Amazon通販  101-125回 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  101-125回


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
ある男

ある男(メーカー コルク 平野啓一郎)

発売日 2018-09-28  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

愛したはずの夫は、まったくの別人であった。
「マチネの終わりに」から2年。平野啓一郎の新たなる代表作!

弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。
宮崎に住んでいる里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。ある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に「大祐」が全くの別人だったという衝撃の事実がもたらされる……。
里枝が頼れるのは、弁護士の城戸だけだった。

人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。
「大祐」の人生を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。
人間存在の根源と、この世界の真実に触れる文学作品。

2 位
マチネの終わりに

マチネの終わりに(メーカー コルク 平野啓一郎)

発売日 2016-04-08  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

天才ギタリストの蒔野(38)と通信社記者の洋子(40)。
深く愛し合いながら一緒になることが許されない二人が、再び巡り逢う日はやってくるのか――。
出会った瞬間から強く惹かれ合った蒔野と洋子。しかし、洋子には婚約者がいた。
スランプに陥りもがく蒔野。人知れず体の不調に苦しむ洋子。
やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまうが……。
芥川賞作家が描く、恋の仕方を忘れた大人たちに贈る恋愛小説。

3 位
私とは何か 「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

私とは何か 「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)(メーカー 講談社 平野啓一郎)

発売日 2012-08-13  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

嫌いな自分を肯定するには? 自分らしさはどう生まれるのか? 他者との距離をいかに取るか? 恋愛・職場・家族……人間関係に悩むすべての人へ。小説と格闘する中で生まれた、目からウロコの人間観! (講談社現代新書)

4 位
猫のエルは

猫のエルは(メーカー 講談社 町田康)

発売日 2018-09-28  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

数多くの猫たちと共に暮らし、作家の眼と深い愛情とで彼らを見つめ続けてきた町田康さんだからこそ書けた、五つの猫の物語。作中の愛すべきユニークな猫たちを、ヒグチユウコさんがイラストに描き起こした「猫好き上級者」のための作品集。猫の眼で、世界はこんなふうに見えています。

5 位
人生の十か条 (中公新書ラクレ 634)

人生の十か条 (中公新書ラクレ 634)(メーカー 中央公論新社 辻 仁成)

発売日 2018-10-06  希望価格 販売価格¥ 886
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

6 位
月

月(メーカー KADOKAWA 辺見 庸)

発売日 2018-10-31  希望価格 販売価格¥ 1,836
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

7 位
博士の愛した数式

博士の愛した数式(メーカー 新潮社 小川 洋子)

発売日 2003-08-28  希望価格 販売価格¥ 1,620
2018-11-16 の情報

   1990年の芥川賞受賞以来、1作ごとに確実に、その独自の世界観を築き上げてきた小川洋子。事故で記憶力を失った老数学者と、彼の世話をすることとなった母子とのふれあいを描いた本書は、そのひとつの到達点ともいえる作品である。現実との接点があいまいで、幻想的な登場人物を配す作風はそのままであるが、これまで著者の作品に潜んでいた漠然とした恐怖や不安の影は、本書には、いっさい見当たらない。あるのは、ただまっすぐなまでの、人生に対する悦びである。

   家政婦として働く「私」は、ある春の日、年老いた元大学教師の家に派遣される。彼は優秀な数学者であったが、17年前に交通事故に遭い、それ以来、80分しか記憶を維持することができなくなったという。数字にしか興味を示さない彼とのコミュニケーションは、困難をきわめるものだった。しかし「私」の10歳になる息子との出会いをきっかけに、そのぎこちない関係に変化が訪れる。彼は、息子を笑顔で抱きしめると「ルート」と名づけ、「私」たちもいつしか彼を「博士」と呼ぶようになる。

   80分間に限定された記憶、ページのあちこちに織りこまれた数式、そして江夏豊と野球カード。物語を構成するのは、ともすれば、その奇抜さばかりに目を奪われがちな要素が多い。しかし、著者の巧みな筆力は、そこから、他者へのいたわりや愛情の尊さ、すばらしさを見事に歌いあげる。博士とルートが抱き合うラストシーンにあふれるのは、人間の存在そのものにそそがれる、まばゆいばかりの祝福の光だ。3人のかけがえのない交わりは、一方で、あまりにもはかない。それだけに、博士の胸で揺れる野球カードのきらめきが、いつまでも、いつまでも心をとらえて離さない。(中島正敏)

