Amazon通販 日本文学研究 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → 日本文学研究


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)

蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)(メーカー 幻冬舎 恩田陸)

発売日 2016-09-21  希望価格 販売価格
2017-2-28 の情報

俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

2 位
夫のちんぽが入らない (SPA!BOOKS)

夫のちんぽが入らない (SPA!BOOKS)(メーカー 扶桑社 こだま)

発売日 2017-01-18  希望価格 販売価格
2017-2-28 の情報

“夫のちんぽが入らない"衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!


いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)

3 位
コンビニ人間 (文春e-book)

コンビニ人間 (文春e-book)(メーカー 文藝春秋 村田沙耶香)

発売日 2016-07-27  希望価格 販売価格
2017-2-28 の情報

第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

4 位
火花 (文春文庫)

火花 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 又吉直樹)

発売日 2017-02-10  希望価格 販売価格
2017-2-28 の情報

NHKでドラマ放送スタート!(出演・林遣都、波岡一喜、門脇麦)
第一五三回芥川賞を受賞し、二〇一五年の話題をさらった「火花」が文庫化。
受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を併録。

売れない芸人の徳永は、、天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰ぐ。
神谷の伝記を書くことを乞われ、共に過ごす時間が増えるが、やがて二人は別の道を歩むことになる。
笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説。
第一五三回芥川賞を受賞し、累計発行部数283万部を誇る傑作が待望の文庫化!

5 位
君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい(メーカー 双葉社 住野よる)

発売日 2015-06-19  希望価格 販売価格
2017-2-28 の情報

ある日、高校生の僕は病院で1冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていた。こうして、偶然にも【ただのクラスメイト】から【秘密を知るクラスメイト】となった僕。まるで自分とは正反対の彼女に、僕は徐々にひかれていった。だが、世界は病を患った彼女にさえ、平等に残酷な現実をつきつける――。全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!

6 位
天使のりなちゃん 第1話: ~神さまと繋がる架け橋~

天使のりなちゃん 第1話: ~神さまと繋がる架け橋~(メーカー cocoa mama)

発売日 2017-02-22  希望価格 販売価格
2017-2-28 の情報


お父さんとお母さんを知らない
りなちゃんは、

一緒に育った同い年のまゆちゃんを
お姉ちゃんのように慕う、
引っこみ思案で、泣き虫な女の子。

ある日、集いの会で聞いた
神さまのお話しをきっかけに、

それぞれの思う幸せを
一人ひとりが探し求め、

幸せ探しの毎日が始まります。


覚えることや、やることも人一倍遅いけれど、
素直な心の持ち主の
りなちゃんが、

幸せの道を掴んでいく姿を通して

物語の中で語られる、
 「幸せとは何か?」

は、私たちの
求めている答えかもしれません。


それは、いつの時代も、人々が願ってやまない
思い通りの人生を叶える方法でもあります。

いつでも「叶える」方法を扱うことができれば、
なにも恐れたり、焦ったり、
気にすることもなく、
いつでも何度でもできると
分かっていますので、
不満もなくなり、
穏やかで幸せな、心の平安を持った人生を一生過ごしてゆけます。

宇宙の全てを生み出している根本の一点のエネルギー体のことを
わたしは通常『天』と呼んでいる大いなる存在を、

これを伝えやすくするために
本作品では「神さま」という言葉を使って描きますが
宗教などとは違いますので、
あなたがどのような信仰をされていても問題ないないように配慮しています。

本文の大半は物語調にしていますので、
こちらから「教える」ではなく、
読み手である、
あなた自身があなた自身の「心」で気づき、
あなた自身の本来の力の扱い方を
あなた自身で見つけられるようにしています。


