Amazon通販 日本文学研究 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → 日本文学研究


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 村田 沙耶香)

発売日 2018-09-04  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

「普通」とは何か?
現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作

36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。
日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、
「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。

「いらっしゃいませー!!」
お客様がたてる音に負けじと、今日も声を張り上げる。

ある日、婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は恥ずかしい、と突きつけられるが……。

累計92万部突破&20カ国語に翻訳決定。
世界各国でベストセラーの話題の書。

解説・中村文則

2 位
女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話3 (みかみてれん文庫)

女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話3 (みかみてれん文庫)(メーカー みかみてれん)

発売日 2019-05-16  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

『しょせん、女同士なんて学生の間だけ? そんなことない!』

 鞠佳と絢は恋人同士。来週は待ちに待ったクリスマスパーティーだ。
 しかし、鞠佳母のプチ入院で夜間外出禁止令が発令し、鞠佳は泣き崩れる。
 このままじゃ記念日が一緒に過ごせないじゃん! そこで絢が立ち上がった。

「では、私が娘さんを守ります。おまかせください」
「…………………………え?」

 父が単身赴任中の家に一週間、絢が泊まり込んでくることに。
 それってつまり、ど、同棲生活ってこと!?
 期待に胸ふくらませる鞠佳に対し、絢は決して手を出してこようとはせず……?

「なんで襲ってくれないの、絢!」

 甘さ160%アップで紡がれる、幸せなその後を描いたラブコメディ。

 口喧嘩では勝てない鞠佳の体を張った戦いは、続く──。

3 位
愛蔵版 モモ

愛蔵版 モモ(メーカー 岩波書店 ミヒャエル エンデ)

発売日 2001-11-12  希望価格 販売価格¥ 3,024
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

4 位
「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本

「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本(メーカー 柏書房 山下泰平)

発売日 2019-04-24  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

文学史&エンタメ史の未確認混沌時代(ミッシング・ピース)!

「東海道中膝栗毛」の弥次喜多が宇宙を旅行する、「舞姫」の主人公がボコボコにされる、身長・肩幅・奥行きが同じ「豆腐豪傑」が秀吉を怒らせる――明治・大正時代、夏目漱石や森鴎外を人気で圧倒し、大衆に熱烈に支持された小説世界が存在した。
本書では、現代では忘れられた〈明治娯楽物語〉の規格外の魅力と、現代エンタメに与えた影響、そして、ウソを嫌い、リアルを愛する明治人が、一度は捨てたフィクションをフィクションとして楽しむ術(すべ)をどのようにして取り戻したのか、その一部始終を明らかにする。
朝日新聞とスタジオジブリも注目する、インターネット出身の在野研究者が贈る、ネオ・文学案内。

5 位
でんでんむしのかなしみ

でんでんむしのかなしみ(メーカー 大日本図書 新美 南吉)

発売日 1999-07-01  希望価格 販売価格¥ 1,999
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

6 位
ブンガクフリマ 28ヨウ

ブンガクフリマ 28ヨウ(メーカー 燃え殻)

発売日 2019-05-16  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

浅生鴨、末吉宏臣、燃え殻、山本隆博(敬称略・50音順)の四人が、それぞれ短編小説を持ち寄ってつくったコピー本の電子書籍(Kindle)版です。Kindle版のオリジナル特典として、たられば氏による作品解説を追加。

【収録内容】

<短編小説>
・わたしのしぶとい生命線    燃え殻
・ラブバード          山本隆博(@SHARP_JP)
・横断歩道の呪い        末吉宏臣
・イマムラ           浅生 鴨

<前書き>
・ウリコ トバニ カイコ トバ 田中泰延

<解 説>  たられば

<挿 絵>  ゴトウマサフミ  /  熊谷菜生

7 位
羊と鋼の森 (文春文庫)

羊と鋼の森 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 宮下 奈都)

発売日 2018-02-09  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

第13回本屋大賞、第4回ブランチブックアワード大賞2015、第13回キノベス!2016 第1位……伝説の三冠を達成!
日本中の読者の心を震わせた小説、いよいよ文庫化!

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

高校生の時、偶然ピアノ調律師の板鳥と出会って以来、調律の世界に魅せられた外村。
ピアノを愛する姉妹や先輩、恩師との交流を通じて、成長していく青年の姿を、温かく静謐な筆致で綴った物語。

解説は『一瞬の風になれ』で本屋大賞を受賞した佐藤多佳子さん。

豪華出演陣で映画完成!
外村青年を山崎賢人、憧れの調律師・板鳥を三浦友和、先輩調律師・柳を鈴木亮平、ピアニストの姉妹を上白石萌音、萌歌が演じています。2018年6月8日公開。

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」

8 位
君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)(メーカー 双葉社 住野よる)

発売日 2017-04-27  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。読後、きっとこのタイトルに涙する。デビュー作にして2016年本屋大賞・堂々の第2位、75万部突破のベストセラー待望の文庫化!

