Amazon通販 中国文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → 中国文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
3億人の中国農民工 食いつめものブルース

3億人の中国農民工 食いつめものブルース(メーカー 日経BP社 山田 泰司)

発売日 2017-11-09  希望価格 販売価格¥ 1,944
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

2 位
絵巻水滸伝 第二部 招安篇3

絵巻水滸伝 第二部 招安篇3(メーカー アトリエ正子房 正子 公也)

発売日 2018  希望価格 販売価格
2018-2-18 の情報

『絵巻水滸伝 第二部』待望の書籍版が登場!
108人の好漢が梁山泊に集結して数年──自由の天地に新たな強敵が襲来する!
WEBにて1998年から連載されている『絵巻水滸伝』の「第二部」が書籍になって登場しました。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也氏の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠氏の、原典を生かした巧みなストーリー。
WEB版より大幅に加筆訂正、ぜひ書籍にてお楽しみください。

3巻のあらすじ

──梁山泊、動く!
梁山泊軍一万五千騎が十三万の討伐軍に、乾坤一擲の戦いを挑む。
目指すは済州城、狙うは童貫大元帥の首ひとつ!
月下に刃を交える“豹子頭”林冲と“老風流”王煥、そして“青面獣”楊志と“攔路虎”楊温。
風雲急を告げる、済州城の攻防。襲い来る、節度使率いる官軍の群れ。
窮地に立つ宋江と花栄、激しい戦闘のなかで好漢たちは次々と倒れていく。
彼らのあしたに待っているもの、それは“終末の闇”──それとも“未来の光”なのか。
見よ、湖上の一大決戦!!


著者:正子公也/森下翠
サイズ:B5判
フルカラー 116ページ

3 位
絵巻水滸伝 第二部 招安篇1(付録小冊子付)

絵巻水滸伝 第二部 招安篇1(付録小冊子付)(メーカー アトリエ正子房 正子 公也)

発売日 2017  希望価格¥ 1,944 販売価格¥ 1,944
2018-2-18 の情報

『絵巻水滸伝 第二部』待望の書籍版が登場!
108人の好漢が梁山泊に集結して数年──自由の天地に新たな強敵が襲来する!
WEBにて1998年から連載されている『絵巻水滸伝』の「第二部」が書籍になって登場しました。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也氏の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠氏の、原典を生かした巧みなストーリー。
WEB版より大幅に加筆訂正、ぜひ書籍にてお楽しみください。

水のほとり“梁山泊”に運命の108星が結集して数年──無頼の砦は自由を謳歌し、大宋国は内憂外患の混迷を深めていた。
“東京開封へ!”
梁山泊首領“及時雨”宋江の一言により、再び運命の輪が巡りだす。
元宵の月の光に導かれ、梁山泊一の伊達男“浪子”燕青は、思いも掛けぬ冒険の道へと踏み出していく。
梁山泊一の暴れ者、“黒旋風”李逵を相棒に、梁山泊から東京へ、そして霊峰・泰山へ。
岱廟で催される奉納武術大会に掲げられた、“打倒梁山泊”の旗。 無双の王者、“大宋力士”任原に挑む、“浪子”燕青。
東嶽廟に双虎闘い、嘉寧殿に二竜争う──最強の男は、誰だ!!

疾風怒濤の『招安篇』、ついに開幕!


著者:正子公也/森下翠
サイズ: B5判
フルカラー 118ページ
※付録小冊子『招安篇人物図鑑』封入

4 位
絵巻水滸伝 第二部 招安篇2

絵巻水滸伝 第二部 招安篇2(メーカー アトリエ正子房 正子 公也)

発売日 2017  希望価格 販売価格
2018-2-18 の情報

『絵巻水滸伝 第二部』待望の書籍版が登場!
108人の好漢が梁山泊に集結して数年──自由の天地に新たな強敵が襲来する!
WEBにて1998年から連載されている『絵巻水滸伝』の「第二部」が書籍になって登場しました。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也氏の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠氏の、原典を生かした巧みなストーリー。
WEB版より大幅に加筆訂正、ぜひ書籍にてお楽しみください。

