Amazon通販  日本文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  日本文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
運命の恋をかなえるスタンダール

運命の恋をかなえるスタンダール(メーカー 文響社 水野 敬也)

発売日 2017-08-11  希望価格 販売価格¥ 827
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

2 位
細雪 全

細雪 全(メーカー 古典教養文庫 谷崎潤一郎)

発売日 2017-10-05  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

*第3版について 2019/01/22
 読者の方のご指摘により幾つかの誤植を訂正いたしました。この場を借りて御礼申しあげます。

*第2版について 
 読者の方のご指摘により、いくつかの誤植を訂正しました。2018.10.4

(この本について)
 この本には、谷崎潤一郎の代表作である長編「細雪」の上中下全巻を収めてあります。
 上巻は、青空文庫に収録されているものを、手元にある新潮文庫版(昭和三十年十月十日初版、五十七年三月十日第四十五刷)の「細雪」上巻と照らし合わせて、誤植を訂正し、行頭に一字分のスペースを入れる(会話を表す「 の場合は、そのまま)など、様々な修正を施しました。いくつかの漢字表現(「兎に角」など)を、新潮文庫版にならって、ひらがなに直しました。ルビの小文字(「っ」など)は見栄えを重視して普通文字(「つ」)に直しました。特に電子書籍デバイスやスマートフォンで読みやすいように、各項は、必ずページの先頭に来るように改ページを入れました。
 また中巻、下巻の本文については編集者が独自に入力しました。
 注については、編集者がいくつか割り注の形でいれ、何枚かの参考写真を挿入しました。

底本については以下のようになっています。
上巻(青空文庫より転載の上、編集)
 底本:「細雪(上)」新潮文庫、新潮社
  1955(昭和30)年10月30日発行
  2011(平成23)年3月20日112刷改版
  2013(平成25)年6月25日114刷
 底本の親本:「谷崎潤一郎全集 第十五巻」中央公論社
 1968(昭和43)年1月
中巻
 新潮文庫版「細雪」中巻
  昭和三十年十月十日初版
  昭和五十七年三月十日第四十五刷
下巻
 新潮文庫版「細雪」下巻
  昭和三十年十月十日初版、
  昭和五十七年三月五日第四十六刷

(谷崎潤一郎について)
 谷崎潤一郎は、一八八六年(明治十九年)、谷崎倉五郎、関の長男として東京府東京市日本橋区に生まれました。弟の谷崎精二もまた文学的才能に恵まれ、後に作家、英文学者(早稲田大学で教員)となっています。
 府立一中に入学しますが、散文や漢詩をよくし、一年のときに書いた『厭世主義を評す』は周囲を驚かせ「神童」と言われるほどでした。
 一九〇八年(明治四十一年)、一高卒業後、東京帝国大学文科大学国文科に進みますが、学費未納により中退します。在学中に和辻哲郎らと第二次『新思潮』を創刊し、処女作の戯曲『誕生』や小説『刺青』(一九〇九年)を発表し、早くから永井荷風によって『三田文学』誌上で激賞され、谷崎は文壇において新進作家としての地歩を固めていきます。
 関東大震災の後、谷崎は関西に移住し、これ以降ふたたび旺盛な執筆を行い、次々と佳品を生みだしました。長編『痴人の愛』では妖婦ナオミに翻弄される男の悲喜劇を描いて大きな反響を呼びます。続けて『卍』、『蓼喰ふ虫』、『春琴抄』、『武州公秘話』などを発表し、大正以来のモダニズムと中世的な日本の伝統美を両端として文学活動を続けていきます。こうした美意識の達者としての谷崎の思想は『文章読本』と『陰影礼賛』の評論によって知られる。この間、佐藤春夫との「細君譲渡事件」や二度目の結婚・離婚を経て、一九三五年(昭和十年)に森田松子と三度目の結婚して私生活も充実します。
 太平洋戦争中、谷崎は松子夫人とその妹たち四姉妹との生活を題材にした大作『細雪』に取り組み、軍部による発行差し止めに遭いつつも執筆を続け、戦後その全編を発表しました。同作の登場人物である二女「幸子」は松子夫人がモデルとなっています。

(「細雪」について)
 
