Amazon通販 英米文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 → 英米文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)(メーカー 早川書房 ジョージ・オーウェル)

発売日 2009-07-18  希望価格 販売価格¥ 929
2018-4-24 の情報

レビューは有りません。

2 位
オリジン 上

オリジン 上(メーカー KADOKAWA ダン・ブラウン)

発売日 2018-02-28  希望価格 販売価格¥ 1,944
2018-4-24 の情報

レビューは有りません。

3 位
オリジン 下

オリジン 下(メーカー KADOKAWA ダン・ブラウン)

発売日 2018-02-28  希望価格 販売価格¥ 1,944
2018-4-24 の情報

レビューは有りません。

4 位
アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)(メーカー 早川書房 アガサ クリスティー)

発売日 2003-12-01  希望価格 販売価格¥ 886
2018-4-24 の情報

レビューは有りません。

5 位
ザ・ゴール

ザ・ゴール(メーカー ダイヤモンド社 エリヤフ ゴールドラット)

発売日 2001-05-17  希望価格 販売価格
2018-4-24 の情報

採算悪化を理由に、突然、本社から工場閉鎖を告げられた主人公アレックス。残された時間は、わずかに3か月。起死回生の策はあるのか!? はたして、企業のゴール(目的)とは何か――ハラハラ、ドキドキ読み進むうちに、劇的にパフォーマンスを改善させるTOC(制約理論)の原理が頭に入る。

6 位
蒼の略奪者

蒼の略奪者(メーカー ハーレクイン イローナ アンドルーズ)

発売日 2016-04-15  希望価格 販売価格
2018-4-24 の情報

危険だとわかっていても抵抗できない――全米大絶賛の〈Hidden Legacy〉シリーズ、堂々の幕開け!

目を覚ますと、ネバダは両手両足を縛られ、冷たい瞳に見つめられていた。小さな探偵事務所で働く彼女は、凶悪なテロリストを捕まえるという依頼を押しつけられ、思いがけず犯人と接触するチャンスをつかんだ矢先に何者かにさらわれたのだ。無力に横たわるネバダを眺めているのは、マッド・ローガン――巨億の富を持ち、世界でその名を知らぬ者はいない非情な権力者だ。射抜くような青い瞳に氷のような炎を燃やしたローガンは、躊躇なく彼女を責め苛み、協力を強いる。恐怖をおぼえながらも、ネバダはローガンに惹きつけられた。

■NYタイムズのベストセラーリストで1位を獲得した人気作家、イローナ・アンドルーズが日本初上陸! Amazon.comで1000レビュー超え、星4.8を記録した全米大絶賛シリーズを引っさげて登場します。この作品の魅力は、なんといってもダークな億万長者のヒーロー、マッド・ローガンではないでしょうか。生まれたときから富・権力・地位・家名のあらゆるものを手にし、それ故にあらゆる責任を負わされた男の非情さ、強さ、孤独が描かれ、読む者を惹きつけます。ヒロインのネバダも否応なく惹かれますが、手に負えない相手と思い、懸命に距離を置こうとします。ダークヒーロー好きにはたまらない、担当編集イチオシの1作。お見逃しなく。

■久々にワクワクする小説に出会えました。ネバダの一番大切なルールは一日の終わりに胸を張って鏡の中の自分と向き合えること。そんな強くてまっすぐな彼女とダークな印象を持ちながらも彼女をからかうのを楽しみ、彼女に対してはホットにかつ優しくふるまうマッドとのやりとりが素敵です。ハリウッド映画顔負けに展開が早く、スケールの大きいアクション(破壊活動?)にも興奮します。早く続編が読みたいです。(YT)

■〈Hidden Legacy〉シリーズ
第1話『蒼の略奪者』https://www.amazon.co.jp/dp/B01CJI5P00
第2話『白き刹那』https://www.amazon.co.jp/dp/B076C7LQXH
第3話『深紅の刻印』https://www.amazon.co.jp/dp/B07B9WC8QP

7 位
宇宙への秘密の鍵

宇宙への秘密の鍵(メーカー 岩崎書店 スティーヴン ホーキング)

発売日 2008-02-09  希望価格 販売価格¥ 2,052
2018-4-24 の情報

レビューは有りません。

8 位
カラヴァル(Caraval) 深紅色の少女

カラヴァル(Caraval) 深紅色の少女(メーカー キノブックス ステファニー ガーバー)

