Amazon通販 イギリス・アメリカ 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → イギリス・アメリカ


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版(メーカー Pottermore from J.K. Rowling J.K. Rowling)

発売日 2016-11-11  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

J.K.ローリングとジャック・ソーン、ジョン・ティファニーの3人が執筆した新しいオリジナル・ストーリーをもとに、ジャック・ソーンが舞台脚本を書いた舞台劇で、『ハリー・ポッターと呪いの子』はシリーズの8番目の物語です。ハリー・ポッターシリーズとしては、初めて舞台劇として最初に紹介されることになった物語です。 舞台劇は2016年7月30日、ロンドンでのワールド・プレミアが初演となります。

ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。

ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない “ハリー 一家の伝説” という重圧と戦わなければなりません。

2 位
ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部: 舞台脚本 愛蔵版

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部: 舞台脚本 愛蔵版(メーカー Pottermore from J.K. Rowling J.K. Rowling)

発売日 2017-12-01  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

ロンドン、ウェストエンドで初演された『ハリー・ポッターと呪いの子』の公式脚本。ハリー・ポッターとして生きる宿命を負った少年は、おとなになったいまでも、魔法省で忙しく働きながら、夫として、そして学校へ通う三人の子どもの父親として、悩み多き日々を送っています。ハリーが、事あるごとに甦る過去の記憶に悩むいっぽう、末の息子のアルバスもまた、ポッター家に生まれた重圧に、反発しながら苦しんでいました。過去と現在が不吉に混ざりあうなか、父と息子は忌まわしい真実を知ることになります――時として、闇は思わぬところからしのび寄ってくるのです。『ハリー・ポッターと呪いの子 特別リハーサル版』は、2016年の夏、ジャック・ソーンが脚本を手掛けた同作の舞台がウェストエンドでワールドプレミアを迎えた日に刊行されました。J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーンが執筆した物語から生まれたこの芝居は、演劇ファンや批評家たちの称賛を浴び、公式脚本はたちまち世界的ベストセラーになりました。今回刊行される愛蔵版は、特別リハーサル版の増補改訂版です。リハーサル版とは少し異なる本番の台詞や、演出のジョン・ティファニーと脚本のジャック・ソーンの二人による、戯曲を読むことをテーマにした対談を収めました。ポッター家の家系図や、『ハリー・ポッターと呪いの子』の物語が幕を開けるまでの魔法界での歴史など、役に立つ予備知識もまとめられています。



ハリー・ポッターとして生きる宿命を負った少年は、おとなになったいまでも、魔法省で忙しく働きながら、夫として、そして学校へ通う三人の子どもの父親として、悩み多き日々を送っています。



ハリーが、事あるごとに甦る過去の記憶に悩むいっぽう、末の息子のアルバスもまた、ポッター家に生まれた重圧に苦しんでいました。過去と現在が不吉に混ざりあうなか、父と息子は忌まわしい真実を知ることになります――時として、闇は思わぬところからしのび寄ってくるのです。

3 位
ヴォネガット、大いに語る

ヴォネガット、大いに語る(メーカー 早川書房 カート ヴォネガット)

発売日 2013-04-25  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

幼少時からのSFとのかかわりを語るインタビューやエッセー、怪実験をおこなうニューヨークのフランケンシュタイン博士を描いた脚本、『猫のゆりかご』創作秘話と科学者の道徳観について述べた講演録などを収録。どんなに悲惨な状況でも、けっして笑いを忘れない著者の多彩な魅力を伝える作品集。

4 位
トム・ストッパード (3) ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ (ハヤカワ演劇文庫 42)

トム・ストッパード (3) ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ (ハヤカワ演劇文庫 42)(メーカー 早川書房 トム・ストッパード)

発売日 2017-10-05  希望価格 販売価格¥ 1,296
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

5 位
シェイクスピア全集〈10〉ハムレット

シェイクスピア全集〈10〉ハムレット(メーカー 新潮社 シェイクスピア)

