Amazon通販 中国文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → 中国文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
3億人の中国農民工 食いつめものブルース

3億人の中国農民工 食いつめものブルース(メーカー 日経BP社 山田 泰司)

発売日 2017-11-09  希望価格 販売価格¥ 1,944
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

2 位
絵巻水滸伝 第一部 第十七巻 大戦梁山泊(上)

絵巻水滸伝 第一部 第十七巻 大戦梁山泊(上)(メーカー アトリエ正子房 正子 公也)

発売日 2019  希望価格¥ 1,620 販売価格¥ 1,620
2019-5-21 の情報

幻の書籍版が復活!

「扉を開けよ」──その日、封印の扉は開け放たれた!
竜虎山の伏魔殿より飛び散った、百と八つの宿命の星。
彼らは108人の好漢となり、混迷の大宋国を縦横無尽に暴れ回る。

『三国志』と並ぶ中国古典の傑作、『水滸伝』が新たな英雄伝説として蘇る。
WEBにて1998年から連載されている『絵巻水滸伝』の「第一部」が書籍になって登場しました。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠の、原典を生かした巧みなストーリー。
WEB版より大幅に加筆訂正した本作を、ぜひ書籍にてお楽しみください。


第17巻のあらすじ

──巨星、墜つ!
志なかばにして、梁山泊頭領“托塔天王”晁蓋は死んだ。 「天よ地よ、照覧あれ」──あの夏の日、七人の仲間と誓った“北斗の党”の、夢は終わった。
勝利を目前にしながらも、“怒れる山”に残された林冲、欧鵬たち。襲いかかる、女真の狩人。
「晁蓋殿は、死んではいません。よろしいか」
危急存亡の秋、“智多星”呉用が下した、悲しき決断。
金色の鷹が天に舞い、蒼き狼が地に狂う。主なき梁山泊の、運命や如何に──。





著者:正子公也/森下翠
サイズ:B5判
フルカラー 118 ページ

3 位
絵巻水滸伝 第一部 第十八巻 大戦梁山泊(下)

絵巻水滸伝 第一部 第十八巻 大戦梁山泊(下)(メーカー アトリエ正子房 正子 公也)

発売日 2019  希望価格 販売価格¥ 1,620
2019-5-21 の情報

幻の書籍版が復活!

「扉を開けよ」──その日、封印の扉は開け放たれた!
竜虎山の伏魔殿より飛び散った、百と八つの宿命の星。
彼らは108人の好漢となり、混迷の大宋国を縦横無尽に暴れ回る。

『三国志』と並ぶ中国古典の傑作、『水滸伝』が新たな英雄伝説として蘇る。
WEBにて1998年から連載されている『絵巻水滸伝』の「第一部」が書籍になって登場しました。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠の、原典を生かした巧みなストーリー。
WEB版より大幅に加筆訂正した本作を、ぜひ書籍にてお楽しみください。


第18巻のあらすじ

関菩薩、立つ!
生きながらにして伝説となった男──その名を“大刀”関勝。
「三国の雲長関羽の嫡孫にして、相貌に異ならず、博く兵書を読みて、深く武藝に通じ、よく青龍偃月刀を使う、萬夫不当の勇あり」
従うは、「十八般の武藝、一つとして熟せずと云うことなし」──“井木犴”郝思文、「知勇兼備にして怪眼鬼面」──“醜郡馬”宣贊。
激突する“軍神”呼延灼と、“武神”関勝。神が神と恐れる男を、見よ!






著者:正子公也/森下翠
サイズ:B5判
フルカラー 142 ページ

4 位
台湾セクシュアル・マイノリティ文学[1]長篇小説――邱妙津『ある鰐の手記』 (台湾セクシュアル・マイノリティ文学 1)

台湾セクシュアル・マイノリティ文学[1]長篇小説――邱妙津『ある鰐の手記』 (台湾セクシュアル・マイノリティ文学 1)(メーカー 作品社 邱 妙津)

発売日 2008-12-25  希望価格 販売価格
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

5 位
管子 上 新釈漢文大系 (42)

管子 上 新釈漢文大系 (42)(メーカー 明治書院 遠藤 哲夫)

発売日 1989-10-01  希望価格 販売価格¥ 9,072
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

6 位
春秋左氏伝 3 新釈漢文大系 (32)

春秋左氏伝 3 新釈漢文大系 (32)(メーカー 明治書院 鎌田 正)

発売日 1977-12-01  希望価格 販売価格¥ 9,072
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

7 位
陶淵明全集〈上〉 (岩波文庫)

陶淵明全集〈上〉 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 陶 淵明)

発売日 1990-01-16  希望価格 販売価格¥ 713
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

