Amazon通販  その他の外国文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  その他の外国文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
ペトラルカ ルネサンス書簡集 (岩波文庫)

ペトラルカ ルネサンス書簡集 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 )

発売日 1989-09-18  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

2 位
ペトラルカ=ボッカッチョ往復書簡 (岩波文庫)

ペトラルカ=ボッカッチョ往復書簡 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 )

発売日 2006-12-15  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

3 位
カルネ・ドゥ・ヴォワヤージュ―ジャン・フィリップ・デロームの「旅の絵日記」

カルネ・ドゥ・ヴォワヤージュ―ジャン・フィリップ・デロームの「旅の絵日記」(メーカー エディシォンドゥパリ ジャン‐フィリップ デローム)

発売日 2002-09  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

4 位
イタリアの世界遺産を歩く ヴェネツィア: 歴史を辿る旅  ヴェネツィア (旅の写真集)

イタリアの世界遺産を歩く ヴェネツィア: 歴史を辿る旅  ヴェネツィア (旅の写真集)(メーカー らふぁえろ)

発売日 2017-11-11  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

世界一の世界遺産を抱える国イタリア、その中で今回はヴェネツィア(Venezia )をご紹介します。

ヴェネツィア映画祭、ヴェネツィアのカーニバル、ヴェネツィアン・グラス、海洋都市国家などとして有名な場所ですので
日本からはヴェネツィアに来たことがある方も多いと思います。

かく言う私自身は合計4度ヴェネツィアを訪れていますが、何度訪れても毎回新しい発見があり、飽きることがない魅力的な街です。

ヨーロッパ最古のカフェ文化的発祥地であり、仮面舞踏会が生まれた街であり、現在使われている簿記の起源もヴェネツィアと言われています。

ゲルマン民族の大移動がトリガーになり、ヴェネツィア湾の潟に街が形作られ、東方との貿易によって経済的に発展し、人口が増え軍事的にも力を増し、文化・芸術も成熟していきました。

18世紀にナポレオンの侵入によって、ヴェネツィア共和国の歴史は幕を閉じるわけですが、街を歩けば今も長い歴史の記憶が読み取れます。

前作同様に、ご自身が歩いている感覚でパラパラと眺めてお楽しみ下さい。



もくじ



はじめに

1. 私とヴェネツィアの縁

2. ヴェニスの商人とヴェネツィアの歴史に触れる街歩き

3. アクッア・アルタで水浸し

4. バーカロで一杯

5. とても適当なトラットリアの予約

6. ヴェネツィアに宿が取れない時の宿泊候補地パドヴァ

7. ヴェネツィアを水上散歩

おわりに



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者プロフィール

らふぁえろ

イタリアを訪れた回数は10回、一番長い時は3ヶ月イタリアを旅しました。
イタリア語は流暢ではありませんが、熱意と行動力があれば、
大概のことは できると考えています。
イタリアに興味関心がある人にイタリアの魅力を伝えていきたいと思います。

5 位
フェデリコ・カルパッチョの優雅な倦怠

フェデリコ・カルパッチョの優雅な倦怠(メーカー 幻冬舎 フェデリコ カルパッチョ)

発売日 1995-03  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

6 位
ラ・アルカリアへの旅

ラ・アルカリアへの旅(メーカー 講談社 カミロ・ホセ セラ)

発売日 1991-07-01  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

7 位
知への賛歌――修道女フアナの手紙 (光文社古典新訳文庫)

知への賛歌――修道女フアナの手紙 (光文社古典新訳文庫)(メーカー 光文社 ソル・フアナ)

発売日 2007-10-11  希望価格 販売価格¥ 514
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

8 位
母をたずねて三千里

母をたずねて三千里(メーカー 古典教養文庫 デ アミーチス)

発売日 2013-12-12  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

第2版について 2015.7.27
いくつかの誤植を訂正しました。

(「母をたずねて三千里」について)

 「母をたずねて三千里」は元々の題名を「アペニン山脈からアンデス山脈へ」と言います。イタリアの作家デ・アミーチスの書いた「クオレ」という作品の中に収められている一編です。この作品を原作としたテレビアニメも有名です。
 この本は、古典的名訳として名高い前田晃さんの訳です。青空文庫にも、この「母をたずねて三千里」が収録されているようですが、訳文が刈り込まれていて、原作の意図が充分に伝わらない所がありますので、ここに完訳版を収録しました。
 作者、訳者とも死後五十年を経ていますので、パブリックドメインとなっています。
 ぜひ、お子様と感動を分かち合ってください。

