Amazon通販  1-25回 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  1-25回


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
戦国武士道物語 死處 (講談社文庫)

戦国武士道物語 死處 (講談社文庫)(メーカー 講談社 山本 周五郎)

発売日 2018-07-13  希望価格 販売価格¥ 605
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

2 位
黒い雨 (新潮文庫)

黒い雨 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 井伏 鱒二)

発売日 1970-06-25  希望価格 販売価格¥ 724
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

3 位
山本周五郎名品館IV 将監(しょうげん)さまの細みち (文春文庫)

山本周五郎名品館IV 将監(しょうげん)さまの細みち (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 山本 周五郎)

発売日 2018-07-10  希望価格 販売価格
2018-7-19 の情報

没後50年、いまもなお読み継がれる巨匠の傑作短篇から、沢木耕太郎が選び抜いた名品。
山本周五郎の世界へ誘う格好の入門書であり、その作家的本質と高みを知ることができる傑作短篇集の第4弾!
生涯、膨大な数の短篇を遺した山本周五郎。
その大半がいまだに読み継がれ、多くの読者に愛され、また後進の作家たちに多大な影響を与え続けている。
山本周五郎作品に深く傾倒する沢木耕太郎氏が独自の視点と切り口で4巻36篇を選び、各巻の末尾に斬新かつ詳細な解説エッセイを執筆。
第4巻(最終巻)は「悲と哀のあいだ」。山本周五郎と深い交流があった同時代の作家・山手樹一郎の「作家としての悲哀」を紹介し、同じように「かなしみ」を表すが微妙に意味合いの異なる「悲」と「哀」が、周五郎作品でいかに描かれたを分析する。

本書の収録作は以下の9篇。
「野分」(江戸っ子の老人の意地が生み出してしまう孫娘のかなしみ。)
「並木河岸」(子供を持てない夫婦の行き場のないかなしみ。)
「墨丸」(養家で育った娘とその家の息子との何十年にも渡る交情。)
「夕靄の中」(かなしみが新しい人間の関係を生み出す不思議。)
「将監さまの細みち」(岡場所の女の消えそうで消えないかなしみ。)
「深川安楽亭」(はぐれ者たちが集う居酒屋での群集劇。)
「ひとごろし」(臆病者の武士が藩内一の武芸者を上意討ちできるのか?)
「つゆのひぬま」(かなしみを抱いた男と女の最後の救い。)
「桑の木物語」(主君と固い絆で結ばれた元ご学友が、後年遠ざけられたのなぜか?)

4 位
山本周五郎名品館III 寒橋(さむさばし) (文春文庫)

山本周五郎名品館III 寒橋(さむさばし) (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 山本 周五郎)

発売日 2018-06-08  希望価格 販売価格¥ 940
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

5 位
おたふく 山本周五郎名品館I (文春文庫)

おたふく 山本周五郎名品館I (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 山本 周五郎)

発売日 2018-04-10  希望価格 販売価格
2018-7-19 の情報

没後50年、いまもなお読み継がれる巨匠の傑作短篇から、沢木耕太郎が選び抜いた名品。
山本周五郎の世界へ誘う格好の入門書であり、その作家的本質と高みを知ることができる傑作短篇集の決定版!

生涯、膨大な数の短篇を遺した山本周五郎。
その大半がいまだに読み継がれ、多くの読者に愛され、また後進の作家たちに多大な影響を与え続けている。
市井に生きる庶民の哀歓、弱き者の意地、男と女の不思議など、特に時代小説に傑作が多く、その数も膨大なものがある。

山本周五郎作品に深く傾倒する沢木耕太郎氏が独自の視点と切り口で4巻36篇を選び、各巻の末尾に斬新かつ詳細な解説エッセイを執筆。
第1巻は「一丁目一番地のひと」と題して、周五郎作品に登場する女性像を分析する。