8 位
雪の階 (単行本)

雪の階 (単行本)(メーカー 中央公論新社 奥泉 光)

発売日 2018-02-07  希望価格 販売価格¥ 2,592
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

9 位
日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集

日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集(メーカー 河出書房新社 )

発売日 2015-09-11  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

人間のユーモアと機知とエロスに満ちた野蛮な魅力そのものが生き生きと語られる、「瘤取り爺」の原話等古来よりの説話100余篇を収録。「日本霊異記」「宇治拾遺物語」「発心集」は新訳で。

解説=池澤夏樹
解題=小峯和明
月報=高樹のぶ子・朝吹真理子

10 位
立ち直る力

立ち直る力(メーカー 光文社 辻仁成)

発売日 2018-02-15  希望価格 販売価格¥ 994
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

11 位
ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)(メーカー 幻冬舎 日本推理作家協会 編著)

発売日 2015-10-08  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。

日本推理作家協会 編著 
赤川次郎/東直己/阿刀田高/我孫子武丸/綾辻行人/有栖川有栖/五十嵐貴久/伊坂幸太郎/石田衣良/岩井志麻子/逢坂剛/大沢在昌/乙一/折原一/恩田陸/垣根涼介/香納諒一/神崎京介/貴志祐介/北方謙三/北村薫/北森鴻/黒川博行/小池真理子/今野敏/柴田よしき/朱川湊人/真保裕一/柄刀一/天童荒太/二階堂黎人/楡周平/野沢尚/法月綸太郎/馳星周/花村萬月/東野圭吾/福井晴敏/船戸与一/宮部みゆき/森村誠一/山田正紀/横山秀夫

12 位
生きるとは、自分の物語をつくること

生きるとは、自分の物語をつくること(メーカー 新潮社 小川 洋子)

発売日 2011-03-01  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

人々の悩みに寄り添い、個人の物語に耳を澄まし続けた臨床心理学者と、静謐でひそやかな小説世界を紡ぎ続ける作家。二人が出会った時、『博士の愛した数式』の主人公たちのように、「魂のルート」が開かれた。子供の力、ホラ話の効能、箱庭のこと、偶然について、原罪と原悲、個人の物語の発見……。それぞれの「物語の魂」が温かく響き合う、奇跡のような河合隼雄の最後の対話。

13 位
考える葦

考える葦(メーカー コルク 平野啓一郎)

発売日 2018-09-29  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

文学とは、芸術とは、社会とは、「生きる」とは、何か――

作家生活二十年の平野啓一郎。『透明な迷宮』『マチネの終わりに』『ある男』執筆時に、作家は何を考えてきたのか。

文学、思想、美術、音楽、エンタテインメントから社会問題まで、広範なテーマに亘る六十七篇の論考を集成した、
待望の最新批評・エッセイ集。

「私たちは、今日、巨大な世界との対峙を余儀なくされている。なるほど、個々には葦の一本に過ぎまいが、
しかし、決して孤立した葦ではない。古今東西に亘って、たくましく繁茂し続けている一群の葦であり、
宇宙を包み込むのは、その有機的に結び合った思考である。」(「後書き」より)

(収録作品)

I
私達自身のような「夭折の天才」――ドナルド・キーン『石川啄木』
愛に翻弄された父と子、そして女――フランソワ・モーリアック『愛の砂漠』
「気持ち悪い」文学の最高峰――小島信夫『城壁』
森鴎外「鶏」――アンケート:「美しい日本語」とは何なのか?
「「愚」と云ふ貴い徳」の弁護人――谷崎潤一郎
『細雪』の妙子――アンケート:谷崎潤一郎名キャラ図鑑
傑作群の底に流れていたもの――谷崎潤一郎「創作ノート」
混沌を秩序化する技術――三島由紀夫『小説読本』
木乃伊にならなかった知の木乃伊取り――澁澤龍彦
個人の一生と人類の罪――追悼・林京子
思い出すことなど――瀬戸内寂聴
「否定性」と「私ら」――大江健三郎
「稔りの飽和」の静かな重み――古井由吉『ゆらぐ玉の緒』
疾駆し、「ゆきき」する若き詩人――吉増剛造『GOZOノート 1 コジキの思想』
人間を知っている作家――キム・ヨンス
アーレントの「反ユダヤ主義」を読みながら
情報に“勝ち負け”はあるのか?――レジス・ドブレ『メディオロジー宣言』
昭和プロレスの“リアリティ”
俯瞰と没入――菊地信義『菊地信義の装幀1997~2013』
“我が事”としての西洋政治思想史――小野紀明『西洋政治思想史講義――精神史的考察』
〈顔〉で向かい合う自己と他者――鷲田清一『〈ひと〉の現象学』
テロと昭和――中島岳志『血盟団事件』