9 位
こころ

こころ(メーカー 夏目 漱石)

発売日 2012-09-27  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

明治期の文学者、夏目漱石の長編小説。「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」[1914(大正3)年]。「先生と私」「両親と私」「先生と遺書」の3部からなる晩年の傑作。親友Kを裏切って好きな女性と結婚した罪を負う先生の行く末には絶望と死しかない。「こころ」というタイトルに包まれた明治の孤独な精神の苦悩には百年たった今も解決の道はなく、読者のこころを惹きつけてやまない。新聞連載後岩波書店から刊行のとき、装幀は漱石自身が「箱、表紙、見返し、扉及び奥附の模様及び題字、朱印、検印ともに、悉く自分で考案して自分で描いた」。

10 位
農ガール、農ライフ

農ガール、農ライフ(メーカー 祥伝社 垣谷美雨)

発売日 2016-09-20  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

「結婚を考えている彼女ができたから、部屋を出て行ってくれ」派遣ギリに遭った日、32歳の水沢久美子は同棲相手から突然別れを切り出された。3年前、プロポーズを断ったのは自分だったのに。仕事と彼氏と家を失った久美子は、偶然目にした「農業女子特集」というTV番組に釘付けになった。自力で耕した畑から採れた作物で生きる同世代の輝く笑顔。――農業だ! さっそく田舎に引っ越し農業大学校に入学、野菜作りのノウハウを習得した久美子は、希望に満ちた農村ライフが待っていると信じていたのだが……。

11 位
不幸な子供

不幸な子供(メーカー 河出書房新社 エドワード ゴーリー)

発売日 2001-09-01  希望価格 販売価格¥ 1,404
2019-5-26 の情報

   人気のゴーリー、邦訳第4弾の本書は、文字どおり不幸な少女の物語。

   ある日、軍人の父親にアフリカ行きの命令がきた。それが、主人公シャーロットの不幸のはじまりだ。以来、父の戦死、落胆してたちまちやつれ死ぬ母、ただ1人頼みの叔父は、こともあろうにレンガの落下で脳天を割られ、あっという間に孤児になるシャーロット。寄宿学校へ入れられるが、そこでもいじめられて脱走、悪人の中へ。ところが、死んだと思われていた父が生還。あろうことかそれがさらなる不幸のきっかけになろうとは…。

   苦労や不幸があっても、ハッピーエンドでカタルシスにもっていくのがお話の定型だとすれば、これは、ページを繰るたび不幸また不幸、不幸のどん底へまっしぐらの、型破りなお話。でも、これだけ徹底して悪いことが続くと、「ここまでやるか!」といっそ小気味よく、しまいに笑いがこみあげて、それなりに浄化もされるから不思議だ。有無を言わさずどんどん進むテンポのせいか、気品ある訳文のおかげか、それとも、私たちの心の奥に隠れていた、人の不幸を喜ぶ悪いタネが、意地悪なゴーリーに暴かれての苦笑なのか。

   白黒の、緻密なペン画の1コマごとに、トカゲとコウモリが合わさったような、怪しい生き物が見え隠れしている。そいつが、シャーロットの不幸をいつものぞいている。そしてその小怪獣の目は、絵の中から、本書を見ている私たちのことも、見つめ返してくるようだ。(中村えつこ)

12 位
夫のちんぽが入らない (SPA!BOOKS)

夫のちんぽが入らない (SPA!BOOKS)(メーカー 扶桑社 こだま)

発売日 2017-01-18  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

“夫のちんぽが入らない"衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!


いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)

13 位
ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎文庫)

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎文庫)(メーカー 幻冬舎 藤沢数希)

発売日 2018-04-10  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

「恋愛なんて、ただの確率のゲーム。正しい方法論があるんだ」。恋人に捨てられ、気になる女性には見向きもされない二十七歳の弁理士、渡辺正樹は、クライアントの永沢にそう告げられる。出会いのトライアスロン、会話のルーティン、セックスへのACSモデル。テクニックを学び非モテから脱した渡辺だが――。恋に不器用な男女を救う戦略的恋愛小説。

14 位
吾輩は猫である

吾輩は猫である(メーカー 夏目 漱石)