人が生まれてきて、
自分たちで知らずのうちに作り上げる
不安の渦に流される人生が、
本当の生き方ではなく、

幸せを集めて生きる道が
小さな頃より明確にあったならば、

どんなに楽しく、素晴らしい人生を
送ることができるでしょう。

一人でも多くの人に、多くの子ども達に、
この思いが届くことを願ってやみません。

=========

もくじ

幼かった頃の りなちゃん

おかえり

紙芝居

夢の中のお母さん

それぞれの思い

幸せになりますように

それぞれの道

叶った運命の出会い

不思議な巡り合わせ

【まとめ】

【最後に】

==========

=作者より====

本書は
天使のハーブティー様 原案、監修のもと
挿絵やストーリーをCocoa mamaが
「たくさんの人や子供たちに伝え易いように願って」
との思いを込めて
手がけさせていただきました。

天使のハーブティー様が説いていらっしゃる、
「幸せ」になる魔法の方法をすべて盛り込み、

できるだけ、読みやすいタッチで表現させていただきました。

是非、お子様や周りの人たちに伝えていただきたい
とても大切で、とても効果的な「心持ち」です。

4年くらい前に、
わたしのシェアしていた動画(https://youtu.be/Sr-6gjJ3bD4)に
現 天使のハーブティー様からのご連絡を受け
それを切欠に天使のハーブティー様の存在を知ったのですが、
それから様々なご指導をいただき
現在はみなさんと同じく
とても日々幸せに過ごさせていただいている一人です。

しかも、わたしも直接なお姿も拝見させていただいていませんし
もちろん肉声もお聞かせいただいたことがありません。
全てメッセージのみでこの4年間お付き合いさせていただいております。

当時は子供が産まれたばかりで、
そして産まれた子も体が弱く、
喘息やアレルギーで
何度もアナフィラキシーショックを起こしたり、
深夜の救急病院に週に2回以上もお世話になっていました。

そうして、主人に負担をかけていて揉めたりなど
私生活も生活環境も
そして精神的にも追い詰められていた状況がありました。

けれど、天使のハーブティー様から様々なエネルギーを受け
主人の仕事が急激に好転したり、
子供もアレルギーや喘息などが酷かったものが
ほぼ完治したり、
 「今までの苦労はなんだったの?」
という私生活になりまして、
今困っていないどころか、
自宅一軒家を一括で購入できたりなど

今まで夢にしか思っていなかったことが
次々と起きたような状態で
今現在、
全てが安心と幸せの日々を送らさせていただいています。

そして、わたしは元々体が弱く
子どもに恵まれにくい不妊体質なのですが、
天使のハーブティー様のエネルギーの助けを頂きつつ
今年、不妊治療もなく第二子を身篭ることが叶いました。
上の子のときも4ヶ月から早産気味で入院していたので
今回もどうなるのかは分からない状態ですが、
すべては必然と心持ちに心を強く持って備えています。


原案は天使のハーブティー様のお話ですが、
私の経験などを元に、

施設で育った女の子りなちゃんと、
同じく施設で兄弟のように育った
3人の友達との「思い」の違いで、
ある日、与えられたお話に基づいて
一人ひとりの生き様がどんどん変化していく様子を
物語として仕上げました。

また、このはじめの説明文及び、
巻末の『最後に』という箇所では
天使のハーブティー様から直々に執筆していただいています。
男性の方に向けてのお言葉も書かれていらっしゃるようで、
改めて私自身も胸に刻ませていただきました。

もちろん、作品はわたしの未成熟な思い入れや解釈は一切入れておりません。
天使のハーブティー様と何度もやり取りをして
ご指導とおりに物語を執筆いたしましたので、
大切な「心持ち」にはブレはございません。

また、作品の完成まで、万事スムーズに進み、
こうして書籍にすることができたのも、
世に出すべき想いとして、何かしらの見えない
お導きがあった為と感じずにはいられません。

この第1話に、天使のハーブティー様の、とても重要で且つ
絶対に見逃せないエッセンスがたくさん入っていますので、
是非お手にとっていただけると嬉しく思います。

==========

7 位
ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 単行本

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 単行本(メーカー Pottermore from J.K. Rowling J.K. Rowling)

発売日 2016-11-11  希望価格 販売価格
2017-2-28 の情報

8番目の物語。19年後。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない"ハリー 一家の伝説"という重圧と戦わなければなりません。過去と現実は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。