II
初めて小説を書いた年齢
未来には絶望しない――『ドーン』を振り返って
あなたといる時の自分――アンケート:I Love You. の翻訳は?
一区切りついた、という実感
桜の中で、時が重なり合う
自分を解釈してもらう喜び――オーダーメイドについて
出版激動期の「文学と金」
飯田橋文学会縁起
文士劇出演顛末
フランスと私

III
肉体と油彩
「禍」としての才能――テオドール・シャセリオー
窃視された裸体――ドガ《たらいを洗う女》
北九州と、屋根の上の記憶――木村伊兵衛『川開き』
“遺影画”の世界――横尾忠則『日本の作家 222』
人間の居場所――広川泰士『BABEL ORDINARY LANDSCAPES』
深澤直人さんの仕事――『AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲』展
「現実の現実性」に向けて――『トーマス・デマンド』展
アルゲリッチの《夜のガスパール》のために
アロイジウス・ベルトラン『夜のガスパール』より(平野啓一郎訳)
偉大さと親近感と――小川隆夫『マイルス・デイヴィスの真実』
八十年代の亡霊
芸人と「分人」
共感の境界はどこに?――『第9地区』
「インセプション」としてのフィクション――クリストファー・ノーラン『インセプション』
悪役次第――クリストファー・ノーラン『ダークナイト ライジング』

IV
「カミナリおやじ」とは誰だったのか?
排外主義デモ
ローンと事なかれ主義
「日本批判」のジレンマ
食品ロスと貧困
「自己責任」論
戦争への想像力
「信頼」と社会の合理性
「面倒臭い」がない世界
顔に結びつけられる自己
ネットと選挙干渉
手術から修理へ
見かけと実体
模倣と影響力
外国人としての被災
伝記と身内話の間
更新される郷愁
釣り好きの祖父の酒
自宅にウイスキー・ボトル
Circle of Life

14 位
ハレルヤ

ハレルヤ(メーカー 新潮社 保坂 和志)

発売日 2018-07-31  希望価格 販売価格¥ 1,620
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

15 位
書きあぐねている人のための小説入門

書きあぐねている人のための小説入門(メーカー 草思社 保坂 和志)

発売日 2003-10-31  希望価格 販売価格¥ 1,512
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

16 位
もうすぐ絶滅するという煙草について

もうすぐ絶滅するという煙草について(メーカー キノブックス 芥川龍之介)

発売日 2018-02-01  希望価格 販売価格¥ 1,620
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

17 位
ギケイキ2: 奈落への飛翔

ギケイキ2: 奈落への飛翔(メーカー 河出書房新社 町田康)

発売日 2018-07-19  希望価格 販売価格¥ 1,836
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

18 位
告白 (中公文庫)

告白 (中公文庫)(メーカー 中央公論新社 町田康)

発売日 2008-02-25  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

人はなぜ人を殺すのか――。河内音頭のスタンダードナンバーにうたいつがれる、実際に起きた大量殺人事件「河内十人斬り」をモチーフに、永遠のテーマに迫る著者渾身の長編小説。第四十一回谷崎潤一郎賞受賞作。

19 位
ドーン (講談社文庫)

ドーン (講談社文庫)(メーカー 講談社 平野啓一郎)

発売日 2012-05-15  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

人類初の火星探査に成功し、一躍英雄(ヒーロー)となった宇宙飛行士・佐野明日人(さのあすと)。しかし、闇に葬られたはずの火星での“出来事”がアメリカ大統領選挙を揺るがすスキャンダルに。さまざまな矛盾をかかえて突き進む世界に「分人(デイヴイジユアル)」という概念を提唱し、人間の真の希望を問う感動長編。Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。(講談社文庫)

20 位
猫を抱いて象と泳ぐ

猫を抱いて象と泳ぐ(メーカー 文藝春秋 小川 洋子)

発売日 2009-01-09  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。