発売日 2012-09-27  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

明治期の文学者、夏目漱石の最初の長編小説。初出は「ホトトギス」[1905(明治38)年〜1906(明治39)年]。1905年10月上篇が刊行されると20日間で売り切れたという。中学教師の珍野苦沙弥の家に飼われる、名前のない猫「吾輩」の目で、珍野一家とその周囲に集まる人々や「太平の逸民」の人間模様を鋭く風刺し、笑いとばす。落語のような語り口に乗せたユーモアは多くの読者を集め、夏目漱石の小説家としての地位を確立する記念碑的な作品となった。

15 位
また、同じ夢を見ていた (双葉文庫)

また、同じ夢を見ていた (双葉文庫)(メーカー 双葉社 住野よる)

発売日 2018-07-12  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

250万部を超える大ベストセラー青春小説「君の膵臓をたべたい」。その著者、住野よるの第二作目が、待望の文庫化。友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高生、アバズレと罵られる女性、一人静かに余生をおくる老女。彼女たちの“幸せ”は、どこにあるのか。「やり直したい」ことがある、“今”がうまくいかない全ての人たちに贈る物語。

16 位
スカーレット・ヤングスター

スカーレット・ヤングスター(メーカー 佐川恭一)

発売日 2019-05-19  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

 佐川恭一は小説の作法や儀礼に頓着しない。なのでひじょうに行儀の悪い作家に見える。佐川恭一は通俗的で猥雑である。だからあるいは読んでいて眉をひそめる読者もいるかもしれない。しかし考えてみてほしい。眉をひそめたということは観念に過ぎない小説というものが、人の肉体に変化を生じさせたということなのだ。肉体に変化を生じさせる小説を人は決して軽んじてはならない。
 これはこれまでになかった超青春小説集である。ピーテル・ブリューゲルやボスのごとく現代の人々を描くこの作家を試しに読んで欲しい。俗からきざす聖性、不思議な抒情を。行儀の悪い作家がいま文学に新しいテイストを携えてやってきた。

 収録作は「光のそと」「ポートレート・オブ・ア・ジャパニーズ・ファミリー」「冷たい丘」「講師と女生徒」「公園」「透明な檻」「饗宴」の7作品、400字詰め原稿用紙換算約200枚。


【抜粋】

透明な檻

 臙脂色の体操服を着た五十四名の生徒たちは次々に呼び出され体育教師の放るバスケットボールを受け取り二度のドリブルをしてレイアップシュートを放ち約七割がゴールを決めた。残りの三割の生徒は二巡目に入り、その繰り返しでゴールを決められない者が取り残されていき、最後に一人、亀井という生徒だけが全く課題をクリアできる様子もないまま、五十三名の心ない観客に包囲され立ち尽くしていた。「落ち着いて、落ち着いてやればできるぞ」体育教師が励ましの言葉をかける。体育教師はどんな分野においても、努力さえすれば誰でも一定以上の成果を得られると信じている熱心な共産主義者だった。心ない観客たちは亀井をせせら笑ったりあくびをしたり互いに英単語の問題を出し合ったりした。彼らはある田舎の進学校の二年生だった。
 亀井が一度もシュートを決めないまま体育の時間は終わりを告げ、体育教師は放課後に体育館にやってくるよう亀井に命じた。「すみませんが、今日は【塾】があるのです」亀井がそう言うと心ない観客たちは「今日は【塾】があるのです」と亀井の特徴のあるアクセントを真似してはやし立てた。体育教師は生徒たちを一喝して沈静化させてから、亀井の頬をひっぱたいた。学校は勉強のためだけにあるのではない、立派な人間になるために様ざまな経験を積む場所なんだ、お前がレイアップを決められないまま【塾】に行くことは許さないぞ。
 心ない観客たちは無関心な五十三名の生徒へと姿を戻し七限目の「家庭科」が終わるのを膨大な量の宿題が出されている数学の問題集をやりながら待ち続けた。クラスで一番数学のできる亀井だけはすでに数学の宿題を片付けていたため苦手な古文の文法を暗記していた。授業が終わる五分ほど前、家庭科の教師が机を両の手のひらで叩き付けながらほとんど叫んだ。「今は数学の時間ではありません!」生徒たちのほとんどは手の動きを少しずつ緩やかにして止めた。お裁縫もお料理も生活に必要な、とても大事なことなんです、今のあなたたちにはわからないかもしれないけれど、あの時に聞いたのはこういうことだったのかと思う日がきっとくるはずよ。涙声になっている家庭科の教師の話に耳を傾ける者は一人もおらず皆手を動かすのはまずいと思っただけで頭の中で数式をこねくりまわし亀井は古文の助動詞の意味を反芻していた。しかし家庭科の教師は大人しくなった生徒たちを見て少なからず満足した様子で教室を出た。帰りのホームルームが終わるとある者は図書室へ向かいある者は【塾】へ走り出した。
 亀井は机から動かず少しだけ長く目をつむった後で、制服のまま学校を出た。