 『細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の長編小説であり、また代表作ともなっています。一九三六年(昭和十一年)秋から一九四一年(昭和十六年)春までの大阪の旧家を舞台に、四姉妹の日常生活の悲喜こもごもを綴った作品です。阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られ、全編の会話が船場言葉で書かれています。上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに第二次世界大戦前の崩壊寸前の滅びの美を内包し挽歌的切なさをも醸しだしているといわれています。
 三島由紀夫をはじめ、多くの作家たちにより文芸評論・随想等で取り上げられ高く評価されています。
 また世界各国でもその翻訳が出版されており、スロベニア語・イタリア語・中国語・スペイン語・ポルトガル語・フィンランド語・ギリシャ語・フランス語・セルビア語・ロシア語・英語・韓国語・オランダ語・チェコ語・ドイツ語に翻訳されています。

 『細雪』の舞台となった兵庫県武庫郡住吉村(現・神戸市東灘区)の谷崎の旧邸は、保存運動が進められました。その結果、六甲ライナー建設による移築保存が一九九〇年(平成二年)に成しとげられ、「倚松庵(いしようあん)」と名づけられています。


(古典教養文庫について)
 古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。
 
1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。
2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、電子書籍デバイスはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットでの読書に最適化しました。またMacやパソコンでも読むことができます。
 索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
3、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。
4、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。

3 位
愛することば あなたへ

愛することば あなたへ(メーカー 光文社 瀬戸内寂聴)

発売日 2018-05-17  希望価格 販売価格¥ 994
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

4 位
ポケットに名言を (角川文庫)

ポケットに名言を (角川文庫)(メーカー KADOKAWA / 角川書店 寺山 修司)

発売日 2003-07-11  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

世に名言、格言集の類は数多いが、本著ほど型破りな名言集は珍しいのではないだろうか。畠山みどりの歌謡曲あり、懐かしい映画の名セリフあり、かと思うとサルトル、エンツェンスベルガー、マルクス、etc.と著者ならではの言葉のつきあいである。しかつめらしく覚えたり、読むのでなく、Tシャツでも着るようにもっと気軽に名言を自分のものにしよう! 思い出にすぎない言葉が、ときには世界全部の言葉の重さと釣合うことがあるのだから……。(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved

5 位
図解 言志四録──学べば吉

図解 言志四録──学べば吉(メーカー 株式会社ウェッジ 齋藤 孝)

発売日 2017-10-31  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

『言志四録(げんししろく)』は、儒学者・佐藤一斎が40年あまりにわたって書き綴った語録で、指導者のバイブル。また、西郷隆盛や吉田松陰、坂本龍馬、吉田松陰、佐久間象山らが心酔した書としても知られています。
今回『言志四録』に着目したのは、非常に優れた「人生の指南書」であり、いまも長く読み継がれているにもかかわらず、その魅力があまり広く知られていないという点に尽きます。
『論語』同様、座右の銘にしたくなる切れ味鋭い言葉に加え、仕事や人づきあい、リーダーの心得など、ビジネスパーソンの役に立つこの本の面白さを、わかりやすい図と共に解説します。

第一章 結果を出すには働き方を変える──仕事力
第二章 考えて動けるチームを作る──リーダー力
第三章 学びを無駄にしない──学習力
第四章 人とのちょうどいい距離感──人間関係力
第五章 悔いのない生き方──人生力

<著者プロフィール>
齋藤孝(さいとう・たかし)
明治大学文学部教授。1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程を経て現職。専門は、教育学、身体論、コミュニケーション論。『まねる力』(朝日新書)、『語彙力こそが教養である』(角川新書)、『新しい学力』(岩波新書)等、著書多数。

※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『図解 言志四録──学べば吉』(2017年10月31日 第1刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

6 位
あの夏の日の司馬遼太郎: 22歳軍服姿の司馬遼太郎を追う (22世紀アート)

あの夏の日の司馬遼太郎: 22歳軍服姿の司馬遼太郎を追う (22世紀アート)(メーカー 22世紀アート 早乙女 務)

発売日 2019-05-09  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

佐野に育った著者が、司馬遼太郎が死と向かい合った佐野での日々を掘り下げ、考察する——
「軍服に身を包み軍刀を下げ軍靴を響かせ、戦車と行動をともにした昭和二十年のあの夏の日は、司馬遼太郎の脳裏に深い襞となって焼き付けられた。」(本書「おわりに」より)戦後、日本人に勇気・希望・夢・プライドを持たせ、日本に新しい風と光をもたらした偉大な作家・司馬遼太郎。そんな彼が、自身の文学の原点であると述べた「一九四五年」、つまりは「終戦の年の佐野の夏」での衝撃的体験を、福田定一少尉(司馬遼太郎)と係わった人たちの証言と資料をもとにまとめた一冊。日本を代表する小説家の原点のすべてが、ここに——

