Amazon通販 論文集・講演集・対談集 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → 論文集・講演集・対談集


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
小泉放談 (宝島社文庫)

小泉放談 (宝島社文庫)(メーカー 宝島社 小泉 今日子)

発売日 2017-12-06  希望価格 販売価格¥ 842
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

2 位
雑談藝

雑談藝(メーカー 文藝春秋 いとう せいこう)

発売日 2018-01-24  希望価格 販売価格¥ 1,458
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

3 位
東大から刑務所へ (幻冬舎新書)

東大から刑務所へ (幻冬舎新書)(メーカー 幻冬舎 堀江 貴文)

発売日 2017-09-23  希望価格 販売価格¥ 886
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

4 位
みみずくは黄昏に飛びたつ

みみずくは黄昏に飛びたつ(メーカー 新潮社 川上 未映子)

発売日 2017-04-27  希望価格 販売価格¥ 1,620
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

5 位
生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)

生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)(メーカー 新潮社 小川 洋子)

発売日 2011-02-28  希望価格 販売価格¥ 432
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

6 位
人間の建設 (新潮文庫)

人間の建設 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 小林 秀雄)

発売日 2010-02-26  希望価格 販売価格¥ 464
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

7 位
ていだん (単行本)

ていだん (単行本)(メーカー 中央公論新社 小林 聡美)

発売日 2017-10-05  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

8 位
村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫)

村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫)(メーカー 新潮社 河合 隼雄)

発売日 1998-12-25  希望価格 販売価格¥ 529
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

9 位
地図のない場所で眠りたい (講談社文庫)

地図のない場所で眠りたい (講談社文庫)(メーカー 講談社 高野 秀行)

発売日 2016-10-14  希望価格 販売価格¥ 734
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

10 位
虫眼とアニ眼 (新潮文庫)

虫眼とアニ眼 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 養老 孟司)

発売日 2008-01-29  希望価格 販売価格¥ 562
2018-2-18 の情報

   「虫眼」の人、 解剖学者養老孟司と「アニ眼」の人、アニメーション作家宮崎駿との3度にわたる対談集。

   「虫眼」とは、虫の身体の見逃してしまうくらい微小な特徴を目ざとく見つけ、それに感動できるセンスを持っている人のことである。宮崎は、その「虫眼」こそ、養老の自由な発想の源だと指摘する。2人は、『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』などの宮崎作品や自然と人間とのかかわりあい、そして若者や子どもをめぐる現状についてざっくばらんに語りあっていて、とっつきにくい話題も身近なことのように感じられる。

   冒頭で「養老さんと話してぼくが思ったこと」と題して宮崎が描き下ろしている、22ページにも及ぶカラー漫画が、濃密で刺激的だ。ここでは、老若男女の誰もが「隠された自分の感覚や能力を発見できる」町の創設を、「養老天命反転地」をデザインした荒川修作とともに提唱している。とくに、保育園や幼稚園を中心にして町づくりがなされているところが、子どもたちに関心を注いで映画作りをしてきた宮崎らしい発想である。巻末には、養老の「見えない時代を生き抜く―― 宮崎アニメ私論」が収められている。宮崎との対談を受けての、日本人や日本文化の「都市化・脳化」にたいする警告が強く発せられている。

   宮崎と養老は、格別に親しい間柄ではないという。しかしお互いに一目置いているのが行間からうかがえる。その距離のとりかたが、2人のやりとりに適度な緊張感を与えている。(文月 達)

11 位
ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~

ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~(メーカー 集英社 堀江 貴文)

発売日 2016-10-26  希望価格 販売価格¥ 1,296
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

12 位
遺言: 対談と往復書簡 (単行本)

遺言: 対談と往復書簡 (単行本)(メーカー 筑摩書房 志村 ふくみ)

発売日 2014-10-24  希望価格 販売価格¥ 2,376
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

13 位
世界の辺境とハードボイルド室町時代

世界の辺境とハードボイルド室町時代(メーカー 集英社インターナショナル 高野 秀行)

発売日 2015-08-26  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

14 位
ご本、出しときますね?