本書の収録作は以下の9篇。

「あだこ」(絶望した武士を立ち直らせるけなげな娘)
「晩秋」(仇である老臣の立派さ)
「おたふく」(かわいい女)
「菊千代抄」(男として育てられた君主の哀しみ)
「その木戸を通って」(ふっと来て、ふっと消えた女)
「ちゃん」(酔っ払いだが腕のいい職人の父親)
「松の花」(妻に死なれて初めて知る妻の偉さ)
「おさん」(自分の性に翻弄される女を追って)
「雨あがる」(おおらかな浪人とその妻)

6 位
山本周五郎名品館II 裏の木戸はあいている (文春文庫)

山本周五郎名品館II 裏の木戸はあいている (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 山本 周五郎)

発売日 2018-05-10  希望価格 販売価格¥ 940
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

7 位
太宰よ! 45人の追悼文集: さよならの言葉にかえて (河出文庫)

太宰よ! 45人の追悼文集: さよならの言葉にかえて (河出文庫)(メーカー 河出書房新社 青山光二)

発売日 2018-06-05  希望価格 販売価格¥ 896
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

8 位
ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))(メーカー 岩波書店 ヒュー・ロフティング)

発売日 2000-06-16  希望価格 販売価格¥ 734
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

9 位
〆切本2

〆切本2(メーカー 左右社 森鷗外)

発売日 2017-10-07  希望価格 販売価格¥ 2,484
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

10 位
山椒魚 (新潮文庫)

山椒魚 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 井伏 鱒二)

発売日 1948-01-15  希望価格 販売価格¥ 529
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

11 位
ながい坂 (上巻) (新潮文庫)

ながい坂 (上巻) (新潮文庫)(メーカー 新潮社 山本 周五郎)

発売日 1971-07-19  希望価格 販売価格¥ 853
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

12 位
さぶ (新潮文庫)

さぶ (新潮文庫)(メーカー 新潮社 山本 周五郎)

発売日 1965-12-28  希望価格 販売価格¥ 724
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

13 位
樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)

樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)(メーカー 新潮社 山本 周五郎)

発売日 2003-02-01  希望価格 販売価格¥ 767
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

14 位
樅ノ木は残った (中) (新潮文庫)

樅ノ木は残った (中) (新潮文庫)(メーカー 新潮社 山本 周五郎)

発売日 2003-02-01  希望価格 販売価格¥ 724
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

15 位
ながい坂 (下巻) (新潮文庫)

ながい坂 (下巻) (新潮文庫)(メーカー 新潮社 山本 周五郎)

発売日 1971-07-19  希望価格 販売価格¥ 853
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

16 位
樅ノ木は残った (下) (新潮文庫)

樅ノ木は残った (下) (新潮文庫)(メーカー 新潮社 山本 周五郎)

発売日 2003-02-01  希望価格 販売価格¥ 767
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

17 位
赤ひげ診療譚 (新潮文庫)

赤ひげ診療譚 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 山本 周五郎)

発売日 1964-10-13  希望価格 販売価格¥ 680
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

18 位
厄除け詩集 (講談社文芸文庫)

厄除け詩集 (講談社文芸文庫)(メーカー 講談社 井伏鱒二)

発売日 1994-04-10  希望価格 販売価格
2018-7-19 の情報

そこはかとなきおかしみに幽愁を秘めた「なだれ」「つくだ煮の小魚」「歳末閑居」「寒夜母を思ふ」等の初期詩篇。“ハナニアラシノタトヘモアルゾ「サヨナラ」ダケガ人生ダ”の名訳で知られる「勧酒」、「復愁」「静夜思」「田舎春望」等闊達自在、有情に充ちた漢詩訳。深遠な詩魂溢れる「黒い蝶」「蟻地獄(コンコンの唄)」等、魅了してやまぬ井伏鱒二の詩精神。4部構成の『厄除け詩集』。

19 位
町奉行日記 (新潮文庫)

町奉行日記 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 山本 周五郎)

発売日 1979-03-26  希望価格 販売価格¥ 767
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。

20 位
白石城死守 (講談社文庫)

白石城死守 (講談社文庫)(メーカー 講談社 山本 周五郎)

発売日 2018-02-15  希望価格 販売価格¥ 583
2018-7-19 の情報

レビューは有りません。