【著者プロフィール】
早乙女 務(そうとめ・つとむ)
1933(昭和8)年 栃木県小山市に生まれる。
1957(昭和32)年 宇都宮大学教育学部卒業。
卒業後、佐野市内の小中学校に勤務。
元佐野市文化財保護審議委員
春陽会(版画)会員

7 位
自閉症児直樹と家族のものがたり (22世紀アート)

自閉症児直樹と家族のものがたり (22世紀アート)(メーカー 22世紀アート 宮口 恒樹)

発売日 2019-05-17  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

「発達検査を受けてしばらく経ったある日、大阪府から検査の結果通知が送られてきた。結果は中度の発達障害という判定であった。(中略)この結果には、我々夫婦もある程度覚悟はしていたがかなりのショックを受けた。」(本文より)誰よりも存在感があり、家族の要であり、かけがえのない存在——自閉症児・直樹の成長ぶりを父親の視点から描いた心温まる日記。
直樹の逞しさと家族の溢れんばかりの愛情に心救われる一冊! 

【著者プロフィール】
宮口 恒樹(みやぐち・つねき)
昭和22年5月、宮崎県生まれ、大阪府出身。
名古屋工業大学工学部建築学科(建築・都市計画専攻)卒。
大阪府立大学大学院修士課程(緑地計画工学専攻)修了。
昭和48年~49年、カリフォルニア大学バークレ一校環境計画学部大学院(ランドスケープ・アーキテクチュア専攻)留学。
大阪府立大学緑地計画工学研究室助手、シンクタンク(都市科学研究所)等を経て、現在総合建設コンサルタント会社に
勤務し、ランドスケープや都市計画分野の業務に携わる。家族(当時)は、妻と子供3人(長男、長女、次男)と両親の7人家族。

8 位
図解 養生訓─「ほどほど」で長生きする

図解 養生訓─「ほどほど」で長生きする(メーカー 株式会社ウェッジ 齋藤孝)

発売日 2012-07-31  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

■大好評、齋藤先生の図解シリーズ第2弾!
江戸時代に大ベストセラーとなった、貝原益軒の『養生訓』。いまでも、健康ガイドの先駆けとしての『養生訓』に学ぶことは多々あります。とはいえ、実際に読み通したことのある人は意外にも少ないのではないでしょうか。
本書は、昨年出版した『図解論語』に続く、シリーズ第2弾です。50の金言として取り上げた益軒の言葉は、言葉そのものが心の支えになります。今回も、わかりやすく図解にし、先生自身のエピソードをふんだんに盛り込みました。また、各項目には、誰もがすぐに実践できる健康法として「齋藤孝の今日からできる養生法」も加えました。『養生訓』を既に読んだことがある人にも、まだ読んだことがない人にも、養生を実践していくためのきっかけとなる、読んで良し、実践して良し、の1冊です。

第一章 生きる力──養生の基本
第二章 飲食の心得──何をどう食べるか
第三章 日々是好日──心をととのえる
第四章 健康配慮社会の到来──身体をととのえる
第五章 年を重ねるほど「ほぐれる」生き方──人生の楽しみ

[著者プロフィール]
齋藤孝(さいとう・たかし)
明治大学文学部教授。1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程を経て現職。専門は、教育学、身体論、コミュニケーション論。『まねる力』(朝日新書)、『語彙力こそが教養である』(角川新書)、『新しい学力』(岩波新書)等、著書多数。

※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『図解 養生訓─「ほどほど」で長生きする』(2017年3月20日 第3刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

9 位
眠れぬ夜のために 1967-2018 五百余の言葉 (新潮新書)

眠れぬ夜のために 1967-2018 五百余の言葉 (新潮新書)(メーカー 新潮社 五木 寛之)

発売日 2018-11-15  希望価格 販売価格¥ 799
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

10 位
わたしの校長奮闘記: 斎藤喜博の背中を追って (22世紀アート)

わたしの校長奮闘記: 斎藤喜博の背中を追って (22世紀アート)(メーカー 22世紀アート 山内 宣治)

発売日 2019-05-21  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

「授業を中軸にした学校づくり」を目指し、学校改革に挑んだ一教育者の3年間の実践記録!!
本書は佐藤学氏と佐藤雅彰氏の「学びの共同体としての学校づくり」の理論と実践に魅せられた著者が、教職最後の3年間に行った学校改革の挑戦の記録。校長の視点から、学校改革のビジョン実現のための過程、そしてその時々の校長としての思いを時系列に沿って書き記した一冊。
学校づくりのメソッドが、ここに——教師必携の書!!

