Amazon通販  ドイツ文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  ドイツ文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))(メーカー 岩波書店 ミヒャエル・エンデ)

発売日 2005-06-16  希望価格 販売価格¥ 864
2017-8-23 の情報

   冒険ファンタジー『はてしない物語』の著者であるミヒャエル・エンデが贈る、時間どろぼうと風変わりな女の子の物語である。文章のみならず、モノクロの挿絵までもエンデ自身が手がけた本書は、1974年にドイツ児童文学賞を受賞。小学5、6年生以上から大人まで幅広い年代の人たちが楽しめる、空想力に富んだ小説だ。

   円形劇場の廃墟に住みついた、もじゃもじゃ頭で粗末な身なりをした不思議な少女モモ。黙って話を聞くだけで、人の心を溶かし悩みを解消させる能力を持った彼女のまわりには、いつもたくさんの大人や子どもたちが集まっていた。しかし「時間」を人間に倹約させることにより、世界中の余分な「時間」を独占しようとする「灰色の男たち」の出現により、町じゅうの人々はとりとめのないお喋りや、ゆとりのある生活を次第に失っていく。

   本書は、時間どろぼうである「灰色の男たち」とモモの対決というスリルあふれる展開を通して、1分1秒と時間に追われる現代社会へ、警鐘を鳴らしている。たとえば、モモの友だちだったニノが「スピード料理」の店を始め、大繁盛しているせいで他人とわずかな世間話をする暇もないというように、時間を盗まれた人たちは、現代の私たちの姿そのものとして描かれている。昨今、モモのように際限のない時間の中で、空想をめぐらせ楽しむ生活はほとんど忘れられている。子どもばかりでなく、忙しい大人たちにも夢見ることの大切さを教えてくれる本だ。(砂塚洋美)

2 位
ポルレイターとの決別 (宇宙英雄ローダン・シリーズ550)

ポルレイターとの決別 (宇宙英雄ローダン・シリーズ550)(メーカー 早川書房 クルト・マール)

発売日 2017-08-08  希望価格 販売価格¥ 713
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

3 位
おやすみ、エレン 魔法のぐっすり絵本

おやすみ、エレン 魔法のぐっすり絵本(メーカー 飛鳥新社 カール=ヨハン・エリーン)

発売日 2017-02-15  希望価格 販売価格¥ 1,400
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

4 位
呼び出された男―スウェーデン・ミステリ傑作集― (ハヤカワ・ミステリ1922)

呼び出された男―スウェーデン・ミステリ傑作集― (ハヤカワ・ミステリ1922)(メーカー 早川書房 スティーグ・ラーソン)

発売日 2017-08-08  希望価格 販売価格¥ 2,160
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

5 位
増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)

増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 アンネ フランク)

発売日 2003-04-01  希望価格 販売価格¥ 1,037
2017-8-23 の情報

 『アンネの日記』が最初に世に出たのは1947年。そして91年に、47年版でカットされていたアンネの人間味あふれる記述(鋭い批判精神や性のめざめ、など)を復活させた「完全版」が出版された。この「増補新訂版」は、98年に新たに発見された5ページ分を加え、翻訳資料をさらに徹底させたもの。まさに「アンネの日記・決定版」といえる。

   イラク戦争を目の当たりにした今、本書が単なる歴史の記録でないのは明らかだ(2003年4月)。戦争に突き進む不寛容、抹殺される恐怖、惨めな状況でも楽しみを見つけようとする人々。アンネが日記に向かっていた60年前と、今日の世界とでは、どれほどの違いがあるというのか。14、5歳の少女が、ここまで世界と人間の「変わらぬ姿」を浮き彫りにしたことに驚くほかはない。「どんな不幸のなかにも美しいものが残っている。美しいもののことを考えれば、しあわせになれる」というくだりは、とくに胸を打つ。このおしゃまな少女は、他人の痛みを知るといった経験をとおして、豊かな大人の女性にまちがいなく成長したはずだ。その可能性をあっけなく、不当にも奪う戦争。『アンネの日記』は私たちの視線を、アンネの世界を越えて人間の愚かしさへと向ける。(小林千枝子)

6 位
うさこちゃんの だいすきなおばあちゃん (ブルーナの絵本)