2巻のあらすじ

“招安破れる”の報を受け、みたび梁山泊に襲いかかる討伐軍。
敵は、“怪物”──童貫大元帥である。
──決戦!
朝焼けのなか、水のほとり梁山泊で真っ向から激突する、戦う男たち。
知略の呉用と軍略の朱武、ふたりの軍師と互角に渡り合う、白面の参謀使。
さらに押し寄せる“十節度使”の衝撃!
梁山泊と十節度使、招安を“拒んだ”者と“受け入れた”者。
順逆ともに似て非なるものなれど、これを明らむる鑑なし──勝つは何れか!


著者:正子公也/森下翠
サイズ: B5判
フルカラー 102ページ

5 位
新釈漢文大系〈81〉文選 賦篇 下巻

新釈漢文大系〈81〉文選 賦篇 下巻(メーカー 明治書院 高橋 忠彦)

発売日 2001-07-01  希望価格 販売価格¥ 8,424
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

6 位
詩経〈下〉 新釈漢文大系112

詩経〈下〉 新釈漢文大系112(メーカー 明治書院 石川 忠久)

発売日 2000-09  希望価格 販売価格¥ 9,504
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

7 位
陶淵明全集〈上〉 (岩波文庫)

陶淵明全集〈上〉 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 陶 淵明)

発売日 1990-01-16  希望価格 販売価格¥ 713
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

8 位
礼記 中 新釈漢文大系 (28)

礼記 中 新釈漢文大系 (28)(メーカー 明治書院 竹内 照夫)

発売日 1977-08  希望価格 販売価格¥ 8,100
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

9 位
詩経〈中〉 新釈漢文大系111

詩経〈中〉 新釈漢文大系111(メーカー 明治書院 石川 忠久)

発売日 1998-12-01  希望価格 販売価格¥ 9,072
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

10 位
礼記 下 新釈漢文大系 (29)

礼記 下 新釈漢文大系 (29)(メーカー 明治書院 竹内 照夫)

発売日 1979-03-01  希望価格 販売価格¥ 7,128
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

11 位
史記 3上 十表 1 新釈漢文大系 (40)

史記 3上 十表 1 新釈漢文大系 (40)(メーカー 明治書院 寺門 日出男)

発売日 2005-08  希望価格 販売価格¥ 8,424
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

12 位
陶淵明全集〈下〉 (ワイド版 岩波文庫)

陶淵明全集〈下〉 (ワイド版 岩波文庫)(メーカー 岩波書店 陶 淵明)

発売日 1991-06-26  希望価格 販売価格
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

13 位
絵巻水滸伝 第一部 第一巻 伏魔降臨(上)

絵巻水滸伝 第一部 第一巻 伏魔降臨(上)(メーカー アトリエ正子房 正子 公也)

発売日 2017  希望価格¥ 1,080 販売価格¥ 1,080
2018-2-18 の情報

幻の書籍版が復活!

「扉を開けよ」──その日、封印の扉は開け放たれた!
竜虎山の伏魔殿より飛び散った、百と八つの宿命の星。
彼らは108人の好漢となり、混迷の大宋国を縦横無尽に暴れ回る。

『三国志』と並ぶ中国古典の傑作、『水滸伝』が新たな英雄伝説として蘇る。
WEBにて1998年から連載されている『絵巻水滸伝』の「第一部」が書籍になって登場しました。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠の、原典を生かした巧みなストーリー。
WEB版より大幅に加筆訂正した本作を、ぜひ書籍にてお楽しみください。


