Amazon通販  26-50回 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  26-50回


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
沈黙(新潮文庫)

沈黙(新潮文庫)(メーカー 新潮社 遠藤周作)

発売日 1981-10-19  希望価格 販売価格
2019-2-17 の情報

島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる……。神の存在、背教の心理、西洋と日本の思想的断絶など、キリスト信仰の根源的な問題を衝き、〈神の沈黙〉という永遠の主題に切実な問いを投げかける長編。

2 位
ひねくれ一茶 (講談社文庫)

ひねくれ一茶 (講談社文庫)(メーカー 講談社 田辺聖子)

発売日 1995-09-15  希望価格 販売価格
2019-2-17 の情報

江戸の荒奉公で苦労の末、好きな俳諧にうち込み、貧窮の行脚俳人として放浪した修業時代。辛酸の後に柏原に帰り、故郷の大地で独自の句境を確立した晩年。ひねくれと童心の屈折の中から生まれた、わかりやすく自由な、美しい俳句。小林一茶の人間像を、愛着をこめて描き出した傑作長編小説。田辺文学の金字塔。

3 位
疑惑

疑惑(メーカー 文藝春秋 松本 清張)

発売日 2013-09-10  希望価格 販売価格
2019-2-17 の情報

雨の港で海中へ転落した車。妻は助かり、夫は死んだ――。妻の名は鬼塚球磨子(おにづかくまこ)。彼女の生い立ち、前科、夫にかかっていた高額な生命保険について、稀代の悪女“鬼クマ”と断定しセンセーショナルに書き立てる記者と、孤軍奮闘する国選弁護人の闘い。球磨子は殺人犯なのか? その結末は? 桃井かおり、尾野真千子らが熱演した名作推理サスペンス。明治の藤田組贋札事件を描く「不運な名前」併録。

4 位
天才 (幻冬舎文庫)

天才 (幻冬舎文庫)(メーカー 幻冬舎 石原慎太郎)

発売日 2018-01-23  希望価格 販売価格
2019-2-17 の情報

高等小学校卒ながら類まれな金銭感覚と人心掌握術を武器に年若くして政界の要職を歴任。ついには日本列島改造論を引っ提げて総理大臣にまで伸し上がった田中角栄。「今太閤」「庶民宰相」と称され、国民の絶大な支持を得た男の知られざる素顔とは? 田中の金権政治を批判する急先鋒であった著者が、万感の思いを込めて描く希代の政治家の生涯。

5 位
深い河 (講談社文庫)

深い河 (講談社文庫)(メーカー 講談社 遠藤 周作)

発売日 1996-06-13  希望価格 販売価格¥ 659
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

6 位
動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)(メーカー 筑摩書房 ジョージ オーウェル)

発売日 2013-09-10  希望価格 販売価格¥ 842
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

7 位
酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書(メーカー キノブックス マラルメ)

発売日 2019-02-02  希望価格 販売価格¥ 1,620
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

8 位
点と線

点と線(メーカー 文藝春秋 松本 清張)

発売日 2002-08-04  希望価格 販売価格
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

9 位
トラウマ文学館 (ちくま文庫)

トラウマ文学館 (ちくま文庫)(メーカー 筑摩書房 直野 祥子)

発売日 2019-02-08  希望価格 販売価格¥ 972
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

10 位
万延元年のフットボール (講談社文庫 お 2-1)

万延元年のフットボール (講談社文庫 お 2-1)(メーカー 講談社 大江 健三郎)

発売日 1971-07  希望価格 販売価格
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

11 位
ゼロの焦点 (新潮文庫)

ゼロの焦点 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 松本 清張)

発売日 1971-02-23  希望価格 販売価格¥ 767
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

12 位
最後の晩餐

最後の晩餐(メーカー 文藝春秋 開高 健)

発売日 1979-05-01  希望価格 販売価格
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

13 位
田辺聖子の小倉百人一首 (角川文庫)

田辺聖子の小倉百人一首 (角川文庫)(メーカー 角川書店 田辺 聖子)

発売日 1991-12-01  希望価格 販売価格¥ 778
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

14 位
海と毒薬 (新潮文庫)

海と毒薬 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 遠藤 周作)

発売日 1960-07-15  希望価格 販売価格¥ 391
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

15 位
火と汐 (文春文庫)

火と汐 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 松本 清張)

発売日 2019-02-08  希望価格 販売価格¥ 810
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

16 位
山の上の家―庄野潤三の本

山の上の家―庄野潤三の本(メーカー 夏葉社 庄野 潤三)

発売日 2018-08-01  希望価格¥ 2,376 販売価格¥ 2,376
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

17 位
大江健三郎全小説 第14巻 (大江健三郎 全小説)

大江健三郎全小説 第14巻 (大江健三郎 全小説)(メーカー 講談社 大江 健三郎)

発売日 2019-02-10  希望価格 販売価格¥ 6,264
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

18 位
砂の器(上) (新潮文庫)

砂の器(上) (新潮文庫)(メーカー 新潮社 松本 清張)

発売日 1973-03-29  希望価格 販売価格¥ 767
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。

19 位
砂の器(下) (新潮文庫)

砂の器(下) (新潮文庫)(メーカー 新潮社 松本 清張)

発売日 1973-02-28  希望価格 販売価格
2019-2-17 の情報

善良この上ない元巡査を殺害した犯人は誰か? そして前衛劇団の俳優と女事務員殺しの犯人は? 今西刑事は東北地方の聞込み先で見かけた“ヌーボー・グループ”なる新進芸術家たちの動静を興味半分で見守るうちに断片的な事実が次第に脈絡を持ち始めたことに気付く……新進芸術家として栄光の座につこうとする青年の暗い過去を追う刑事の艱難辛苦を描く本格的推理長篇である。

20 位
イエスの生涯 (新潮文庫)

イエスの生涯 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 遠藤 周作)

発売日 1982-05-27  希望価格 販売価格¥ 562
2019-2-17 の情報

レビューは有りません。