥ 529
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。

18 位
イザベラ・バードの日本紀行(上) (講談社学術文庫)

イザベラ・バードの日本紀行(上) (講談社学術文庫)(メーカー 講談社 イザベラ・バード)

発売日 2008-04-10  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

1878年、横浜に上陸した英国人女性イザベラ・バードは、日本での旅行の皮切りに、欧米人に未踏の内陸ルートによる東京―函館間の旅を敢行する。苦難に満ちた旅の折々に、彼女は自らの見聞や日本の印象を故国の妹に書き送った。世界を廻った大旅行家の冷徹な眼を通じ、維新後間もない東北・北海道の文化・習俗・自然等を活写した日本北方紀行。

19 位
記憶の海辺――一つの同時代史

記憶の海辺――一つの同時代史(メーカー 青土社 池内 紀)

発売日 2017-12-01  希望価格 販売価格
2018-1-19 の情報

あるドイツ文学者の、物語のようなホントウの話
「一〇歳のときの朝鮮戦争から、カフカ訳を終えた六〇歳までをたどっている。おぼつかない自分の人生の軌跡をたどって何を実証しようとしたのだろう。念願としたのは私的な記録を通しての時代とのかかわりだった。」——あとがきより
最初で最後の自伝的回想録。

20 位
おくのほそ道(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

おくのほそ道(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)(メーカー 角川書店 )

発売日 2001-07-01  希望価格 販売価格¥ 734
2018-1-19 の情報

レビューは有りません。