Amazon通販  日本文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  日本文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
愛することば あなたへ

愛することば あなたへ(メーカー 光文社 瀬戸内寂聴)

発売日 2018-05-17  希望価格 販売価格¥ 994
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

2 位
運命の恋をかなえるスタンダール

運命の恋をかなえるスタンダール(メーカー 文響社 水野 敬也)

発売日 2017-08-11  希望価格 販売価格¥ 1,566
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

3 位
女と男の品格。

女と男の品格。(メーカー 文藝春秋 伊集院 静)

発売日 2017-05-23  希望価格 販売価格¥ 1,000
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

4 位
見てる、知ってる、考えてる

見てる、知ってる、考えてる(メーカー サンマーク出版 中島芭旺)

発売日 2016-08-22  希望価格 販売価格¥ 1,296
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

5 位
新装版 ブラック・ジョーク大全 (講談社文庫)

新装版 ブラック・ジョーク大全 (講談社文庫)(メーカー 講談社 阿刀田 高)

発売日 2007-08-11  希望価格 販売価格¥ 751
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

6 位
ああ面白かったと言って死にたい―佐藤愛子の箴言集

ああ面白かったと言って死にたい―佐藤愛子の箴言集(メーカー 海竜社 佐藤 愛子)

発売日 2012-07-01  希望価格 販売価格¥ 950
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

7 位
空蝉の恋 (ぼちこ文庫)

空蝉の恋 (ぼちこ文庫)(メーカー ぼちぼちこ)

発売日 2018-06-04  希望価格 販売価格
2018-6-19 の情報

佳澄という十三歳年上の女性と付き合っていた片倉由依は、突然別れを切り出されたあとも、彼女のことをずっと忘れられずにいた。新しい恋人ができても、そのたびに彼女の稀有な存在を思い知らされる。
別離から五年経ったのち偶然再会したことで、封じ込めていた想いは瞬く間に膨れ上がる。しかし、佳澄を取り巻く状況は由依が想像できないほどの変化を遂げていた。
終わった恋を取り戻すのではなく、新しい恋を違う形で始められたら。失いたくない人を失わないための試行錯誤が、今始まる。

8 位
ポケットに名言を (角川文庫)

ポケットに名言を (角川文庫)(メーカー KADOKAWA / 角川書店 寺山 修司)

発売日 2003-07-11  希望価格 販売価格
2018-6-19 の情報

世に名言、格言集の類は数多いが、本著ほど型破りな名言集は珍しいのではないだろうか。畠山みどりの歌謡曲あり、懐かしい映画の名セリフあり、かと思うとサルトル、エンツェンスベルガー、マルクス、etc.と著者ならではの言葉のつきあいである。しかつめらしく覚えたり、読むのでなく、Tシャツでも着るようにもっと気軽に名言を自分のものにしよう! 思い出にすぎない言葉が、ときには世界全部の言葉の重さと釣合うことがあるのだから……。(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved

9 位
細雪 全

細雪 全(メーカー 古典教養文庫 谷崎潤一郎)

発売日 2017-10-05  希望価格 販売価格
2018-6-19 の情報

(この本について)
 この本には、谷崎潤一郎の代表作である長編「細雪」の上中下全巻を収めてあります。
 上巻は、青空文庫に収録されているものを、手元にある新潮文庫版(昭和三十年十月十日初版、五十七年三月十日第四十五刷)の「細雪」上巻と照らし合わせて、誤植を訂正し、行頭に一字分のスペースを入れる(会話を表す「 の場合は、そのまま)など、様々な修正を施しました。いくつかの漢字表現(「兎に角」など)を、新潮文庫版にならって、ひらがなに直しました。ルビの小文字(「っ」など)は見栄えを重視して普通文字(「つ」)に直しました。特に電子書籍デバイスやスマートフォンで読みやすいように、各項は、必ずページの先頭に来るように改ページを入れました。
 また中巻、下巻の本文については編集者が独自に入力しました。
 注については、編集者がいくつか割り注の形でいれ、何枚かの参考写真を挿入しました。

底本については以下のようになっています。
上巻(青空文庫より転載の上、編集)
 底本:「細雪(上)」新潮文庫、新潮社
  1955(昭和30)年10月30日発行
  2011(平成23)年3月20日112刷改版
  2013(平成25)年6月25日114刷
 底本の親本:「谷崎潤一郎全集 第十五巻」中央公論社
 1968(昭和43)年1月
中巻
 新潮文庫版「細雪」中巻
  昭和三十年十月十日初版
  昭和五十七年三月十日第四十五刷
下巻
 新潮文庫版「細雪」下巻
  昭和三十年十月十日初版、
  昭和五十七年三月五日第四十六刷