ご本、出しときますね?(メーカー ポプラ社  )

発売日 2017-04-25  希望価格 販売価格¥ 1,620
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

15 位
地平線の相談

地平線の相談(メーカー 文藝春秋 細野晴臣)

発売日 2015-03-28  希望価格 販売価格¥ 1,512
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

16 位
名作をいじる 「らくがき式」で読む最初の1ページ

名作をいじる 「らくがき式」で読む最初の1ページ(メーカー リットーミュージック 阿部 公彦)

発売日 2017-09-15  希望価格 販売価格
2018-2-18 の情報

漱石、太宰、谷崎、乱歩……文豪の名作に「らくがき」をしたら、小説のことがもっとわかった!
東大の先生が考えた、新しくておもしろい読書入門

有名作品の書き出しには、読書のヒントが必ず隠れている。
最近読書をする時間がない......そんな話をよく聞きませんか? 忙しいなら、まずは最初の1ページを「いじって」みればいい!

本書では、名作の最初の1ページをとりあげます。1ページだけでも、名作には気になるところがたくさんあります。そこに容赦なく、思ったことを書き込んでいく! これが、東京大学で教える阿部公彦が編み出した「らくがき式」読書法です。

自由に「らくがき」していくうちに、いつの間にか名作の新たな魅力に気づいて、読む手が止まらなくなっていく......レポートや読書感想文にも使える、全く新しい小説との向き合い方がわかります。

【目次】
まえがき〜この本の使い方

1. 夏目漱石『三四郎』〜目覚めたら話がはじまっていた
コラム 先人のいじり〜蓮實重彦『夏目漱石論』より
2. 夏目漱石『明暗』〜小説世界に「探り」を入れる
コラム 先人のいじり〜小島信夫『漱石を読む』より
3. 志賀直哉「城の崎にて」〜一行目で事故に遭う
4. 志賀直哉「小僧の神様」〜おいしい話を盗み聞き
コラム 先人のいじり〜小林秀雄「志賀直哉」「志賀直哉論」(『作家の顔』)より
5. 太宰治『人間失格』〜太宰モードに洗脳される
6. 太宰治『斜陽』〜こんなに丁寧に話すんですか?
コラム 先人のいじり〜高橋源一郎『文学じゃないかもしれない症候群』より
7. 谷崎潤一郎『細雪』〜一筋縄ではいかないあらすじ
8. 谷崎潤一郎「刺青」〜劇場的な語り口
9. 川端康成『雪国』〜美しい日本語だと思いますか?
10. 梶井基次郎「檸檬」〜善玉の文学臭
11. 江戸川乱歩『怪人二十面相』〜ですます調で誘惑する
12. 森鴎外「雁」〜さりげない知的さ
コラム 先人のいじり〜佐藤正午『小説の読み書き』より
13. 芥川龍之介「羅生門」〜不穏な世界を突き進む
14. 葛西善藏「蠢く者」〜私小説に響く不協和音
15. 堀辰雄「風立ちぬ」〜愛し合う二人は蚊帳の中
16. 林芙美子『放浪記』〜さまざまな声が混入する

あとがき
付録 「らくがき式」練習シート

17 位
余白の声 文学・サルトル・在日 鈴木道彦講演集

余白の声 文学・サルトル・在日 鈴木道彦講演集(メーカー 閏月社 鈴木道彦)

発売日 2018-03-10  希望価格 販売価格¥ 1,944
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

18 位
自閉っ子、こういう風にできてます!

自閉っ子、こういう風にできてます!(メーカー 花風社 ニキリンコ)

発売日 2004-11-01  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

19 位
仕事。

仕事。(メーカー 集英社 川村 元気)

発売日 2014-09-24  希望価格 販売価格¥ 1,512
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

20 位
星野源雑談集1

星野源雑談集1(メーカー マガジンハウス 星野 源)

発売日 2014-12-18  希望価格 販売価格¥ 1,620
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。