Amazon通販  か行の著者 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  か行の著者


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
対岸の彼女 (文春文庫)

対岸の彼女 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 角田 光代)

発売日 2007-10-10  希望価格 販売価格¥ 637
2017-10-18 の情報

『「本屋大賞」事務局(http://www.hontai.jp)』からノミネート作品のPOPが届きました!
POP王の作品を拡大する POP姫の作品を拡大する

(Copyright© Web本の雑誌 POP王 POP姫)


2 位
猫が見ていた (文春文庫)

猫が見ていた (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 湊 かなえ)

発売日 2017-07-06  希望価格 販売価格¥ 648
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

3 位
女と骨盤

女と骨盤(メーカー 文藝春秋 片山 洋次郎)

発売日 2017-09-08  希望価格 販売価格¥ 1,404
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

4 位
[オーディオブックCD] 川端康成 著 「伊豆の踊り子」(CD1枚)

[オーディオブックCD] 川端康成 著 「伊豆の踊り子」(CD1枚)(メーカー ことのは出版 川端康成)

発売日 2008-05-12  希望価格 販売価格
2017-10-18 の情報

著:川端康成 朗読:榊原忠美 湯ヶ島・天城峠を越えて下田に向かう旅を芸人一座と道連れになった、孤独に悩む少年の、淡い恋と人間的成長を旅情豊かに描く。 旧制高校生である主人公が、孤独に悩み、伊豆への一人旅の途中旅芸人の一座と道連れとなる。 一座の一人であった純真な踊り子へ抱いた想いは、孤児根性でゆがんだ主人公の心をあたたかくときほぐしてゆく。  醜悪な現実をえぐるものが多い川端作品の中で、珍しく清涼剤のように爽やかな叙情が漂う美しい青春の譜です。 ノーベル賞作家川端康成の出世作となりました。  オーディオブック「奥の細道」ほか、「木を植えた人」を聴くプロジェクト」など舞台活動でも活躍中の榊原忠美氏の落ちついた、朗読をお楽しみください。

5 位
笹の舟で海をわたる

笹の舟で海をわたる(メーカー 毎日新聞出版 角田 光代)

発売日 2014-09-11  希望価格¥ 1,728 販売価格¥ 1,642
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

6 位
霧のむこうのふしぎな町 (新装版) (講談社青い鳥文庫)

霧のむこうのふしぎな町 (新装版) (講談社青い鳥文庫)(メーカー 講談社 柏葉 幸子)

発売日 2004-12-16  希望価格 販売価格¥ 626
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

7 位
クロワッサン 2017年 8/25 号[本のない、人生なんて。]

クロワッサン 2017年 8/25 号[本のない、人生なんて。](メーカー マガジンハウス )

発売日 2017-08-10  希望価格 販売価格¥ 500
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

8 位
のぼせもんやけん2 植木等の付き人時代のこと。

のぼせもんやけん2 植木等の付き人時代のこと。(メーカー 竹書房 小松政夫)

発売日 2007-12-14  希望価格 販売価格¥ 1,728
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

9 位
耳袋秘帖 紀尾井坂版元殺人事件 (文春文庫)

耳袋秘帖 紀尾井坂版元殺人事件 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 風野 真知雄)

発売日 2017-09-05  希望価格 販売価格¥ 670
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

10 位
すべて真夜中の恋人たち

すべて真夜中の恋人たち(メーカー 講談社 川上 未映子)

発売日 2011-10-13  希望価格 販売価格¥ 1,728
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

11 位
邂逅の森 (文春文庫)

邂逅の森 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 熊谷 達也)

発売日 2006-12-01  希望価格 販売価格¥ 832
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

12 位
陰日向に咲く (幻冬舎文庫)

陰日向に咲く (幻冬舎文庫)(メーカー 幻冬舎 劇団ひとり)

発売日 2008-08-01  希望価格 販売価格¥ 535
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

13 位
さがしもの (新潮文庫)

さがしもの (新潮文庫)(メーカー 新潮社 角田 光代)

発売日 2008-10-28  希望価格 販売価格¥ 529
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

14 位
森に眠る魚

森に眠る魚(メーカー 双葉社 角田 光代)

発売日 2008-12-10  希望価格 販売価格
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

15 位
乳と卵

乳と卵(メーカー 文藝春秋 川上 未映子)

発売日 2008-02-22  希望価格 販売価格
2017-10-18 の情報

娘の緑子を連れて豊胸手術のために大阪から上京してきた姉の巻子を迎えるわたし。その三日間に痛快に展開される身体と言葉の交錯!

16 位
トップ・レフト ウォール街の鷲を撃て (角川文庫)

トップ・レフト ウォール街の鷲を撃て (角川文庫)(メーカー 角川書店 黒木 亮)

発売日 2005-07-25  希望価格 販売価格
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

17 位
センセイの鞄 (文春文庫)

センセイの鞄 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 川上 弘美)

発売日 2004-09-03  希望価格 販売価格¥ 583
2017-10-18 の情報

   川上弘美といえば、生き物とモノ、時間と空間などさまざまなものの境目が溶け、混じり合うような、エロチックで不思議な世界を描いた作品が特徴的だ。

   本書では、日常を静かに淡々と過ごしていた2人がゆっくりと近づき、季節の移り変わりとともに、互いの関係を育んでいく大人の恋愛を描いている。恋愛といっても、勢いにまかせた情熱のそれとは違う。穏やかな情愛というほうが、しっくりくるような愛だ。あのどろりとした「川上ワールド」を期待する読者はちょっともの足りなさを覚えるかもしれない。

   およそ恋愛とは結びつかないはずの2人―― 38歳のツキコさんと70代のセンセイは、近所の駅前の一杯飲み屋で居合わせて以来の仲だ。お互い1人で酒を飲み、さかなの好みがよく似ている。
 「『女のくせに手酌ですかキミは』センセイが叱る。『古いですねセンセイは』と口答えすると、『古くて結構毛だらけ』とつぶやきながらセンセイも自分の茶碗いっぱいに酒を注いだ」
   憎まれ口をたたき合いながら、2人は共に過ごすようになる。

   センセイはツキコさんの高校時代の国語の先生だ。背筋をしゃきんと伸ばし、ジャケットを着、いつも同じ黒いかばんを頑固に持っている。一方のツキコさんは独身でもてないわけではないのだが、同世代の男性に誘われてもぴんとこない。かつては恋人とさえ「ぬきさしならぬようになってしまう」のを恐れていた。そんなツキコさんが、しだいにセンセイを強く求めるようになっていく。

   30歳の年齢差を超えるというよりむしろ、センセイの老いをしっかりと見つめていくツキコさん。ツキコさんのまっすぐな思いをまぶしい気持ちで受け止めるセンセイ。進展しているのかなんなのか、じれったい、ゆったりとした2人のやりとりが、ほほえましく、安らかだ。

   川上の紡ぐ言葉と情景がやわらかで、温かく、人を愛することのせつなさがじんわりと伝わってくる作品だ。(七戸綾子)

18 位
ホライズン

ホライズン(メーカー 文藝春秋 小島 慶子)

発売日 2017-04-20  希望価格 販売価格¥ 1,836
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

19 位
空中庭園

空中庭園(メーカー 文藝春秋 角田 光代)

発売日 2002-11  希望価格 販売価格
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。

20 位
どくとるマンボウ航海記 (角川文庫)

どくとるマンボウ航海記 (角川文庫)(メーカー 角川書店 北 杜夫)

発売日 1996-11-01  希望価格 販売価格
2017-10-18 の情報

レビューは有りません。