(谷崎潤一郎について)
 谷崎潤一郎は、一八八六年(明治十九年)、谷崎倉五郎、関の長男として東京府東京市日本橋区に生まれました。弟の谷崎精二もまた文学的才能に恵まれ、後に作家、英文学者(早稲田大学で教員)となっています。
 府立一中に入学しますが、散文や漢詩をよくし、一年のときに書いた『厭世主義を評す』は周囲を驚かせ「神童」と言われるほどでした。
 一九〇八年(明治四十一年)、一高卒業後、東京帝国大学文科大学国文科に進みますが、学費未納により中退します。在学中に和辻哲郎らと第二次『新思潮』を創刊し、処女作の戯曲『誕生』や小説『刺青』(一九〇九年)を発表し、早くから永井荷風によって『三田文学』誌上で激賞され、谷崎は文壇において新進作家としての地歩を固めていきます。
 関東大震災の後、谷崎は関西に移住し、これ以降ふたたび旺盛な執筆を行い、次々と佳品を生みだしました。長編『痴人の愛』では妖婦ナオミに翻弄される男の悲喜劇を描いて大きな反響を呼びます。続けて『卍』、『蓼喰ふ虫』、『春琴抄』、『武州公秘話』などを発表し、大正以来のモダニズムと中世的な日本の伝統美を両端として文学活動を続けていきます。こうした美意識の達者としての谷崎の思想は『文章読本』と『陰影礼賛』の評論によって知られる。この間、佐藤春夫との「細君譲渡事件」や二度目の結婚・離婚を経て、一九三五年(昭和十年)に森田松子と三度目の結婚して私生活も充実します。
 太平洋戦争中、谷崎は松子夫人とその妹たち四姉妹との生活を題材にした大作『細雪』に取り組み、軍部による発行差し止めに遭いつつも執筆を続け、戦後その全編を発表しました。同作の登場人物である二女「幸子」は松子夫人がモデルとなっています。

(「細雪」について)
 
 『細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の長編小説であり、また代表作ともなっています。一九三六年(昭和十一年)秋から一九四一年(昭和十六年)春までの大阪の旧家を舞台に、四姉妹の日常生活の悲喜こもごもを綴った作品です。阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られ、全編の会話が船場言葉で書かれています。上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに第二次世界大戦前の崩壊寸前の滅びの美を内包し挽歌的切なさをも醸しだしているといわれています。
 三島由紀夫をはじめ、多くの作家たちにより文芸評論・随想等で取り上げられ高く評価されています。
 また世界各国でもその翻訳が出版されており、スロベニア語・イタリア語・中国語・スペイン語・ポルトガル語・フィンランド語・ギリシャ語・フランス語・セルビア語・ロシア語・英語・韓国語・オランダ語・チェコ語・ドイツ語に翻訳されています。

 『細雪』の舞台となった兵庫県武庫郡住吉村(現・神戸市東灘区)の谷崎の旧邸は、保存運動が進められました。その結果、六甲ライナー建設による移築保存が一九九〇年(平成二年)に成しとげられ、「倚松庵(いしようあん)」と名づけられています。


(古典教養文庫について)
 古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。
 
1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。
2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、電子書籍デバイスはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットでの読書に最適化しました。またMacやパソコンでも読むことができます。
 索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
3、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。
4、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。

10 位
壁を破る言葉

壁を破る言葉(メーカー イースト・プレス 岡本 太郎)

発売日 2005-04-01  希望価格 販売価格¥ 1,080
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

11 位
運命はこうして変えなさい 賢女の極意120 (文春文庫)

運命はこうして変えなさい 賢女の極意120 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 林 真理子)

発売日 2018-01-04  希望価格 販売価格¥ 540
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

12 位
伊集院静の「贈る言葉」

伊集院静の「贈る言葉」(メーカー 集英社 伊集院 静)

発売日 2012-10-26  希望価格 販売価格¥ 918
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

13 位
カイマナヒラの家 (impala e-books)

カイマナヒラの家 (impala e-books)(メーカー 株式会社ボイジャー 池澤夏樹)

発売日 2016-02-05  希望価格 販売価格
2018-6-19 の情報

ほんと、ここは天国ですねえ。

「カイマナヒラ」はハワイイ語で「ダイアモンド・ヘッド」。そのダイアモンド・ヘッドの麓、ワイキキ・ビーチのすぐ側にある古くて大きな屋敷にはゆったりとした時間が流れている。そこに集うさまざま人々とそれぞれの物語は、不思議に満ちたハワイイの日常を教えてくれる。風と波に乗って、ハワイイの神様たちの姿が見え隠れする。
芝田満之の光溢れる映像との美しいコラボレーション。

【目次】
神様に着陸を禁じられた飛行機
すべてのはじまり
カイマナヒラの家
冷蔵庫の中の写真
ドライ・レイク
カパルア・キュナード・ホテルの幽霊たち
ウィンド・サーファー
お春さん
海に葬る
カラミティー・ボーイ
「家に帰ったらおしまいでしょ」
カイマナヒラを出る

