Amazon通販 文学史 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → 文学史


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
東京會舘とわたし(上)旧館

東京會舘とわたし(上)旧館(メーカー 毎日新聞出版 辻村 深月)

発売日 2016-07-30  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

ここは夢が生まれる場所。華やかなる""社交の殿堂""。大正、昭和、平成という時代を情熱的に生きた人々を、鮮やかな筆致で描き出す。直木賞作家が贈る、一つの建物の〈記憶〉をたどる長編小説。大正11年、丸の内に落成した国際社交場・東京會舘。海外ヴァイオリニストのコンサート、灯火管制下の結婚式、未知のカクテルを編み出すバーテンダー......。変わりゆく時代の中、""會舘の人々""が織り成すドラマが読者の心に灯をともす。

2 位
東京會舘とわたし(下)新館

東京會舘とわたし(下)新館(メーカー 毎日新聞出版 辻村 深月)

発売日 2016-07-30  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

「直木賞の時に戻ってきます」あの日、この場所で交わした約束があった。時を超えて受け継がれる想い――渾身の感動長編、堂々の完結。辻村深月が本当に書きたかった物語! 昭和46年、新館への建て替えを経た東京會舘。緊張で肩を震わす舞台女優、東日本大震災の日、直木賞授賞を知らされた父子......。永遠に流れる時間――優しさと慈しみに満ちた物語は、ついに終章(フィナーレ)へ。

3 位
「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本

「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本(メーカー 柏書房 山下 泰平)

発売日 2019-04-26  希望価格 販売価格¥ 1,944
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

4 位
生きることばへ

生きることばへ(メーカー 言視舎 金子 直史)

発売日 2019-08-29  希望価格¥ 1,728 販売価格¥ 1,728
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

5 位
物語創世:聖書から〈ハリー・ポッター〉まで、文学の偉大なる力

物語創世:聖書から〈ハリー・ポッター〉まで、文学の偉大なる力(メーカー 早川書房 マーティン プフナー)

発売日 2019-06-20  希望価格 販売価格¥ 4,860
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

6 位
NHK「100分de名著」ブックス 世阿弥 風姿花伝

NHK「100分de名著」ブックス 世阿弥 風姿花伝(メーカー NHK出版 土屋 惠一郎)

発売日 2015-02-20  希望価格 販売価格¥ 1,080
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

7 位
詩と出会う 詩と生きる

詩と出会う 詩と生きる(メーカー NHK出版 若松 英輔)

発売日 2019-07-25  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

言葉とこころを結びなおす

言葉と人は、どのような関係にあるのか。詩に込められた想いを知ることで、何を得ることができるのか。困ったとき、苦しいとき、悲しいとき──私たちを守ってくれる言葉を携えておくために。文学・哲学・宗教・芸術──あらゆる分野の言葉を「詩」と捉え、身近に感じ、それと共に生きる意味を探す。

はじめに 言葉は心の糧
第1章 「詩」とは何か 岡倉天心と内なる詩人
第2章 かなしみの詩 中原中也が詠う「おもい」
第3章 和歌という「詩」 亡き人へ送る手紙
第4章 俳句という「詩」 正岡子規が求めた言葉
第5章 つながりの詩 吉野秀雄を支えた存在
第6章 さびしみの詩 宮澤賢治が信じた世界
第7章 心を見つめる詩 八木重吉が刻んだ無音の響き
第8章 いのちの詩 岩崎航がつかんだ人生の光
第9章 生きがいの詩 神谷美恵子が問うた生きる意味
第10章 語りえない詩 須賀敦子が描いた言葉の厚み
第11章 今を生きる詩 高村光太郎が捉えた「気」
第12章 言葉を贈る詩 リルケが見た「見えない世界」
第13章 自分だけの詩 大手拓次が開いた詩の扉
第14章 「詩」という民藝 柳宗悦がふれたコトバの深み
第15章 全力でつむぐ詩 永瀬清子が伝える言葉への態度
おわりに 「異邦人」たちの詩歌
詩と出会うためのブックガイド

8 位
風雅と笑い―芭蕉叢考

風雅と笑い―芭蕉叢考(メーカー 清文堂出版 深沢 眞二)

発売日 2004-09-20  希望価格 販売価格¥ 8,640
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

9 位
平成の文学とはなんだったのか

平成の文学とはなんだったのか(メーカー はるかぜ書房 重里徹也)

発売日 2019-09-04  希望価格 販売価格¥ 1,728
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

10 位
精読 学問のすゝめ (幻冬舎新書)