ポートレート・オブ・ア・ジャパニーズ・ファミリー

 大学時代、ナカムラには椎名林檎ばかり歌っているミズノという彼女がいたが、それは彼女が椎名林檎を大好きだったからではなく、ナカムラが椎名林檎を大好きだったからで、そのことにナカムラはぜんぜん気付かないまま、大学卒業と同時にラインで別れた。「ほんまめっちゃ腹立つ」ミズノはひどくお怒りである。
「まじでラインで別れてくるとか。ありえん!」
 ナカムラがラインで別れをせまってきたのは卒業式の日のことだった。卒業式に呼んだ、娘の成長に感動でふるえている母の横。ミズノは無防備な心にぴかぴか輝く手榴弾を突然投げ込まれ、無惨にも爆殺された。
「ほんま、あんたも立派になったもんやな。お母さんめっちゃうれしいわ」
「……」
「あんたちっさいときほんまに大変でな、お父さんもぜんぜん面倒みいひんし。あんまり泣くさかいに、三日にいっぺんぐらいやったかなあ、お母さんが自転車の後ろに乗せて、夜中にあれしたったん覚えてる?」
「……」
「ん、どしたん?」
「いや……」
「なんやの? 誰から?」
「いや、なんでもない」
 その後一日じゅう、親子の会話は弾まず、卒業式後の友人らとの飲み会も、ぜんぜん楽しめなかった。人生においてかなり重要なはずのその一日を、ミズノはナカムラにつぶされたのである。
 A社に就職したナカムラはやがて大阪に配属され、B社に就職したミズノはやがて東京に配属された。ミズノが部屋に揃えていた椎名林檎のCD群は彼氏と趣味が合うふりをするためのアイテムだったが、就職の際、いちおう東京にもってきて、しかしみているといらいらするので、ばき、ばき、と一枚ずつ割って、地域の指定にしたがい、燃えないごみの日に捨てたのだった。
「CDは燃えずとも」とミズノはいう。
「うちの憎しみは燃えさかっておる!」
 ミズノは同期のサカベを大衆居酒屋に呼び出し、右記のやり場のない怒りについて相談するのだった。「やり場がないっていうか」とサカベは冷静である。
「別に、直接いえばいいじゃない。ラインで別れるとかありえないって、元カレに」
「いや、でもいまさらそんなんいえへんやん。だいぶ時間たってるし」
「多少遅れてでも、いいたいことはいったほうがいいんじゃない? 現にミズノさんはそれで苦しんでるわけだし。そうだ、それこそラインでいえばいいじゃん」
「天才あらわる」
 ミズノは早速、激安の焼き鳥をほおばりながら爆速でラインを打つ。サカベもミズノもハイボールをたらふく飲んでいて頭が普段の半分もまわっていない状態だったが、本人たちはそれに気付いていない。むしろいつもより冴えているつもりである。

ひさしぶり。てっちゃん、元気してる? 仕事はうまくいってる? うちは大丈夫やで。あのさあ、たまに思うんやけど、うちら最後なんでラインで別れてしもたんやろ。なんでちゃんと会って、話し合わへんかったんやろ。なんか、別にヨリ戻したいとかじゃなくて、もう一回だけ、会ったりできひんかな?

 送信されたその文面をみたサカベはハイボールをわずかに噴射して「これ、ぜんぜん怒れてないけど大丈夫?」といった。
「いや、ぱっとみは怒ってへんけど、ねちねち攻める作戦やん。ボディブローのようにきいてくるやつよ」
「うーん、いわれてみればそうかも」
「せやろ? 我ながらけっこういい線いってる思うねん」
「だね! まあ、ボディブローもらったことないけど」
「いやーほんますっきりしたわ! ありがとう!」
「ううん、私みたいなのでよかったら、いつでも相談して!」
 これでふたりの友情はふかまったかにみえたが、ラインの返事がいつまでたっても返ってこなかったため、なんとなく会うのが気まずくなり、結局、すれちがった際に軽く挨拶するのみの仲に生涯とどまった。ミズノの送ったラインには死ぬまで既読がつかなかった。なぜならナカムラはミズノをブロックしていたからである。
「おれは過ぎたことはふりかえらん。意味ないから」
 ナカムラはそういう考え方をする人間だった。これにはいい面もあれば、だめな面もある、と母ナカムラは思っていた。
 テツヤは嫌いになった相手との関係を簡単に切りよる。それで意地みたいに二度と修復せえへんから、長く続いた友達とか彼女がおらんし、どんどん新しい友達つくって彼女つくって、みたいになるから、たぶん結婚とかもできひん。人として大丈夫なんやろか。
 母ナカムラはおおよそそのように息子を案じているが、当のナカムラはぜんぜん自分の生き方に迷いがない。明るいタイプのナカムラは職場でもうまくやって、同期とも先輩とも仕事をするには十分なほど仲良くなり、係長には特に気に入られ、係や課の飲み会の幹事は大体任されるようになった。ナカムラはそういうことを苦にしない。頼まれてもいないのに簡易ビンゴゲーム機などを買って、ノリノリで司会までつとめる始末である。
 一方、同じ課の同じ係に配属されていたナカムラの同期ヤノは、ナカムラに比べて評価が低かった。
 暗いし、キモいし、仕事遅い。