1巻のあらすじ

“九紋竜”史進登場!仲秋の満月の夜、逃亡者・王進の前に現れた背に九匹の竜を背負うひとりの若者──“九紋竜”史進。
王進より武芸十八般の奥義を伝授され、山賊つどう少華山を騒がせた史進は、ひとり江湖に旅立った。
その旅路で快男児・魯達と出会う。
義侠心から街の顔役を殺し、お尋ね者となった魯達は、出家して魯智深と名を改める。荒法師“花和尚”魯智深の誕生である。
彼につきまとう韋駄天のスリ“活閃婆“王定六。
敵か、味方か──謎の賞金稼ぎ“石将軍”石勇ら、次々と現れる江湖の怪しき男たち。
「惑うことなかれ、魯智深、思うままに生きよ」
出会いが新たな出会いを呼び、伏魔殿より目覚めた運命の百八星が動き始める!

著者:正子公也/森下翠
サイズ:B5判
フルカラー 130ページ

14 位
史記 11 列伝 4 新釈漢文大系 (91)

史記 11 列伝 4 新釈漢文大系 (91)(メーカー 明治書院 青木 五郎)

発売日 2004-07-01  希望価格 販売価格¥ 9,504
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

15 位
絵巻水滸伝 第一部 第二巻 伏魔降臨(下)

絵巻水滸伝 第一部 第二巻 伏魔降臨(下)(メーカー アトリエ正子房 正子 公也)

発売日 2017  希望価格¥ 1,620 販売価格¥ 1,620
2018-2-18 の情報

幻の書籍版が復活!

「扉を開けよ」──その日、封印の扉は開け放たれた!
竜虎山の伏魔殿より飛び散った、百と八つの宿命の星。
彼らは108人の好漢となり、混迷の大宋国を縦横無尽に暴れ回る。

『三国志』と並ぶ中国古典の傑作、『水滸伝』が新たな英雄伝説として蘇る。
WEBにて1998年から連載されている『絵巻水滸伝』の「第一部」が書籍になって登場しました。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠の、原典を生かした巧みなストーリー。
WEB版より大幅に加筆訂正した本作を、ぜひ書籍にてお楽しみください。


2巻のあらすじ

五台山を追放された“花和尚”魯智深は東京相国寺へと辿り着き、桜散る晴明の日、一人の男と運命の出会いを果たす。
その男こそ、八十万禁軍槍棒師範“豹子頭”林冲──性、温雅にして春の風のごとく、その勇、豹のごとし。
彼もまた、天に散った百八つの星の子のひとりであった。
その林冲に、異常なまでの嫉妬心を燃やす“美虞侯”陸謙。
陰で糸を引く奸人、一介の無頼漢から位人臣を極めた殿帥府太尉・高俅。
その養子高衙内が、林冲の若き妻を見初めたことから、悲劇は始まる。


著者:正子公也/森下翠
サイズ:B5判
フルカラー 124ページ

16 位
中国古典文学大系 (48) 三侠五義

中国古典文学大系 (48) 三侠五義(メーカー 平凡社 石 玉崑)

発売日 1970-07  希望価格 販売価格
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

17 位
三人の英雄と何仙姑天仙

三人の英雄と何仙姑天仙(メーカー 大浦 秀光)