8 位
絵巻水滸伝 第二部 第八巻 遼国篇3

絵巻水滸伝 第二部 第八巻 遼国篇3(メーカー アトリエ正子房 正子 公也)

発売日 2019  希望価格¥ 1,944 販売価格¥ 1,944
2019-5-21 の情報

『絵巻水滸伝 第二部』待望の書籍版が登場!
108人の好漢が梁山泊に集結して数年──自由の天地に新たな強敵が襲来する!
WEBにて1998年から連載されている『絵巻水滸伝』の「第二部」が書籍になって登場しました。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也氏の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠氏の、原典を生かした巧みなストーリー。
WEB版より大幅に加筆訂正、ぜひ書籍にてお楽しみください。

8巻のあらすじ

──覇州城砦陥落!
そして、我らが宋江率いる梁山泊軍は、新たな戦場へ向かう。
「燕京へ!!」
北から燕京を襲うべく、決死の山越えに挑む盧俊義率いる歩兵部隊は、謎の歌声に導かれ、脱出不可能の死地へと迷い込んでいく。
はたして、梁山泊軍は燕京の地にて勝利を掴むことができるのか。
慕容貴妃は燕雲に故国の復興を謀り、呉用は燕雲に梁山泊の夢を賭ける。
そして、物語は意外な結末を迎える──。
遼国篇、これにて完結!





著者:正子公也/森下翠
サイズ: B5判 フルカラー 140ページ

9 位
台湾セクシュアル・マイノリティ文学[2]中・短篇集――紀大偉作品集『膜』【ほか全四篇】 (台湾セクシュアル・マイノリティ文学 2)

台湾セクシュアル・マイノリティ文学[2]中・短篇集――紀大偉作品集『膜』【ほか全四篇】 (台湾セクシュアル・マイノリティ文学 2)(メーカー 作品社 紀 大偉)

発売日 2008-12-25  希望価格 販売価格
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

10 位
中国古典文学大系 (43) 儒林外史

中国古典文学大系 (43) 儒林外史(メーカー 平凡社 呉 敬梓)

発売日 1968-10-01  希望価格 販売価格
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

11 位
易経 中 新釈漢文大系 (24)

易経 中 新釈漢文大系 (24)(メーカー 明治書院 今井 宇三郎)

発売日 1993-12-01  希望価格 販売価格¥ 12,096
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

12 位
絵巻水滸伝 第二部 第六巻 遼国篇1

絵巻水滸伝 第二部 第六巻 遼国篇1(メーカー アトリエ正子房 正子 公也)

発売日 2018  希望価格 販売価格¥ 1,944
2019-5-21 の情報

『絵巻水滸伝 第二部』待望の書籍版が登場!
108人の好漢が梁山泊に集結して数年──自由の天地に新たな強敵が襲来する!
WEBにて1998年から連載されている『絵巻水滸伝』の「第二部」が書籍になって登場しました。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也氏の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠氏の、原典を生かした巧みなストーリー。
WEB版より大幅に加筆訂正、ぜひ書籍にてお楽しみください。

6巻のあらすじ

『招安』──それは、梁山泊の新たな戦いの始まりであった。
大いなる夢と野望を秘めて、梁山泊軍は北へ向かって旅立つ。
そして舞台は、遙か異国の地。燕雲十六州の最北端、雪原に聳える檀州城である。
虎視眈々と宋国を窺う、“契丹”遼国。
蘇る、 燕国 の亡霊。
腐敗した宋国にひそむ、魍魎たち。
天命とは何か。革命とは何か。──自由とは、なにか。
氷雪の舞う国境で、梁山泊軍と遼国軍が今、激突する!!



著者:正子公也/森下翠
サイズ: B5判 フルカラー 110ページ

13 位
海人・猟人―シャマン・ラポガン集/アオヴィニ・カドゥスガヌ集 (台湾原住民文学選)

海人・猟人―シャマン・ラポガン集/アオヴィニ・カドゥスガヌ集 (台湾原住民文学選)(メーカー 草風館 シャマン ラポガン)

発売日 2009-05  希望価格 販売価格¥ 3,024
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

14 位
絵巻水滸伝 第二部 第七巻 遼国篇2

絵巻水滸伝 第二部 第七巻 遼国篇2(メーカー アトリエ正子房 正子 公也)

発売日 2018  希望価格¥ 1,944 販売価格¥ 1,944
2019-5-21 の情報

『絵巻水滸伝 第二部』待望の書籍版が登場!
108人の好漢が梁山泊に集結して数年──自由の天地に新たな強敵が襲来する!
WEBにて1998年から連載されている『絵巻水滸伝』の「第二部」が書籍になって登場しました。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也氏の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠氏の、原典を生かした巧みなストーリー。
WEB版より大幅に加筆訂正、ぜひ書籍にてお楽しみください。