発売日 2017-08-22  希望価格 販売価格¥ 1,944
2018-4-24 の情報

レビューは有りません。

9 位
そしてミランダを殺す (創元推理文庫)

そしてミランダを殺す (創元推理文庫)(メーカー 東京創元社 ピーター・スワンソン)

発売日 2018-02-21  希望価格 販売価格¥ 1,188
2018-4-24 の情報

レビューは有りません。

10 位
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)(メーカー 早川書房 カズオ・イシグロ)

発売日 2008-08-22  希望価格 販売価格¥ 864
2018-4-24 の情報

2008年初版本。書き込みなどはありません。帯なし。

11 位
スタートボタンを押してください (ゲームSF傑作選) (創元SF文庫)

スタートボタンを押してください (ゲームSF傑作選) (創元SF文庫)(メーカー 東京創元社 ケン・リュウ)

発売日 2018-03-12  希望価格 販売価格¥ 1,080
2018-4-24 の情報

レビューは有りません。

12 位
ゲームウォーズ(上) (SB文庫)

ゲームウォーズ(上) (SB文庫)(メーカー SBクリエイティブ アーネスト・クライン)

発売日 2014-05-17  希望価格 販売価格¥ 842
2018-4-24 の情報

レビューは有りません。

13 位
深紅の刻印 (MIRA文庫)

深紅の刻印 (MIRA文庫)(メーカー ハーレクイン イローナ・アンドルーズ)

発売日 2018-04-12  希望価格 販売価格
2018-4-24 の情報

全米絶賛〈Hidden Legacy〉シリーズ、いよいよ最終話。危険な愛が疾走する、怒濤のクライマックス!

小さな探偵事務所を営みながら家族を養うネバダ。巨万の富の持ち主で、世界がひれ伏す権力者マッド・ローガンとついに愛を確かめ合うが、甘い日々は刹那だった。ある日ローガンの元婚約者である女性が事務所を訪れ、行方不明の夫捜しをネバダに依頼する。持ち前の正義感が嫉妬心を上まわり、ネバダは引き受けるが、何かとローガンを頼ろうとする依頼人の態度には、かすかにざわつく心を持てあましていた。二人の愛は揺るぎないはず……。だが新たな事件はより大きな陰謀へと姿を変え、ローガンとネバダに襲いかかろうとしていた。

■第1話の『蒼の略奪者』以降、読者のみなさまに続編の翻訳刊行を熱望されてきたこの〈Hidden Legacy〉シリーズ、熱狂的に迎えられた第2話『白き刹那』に続いて、いよいよ最終話『深紅の刻印』をお届けします。NYタイムズ・ベストセラーリスト1位獲得作家イローナ・アンドルーズによる全米絶賛のアーバン・サスペンス、人気の秘密は、疾走感のあるハイペースな文体と、息もつかせぬ展開、そして読み応えのある重厚なストーリーですが、登場人物も全員とても魅力的。健気で正義感の強いヒロイン、ネバダはもちろんのこと、全世界がひれ伏す富と権力の持ち主でありながら、心に深い闇を抱えるダーク・ヒーロー、マッド・ローガンの魅力は、読めば虜にならずにいられません。前作でついに結ばれた二人ですが、ローガンがかつて愛した女性が、再び現れて──。彼女の夫捜しに端を発した事件は、やがてより大きな陰謀へと姿を変え、ローガンとネバダを襲います。二人の愛と命を賭した最後の闘いを、見届けてください!

■〈Hidden Legacy〉シリーズ
第1話『蒼の略奪者』https://www.amazon.co.jp/dp/B01CJI5P00
第2話『白き刹那』https://www.amazon.co.jp/dp/B076C7LQXH
第3話『深紅の刻印』https://www.amazon.co.jp/dp/B07B9WC8QP

14 位
そして誰もいなくなった (クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (クリスティー文庫)(メーカー 早川書房 アガサ・クリスティー)

発売日 2010-11-10  希望価格 販売価格
2018-4-24 の情報

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく! 強烈なサスペンスに彩られた最高傑作! 新訳決定版!