(作者について)
 エドモンド・デ・アミーチスは、イタリア王国の作家で、イタリア北西部(当時サルデーニャ王国領)の町オネッリアで生まれました。イタリア統一運動の時代に育ったアミーチスは一八六〇年に、十四歳のときに、ジュゼッペ・ガリバルディの千人隊(赤シャツ隊)に志願したほどの愛国者でした。
 代表作に、統一イタリアの子供の教育用に書いた『クオーレ』 (Cuore) があります。この中には数々の感動的な挿話がありますが、中でも「アペニン山脈からアンデス山脈まで」 (Dagli Appennini alle Ande) は、日本では『母をたずねて三千里』のタイトルで知られています。
 
(訳者について)
 前田晃は、山梨県山梨市出身の作家で翻訳家です。一八七九年に生まれて、一九六一年に亡くなっています。「文章世界」編集などを通じて自然主義文学運動に尽くしました。
 ゴンクール、キーランド、モーパッサンなどを翻訳しましたが、やはりこの「クオレ」の翻訳は際立った功績と言えるでしょう。
 
 
(古典教養文庫について)

古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。

1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。

2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、Kindleはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットでの読書に最適化しました。また索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
 青空文庫をベースとしている場合も、適切に処理してありますので、そのまま青空文庫の物をダウンロードして読むよりも格段に読みやすくなっています。

3、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。

4、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。

5、手に入れやすい価格
 「価値ある古典こそ低価格で」のモットーから、古典教養文庫は、一番高い物で300円で、そのほとんどが100円となっています。

9 位
アンダルシア紀行

アンダルシア紀行(メーカー 彩流社 カミロ・ホセ セラ)

発売日 1999-11  希望価格 販売価格¥ 3,780
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

10 位
ヴェネツィアの恋文

ヴェネツィアの恋文(メーカー 早川書房 アンドレア・ディ・ロビラント)

発売日 2004-06-24  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

11 位
フェデリコ・カルパッチョの旅は、微笑む。 (知恵の森文庫)

フェデリコ・カルパッチョの旅は、微笑む。 (知恵の森文庫)(メーカー 光文社 フェデリコ カルパッチョ)

発売日 2003-01-01  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

12 位
パタゴニア・エキスプレス (文学の冒険シリーズ)

パタゴニア・エキスプレス (文学の冒険シリーズ)(メーカー 国書刊行会 ルイス セプルベダ)

発売日 1997-12-01  希望価格 販売価格¥ 2,052
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

13 位
父から子どもたちへ (晶文社セレクション)

父から子どもたちへ (晶文社セレクション)(メーカー 晶文社 アントニオ・グラムシ)

発売日 1983-05  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

14 位
アソーレスの海 海難

アソーレスの海 海難(メーカー ディアス・デ・メーロ)

発売日 2018-02-27  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

今回訳出した作品は、実際に起こったアソーレスの海での悲劇、海難事故を小説にしたものである。その事故は一九二三年三月四日、大西洋アソーレス諸島ピコ島カリャウ湾の入り口で発生した。竜巻で二艘のボートが消失され、七人が死亡した。鯨捕りのエルマーノ・バティスタは、一夜明けた翌日、サン・ジョルジェ島南部に漂着した。エドゥアルド・アゼヴェードは、エンジンが故障し、船体に穴が開いた状態の船リディア号に乗って、何も食わず飲まずの状態で、三日後にテルセイラ島ポルト・ジュデウ地区に漂着した。

人間の陰謀、生命の大切さ、緊急切迫の状態にある人間の心理状態を描き、荒れた海にある船上で過去を思い出す手法をとった作品である。

尚、著者が言うには、本作品はPedras Negras日本語訳書名『アソーレスの黒い火山島』(拙訳、彩流社刊)の続編とのことである。電子テクノロジーの発展によってAmazon Kindleダイレクト・パブリッシング(Amazon KDP)から世に広めることにした。

15 位
ピレネー紀行

ピレネー紀行(メーカー 彩流社 カミロ・ホセ セラ)

発売日 1993-11  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

16 位
アトラス―迷宮のボルヘス (^Etre・エートル叢書)

アトラス―迷宮のボルヘス (^Etre・エートル叢書)(メーカー 現代思潮新社 ホルヘ・ルイス ボルヘス)

発売日 2000-10-01  希望価格 販売価格¥ 3,240
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

