Amazon通販  126回- 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  126回-


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
国宝 (上) 青春篇

国宝 (上) 青春篇(メーカー 朝日新聞出版 吉田修一)

発売日 2018-09-07  希望価格 販売価格¥ 1,620
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

2 位
国宝(下) 花道篇

国宝(下) 花道篇(メーカー 朝日新聞出版 吉田 修一)

発売日 2018-09-07  希望価格 販売価格
2018-11-20 の情報

鳴りやまぬ拍手と眩しいほどの光、人生の境地がここにある。

芝居だけに生きてきた男たち。
その命を賭してなお、
見果てぬ夢を追い求めていく。

今年最高の感動を届ける役者一門の大河小説


(あらすじ)
1964年1月1日 長崎は料亭「花丸」
侠客たちの怒号と悲鳴が飛び交うなかで、
この国の宝となる役者は生まれた。
男の名は、立花喜久雄

極道の一門に生まれながらも、この世ならざる美貌は人々を巻き込み、
喜久雄の人生を思わぬ域にまで連れ出していく。

舞台は長崎から大阪、そして、オリンピック後の東京へ。
日本の成長と歩を合わせるように、技をみがき、道を究めようともがく男たち。

血族との深い絆と軋み、スキャンダルと栄光、幾重もの信頼と裏切り。
舞台、映画、テレビと芸能界の転換期を駆け抜け、数多の歓喜と絶望を享受しながら、
その頂点に登りつめた先に、何が見えるのか?

3 位
あなたが消えた夜に

あなたが消えた夜に(メーカー 毎日新聞出版 中村文則)

発売日 2015-05-16  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

4 位
その先の道に消える

その先の道に消える(メーカー 朝日新聞出版 中村文則)

発売日 2018-10-05  希望価格 販売価格¥ 1,512
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

5 位
教団X (集英社文芸単行本)

教団X (集英社文芸単行本)(メーカー 集英社 中村文則)

発売日 2014-12-20  希望価格 販売価格
2018-11-20 の情報

【「アメトーーク!」読書芸人でも紹介され、大反響!】絶対的な闇、圧倒的な光。「運命」に翻弄される4人の男女、物語は、いま極限まで加速する。米紙WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)年間ベスト10小説、アメリカ・デイヴィッド・グーディス賞を日本人で初受賞、いま世界で注目を集める作家の、待望の最新作! 謎のカルト教団と革命の予感。自分の元から去った女性は、公安から身を隠すオカルト教団の中へ消えた。絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。著者最長にして圧倒的最高傑作。 ついに電子版配信開始!

6 位
文字渦

文字渦(メーカー 新潮社 円城 塔)

発売日 2018-07-31  希望価格 販売価格¥ 1,944
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

7 位
ディス・イズ・ザ・デイ

ディス・イズ・ザ・デイ(メーカー 朝日新聞出版 津村記久子)

発売日 2018-06-07  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

8 位
掏摸(スリ) (河出文庫)

掏摸(スリ) (河出文庫)(メーカー 河出書房新社 中村 文則)

発売日 2013-04-06  希望価格 販売価格¥ 508
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

9 位
蹴りたい背中 (河出文庫)

蹴りたい背中 (河出文庫)(メーカー 河出書房新社 綿矢 りさ)

発売日 2007-04-05  希望価格 販売価格¥ 410
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

10 位
R帝国

R帝国(メーカー 中央公論新社 中村 文則)

発売日 2017-08-18  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

11 位
きみは赤ちゃん (文春文庫)

きみは赤ちゃん (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 川上未映子)

発売日 2017-05-10  希望価格 販売価格
2018-11-20 の情報

ベストセラー異色エッセイ、待望の文庫化
芥川賞作家の鋭い観察眼で「妊娠・出産」という大事業の現実を率直に描きベストセラーとなった異色エッセイ。
待望の文庫化。

35歳で初めての出産。それは試練の連続だった!
つわり、マタニティーブルー、分娩の壮絶な苦しみ、産後クライシス、仕事と育児の両立……
出産という大事業で誰もが直面することを、芥川賞作家の観察眼で克明に描き、
多くの共感と感動を呼んだ異色エッセイが待望の文庫化。

号泣して、爆笑して、命の愛おしさを感じる一冊。

12 位
屍者の帝国 (河出文庫)

屍者の帝国 (河出文庫)(メーカー 河出書房新社 伊藤 計劃)

発売日 2014-11-06  希望価格 販売価格¥ 842
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

13 位
TIMELESS

TIMELESS(メーカー 新潮社 朝吹 真理子)

発売日 2018-06-29  希望価格 販売価格¥ 1,620
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

14 位
去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)(メーカー 幻冬舎 中村 文則)

発売日 2016-04-12  希望価格 販売価格¥ 497
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

15 位
横道世之介 (文春文庫)

横道世之介 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 吉田 修一)

発売日 2012-11-09  希望価格 販売価格¥ 832
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

16 位
銃 (河出文庫)

銃 (河出文庫)(メーカー 河出書房新社 中村 文則)

発売日 2012-07-05  希望価格 販売価格¥ 583
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

17 位
怒り (上) (中公文庫)

怒り (上) (中公文庫)(メーカー 中央公論新社 吉田修一)

発売日 2017-01-25  希望価格 販売価格
2018-11-20 の情報

若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた。そして事件から一年後の夏――。千葉の港町で働く槙洋平・愛子親子、東京の大手企業に勤めるゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不詳の三人の男が現れた。

18 位
怒り (下) (中公文庫)

怒り (下) (中公文庫)(メーカー 中央公論新社 吉田修一)

発売日 2017-01-25  希望価格 販売価格
2018-11-20 の情報

山神一也は整形手術を受け逃亡している、と警察は発表した。洋平は一緒に働く田代が偽名だと知り、優馬は同居を始めた直人が女といるところを目撃し、泉は気に掛けていた田中が住む無人島であるものを見てしまう。日常をともに過ごす相手に対し芽生える疑い。三人のなかに、山神はいるのか? 犯人を追う刑事が見た衝撃の結末とは!

19 位
みみずくは黄昏に飛びたつ

みみずくは黄昏に飛びたつ(メーカー 新潮社 川上 未映子)

発売日 2017-04-27  希望価格 販売価格¥ 1,620
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。

20 位
カート・ヴォネガット全短篇 2 バーンハウス効果に関する報告書

カート・ヴォネガット全短篇 2 バーンハウス効果に関する報告書(メーカー 早川書房 カート ヴォネガット)

発売日 2018-11-20  希望価格 販売価格¥ 2,916
2018-11-20 の情報

レビューは有りません。