【著者プロフィール】
山内 宜治(やまうち・のりはる)
 広島市南区出身。昭和13年(1938年)5月生まれ。四人兄弟の長男。小学校1年生の時に丹那町の自宅で被爆する。広島大学教育学部附属東雲中学校、広島県立広島皆実高等学校を卒業の後、昭和34年同志社大学文学部に入学、国文学を専攻する。学生時代は中学校から始めたバスケットボールに熱中して過ごす。
 昭和38年、大阪府豊能郡能勢町立東中学校を出発として教職に就く。ここで斎藤喜博先生と出会ったことで後に大田小学校と出会うこととなり、以後、サークル活動をするなど授業の道を志す。更に三原市立第五中学校、尾道南高等学校、県立本郷工業高等学校、世羅町立世羅中学校などに勤務。広島県中学校駅伝大会で三原五中を優勝に導いたり、世羅中ではバスケット部が地区大会で男女ともに9年連続優勝、県大会でも優勝して中国大会に出場するなど、スポーツの面でも活躍する。そして、平成元年に甲山町立甲山中学校教頭、平成5年6月には世羅町立津久志小学校長になり、世羅郡小・中学校校長会長などを歴任の後、平成11年、世羅町立大田小学校長を最後に36年間の教職生活を終える。
 公立学校を定年退職の後、現在は三原市にある私立の如水館中・高等学校の専任講師として勤務。

11 位
図解 孫子の兵法―丸くおさめる戦略思考

図解 孫子の兵法―丸くおさめる戦略思考(メーカー 株式会社ウェッジ 齋藤孝)

発売日 2018-06-25  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

■大好評、齋藤先生の図解シリーズ第6弾!
『孫子』は、世界最古、最強の兵法書として広く知られ、ビル・ゲイツや孫正義、野村克也など、名だたるリーダーが座右の書としています。「とにもかくにも勝てばいい」という単純なことではなく、「戦い方を知っている人だけが、思い通りに事を進められる」とあって、私たちにも参考にできることが非常に多いのです。
現代人にとって、戦いとは仕事の現場。商談もクレームも交渉も、そして会議まで、すべてが戦いのようなもの。そのため、目の前の出来事に対し、精神論ではなく戦略的思考を持って動いていくことが必要になります。判断を誤らないために、そしてよりよく仕事をするために必要な『孫子の兵法』の法則を、超訳と図解、そして具体的なエピソードでわかりやすく解説した1冊です。

【目次】
第一章 勝つための条件
第二章 リーダーの心得
第三章 負けない交渉術
第四章 困難にぶつかったときの対処法
第五章 チームで強くなる
<コラム>「孫子の兵法」とはどんなものか/「孫子の兵法」はなぜ仕事に役立つのか/『孫子』が書かれた時代/『孫子』に学んだ人たち

[著者プロフィール]
齋藤孝(さいとう・たかし)
明治大学文学部教授。1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程を経て現職。専門は、教育学、身体論、コミュニケーション論。『まねる力』(朝日新書)、『語彙力こそが教養である』(角川新書)、『新しい学力』(岩波新書)等、著書多数。

※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『図解 孫子の兵法―丸くおさめる戦略思考』(2018年6月25日 第1刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

12 位
見てる、知ってる、考えてる

見てる、知ってる、考えてる(メーカー サンマーク出版 中島芭旺)

発売日 2016-08-22  希望価格 販売価格¥ 950
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

13 位
壁を破る言葉

壁を破る言葉(メーカー イースト・プレス 岡本 太郎)

発売日 2005-04-01  希望価格 販売価格¥ 1,080
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

14 位
潤一郎訳源氏物語 完全版

潤一郎訳源氏物語 完全版(メーカー 古典教養文庫 紫式部)