7巻のあらすじ

「青い頭巾の男!!」
放たれた、一本の箭。
崩れ落ちる、張清。哀れ“没羽箭”、戦場の露と消えるのか。
やがて訪れる、遼国よりの使者。その真意は──。
“国”とは、“自由”とは、“命”とは──迷える“梁山泊首領”宋江。
そして、“智多星”呉用が描く、覇州攻略の奇策とは──。
「迎えに来たぞ──宋首領!!」
怒髪、天をつく!“怒れる麒麟”盧俊義が、鉄の要塞に襲いかかる!
“燕雲の喉”覇州で繰り広げられる死闘──その帰趨や如何に!!



著者:正子公也/森下翠
サイズ: B5判 フルカラー 112ページ

15 位
新釈漢文大系〈81〉文選 賦篇 下巻

新釈漢文大系〈81〉文選 賦篇 下巻(メーカー 明治書院 高橋 忠彦)

発売日 2001-07-01  希望価格 販売価格¥ 8,424
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

16 位
淮南子 下 新釈漢文大系 (62)

淮南子 下 新釈漢文大系 (62)(メーカー 明治書院 楠山 春樹)

発売日 1988-06-01  希望価格 販売価格¥ 9,504
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

17 位
陶淵明全集〈下〉 (岩波文庫)

陶淵明全集〈下〉 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 陶 淵明)

発売日 1990-02-16  希望価格 販売価格¥ 778
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

18 位
三人の英雄と何仙姑天仙

三人の英雄と何仙姑天仙(メーカー 大浦 秀光)

発売日 2017-05-15  希望価格 販売価格
2019-5-21 の情報

 明朝末期、何仙姑と名乗る女仙人にやがて皇帝と称する日々が訪れるであろうと予言された三人の武将がいた。満州から明朝の勢力を追い払い後金国、後の清国を樹立したヌルハチの一子ドルゴン、農民反乱軍の英雄李自成、明国の武将呉三桂である。
 三人の英雄は、何仙姑天仙の予言と己の力を信じてそれぞれの未来を切り開くべく日夜戦いに挑む。
 その三人の英雄と肌を合わせた美女がいた。何仙姑天仙の弟子円円である。円円はドルゴンとの間に一子を設ける。やがてドルゴンは何仙姑天仙に、円円を美人の計に使うことが天下取りの近道だと諭され、しぶしぶ円円を手放すことに同意する。
 円円はその類まれな美貌と何仙姑天仙仕込みの房中術で、明国皇帝の皇后の父である周奎、万里の長城などの守将である呉三桂を次々と虜にする。そして、明王朝を滅ぼした農民反乱軍の英雄李自成までも意のままに操り、李自成の妾となる。
 やがて、農民反乱軍の英雄李自成はドルゴンと雌雄を決すべく、山海関の近く一片石で対峙する。ドルゴンにつくか、北京を占領している李自成につくか、帰趨を決めかねていた呉三桂は、北京に残してきた愛妾円円を李自成が犯したことを知り、激怒のあまりドルゴンと手を結び、ドルゴンの先兵となって李自成軍と戦う。
 一片石で激戦を繰り広げる李自成軍と呉三桂軍。戦況を見つめるドルゴン。ドルゴンの脳裏には「清が中国に覇を唱えるとき、必ずや天が味方し、空がバイエイにおおわれるであろう」という何仙姑天仙の予言があった。その日の戦いも終わろうとする頃、突如として突風が吹き荒れ、土が舞い上がり空が真っ黒になった。バイエイである。
 ドルゴンはここぞとばかりに全軍に突撃を命じ、李自成軍は総崩れとなった。
 何仙姑天仙から皇帝となることを予言されたと信じていた三人の英雄の内、李自成はこうして僅か一日だけの皇帝に終わった。また、清王朝樹立に奔走したドルゴンは皇帝になる直前に毒殺され、死して義皇帝と追尊された。そして呉三桂は中国の一部を支配しただけの内実の伴わない皇帝に終わった。
 また、五代の皇帝に仕えてしたたかに生きた謀臣、笵文程。蒙古族の男たちに男の中の男、サイン・エルといわれたジャムチの超人的な活躍を描く。
 

19 位
中国古典文学大系 (42)

中国古典文学大系 (42)(メーカー 平凡社 紀 イン)

発売日 1971-01-01  希望価格 販売価格
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。

20 位
中国古典文学大系 (7)- 戦国策 国語 論衡

中国古典文学大系 (7)- 戦国策 国語 論衡(メーカー 平凡社 王 充)

発売日 1972-04-01  希望価格 販売価格
2019-5-21 の情報

レビューは有りません。