【著者】
池澤夏樹
1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。 http://www.impala.jp

【写真】
芝田満之
写真家、映像カメラマン。1955年生まれ、葉山在住。ロマンティックで情緒的な写真はサーフィン界のみならず、様々な分野から支持され、広告を中心に雑誌のエディトリアルや映画・CMなどの映像も多数手掛けている。代表的な作品集に『Daze』『Lei』『SUMMER BOHEMIANS』『saltwater sky』など。近年では映画「コトバのない冬」の撮影を手掛けた。生活のベースはあくまでも海、そしてサーフィンであるという姿勢は変わらない。 http://www.firstswell.com

14 位
挫折を経て、猫は丸くなった。: 書き出し小説名作集

挫折を経て、猫は丸くなった。: 書き出し小説名作集(メーカー 新潮社 )

発売日 2016-06-30  希望価格 販売価格¥ 1,188
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

15 位
質問

質問(メーカー 文藝春秋 田中 未知)

発売日 2018-02-02  希望価格 販売価格¥ 2,484
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

16 位
おしえて出口さん!──出口が見えるお悩み相談

おしえて出口さん!──出口が見えるお悩み相談(メーカー 株式会社ウェッジ 出口 治明)

発売日 2017-10-31  希望価格 販売価格
2018-6-19 の情報

2017年3月末から7月末までの期間限定サイト「おしえて出口さん!」に寄せられた質問・相談と出口さんによる回答を再編集した1冊です。たくさんの回答から、80通を厳選しました。
ライフネット生命保険創業者の出口さん自らが回答するとあって、寄せられた質問・相談は多種多様。すべてのメールを出口さんが読み、丁寧に回答(しかも、結構長文)。そのため、毎日遊びに来て下さる方がとても多かったサイトでした。最年少は17歳、最年長はなんと82歳! 
働き方から、恋愛、結婚、生き方、はては蝉のとり方まで。書籍化にあたり大幅加筆修正を加えたこの1冊を、ぜひ人生のおともに。各章のはじめには、出口さんの「○○観」も収録していますので、ぜひご参考に!

第1章 仕事
第2章 歴史と教養
第3章 恋愛と結婚
第4章 人間関係
第5章 人生

<著者プロフィール>
出口治明(でぐち・はるあき)
ライフネット生命保険株式会社創業者。1948年三重県生まれ。京都大学法学部卒業後、1972年日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを歴任。2008年にライフネット生命保険を開業し、代表取締役社長に就任。2017年に代表取締役会長を退任後も、後進の育成など同社を支える。『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『「全世界史」講義Ⅰ、Ⅱ』(新潮社)、『教養は児童書で学べ』(光文社新書)、『世界一子どもを育てやすい国にしよう』(駒崎弘樹氏との共著、ウェッジ)など、著書多数。

※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『おしえて出口さん!──出口が見えるお悩み相談』(2017年10月31日 第1刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

17 位
人生解毒波止場

人生解毒波止場(メーカー 洋泉社 根本 敬)

発売日 2001-10  希望価格 販売価格
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

18 位
潤一郎訳源氏物語 完全版

潤一郎訳源氏物語 完全版(メーカー 古典教養文庫 紫式部)

発売日 2018-04-16  希望価格 販売価格
2018-6-19 の情報

(この本について) 
 この古典教養文庫版の新々訳「潤一郎訳源氏物語」は以下のような構成になっています。

 第一巻 桐壺・帚木・空蟬・夕顔・若紫
 第二巻 末摘花・紅葉賀・花宴・葵・賢木・花散里
 第三巻 須磨・明石・澪標・蓬生・関屋・絵合・松風
 第四巻 薄雲・槿・乙女・玉鬘・初音・胡蝶
 第五巻 螢・常夏・篝火・野分・行幸・藤袴・真木柱・梅枝・藤裏葉
 第六巻 若菜上・若菜下
 第七巻 柏木・横笛・鈴虫・夕霧・御法・幻・雲隠
 第八巻 匂宮・紅梅・竹河・橋姫・椎本・総角
 第九巻 早蕨・宿生・東屋
 第十巻 浮舟・蜻蛉・手習・夢の浮橋

 この本は、その全巻を収めた完全版です。源氏物語全五十四帖を収録しました。

 底本は以下の中央公論社の中公文庫版
 「潤一郎訳源氏物語 巻一」(昭和四十八年六月十日初版、五十五年三月一日第十八版)
 「潤一郎訳源氏物語 巻二」(昭和四十八年七月十日初版、平成十年九月二十日改版再版)
 「潤一郎訳源氏物語 巻三」(昭和四十八年八月十日初版、平成十四年二月二十五日改版第三刷)
 「潤一郎訳源氏物語 巻四」(昭和四十八年九月十日初版、平成十三年二月二十五日改版三刷)
 「潤一郎訳源氏物語 巻五」(昭和四十八年十月十日初版、平成十四年二月二十五日改版第三刷)