精読 学問のすゝめ (幻冬舎新書)(メーカー 幻冬舎 橋本治)

発売日 2019-04-24  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

「天は人の上に人を造らず」の有名な書き出し。『学問のすゝめ』なのに、なぜこんな一文から始まるのか? 諭吉が挙げた学ぶべき5科目の説明が、あっという間に終わるのはなぜなのか? それより膨大に費やされている話は一体……? 明治初期に刊行され、20万部のベストセラー、日本が太平洋戦争で負けた後に再び読まれ、いまも売れ続ける名著の謎をズバリ解く。全十七編のうち、すべての肝は初編にありと見抜いた著者が、その一文一文を噛み砕き、時代背景から文章の飛躍の意味まで懇切丁寧に解きほぐしてしまった型破りな解説本。

11 位
こころをよむ 歓待する文学 (NHKシリーズ)

こころをよむ 歓待する文学 (NHKシリーズ)(メーカー NHK出版 )

発売日 2018-12-29  希望価格 販売価格¥ 823
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

12 位
読むための理論―文学・思想・批評

読むための理論―文学・思想・批評(メーカー 世織書房 石原 千秋)

発売日 1991-06-15  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

13 位
文豪たちの友情 (立東舎)

文豪たちの友情 (立東舎)(メーカー 立東舎 石井 千湖)

発売日 2018-04-13  希望価格 販売価格¥ 1,620
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

14 位
暗黒への旅立ち―西洋近代自我とその図像 1750~1920 (南山大学学術叢書)

暗黒への旅立ち―西洋近代自我とその図像 1750~1920 (南山大学学術叢書)(メーカー 名古屋大学出版会 荻野 昌利)

発売日 1987-03-31  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

15 位
世界文学大図鑑

世界文学大図鑑(メーカー 三省堂 ジェイムズ・キャントン)

発売日 2017-04-20  希望価格 販売価格¥ 4,536
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

16 位
名セリフ!

名セリフ!(メーカー 文藝春秋 鴻上 尚史)

発売日 2004-08-05  希望価格 販売価格¥ 1,620
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

17 位
偏愛文学館  

偏愛文学館  (メーカー 講談社 倉橋 由美子)

発売日 2005-07-08  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

18 位
東京大学で世界文学を学ぶ (集英社文庫)

東京大学で世界文学を学ぶ (集英社文庫)(メーカー 集英社 辻原 登)

発売日 2013-03-19  希望価格 販売価格¥ 842
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

19 位
芸術教養シリーズ13 神々の世界から市民社会の幕開けまで 西洋の芸術史 文学上演篇I

芸術教養シリーズ13 神々の世界から市民社会の幕開けまで 西洋の芸術史 文学上演篇I(メーカー 幻冬舎 )

発売日 2014-01-10  希望価格 販売価格¥ 2,700
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

20 位
劉邦(下)

劉邦(下)(メーカー 毎日新聞出版 宮城谷 昌光)

発売日 2015-08-21  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

【宮城谷昌光作家生活25周年記念作品】

天下をめぐる項羽との決戦は、最終局面・垓下(がいか)の戦いへ――
楚漢戦争、ここに終結!


項羽軍は秦の大軍を撃破、最大の宿敵・章邯(しょうかん)を下す。
一方、秦王嬰(えい)は劉邦に降伏、劉邦は秦の都・咸陽(かんよう)に入る、待っていたのは酒と美女であった。しかし、関中(かんちゅう)への入り口である函谷関(かんこくかん)を閉じた劉邦に反感を抱いた楚の軍師・范増(はんぞう)は、項羽に劉邦を討つことを進言。事態を把握した劉邦は鴻門(こうもん)に赴き、項羽に謝す。
項羽は西楚霸王と名乗り、劉邦を巴、蜀、漢中の王に封じた。劉邦にとっては「左遷」である。
項羽と天下を争うことを決意した劉邦は、韓信を大将に登用し、関中への兵を挙げる!
劉邦は趙、魏、韓、燕、漢の56万の連合軍を率いて項羽攻略に向かうが、奇襲に遭い……。


「背水の陣」「四面楚歌」「左遷」……数々の故事成語が生まれた、中国史上最大の戦はついにクライマックスへ。


自らの信念を曲げ、項羽との和解を破った劉邦の真意とは? 
決死の反撃を繰り出した項羽の運命やいかに?  
二人の男がぶつかるとき、中華全土に閃光が走る!


「天がわれを滅ぼそうとしているのであって、戦いに罪があったわけではない」