【プロフィール】

佐川恭一(さがわ・きょういち)
滋賀県生まれ。京都大学文学部卒。著書に『サークルクラッシャー麻紀』、『童Q正伝』、『終わりなき不在』、『シュトラーパゼムの穏やかな午後』、『無能男』など。2019年現在、小説すばる(集英社)にてコラム『愛すべきアホどもの肖像』を連載中。

17 位
秋霜 (祥伝社文庫)

秋霜 (祥伝社文庫)(メーカー 祥伝社 葉室麟)

発売日 2019-04-20  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

一揆から三年、豊後羽根藩の欅屋敷で孤児を見守り平穏に暮らす楓の許を、謎の男・草薙小平太が訪れる。彼には楓の元夫で、大功を挙げた後、藩主・三浦兼清の旧悪を難じ上意討ちに遭った前家老・多聞隼人と因縁があった。だが、楓と出会った刹那、小平太の中に一つの想いが芽生える。やがて兼清の罪を断じ羽根藩の改易を目論む幕府の巡見使来羽の時が迫る中、旧悪を知る楓たちには藩の魔の手が……。人を想う心を謳い上げる、感涙の羽根藩シリーズ第四弾!

18 位
アミ 小さな宇宙人

アミ 小さな宇宙人(メーカー 徳間書店 エンリケ バリオス)

発売日 2000-12-01  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

   すてきなほほ笑みと子どものような愛らしさをたたえた宇宙人アミが、地球の少年ペドゥリートを宇宙の「理想郷」に案内してくれるというお話。
   南米チリに生れ、世界各地を旅してきた著者が、人類普遍の「愛」の哲学を平易な言葉で語る、メッセージ性の強い作品。童話の体裁をとっており、「理想郷」の描写も童心にあふれた楽しいもの。
   著者にとっての「理想郷」を真正面から描いている部分に、違和感を覚える向きもあるかもしれない。ただ、決して「一人よがり」な世界観ではないし、続く第2巻、第3巻と、さらに広がりと深さを増していくので、忍耐をもって付き合う価値あり。世界11か国で翻訳されているだけのことはある。
   さくらももこのように、はじめから涙を流して感動できなかったからといって、そこで投げ出さずにゆっくり読み進めてほしい。体によい食物のように、じんわり効いてくるから。第3巻を読み終えたころ、はじめに感じた違和感は解消され、とっても安らかな気持ちになる。
   あえて高校生くらいから大人向け、として紹介したい。著者のメッセージを必要としているのは、幸せになれない大人たちの方だと思うから。(小野ヒデコ)

19 位
愛蔵版 星の王子さま

愛蔵版 星の王子さま(メーカー 岩波書店 サン=テグジュペリ)

発売日 2000-11-15  希望価格 販売価格¥ 1,728
2019-5-26 の情報

レビューは有りません。

20 位
姑の遺品整理は、迷惑です

姑の遺品整理は、迷惑です(メーカー 双葉社 垣谷美雨)

発売日 2019-02-22  希望価格 販売価格
2019-5-26 の情報

姑が亡くなり、住んでいたマンションを処分することになった。業者に頼むと高くつくからと、嫁である望登子はなんとか自分で遺品整理をしようとするが、あまりの物の多さに立ちすくむばかり。「安物買いの銭失い」だった姑を恨めしく思いながら、仕方なく片づけを始める。夫も手伝うようになったが、さすが親子、彼も捨てられないタイプで、望登子の負担は増えるばかりである。誰もが経験するであろう、遺品整理をユーモアーとペーソス溢れる筆致で描く長編小説。