 注は原書に頭注としてついているもの(谷崎自身による)を割り注の形でいれました。
 また、各巻の冒頭に、編集者によるその巻の梗概と主な登場人物一覧を掲載して、この長大な物語理解の一助としました。

(「源氏物語」について)
「源氏物語」は、平安時代中期に成立した日本の長編物語、小説です。
「桐壺」から「夢浮橋」までの全五十四帖で構成されています。
 現在では、大きく分けて次のように三部構成と見る見方が一般的です。

 第一部 桐壺——藤裏葉
 第二部 若菜上——幻
 第三部 匂宮以下三巻と宇治十帖

 作者は藤原為時の娘である紫式部と言われています。その娘に大弐三位がいます(与謝野晶子は、彼女が「若菜」以降の作者ではないかという説を述べています)。
 四百字詰め原稿用紙にすると約二千四百枚に及ぶ長さが有り、およそ五百名近くの人物が登場します。時代も七十年余りにわたっています。また八百首弱の和歌を含んだ歌物語としてみることもできます。
 物語としての筋立てが何よりおもしろいこと、心理描写が巧みであること、またその文章が流麗で美意識が鋭いことなどから、しばしば「古典の中の古典」、日本文学史上最高の傑作とされ、その後の日本人の美意識を決定づけたと言う人もいます。

(谷崎潤一郎について)
 谷崎潤一郎は、一八八六年(明治十九年)、谷崎倉五郎、関の長男として東京府東京市日本橋区に生まれました。弟の谷崎精二もまた文学的才能に恵まれ、後に作家、英文学者(早稲田大学で教員)となっています。
 府立一中に入学しますが、散文や漢詩をよくし、一年のときに書いた『厭世主義を評す』は周囲を驚かせ「神童」と言われるほどでした。
 一九〇八年(明治四十一年)、一高卒業後、東京帝国大学文科大学国文科に進みますが、学費未納により中退します。在学中に和辻哲郎らと第二次『新思潮』を創刊し、処女作の戯曲『誕生』や小説『刺青』(一九〇九年)を発表し、早くから永井荷風によって『三田文学』誌上で激賞され、谷崎は文壇において新進作家としての地歩を固めていきます。
 関東大震災の後、谷崎は関西に移住し、これ以降ふたたび旺盛な執筆を行い、次々と佳品を生みだしました。長編『痴人の愛』では妖婦ナオミに翻弄される男の悲喜劇を描いて大きな反響を呼びます。続けて『卍』、『蓼喰ふ虫』、『春琴抄』、『武州公秘話』などを発表し、大正以来のモダニズムと中世的な日本の伝統美を両端として文学活動を続けていきます。こうした美意識の達者としての谷崎の思想は『文章読本』と『陰影礼賛』の評論によって知られます。この間、佐藤春夫との「細君譲渡事件」や二度目の結婚・離婚を経て、一九三五年(昭和十年)に森田松子と三度目の結婚して私生活も充実します。
 太平洋戦争中、谷崎は松子夫人とその妹たち四姉妹との生活を題材にした大作『細雪』に取り組み、軍部による発行差し止めに遭いつつも執筆を続け、戦後その全編を発表しました。同作の登場人物である二女「幸子」は松子夫人がモデルとなっています。
 なお、谷崎は源氏物語を三度現代語に翻訳していますが、この本はその三度目のいわゆる「新々訳」にあたります。

(古典教養文庫について)
 古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。
1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。
2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、電子書籍デバイスはもちろん、スマートフォンやタブレットなどでの読書に最適化しました。またMacやパソコンでも読むことができます。
3、すばやい操作性
 索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
4、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。
5、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。古典教養文庫のブログに書き込むことで迅速なレスポンスが得られます。

19 位
この人ゴミを押しわけて、はやく来やがれ、王子さま。

この人ゴミを押しわけて、はやく来やがれ、王子さま。(メーカー 三修社 イチハラ ヒロコ)

発売日 1999-11-15  希望価格 販売価格¥ 1,620
2018-6-19 の情報

レビューは有りません。

20 位
先生×先生=1

先生×先生=1(メーカー 新々)

発売日 2018-06-09  希望価格 販売価格
2018-6-19 の情報

「文学も数学も、はじめから同じ場所にいたんですね」。 雨宿りのために立ち寄った古本屋で出逢った芥川龍之介の『羅生門』と夏目漱石の『夢十夜』。
国語の授業でしかふれることのなかったそれらの物語は、数学の授業でしか使うことのなかった三角関数と虚数につながっていた──。古本屋店主と塾数学講師による文学と数学の社会人百合方程式。