うさこちゃんの だいすきなおばあちゃん (ブルーナの絵本)(メーカー 福音館書店 ディック ブルーナ)

発売日 2008-09-20  希望価格 販売価格¥ 756
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

7 位
ものがたりの余白 エンデが最後に話したこと (岩波現代文庫)

ものがたりの余白 エンデが最後に話したこと (岩波現代文庫)(メーカー 岩波書店 ミヒャエル・エンデ)

発売日 2009-11-13  希望価格 販売価格¥ 1,188
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

8 位
白骨〈下〉 (犯罪心理捜査官セバスチャン) (創元推理文庫)

白骨〈下〉 (犯罪心理捜査官セバスチャン) (創元推理文庫)(メーカー 東京創元社 M・ヨート)

発売日 2017-06-11  希望価格 販売価格¥ 1,123
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

9 位
帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)(メーカー 河出書房新社 ティムール・ヴェルメシュ)

発売日 2016-04-23  希望価格 販売価格¥ 691
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

10 位
白骨〈上〉 (犯罪心理捜査官セバスチャン) (創元推理文庫)

白骨〈上〉 (犯罪心理捜査官セバスチャン) (創元推理文庫)(メーカー 東京創元社 M・ヨート)

発売日 2017-06-11  希望価格 販売価格¥ 1,123
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

11 位
変身 (新潮文庫)

変身 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 フランツ・カフカ)

発売日 1952-07-28  希望価格 販売価格¥ 346
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

12 位
オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン

オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン(メーカー ディスカヴァー・トゥエンティワン サムエル・ビョルク)

発売日 2016-12-23  希望価格 販売価格¥ 1,944
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

13 位
ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ

ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ(メーカー 翔泳社 リンダ・リウカス)

発売日 2017-04-11  希望価格 販売価格¥ 1,944
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

14 位
おじいちゃんがおばけになったわけ

おじいちゃんがおばけになったわけ(メーカー あすなろ書房 キム・フォップス オーカソン)

発売日 2005-06-01  希望価格 販売価格¥ 1,404
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

15 位
デミアン(新潮文庫)

デミアン(新潮文庫)(メーカー 新潮社 ヘルマン・ヘッセ)

発売日 1951-11-30  希望価格 販売価格
2017-8-23 の情報

ラテン語学校に通う10歳の私、シンクレールは、不良少年ににらまれまいとして言った心にもない嘘によって、不幸な事件を招いてしまう。私をその苦境から救ってくれた友人のデミアンは、明るく正しい父母の世界とは別の、私自身が漠然と憧れていた第二の暗い世界をより印象づけた。主人公シンクレールが、明暗二つの世界を揺れ動きながら、真の自己を求めていく過程を描く。

16 位
イプセンの手紙

イプセンの手紙(メーカー 未来社 原 千代海)

発売日 1993-11-01  希望価格 販売価格¥ 4,536
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

17 位
大鎌殺人と収穫の秋 中年警部クルフティンガー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

大鎌殺人と収穫の秋 中年警部クルフティンガー (ハヤカワ・ミステリ文庫)(メーカー 早川書房 フォルカー・クルプフル)

発売日 2017-07-20  希望価格 販売価格¥ 1,296
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

18 位
車輪の下 (新潮文庫)

車輪の下 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 ヘルマン ヘッセ)

発売日 1951-12-04  希望価格 販売価格¥ 367
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。

19 位
幸福について―人生論―(新潮文庫)

幸福について―人生論―(新潮文庫)(メーカー 新潮社 アルトゥール・ショーペンハウアー)

発売日 1958-03-12  希望価格 販売価格
2017-8-23 の情報

幸福は人間の一大迷妄である。蜃気楼である。がそうは悟れない。この悟れない人間を悟れないままに、幸福の夢を追わせつつ救済しよう。人生はこの意味では喜劇であり戯曲である。従ってこれを導く人生論も、諷刺的、ユーモア的にならざるをえない。本書は厭世哲学者といわれる著者が、豊富な引用文と平明な表現で人生の意義を説き幸福を教える名随筆「処世術箴言」の全訳である。

20 位
絶望名人カフカの人生論

絶望名人カフカの人生論(メーカー 飛鳥新社 フランツ・カフカ)

発売日 2011-10-22  希望価格 販売価格¥ 1,543
2017-8-23 の情報

レビューは有りません。