発売日 2018-04-16  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

(第三版について)
読者の方のご指摘により、幾つかの誤植を訂正させていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。2018/9/15

(第二版について)
読者の方のご指摘により、幾つかの誤植を訂正させていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。2018/8/19

(この本について) 
 この古典教養文庫版の新々訳「潤一郎訳源氏物語」は以下のような構成になっています。

 第一巻 桐壺・帚木・空蟬・夕顔・若紫
 第二巻 末摘花・紅葉賀・花宴・葵・賢木・花散里
 第三巻 須磨・明石・澪標・蓬生・関屋・絵合・松風
 第四巻 薄雲・槿・乙女・玉鬘・初音・胡蝶
 第五巻 螢・常夏・篝火・野分・行幸・藤袴・真木柱・梅枝・藤裏葉
 第六巻 若菜上・若菜下
 第七巻 柏木・横笛・鈴虫・夕霧・御法・幻・雲隠
 第八巻 匂宮・紅梅・竹河・橋姫・椎本・総角
 第九巻 早蕨・宿生・東屋
 第十巻 浮舟・蜻蛉・手習・夢の浮橋

 この本は、その全巻を収めた完全版です。源氏物語全五十四帖を収録しました。

 底本は以下の中央公論社の中公文庫版
 「潤一郎訳源氏物語 巻一」(昭和四十八年六月十日初版、五十五年三月一日第十八版)
 「潤一郎訳源氏物語 巻二」(昭和四十八年七月十日初版、平成十年九月二十日改版再版)
 「潤一郎訳源氏物語 巻三」(昭和四十八年八月十日初版、平成十四年二月二十五日改版第三刷)
 「潤一郎訳源氏物語 巻四」(昭和四十八年九月十日初版、平成十三年二月二十五日改版三刷)
 「潤一郎訳源氏物語 巻五」(昭和四十八年十月十日初版、平成十四年二月二十五日改版第三刷)

 注は原書に頭注としてついているもの(谷崎自身による)を割り注の形でいれました。
 また、各巻の冒頭に、編集者によるその巻の梗概と主な登場人物一覧を掲載して、この長大な物語理解の一助としました。

(「源氏物語」について)
「源氏物語」は、平安時代中期に成立した日本の長編物語、小説です。
「桐壺」から「夢浮橋」までの全五十四帖で構成されています。
 現在では、大きく分けて次のように三部構成と見る見方が一般的です。

 第一部 桐壺——藤裏葉
 第二部 若菜上——幻
 第三部 匂宮以下三巻と宇治十帖

 作者は藤原為時の娘である紫式部と言われています。その娘に大弐三位がいます(与謝野晶子は、彼女が「若菜」以降の作者ではないかという説を述べています)。
 四百字詰め原稿用紙にすると約二千四百枚に及ぶ長さが有り、およそ五百名近くの人物が登場します。時代も七十年余りにわたっています。また八百首弱の和歌を含んだ歌物語としてみることもできます。
 物語としての筋立てが何よりおもしろいこと、心理描写が巧みであること、またその文章が流麗で美意識が鋭いことなどから、しばしば「古典の中の古典」、日本文学史上最高の傑作とされ、その後の日本人の美意識を決定づけたと言う人もいます。

(谷崎潤一郎について)
 谷崎潤一郎は、一八八六年(明治十九年)、谷崎倉五郎、関の長男として東京府東京市日本橋区に生まれました。弟の谷崎精二もまた文学的才能に恵まれ、後に作家、英文学者(早稲田大学で教員)となっています。
 府立一中に入学しますが、散文や漢詩をよくし、一年のときに書いた『厭世主義を評す』は周囲を驚かせ「神童」と言われるほどでした。
 一九〇八年(明治四十一年)、一高卒業後、東京帝国大学文科大学国文科に進みますが、学費未納により中退します。在学中に和辻哲郎らと第二次『新思潮』を創刊し、処女作の戯曲『誕生』や小説『刺青』(一九〇九年)を発表し、早くから永井荷風によって『三田文学』誌上で激賞され、谷崎は文壇において新進作家としての地歩を固めていきます。
 関東大震災の後、谷崎は関西に移住し、これ以降ふたたび旺盛な執筆を行い、次々と佳品を生みだしました。長編『痴人の愛』では妖婦ナオミに翻弄される男の悲喜劇を描いて大きな反響を呼びます。続けて『卍』、『蓼喰ふ虫』、『春琴抄』、『武州公秘話』などを発表し、大正以来のモダニズムと中世的な日本の伝統美を両端として文学活動を続けていきます。こうした美意識の達者としての谷崎の思想は『文章読本』と『陰影礼賛』の評論によって知られます。この間、佐藤春夫との「細君譲渡事件」や二度目の結婚・離婚を経て、一九三五年(昭和十年)に森田松子と三度目の結婚して私生活も充実します。
 太平洋戦争中、谷崎は松子夫人とその妹たち四姉妹との生活を題材にした大作『細雪』に取り組み、軍部による発行差し止めに遭いつつも執筆を続け、戦後その全編を発表しました。同作の登場人物である二女「幸子」は松子夫人がモデルとなっています。
 なお、谷崎は源氏物語を三度現代語に翻訳していますが、この本はその三度目のいわゆる「新々訳」にあたります。

