Amazon通販  大江健三郎(1995年) 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  大江健三郎(1995年)


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)

万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)(メーカー 講談社 大江 健三郎)

発売日 1988-04-04  希望価格 販売価格¥ 1,782
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

2 位
死者の奢り・飼育 (新潮文庫)

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 大江 健三郎)

発売日 1959-09-29  希望価格 販売価格¥ 561
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

3 位
個人的な体験

個人的な体験(メーカー 新潮社 大江 健三郎)

発売日 1994-11  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

27歳の予備校講師鳥(バード)は、結婚して間もなく子供が生まれようとしているのにいまだアフリカへの冒険旅行を夢見ているようなモラトリアム青年である。そこに、とうとう子供が生まれた、それも頭に異常のある障害児だという知らせを受けて、バードは今後いっさいの行動の自由が奪われたと絶望し、アルコールに、そして女友だち火見子との性交渉に逃避する日々を送ることになる。その間に子供が衰弱死して責任から解放され、火見子と連れ立ってアフリカに出発することができればというのがバードの期待だったが、その土壇場にきて、彼はこうした態度が自己欺瞞であり、自分の人生を台無しにしてしまうと自覚し、赤ん坊を引き受ける決断をする。障害を軽減する手術が成功して退院できることになった子供と妻を連れたバードは、確かに自分が変わったこと、大人になったことを感じる。
戦後新世代の旗手として華々しく登場した大江健三郎は、初期作品においてまず、閉塞した社会状況に抵抗し、そこから脱出しようとする若者たちを描いたが、1964年に書き下ろしたこの長編(新潮文学賞受賞)において、状況から逃げるのではなく、積極的に引き受けるようとする成熟、自立した青年像を提示し、中期創作への道を踏み出した。現在作曲家として知られる長男光の誕生をきっかけとして生まれたこの作品は、その後の大江と光の親子関係の発展をたどっていく一連の物語の出発点でもある。(大久保喬樹)

4 位
性的人間 (新潮文庫)

性的人間 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 大江 健三郎)

発売日 1968-04-29  希望価格 販売価格¥ 432
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

5 位
われらの狂気を生き延びる道を教えよ (新潮文庫)

われらの狂気を生き延びる道を教えよ (新潮文庫)(メーカー 新潮社 大江 健三郎)

発売日 1975-11-27  希望価格 販売価格¥ 679
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

6 位
ヒロシマ・ノート (岩波新書)

ヒロシマ・ノート (岩波新書)(メーカー 岩波書店 大江 健三郎)

発売日 1965-06-21  希望価格 販売価格¥ 756
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

7 位
叫び声 (講談社文芸文庫)

叫び声 (講談社文芸文庫)(メーカー 講談社 大江 健三郎)

発売日 1990-03-05  希望価格 販売価格¥ 1,026
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

8 位
新しい人よ眼ざめよ (講談社文庫)

新しい人よ眼ざめよ (講談社文庫)(メーカー 講談社 大江 健三郎)

発売日 1986-06-09  希望価格 販売価格¥ 576
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

9 位
芽むしり仔撃ち (新潮文庫)

芽むしり仔撃ち (新潮文庫)(メーカー 新潮社 大江 健三郎)

発売日 1997-08  希望価格 販売価格¥ 464
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

10 位
「自分の木」の下で

「自分の木」の下で(メーカー 朝日新聞社 大江 健三郎)

発売日 2001-06  希望価格 販売価格¥ 1,296
2017-11-24 の情報

   「人にはそれぞれ『自分の木』ときめられている樹木が森の高みにある…人の魂は、その「自分の木」の根方から谷間に降りて来て人間としての身体に入る…そして、森のなかに入って、たまたま「自分の木」の下に立っていると、年をとってしまった自分に会うことがある」

   7、8歳のころ、太平洋戦争の間に祖母からこの話を聞いた著者は、年老いた自分にこう問いかけたいと思った。
 「――どうして生きてきたのですか?」

   著者はこの質問に答えるためにずっと小説を書いてきたという。しかし、それから60年近くがたち、「年をとってしまった自分」になってみると、若い人たちに向けて「自分の木」の下で直接話をするように書きたいという気持ちが強くなった。自分の言葉が彼らの胸のうちで新しい命として生き続けられるように――。

   本書は著者が初めて書いた子ども向けの本である。自伝的要素が強く、不登校、生きる理由と方法、自殺、言葉、戦争、反戦運動、勉強の方法などをテーマに、悩める子どもたちへの真摯(しんし)なメッセージが著者自身の体験と共につづられる。小学校で経験した敗戦、四国の山間で父や母、祖母から伝え聞いた話、勉強に勤しんだ学生時代の思い出の数々、障害を持って生まれた長男の誕生と成長…。大江ゆかりの挿画は玉に傷だが、多くの困難を乗り越えて偉業を達成した著者の言葉は、暗闇に迷い込んだ子どもたちやその親に、希望という一筋の光明を与えるに違いない。(齋藤聡海)

11 位
あいまいな日本の私 (岩波新書)

あいまいな日本の私 (岩波新書)(メーカー 岩波書店 大江 健三郎)

発売日 1995-01-31  希望価格 販売価格¥ 842
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

12 位
静かな生活

静かな生活(メーカー 講談社 大江 健三郎)

発売日 1990-10-25  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

13 位
新しい文学のために (岩波新書)

新しい文学のために (岩波新書)(メーカー 岩波書店 大江 健三郎)

発売日 1988-01-20  希望価格 販売価格¥ 778
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

14 位
取り替え子 (講談社文庫)

取り替え子 (講談社文庫)(メーカー 講談社 大江 健三郎)

発売日 2004-04-15  希望価格 販売価格¥ 669
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

15 位
懐かしい年への手紙 (講談社文芸文庫)

懐かしい年への手紙 (講談社文芸文庫)(メーカー 講談社 大江 健三郎)

発売日 1992-10-02  希望価格 販売価格¥ 1,836
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

16 位
空の怪物アグイー (新潮文庫)

空の怪物アグイー (新潮文庫)(メーカー 新潮社 大江 健三郎)

発売日 1972-04-03  希望価格 販売価格¥ 562
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

17 位
同時代ゲーム (新潮文庫)

同時代ゲーム (新潮文庫)(メーカー 新潮社 大江 健三郎)

発売日 1984-08  希望価格 販売価格¥ 843
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

18 位
沖縄ノート (岩波新書)

沖縄ノート (岩波新書)(メーカー 岩波書店 大江 健三郎)

発売日 1970-09-21  希望価格 販売価格¥ 842
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

19 位
狂気について―渡辺一夫評論選 (岩波文庫)

狂気について―渡辺一夫評論選 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 渡辺 一夫)

発売日 1993-10-18  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

20 位
見るまえに跳べ (新潮文庫)

見るまえに跳べ (新潮文庫)(メーカー 新潮社 大江 健三郎)

発売日 1974-05-28  希望価格 販売価格¥ 596
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。