17 位
パルチザン日記―イタリア反ファシズムを生きた女性 (20世紀メモリアル)

パルチザン日記―イタリア反ファシズムを生きた女性 (20世紀メモリアル)(メーカー 平凡社 アーダ・ゴベッティ)

発売日 1995-09  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

18 位
アフリカ散歩

アフリカ散歩(メーカー 早川書房 アルベルト モラヴィア)

発売日 1988-03  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

レビューは有りません。

19 位
チョコレートはもういらない

チョコレートはもういらない(メーカー アラモ・オリヴェイラ)

発売日 2018-02-23  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

本書の主人公ジョゼー・シルヴィアは、アソーレス諸島テルセイラ島に生まれたが、第二次大戦中、同島に存在することになったラジェス米空軍基地の影響により、アメリカからもたらされた物質的豊かさ、すなわちこの場合はチョコレートに魅せられてアメリカにあこがれて移住した。ジョゼー・シルヴィアは、アメリカナイズされてジョー・シルヴィアとなった。しかしそれは名前だけで、努力したものの心の奥底までは変わらなかった。そして、車椅子にすわったジョー・シルヴィアは懐かしさをもって老人ホームの部屋から過去を振り返り、アメリカに同化できなくて無国籍者となり、結局チョコレートを憎むことになる。
若くして移住したジョー・シルヴィアの息子たちは、ゆっくりではあるが異国アメリカに適合するようになり、そこから種々の問題が起こり、皮肉をこめて名前もジョーン、マギー、ルシー、トニーと表現している。アソーレスには、植民当初から封建的領主制度があり、家の制度と徹底的な子供のしつけがなされてきた。しかし、アメリカではそのしつけの概念は自由の名のもとに通用せず、ジョー・シルヴィアを困惑さえさせた。
ヘルパーのローズマリーが親子間の不和や、過去を思いめぐらす時に登場してくる。彼女は人間の普遍的テーマである「死」に付き添っており、ジョー・シルヴィアのよき理解者となりながら、重い雰囲気にある小説に楽しい明るさを与えている。ローズマリーはアソーレス人でもアメリカ人でもなくメキシコの貧しい村の出身であるが、それぞれの移民にはそれぞれの気質があることを語っている。
詩人、作家だけではなく、同時に劇作家でもあるアラモ・オリヴェイラの性格のひとつであるユーモアも味わうことができる。マリーア・デ・ルルデスの名前がミルとなり、「ウエル!、、、ウエル!」と続ける箇所は意気消沈する文章の連続に歯止めをかけている。

本書が取り扱った時代は一九五五年から一九九五年頃までの、精神的にアソーレス人であり続けたジョゼー・シルヴィアの人生に関してのものである。頑なにも心がアメリカ人になれなかったジョゼー・シルヴィアの人生をアメリカへ渡ったすべてのアソーレス移民の苦悩として考察するならば、アメリカを大きなチョコレートに喩え、老人ホームの部屋にチョコレートの箱を捨てて、カビが生え、蟻に食われればよいと考えたのだった。



『チョコレートはもういらない』を一通り翻訳し終えてから数年後、それこそ、やっとのことでランダムハウス講談社にめぐりあえた。アソーレス自治政府の出版助成もあり、ランダムハウス講談社から刊行されたのが二〇〇八年五月二一日だった。同社はやがて倒産した。今回、訳者が加除修正し、Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシングから電子書籍として世に広めることにした。

20 位
ニカラグァへの旅

ニカラグァへの旅(メーカー 日本図書刊行会 ルベン ダリオ)

発売日 1994-08-30  希望価格 販売価格
2018-4-22 の情報

イスパニア文学の巨星ルベン・ダリオ、モデルニスモの創始者として君臨した大詩人の故郷ニカラグァへの凱旋紀行記、初の邦訳。 ニカラグァへの旅(旅先での出来事、ニカラグァでの歓迎/風景、自然/ニカラグァ人/文化、教育/ニカラグァ文学)/トロピカル・インテルメッゾ(真昼時/夕暮れの祈り/秋のうた/種族/歌/ドニャ・ブランカ・デ・セラヤ婦人に捧ぐ/帰郷/マルガリータ・デバイレ嬢に捧ぐ/ルイス・H・デバイレ氏の家で乾杯/秋の詩より)/サンディアゴ・アルグエリョ氏/ニカラグァ女性/政治/マサヤ市/レオン市/帝国主義の爪