(古典教養文庫について)
 古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。
1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。
2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、電子書籍デバイスはもちろん、スマートフォンやタブレットなどでの読書に最適化しました。またMacやパソコンでも読むことができます。
3、すばやい操作性
 索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
4、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。
5、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。古典教養文庫のブログに書き込むことで迅速なレスポンスが得られます。

15 位
グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉

グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉(メーカー すばる舎 七尾 与史)

発売日 2018-12-01  希望価格 販売価格¥ 1,512
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

16 位
挫折を経て、猫は丸くなった。: 書き出し小説名作集

挫折を経て、猫は丸くなった。: 書き出し小説名作集(メーカー 新潮社 )

発売日 2016-06-30  希望価格 販売価格¥ 1,188
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

17 位
短歌タイムカプセル

短歌タイムカプセル(メーカー 東 直子)

発売日 2018-03-08  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

【一千年後に届けたい、現代短歌アンソロジー】
葛原妙子・塚本邦雄・岡井隆から吉田隼人・大森静佳まで
今、読まれるべき現代歌人115人の作品二十首選。
さらに編者による一首鑑賞を収録。
戦後の現代短歌を見渡す決定版アンソロジーの完成です。

<編著者プロフィール>
東直子(ひがし・なおこ)
1963年広島県生まれ。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞受賞。『長崎くんの指』で小説家としてデビュー。2016年『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞受賞。歌集『東直子集』『十階』、小説『とりつくしま』『晴れ女の耳』、評論集『短歌の不思議』、エッセー集『七つ空、二つ水』など著書多数。絵本や童話、イラストレーションも手がける。新鋭短歌シリーズ第1期より監修。

佐藤弓生(さとう・ゆみお)
1964年石川県生まれ。2001年、「眼鏡屋は夕ぐれのため」で第47回角川短歌賞受賞。著書に歌集『薄い街』『モーヴ色のあめふる』などのほか、詩集『新集 月的現象』『アクリリックサマー』、掌編集『うたう百物語』、共著・共訳書に『現代詩殺人事件』『猫路地』『怪談短歌入門』『怪奇小説日和』などがある。

千葉聡(ちば・さとし)
1968年神奈川県生まれ。公立中学校、高校の国語科教諭。第41回短歌研究新人賞受賞。歌集に『微熱体』『そこにある光と傷と忘れもの』『飛び跳ねる教室』『今日の放課後、短歌部へ!』『海、悲歌、夏の雫など』『短歌は最強アイテム』。月刊「短歌研究」にて掌編小説を連載中。作曲も手がける。

