Amazon通販  J・M・クッツェー(2003年) 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  J・M・クッツェー(2003年)


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
恥辱 (ハヤカワepi文庫)

恥辱 (ハヤカワepi文庫)(メーカー 早川書房 J.M. クッツェー)

発売日 2007-07-01  希望価格 販売価格¥ 864
2017-11-24 の情報

   舞台はアパルトヘイト撤廃後の南アフリカ。離婚を2度経験している大学教授のデヴィッドは、若いころから奔放な性を楽しんできたが、52歳になった今でもその欲望は衰えを知らない。そんなある日、彼は20歳の女子学生に強烈に引かれ、歳の差も社会的な立場も考えずに彼女を追いまわすようになる。半ば強引に彼女と関係を持ったデヴィッドはセクハラで告発され、軽蔑されて憎まれて、追われるように大学を去る。娘が経営する自作農園に身を寄せて再生の道を模索するが、そこにはさらなる恥辱が待ち受けていた。

   本書でブッカー賞史上初となる2度目の受賞を果たしたJ・M・クッツェー。2003年には、文学的功績を認められてノーベル文学賞受賞の名誉にも輝いている。簡潔で鋭い文章を武器にするクッツェーが描くのは、新旧の思想や力が混在する社会に暮らす人々の心だ。カフカ的な不条理な展開を軸に、若さと老い、欲望と道徳のはざまで揺れる人間を冷徹なまでにまっすぐ見すえながら、読後感は決して冷たくはない。

   本書でも、主人公は性欲という泥沼の中で哀しいくらいこっけいにもがいてみせる。職も名誉も失いながら、それでも性欲に振り回されてしまう情けなさ。新しい価値観と古い価値観がぶつかり合う混乱の中で暮らす不安と無力感。だが、あまりにみじめな主人公に怒りすら感じながらも、読み手は物語から目を離すことができない。なぜなら、彼の弱さは人間(特に男性)そのものの弱さであり、彼が恥辱にまみれるとき、読み手もまた堕ちていく感覚を味わうからである。

   われわれはそうした情けなさから逃れることはできず、彼と同じくもがきながら生きていかねばならない。クッツェーの救いのない小説に不思議な温かみがあるとすれば、人生を不毛だとしながらも、苦闘する人間そのものは否定しない姿勢に共感を覚えるからであろう。(小尾慶一)

2 位
夷狄を待ちながら (集英社文庫)

夷狄を待ちながら (集英社文庫)(メーカー 集英社 J.M. クッツェー)

発売日 2003-12-01  希望価格 販売価格¥ 918
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

3 位
動物のいのち

動物のいのち(メーカー 大月書店 ジョン・M. クッツェー)

発売日 2003-11-01  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

4 位
鉄の時代 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-11)

鉄の時代 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-11)(メーカー 河出書房新社 J.M. クッツェー)

発売日 2008-09-11  希望価格 販売価格¥ 2,160
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

5 位
マイケル・K

マイケル・K(メーカー 筑摩書房 J.M. クッツェー)

発売日 1989-10  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

6 位
少年時代 (Lettres)

少年時代 (Lettres)(メーカー みすず書房 J.M. クッツェー)

発売日 1999-08  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

   1983年の『Life and Times of Michael K』(邦題『マイケル・K』)、さらに1999年の『Disgrace』(邦題『恥辱』)でブッカー賞の歴史始まって以来初のダブル受賞をした、南アフリカの作家J.M.クッツェーが少年時代を回想した作品。回想記ではあるが、主人公は三人称、それも時制は現在という設定。

   学校では優等生に徹し、家では暴君のように振る舞う少年は、あまりに献身的な母親に依存しながらも反発を感じ、頼りない父を徹底して嫌悪する。性のめざめ、自分は何者か、父方の農場への憧れ、といったさまざまな感情のなかで揺れる少年時代を「内心のひだにまで分け入って繊細かつしたたかに探りあて、あざやかな、突き放したような文体で描ききった」傑作。

   少年は1940年、ケープタウンで、オランダ系入植者アフリカーナーの父とドイツ系の母をもって生まれ、家庭内では英語を使う、という当時の南ア社会では完全にアウトサイダー的な家庭で育つ。
   1948年にアフリカーナーを支持母体とする国民党が政権を握ると、民族を分離するアパルトヘイト政策をとり始め、白人社会も出身によってアフリカーナーと英国系の2つのグループに分けようとした。ケープタウンからアフリカーナーの多い内陸のヴースターへ引っ越した少年は、英語で学ぶクラスに編入されるが、アフリカーンス語で学ぶクラスへ編入されるのではないかという悪夢にさいなまれる。騒々しくて攻撃的な態度でのし歩き、ことあるごとにけんかをふっかけるアフリカーナー少年たち。そのなかへ放り込まれることになったら自殺する、と少年は思いつめる。
   幸い、ふたたびケープタウンの寛容さと雑踏のなかにもどることができたが、次に待ち受けていたのは、弁護士を開業した父親の借財という悪夢だった。

   ここに描かれた少年の50年後の姿が現在の作家クッツェーということになるのだが、その小説世界の原風景を彷彿とさせる、クッツェーファン待望の書でもある。邦題は『少年時代』。(森 望)

7 位
エリザベス・コステロ

エリザベス・コステロ(メーカー 早川書房 J.M. クッツェー)

