Amazon通販 ロマンス 全般 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → ロマンス 全般


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
天使の運命 上

天使の運命 上(メーカー PHP研究所 イサベル・アジェンデ)

発売日 2004-03-02  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

2 位
7つの黄金郷〈6〉 (中公文庫―コミック版)

7つの黄金郷〈6〉 (中公文庫―コミック版)(メーカー 中央公論新社 山本 鈴美香)

発売日 2003-06-24  希望価格 販売価格¥ 555
2017-11-19 の情報

7つの黄金郷〈6〉 (中公文庫―コミック版)

3 位
<新装版>片想いさん

<新装版>片想いさん(メーカー WAVE出版 坂崎 千春)

発売日 2006-02-07  希望価格 販売価格¥ 1,404
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

4 位
調律師の恋

調律師の恋(メーカー 角川書店 ダニエル=フィリップ・メイソン)

発売日 2003-07-31  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

   ひとりのイギリス人ピアノ調律師が、戦火の絶えないビルマ奥地に旅立ち、そこで数奇な運命に翻弄される姿を描いた長編小説である。

   19世紀ロンドン。ピアノ調律師エドガーのもとに陸軍から奇妙な依頼が届く。それはビルマの奥地に赴き、軍医であるキャロル医師が持っているエラールの調律をしてほしいという内容だった。エラールとは、音楽通には憧れともいえる伝説のピアノである。キャロルのいるビルマは、まさにイギリスが植民地戦争を仕掛けていた。遙か遠く、しかも戦時下のビルマになぜ伝説のピアノがあるのか。疑問と不安を抱きながら、彼はビルマへと旅立つ。やがて未知なる土地でのさまざまな出会いが、エドガーを逃れられない運命へと引きずり込んでいく。

   これが処女作という著者のダニエルは、本書を弱冠26歳で書き上げた。ハーバード大学の医学生のときに1年間滞在したというビルマの体験が下敷きとなっているようだ。アジア奥地の戦場という舞台や、そこに君臨するカリスマといった設定は、映画『地獄の黙示録』を思い出させる。設定自体は斬新ではないものの、登場人物やエピソードのおもしろさで読み手を引っ張っていく。とくに主人公の世話係であるキンミョーというビルマ女性が知的で蠱惑(こわく)的。エドガーは彼女の魅力にどうしようもなく引かれていってしまうのだが、読み手はそんな姿を見て、ビルマという土地が彼を囲い込んでいくような錯覚を覚えるだろう。読んでいくうちに、濃密な熱帯アジアの空気に包まれていくような小説である。(文月 達)

5 位
ラジオドラマCDブック 「世界の中心で、愛をさけぶ」 (Radio Drama CD Book)

ラジオドラマCDブック 「世界の中心で、愛をさけぶ」 (Radio Drama CD Book)(メーカー TOKYO FM出版 片山 恭一)

発売日 2004-07-10  希望価格 販売価格¥ 1,620
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

6 位
幼馴染み 1983~2004

幼馴染み 1983~2004(メーカー 角川書店 吉原 理恵子)

発売日 2004-01-30  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

7 位
母なる大地に抱かれて 魔女の島トリロジー〈2〉 (扶桑社ロマンス)

母なる大地に抱かれて 魔女の島トリロジー〈2〉 (扶桑社ロマンス)(メーカー 扶桑社 ノーラ・ロバーツ)

発売日 2003-09-30  希望価格 販売価格¥ 1,132
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

8 位
マチュピチュの光 (インカ3〈全3巻〉)

マチュピチュの光 (インカ3〈全3巻〉)(メーカー 河出書房新社 アントワーヌ・B・ダニエル)

発売日 2003-08-06  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

9 位
マイ・ハート・ビート

マイ・ハート・ビート(メーカー 河出書房新社 ギャレット・フレイマン・ウェア)

発売日 2003-07-24  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

10 位
藍色夏恋 (BOOK PLUS)

藍色夏恋 (BOOK PLUS)(メーカー 角川書店 易 智言)

発売日 2003-06-30  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

11 位
ピューマの影 (インカ...1)

ピューマの影 (インカ...1)(メーカー 河出書房新社 アントワーヌ・B・ダニエル)

発売日 2003-06-19  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

12 位
100シーンの恋

100シーンの恋(メーカー 扶桑社 )

発売日 2004-03-11  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

13 位
ナポリ魔の風

ナポリ魔の風(メーカー 文藝春秋 高樹 のぶ子)

発売日 2003-10-10  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

14 位
ミッドナイト・コール (PHP文庫)

ミッドナイト・コール (PHP文庫)(メーカー PHP研究所 田口 ランディ)

発売日 2003-10-02  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

ミッドナイト・コール (PHP文庫) [Oct 02, 2003] 田口 ランディ

15 位
ヴェネツィアの恋文

ヴェネツィアの恋文(メーカー 早川書房 アンドレア・ディ・ロビラント)

発売日 2004-06-24  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

16 位
五欲の海 乱舞篇 (カッパ・ノベルス)

五欲の海 乱舞篇 (カッパ・ノベルス)(メーカー 光文社 神崎 京介)

発売日 2003-06-20  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

17 位
ブルー・ハワイ・ブルー (扶桑社文庫―リアルロマンス文庫)

ブルー・ハワイ・ブルー (扶桑社文庫―リアルロマンス文庫)(メーカー 扶桑社 中条 あかね)

発売日 2003-09-30  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

18 位
セカンド・ラブ (扶桑社文庫―リアルロマンス文庫)

セカンド・ラブ (扶桑社文庫―リアルロマンス文庫)(メーカー 扶桑社 森沢 遥)

発売日 2003-09-30  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。

19 位
ナナイロノコイ―恋愛小説

ナナイロノコイ―恋愛小説(メーカー 角川春樹事務所 江國 香織)

発売日 2003-08  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

   7人の作家が描き出す7通りの恋模様をオムニバス形式でまとめた、短編小説集。著者として名を連ねるのは、江國香織、角田光代、井上荒野、谷村志穂、藤野千夜、ミーヨン、唯川恵といった、すでに恋愛小説の名手と呼ばれる作家から気鋭の若手まで、幅広い面々だ。かすかな恋の始まりや別れの兆しなど、誰もが経験するような男女の機微を軸に、それぞれの持ち味を多彩に発揮している。

   危うい関係を謳歌していた女性の悲しさを砂糖菓子にたとえた「ドラジェ」(江國香織)、学生時代の女友だちとの関係を男性遍歴と重ねた「そしてふたたび、私たちのこと」(角田光代)、女性画家と謎めいた客との出会いを映像的な描写を交えて語る「くらげ」(ミーヨン)、そしてこれまでも数々の揺れる女性心理を描いてきた唯川恵が、奇妙な4角関係から始まった男女の顛末をつづる「手のひらの雪のように」など、一口に恋愛小説といえども、そこに記される恋の形はさまざまである。

   すべての作品に共通するのは、主人公が女性ということだ。気のおけない女友だちがいれば「一生恋人なんていなくたっていいんじゃないか」という角田と、その逆に、ふとした拍子で離れていく女同士の友情のもろさを描いた谷村。そして、女性が年齢を重ねることの意味を問う江國の作品など、恋愛という側面以外からも、考えさせられる部分は多い。個性豊かな作家たちの競演により、甘いだけでなく、人生のほろ苦さをも感じさせる恋愛小説集となっている。(砂塚洋美)

20 位
秘められた部分 アーモンド

秘められた部分 アーモンド(メーカー 文藝春秋 ネジュマ)

発売日 2005-10-14  希望価格 販売価格
2017-11-19 の情報

レビューは有りません。