15 位
アンデスの黄金(上) (扶桑社BOOKSミステリー)

アンデスの黄金(上) (扶桑社BOOKSミステリー)(メーカー 扶桑社 ジェームズ・ロリンズ)

発売日 2018-03-27  希望価格 販売価格
2018-4-24 の情報

ミイラ、黄金、十字架、そして… インカの古層に眠る真実とは? 巨匠ロリンズ、渾身のアクション・アドベンチャー

インカ文明を専門とする考古学者ヘンリーはペルーの発掘地で発見された古いミイラを大学のラボに持ち込んだ。ミイラの首には黄金の十字架。宣教師のミイラなのか? 不審に思ったヘンリーはミイラをCTにかけるのだが――。
その頃、発掘現場で新たな発見があった。神殿の地下に隠された扉が見つかったのだ。ヘンリーの甥サムとチームのメンバーはその秘密部屋の調査を進めるが、神殿が崩落して閉じ込められてしまう。そして地下から脱出すべく奮闘するサムたちの前に驚くべき事実が姿を見せる。

16 位
アンデスの黄金(下) (扶桑社BOOKSミステリー)

アンデスの黄金(下) (扶桑社BOOKSミステリー)(メーカー 扶桑社 ジェームズ・ロリンズ)

発売日 2018-03-27  希望価格 販売価格
2018-4-24 の情報

黄金のヘビ、悪魔の血、太陽神… アンデスの神学、その実相へ 神話、考古学、科学が融合するロリンズの新骨頂!

サムとメンバーたちは秘密部屋の奥に洞窟の入口を発見する。奥へ奥へと探索を進める彼らはやがて巨大なネクロポリスの只中にいた。誰がこんなものを? なんのために? 背後には奇っ怪な生き物の影が迫る。
一方、法医学者ジョーンの協力を得たヘンリーは、ミイラに神秘的な能力を持つ未知の物質を発見する。そしてこの物質を狙う謎の集団がヘンリーたちを襲う! この物質はいったい? 集団の目的は? インカは何を隠し持っているのか? 大胆な想像力が歴史と戯れるアドベンチャー巨編!

17 位
仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?(メーカー きこ書房 デイル ドーテン)

発売日 2001-12-01  希望価格 販売価格¥ 1,404
2018-4-24 の情報

   出張の帰りに、大雪のため一昼夜空港のロビーに足止めされた「私」。そこで出会ったある老人に、つい仕事で鬱積(うっせき)した感情をぶつけてしまう。老人は実は、企業トップがアドバイスをほしがるほどの高名な実業家。その含蓄ある言葉に「私」はしだいに仕事観を揺さぶられていく。

   本書は、将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語である。それは、唐突に繰り出される老人の言葉とそれを問いただす「私」の会話で展開していく。たとえば老人は「目標を立てるな」という。「私」は、目標がなければ進歩の度合いが測れず、軌道修正もできないと反論する。しかし老人は、斬新なアイデアや商品がなぜ誕生したかを説き明かし、それらが目前の課題に集中した結果であることを指摘。また、世の中は自分が目標を達成するまで待ってはくれないとも言う。そして「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」「明日は今日と違う自分になる、だよ」などのアドバイスをおくる。

   試すこと、日々変化が必要であること、偶然を見落としていること…。本書のこうしたメッセージは特別なものではないが、それを痛切に感じさせる語り口が独特である。「多くの人は他人を凌駕する人材になろうとしているけど、それを他人と同じような人間になることで達成しようとしている」などは、自分を振り返らせるのに十分である。

   物語仕立てのビジネス啓発書としては「短編」の部類に入る本書。シンプルながら味わいのある1冊である。(棚上 勉)

18 位
ダ・フォース 上 (ハーパーBOOKS)

ダ・フォース 上 (ハーパーBOOKS)(メーカー ハーパーコリンズ・ ジャパン ドン ウィンズロウ)

発売日 2018-03-26  希望価格 販売価格¥ 1,050
2018-4-24 の情報

レビューは有りません。

19 位
えがない えほん (早川書房)

えがない えほん (早川書房)(メーカー 早川書房 B J ノヴァク)

発売日 2017-11-25  希望価格 販売価格
2018-4-24 の情報

【カラー/固定型】カラー・大画面での閲覧に最適化されたコンテンツです/「この本を読み聞かせる人は、書いてある言葉をすべて声に出さなくてはならない。どんなおバカな言葉でも」。このシンプルな仕掛けで、全米の子どもが大喜びし、本好きになって、表現力も豊かになる! 読み聞かせ絵本『ねこのピート』シリーズの大友剛が翻訳。

20 位
エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)(メーカー 福音館書店 ルース・スタイルス・ガネット)

発売日 1963-07-15  希望価格 販売価格¥ 1,296
2018-4-24 の情報

レビューは有りません。