<収録歌人>
安藤美保、飯田有子、池田はるみ、石川美南、伊舎堂仁、井辻朱美、伊藤一彦、内山晶太、梅内美華子、江戸雪、大口玲子、大滝和子、大塚寅彦、大辻隆弘、大西民子、大松達知、大森静佳、岡井隆、岡崎裕美子、岡野大嗣、荻原裕幸、奥村晃作、小野茂樹、香川ヒサ、春日井建、加藤治郎、加藤千恵、川野里子、河野裕子、北川草子、木下龍也、紀野恵、葛原妙子、栗木京子、黒瀬珂瀾、小池純代、小池光、小島なお、小島ゆかり、五島諭、小林久美子、今野寿美、三枝昂之、斉藤斎藤、佐伯裕子、坂井修一、笹井宏之、笹公人、笹原玉子、佐藤弓生、佐藤よしみ、佐藤りえ、陣崎草子、杉﨑恒夫、仙波龍英、染野太朗、高野公彦、高柳蕗子、竹山広、辰巳泰子、田丸まひる、俵万智、千種創一、千葉聡、塚本邦雄、寺山修司、堂園昌彦、土岐友浩、永井祐、永井陽子、中島裕介、永田和宏、永田紅、中山明、西田政史、野口あや子、服部真里子、花山周子、花山多佳子、馬場あき子、早川志織、早坂類、林あまり、東直子、平井弘、福島泰樹、藤本玲未、藤原龍一郎、フラワーしげる、干場しおり、穂村弘、前田透、正岡豊、枡野浩一、松平盟子、松村正直、松村由利子、水原紫苑、光森裕樹、三原由起子、村木道彦、望月裕二郎、柳谷あゆみ、山崎郁子、山崎聡子、山下泉、山田航、山中智恵子、雪舟えま、横山未来子、吉岡太朗、吉川宏志、吉田隼人、米川千嘉子、渡辺松男

<はじめに>
 校庭の隅っこで、地面を掘り返すと、土の匂いが濃く立ち込めます。卒業前、クラスみんなでタイムカプセルを埋めるのです。カプセルといっても、それはお菓子の入っていた缶だったり、密閉容器だったりします。その中には、写真、宝物、そして寄せ書きやメッセージ。あなたも、未来の自分への手紙を入れました。
 十年後、二十年後、それを掘り起こしたら、あなたは、きっとその当時をありありと思い出すでしょう。でも、長い年月のうち、学校は建て替えられたり、あの校庭は公園や駐車場になったりします。いくら地面を掘り返してもタイムカプセルが見つからなかったら、一体どうなるでしょうか。
 もしかしたら一千年後、あなたの全く知らない誰かが、たまたま地面を掘って、タイムカプセルを見つけるかもしれません。
「これは何だ?」
 最初はとまどいます。それでも、その人はあなたの手紙を読み、あなたに興味を持つでしょう。あなたの夢、悩み、憧れ。さまざまなあなたを知るでしょう。
 一千年の時を経て、知らない誰かが、あなたの友達になるのです。

  *  *  *

 五七五七七の音数律をもつ短歌は、一三〇〇年以上も前から現在まで受け継がれている詩形です。教科書に載っている『万葉集』や『古今和歌集』は、タイムカプセルなのです。私たちはそれを掘り返し、開けてみることで、一千年以上も昔の人の思いを知り、その人に心を寄せることができるのですから。
 二〇〇〇年代の最初の世紀に入った今、私たちは『短歌タイムカプセル』を作りました。まさに現在、多くの人に愛されている現代歌人の作品を、未来に届けたい名歌を、この一冊にまとめました。
 この本が一千年後、タイムカプセルの役割を果たすことを願っています。そして、はるかな未来にいる誰かの笑顔を想像しながら、今、みなさんにこの一冊をお渡しします。
                  東 直子
                  佐藤弓生
                  千葉 聡


※こちらの電子書籍は、リフロー版ではなく、レイアウトが固定されているフィックス版となっております。

18 位
ギター侍の書

ギター侍の書(メーカー 日本テレビ放送網 波田 陽区)

発売日 2004-10-28  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

19 位
コミュニケーション100の法則

コミュニケーション100の法則(メーカー ディスカヴァー・トゥエンティワン 伊藤 守)

発売日 1994-03-31  希望価格¥ 1,049 販売価格¥ 1,049
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

20 位
(ぶんこ版)糸井重里の萬流コピー塾 (文春文庫)

(ぶんこ版)糸井重里の萬流コピー塾 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 糸井 重里)

発売日 1988-03-10  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

セン柳より面白いからマン流なのだ。ワイセツなことを考えてはいけない。広告は世界を変えたが、萬流は広告を変えた。IT革命や南北会談には残念ながら及ばなかったが、ギョーカイの技術革新、男女摩擦については大いなる洞察を見せたのである。これはまさに、来るべき新世紀にむけての一大セイシン運動と評すべきであろう。バブル黎明期の日本に突如あらわれた天才コピーライターが一般応募の秀作を格付け。予想を超える鬼才たちが集まり、一行メッセージにしのぎを削る。