発売日 1959  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

6 位
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 映画オリジナル脚本版

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 映画オリジナル脚本版(メーカー 静山社 J.K.ローリング)

発売日 2017-03-16  希望価格 販売価格¥ 1,728
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

7 位
あらすじで読むシェイクスピア全作品(祥伝社新書)

あらすじで読むシェイクスピア全作品(祥伝社新書)(メーカー 祥伝社 河合祥一郎)

発売日 2013-12-02  希望価格 販売価格¥ 864
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

8 位
マクベス (新潮文庫)

マクベス (新潮文庫)(メーカー 新潮社 シェイクスピア)

発売日 1969-09-02  希望価格¥ 432 販売価格¥ 432
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

9 位
シェイクスピア全集29 アテネのタイモン (ちくま文庫)

シェイクスピア全集29 アテネのタイモン (ちくま文庫)(メーカー 筑摩書房 シェイクスピア)

発売日 2017-10-06  希望価格 販売価格¥ 864
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

10 位
リア王 (ワイド版岩波文庫)

リア王 (ワイド版岩波文庫)(メーカー 岩波書店 シェイクスピア)

発売日 2008-12-16  希望価格 販売価格¥ 1,404
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

11 位
新訳 ハムレット (角川文庫)

新訳 ハムレット (角川文庫)(メーカー 角川書店 ウィリアム シェイクスピア)

発売日 2003-05-01  希望価格 販売価格¥ 518
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

12 位
欲望という名の電車 (新潮文庫)

欲望という名の電車 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 テネシー ウィリアムズ)

発売日 1988-03-30  希望価格 販売価格¥ 562
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

13 位
シェイクスピアを楽しむために (新潮文庫)

シェイクスピアを楽しむために (新潮文庫)(メーカー 新潮社 阿刀田 高)

発売日 2002-12-25  希望価格 販売価格¥ 680
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

14 位
オセロー (新潮文庫)

オセロー (新潮文庫)(メーカー 新潮社 シェイクスピア)

発売日 1951-08-01  希望価格¥ 497 販売価格¥ 497
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

15 位
テンペスト―シェイクスピア全集〈8〉 (ちくま文庫)

テンペスト―シェイクスピア全集〈8〉 (ちくま文庫)(メーカー 筑摩書房 ウィリアム シェイクスピア)

発売日 2000-06-01  希望価格 販売価格¥ 734
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

16 位
アーサー・ミラーⅠ セールスマンの死 (ハヤカワ演劇文庫)

アーサー・ミラーⅠ セールスマンの死 (ハヤカワ演劇文庫)(メーカー 早川書房 アーサー ミラー)

発売日 2006-09-30  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

かつて敏腕セールスマンで鳴らしたウイリー・ローマンも、得意先が引退し、成績が上がらない。帰宅して妻から聞かされるのは、家のローンに保険、車の修理費。前途洋々だった息子も定職につかずこの先どうしたものか。夢に破れて、すべてに行き詰まった男が選んだ道とは……家族・仕事・老いなど現代人が直面する問題に斬新な手法で鋭く迫り、アメリカ演劇に新たな時代を確立、不動の地位を築いたピュリッツァー賞受賞作

17 位
リチャード三世 (新潮文庫)

リチャード三世 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 ウィリアム シェイクスピア)

発売日 1974-01-30  希望価格 販売価格¥ 497
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

18 位
シェイクスピア全集 (2) ロミオとジュリエット (ちくま文庫)

シェイクスピア全集 (2) ロミオとジュリエット (ちくま文庫)(メーカー 筑摩書房 W. シェイクスピア)

発売日 1996-04-01  希望価格 販売価格¥ 713
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

19 位
夏の夜の夢・あらし (新潮文庫)

夏の夜の夢・あらし (新潮文庫)(メーカー 新潮社 シェイクスピア)

発売日 1971-08-03  希望価格 販売価格¥ 529
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

20 位
リチャード三世 (岩波文庫)

リチャード三世 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 シェイクスピア)

発売日 2002-02-15  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。