発売日 2005-02  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

8 位
石の女 (アフリカ文学叢書)

石の女 (アフリカ文学叢書)(メーカー スリーエーネットワーク J.M. クッツェー)

発売日 1997-06  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

9 位
ペテルブルグの文豪 (新しい「世界文学」シリーズ)

ペテルブルグの文豪 (新しい「世界文学」シリーズ)(メーカー 平凡社 J.M. クッツェー)

発売日 1997-04  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

10 位
ダスクランド (アフリカ文学叢書)

ダスクランド (アフリカ文学叢書)(メーカー スリーエーネットワーク J.M. クッツェー)

発売日 1994-12  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

11 位
Slow Man Poster

Slow Man Poster(メーカー Secker & Warburg J M Coetzee)

発売日 2005-09-01  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

写真家ポール・レイメントが自転車の事故で片脚を失ったとき、彼の孤独な人生は選択の余地なく決定的に変わってしまった。ポールは義肢を頑固に拒んで、オーストラリアはアデレードの、一人暮らしのアパートに戻るが、他人の世話にならなければいけないことが気詰まりだ。60年の人生を振り返り、しばらくは絶望とあきらめに打ちのめされるが、看護婦のマリアナに恋している自分に気づき、元気を取り戻す。マリアナはクロアチアから来た素朴な女性で、外国で家族を養おうと必死だ。どうやってマリアナを振りむかせようと考えるポールのもとに、エリザベス・コステロという謎めいたライターが訪れ、ポールに積極的に生きるよう促す。

クッツェーはこの新作で、人間らしさや年をとることの意味を考え、私たちがいかに人生を生きてきたかに思いをめぐらす。あらゆる文学の傑作がそうであるように、『Slow Man』は疑問を問いかけても、滅多に答えは持たない小説だ。それは真実を求める男のポートレートである。ポール・レイメントの事故は、彼の人生観を変え、その結果、彼は私たちすべてに共通の問題を考え始める。よき人間であるとはどういうことか? 人生において、真に意義のあることとは何か? 愛され大切にされていると感じることが、より重要なのか? 私たちが呼ぶ“家”とは、どんな所と定義されるのか? 妥協のない澄んだ声で、クッツェーはこうした問題に取り組む。そうして完成したのは、ページをめくるごとに驚きがあり、深い感動を与える愛とモータリティの物語である。

12 位
敵あるいはフォー (新しいイギリスの小説)

敵あるいはフォー (新しいイギリスの小説)(メーカー 白水社 J.M. クッツェー)

発売日 1992-04  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

   漂流した英国人女性がとある島に流れ着く。そこで彼女が出会ったのは、何とあのロビンソン・クルーソーとフライデイだった。ところが、クルーソーは無人島を脱出する気力をなくしてすっかり気難しい人物になっているし、下僕のフライデイもなぜか舌を抜かれていて喋れない。話すこともやることもない、およそ冒険談とはほど遠い退屈な毎日は、ある日通りかかった船に救出されることであっけなく終わる。英国に戻った彼女は自身の体験を本にするべく作家のダニエル・フォーに執筆を依頼するが…。

   ブッカー賞史上初となる2度の受賞に加え、2003年にはノーベル文学賞も受賞したJ・M・クッツェー。本書は、そのクッツェーがダニエル・デフォーの名作『ロビンソン・クルーソー』を下敷きに作り上げた、示唆に富んだ寓話的な物語だ。

   全編を通して「人食い人種」という言葉が頻出するが、植民地時代、西洋人は自分たちの論理の外側にあるものにそうした言葉を当てはめ、排除してきた。本書のフライデイは舌を抜かれたアフリカ人という設定で、まさに西洋人にとって「外側にあるもの」であり、そのため親しい人間ですら彼が「人食い人種」ではないかという恐れを捨て去ることができない。言葉が及ばない彼を言葉にするとき、そこに、いやおうなしに暴力が入り込んでしまうのだ。文明や人種という視点から言葉が本来的に隠し持つ暴力性を引き出し、「言葉で世界を表現するとはどういうことなのか」という大きなテーマが議論されていく。

   ストーリー性はあまりなく、語り手の女性をほかの登場人物による創作だと匂わせるなど、フィクションにフィクションが交錯する造りになっている。特に後半部は哲学の問答のような会話が連続し、抽象的だと感じる読者もいるかもしれない。だが、「パロディー」的設定とシンプルでわかりやすい文章で、読み手を認識の奥底まで引き込むその手腕は見事。言葉の大海原に漕ぎ出そうとするものには格好のテキストだ。(小尾慶一)

13 位
Foe

Foe(メーカー Ravan Press (Pty) Ltd J. M. Coetzee)

発売日 1998-12-31  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

14 位
Doubling the Point

Doubling the Point(メーカー David Philip Publishers J. M. Coetzee)

発売日 1992-12-31  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

15 位
Diary of a Bad Year

Diary of a Bad Year(メーカー )

発売日  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

16 位
The Expedition to the Baobab Tree

The Expedition to the Baobab Tree(メーカー Human & Rousseau Wilma Stockenstrom)

発売日 2010-04-30  希望価格¥ 2,947 販売価格¥ 2,947
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

17 位
Youth Poster

Youth Poster(メーカー )

発売日  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

これ以上はデータが有りませんでした