8 位
愛蔵版 モモ

愛蔵版 モモ(メーカー 岩波書店 ミヒャエル エンデ)

発売日 2001-11-12  希望価格 販売価格¥ 3,024
2017-2-28 の情報

   冒険ファンタジー『はてしない物語』の著者であるミヒャエル・エンデが贈る、時間どろぼうと風変わりな女の子の物語である。文章のみならず、モノクロの挿絵までもエンデ自身が手がけた本書は、1974年にドイツ児童文学賞を受賞。小学5、6年生以上から大人まで幅広い年代の人たちが楽しめる、空想力に富んだ小説だ。

   円形劇場の廃墟に住みついた、もじゃもじゃ頭で粗末な身なりをした不思議な少女モモ。黙って話を聞くだけで、人の心を溶かし悩みを解消させる能力を持った彼女のまわりには、いつもたくさんの大人や子どもたちが集まっていた。しかし「時間」を人間に倹約させることにより、世界中の余分な「時間」を独占しようとする「灰色の男たち」の出現により、町じゅうの人々はとりとめのないお喋りや、ゆとりのある生活を次第に失っていく。

   本書は、時間どろぼうである「灰色の男たち」とモモの対決というスリルあふれる展開を通して、1分1秒と時間に追われる現代社会へ、警鐘を鳴らしている。たとえば、モモの友だちだったニノが「スピード料理」の店を始め、大繁盛しているせいで他人とわずかな世間話をする暇もないというように、時間を盗まれた人たちは、現代の私たちの姿そのものとして描かれている。昨今、モモのように際限のない時間の中で、空想をめぐらせ楽しむ生活はほとんど忘れられている。子どもばかりでなく、忙しい大人たちにも夢見ることの大切さを教えてくれる本だ。(砂塚洋美)

9 位
吾輩は猫である

吾輩は猫である(メーカー 夏目 漱石)

発売日 2012-09-27  希望価格 販売価格
2017-2-28 の情報

明治期の文学者、夏目漱石の最初の長編小説。初出は「ホトトギス」[1905(明治38)年〜1906(明治39)年]。1905年10月上篇が刊行されると20日間で売り切れたという。中学教師の珍野苦沙弥の家に飼われる、名前のない猫「吾輩」の目で、珍野一家とその周囲に集まる人々や「太平の逸民」の人間模様を鋭く風刺し、笑いとばす。落語のような語り口に乗せたユーモアは多くの読者を集め、夏目漱石の小説家としての地位を確立する記念碑的な作品となった。

10 位
ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本)

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本)(メーカー 幻冬舎 藤沢数希)

発売日 2015-07-24  希望価格 販売価格
2017-2-28 の情報

渡辺正樹、27歳、弁理士。誠実でまじめなことが取り柄だが、恋愛ではいつも失敗ばかり。そんな僕が、ひょんなことから「恋愛工学」のマスターに出会う。そして、真実の愛を探す日々が始まった。男性たちに勇気を与え、女性たちを恋愛の呪縛から解き放つ。すぐに使えるまったく新しい恋愛小説!

「恋愛工学を知れば知るほど、そして、実際にたくさんの女の行動を目の当たりにすればするほど、世間に広まっている恋愛に関する常識は、すべて根本的に間違っていることを確信した。恋愛ドラマやJ-POPの歌詞、それに女の恋愛コラムニストがご親切にも、こうしたら女の子にモテますよ、と僕たちに教えてくれることの反対をするのが大体において正しかった」(本文より)


Warning: file_get_contents(http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=0AWTC6434A3PA0XFZ782&AssociateTag=honnenocadcam-22&BrowseNode=507442&ItemPage=2&Operation=ItemSearch&ResponseGroup=Medium%2CEditorialReview%2CReviews%2COfferFull&SearchIndex=Books&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2017-02-27T22%3A53%3A39Z&Version=2006-09-13&Signature=KMK1R%2Bio0KHRK4HkMmiewFCk56fsueeCHlTrxLly5%2FI%3D) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /usr/home/amaterus/amaterus.jp/az-m/az.php on line 33

該当データが有りませんでした