発売日 2017-05-16  希望価格 販売価格
2018-2-18 の情報

 明朝末期、何仙姑と名乗る女仙人にやがて皇帝と称する日々が訪れるであろうと予言された三人の武将がいた。満州から明朝の勢力を追い払い後金国、後の清国を樹立したヌルハチの一子ドルゴン、農民反乱軍の英雄李自成、明国の武将呉三桂である。
 三人の英雄は、何仙姑天仙の予言と己の力を信じてそれぞれの未来を切り開くべく日夜戦いに挑む。
 その三人の英雄と肌を合わせた美女がいた。何仙姑天仙の弟子円円である。円円はドルゴンとの間に一子を設ける。やがてドルゴンは何仙姑天仙に、円円を美人の計に使うことが天下取りの近道だと諭され、しぶしぶ円円を手放すことに同意する。
 円円はその類まれなる美貌と何仙姑天仙仕込みの房中術で、明国皇帝の皇后の父である周奎、万里の長城の北辺の守将である呉三桂を次々と虜にする。そして、明王朝を滅ぼした農民反乱軍の英雄李自成までも意のままに操り、李自成の妾となる。
 やがて、農民反乱軍の英雄李自成はドルゴンと雌雄を決すべく、山海関の近く一片石で対峙する。ドルゴンにつくか、北京を占領している李自成につくか、帰趨を決めかねていた呉三桂は、北京に残してきた愛妾円円を李自成が犯したことを知り、激怒のあまりドルゴンと手を結び、ドルゴンの先兵となって李自成軍と戦う。
 一片石で激戦を繰り広げる李自成軍と呉三桂軍。戦況を見つめるドルゴン。ドルゴンの脳裏には「清が中国に覇を唱えるとき、必ずや天が味方し、空がバイエイにおおわれるであろう」という何仙姑天仙の予言があった。その日の戦いも終わろうとする頃、突如として突風が吹き荒れ、土が舞い上がり空が真っ黒になった。バイエイである。
 ドルゴンはここぞとばかりに全軍に突撃を命じ、李自成軍は総崩れとなった。
 何仙姑天仙から皇帝となることを予言されたと信じていた三人の英雄の内、李自成はこうして僅か一日だけの皇帝に終わった。また、清王朝樹立に奔走したドルゴンは皇帝になる直前に毒殺され、死して義皇帝と追尊された。そして呉三桂は中国の一部を支配しただけの内実の伴わない皇帝に終わった。
 また、五代の皇帝に仕えてしたたかに生きた謀臣、笵文程。蒙古族の男たちに男の中の男、サイン・エルといわれたジャムチの超人的な活躍を描く。
 

18 位
刎頸の交わり

刎頸の交わり(メーカー 鈴木詩織)

発売日 2018-02-06  希望価格 販売価格
2018-2-18 の情報

もともと中国史が好きで、
このような作品を書いてみたいという気持ちがずっとありました。

・ 傍若無人(ぼうじゃくぶじん)
・ 知音(ちいん)
・ 刎頸の交わり(ふんけいのまじわり)

の短編が収録されています。
学校の授業などで故事成語として聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

中国で古くから伝わり、
今も親しまれている言葉にまつわるエピソードで作品を書きました。

ルビの振り方を工夫したので、
「中国の歴史物はちょっと難しいから読みにくそう」という人でも読めるかも……しれません。

また、「歴史物が苦手!」という人でも読めるよう工夫もしています。
その一つが「年号を書かない」というもの。
故事であり、古い歴史の中で実際にあったこと(?)を描いていますが、
あまり「歴史物」と意識しないでも読める作品作りを心がけています。

「中国の歴史とか、漢字がいっぱいあって読みにくいし、そもそも時代とか意識するの面倒だから読みたくないわ!」
という人も、一度手に取ってみてください。
そういう人でも楽しめるように書いています。

「歴史物」というよりも「異世界ファンタジー」でも読むつもりで読める、「歴史物」。
そんな作品です(魔法とかはもちろんないですけどね)。




カバーイラストレーター
雲才(うんさい)
工学部建築学科卒。三国志・水滸伝・日本の戦国時代等の武将画・人物画を主な創作テーマに鋭意活動中。
twitter
@hidëpp™



この作品を書くきっかけをくださった、作家の今井良さまに感謝します。
今井さまは警察関連の本を多く執筆されてる方です。
amazonでも購入できます。

19 位
中国古典文学大系 (9)

中国古典文学大系 (9)(メーカー 平凡社 劉 義慶)

発売日 1969-04  希望価格 販売価格
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。

20 位
白氏文集 9 新釈漢文大系 (105)

白氏文集 9 新釈漢文大系 (105)(メーカー 明治書院 岡村 繁)

発売日 2005-08-01  希望価格 販売価格¥ 10,584
2018-2-18 の情報

レビューは有りません。