Amazon通販  英米文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  英米文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版(メーカー Pottermore from J.K. Rowling J.K. Rowling)

発売日 2016-11-11  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

J.K.ローリングとジャック・ソーン、ジョン・ティファニーの3人が執筆した新しいオリジナル・ストーリーをもとに、ジャック・ソーンが舞台脚本を書いた舞台劇で、『ハリー・ポッターと呪いの子』はシリーズの8番目の物語です。ハリー・ポッターシリーズとしては、初めて舞台劇として最初に紹介されることになった物語です。 舞台劇は2016年7月30日、ロンドンでのワールド・プレミアが初演となります。

ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。

ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない “ハリー 一家の伝説” という重圧と戦わなければなりません。

2 位
ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部: 舞台脚本 愛蔵版

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部: 舞台脚本 愛蔵版(メーカー Pottermore from J.K. Rowling J.K. Rowling)

発売日 2017-12-01  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

ロンドン、ウェストエンドで初演された『ハリー・ポッターと呪いの子』の公式脚本。ハリー・ポッターとして生きる宿命を負った少年は、おとなになったいまでも、魔法省で忙しく働きながら、夫として、そして学校へ通う三人の子どもの父親として、悩み多き日々を送っています。ハリーが、事あるごとに甦る過去の記憶に悩むいっぽう、末の息子のアルバスもまた、ポッター家に生まれた重圧に、反発しながら苦しんでいました。過去と現在が不吉に混ざりあうなか、父と息子は忌まわしい真実を知ることになります――時として、闇は思わぬところからしのび寄ってくるのです。『ハリー・ポッターと呪いの子 特別リハーサル版』は、2016年の夏、ジャック・ソーンが脚本を手掛けた同作の舞台がウェストエンドでワールドプレミアを迎えた日に刊行されました。J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーンが執筆した物語から生まれたこの芝居は、演劇ファンや批評家たちの称賛を浴び、公式脚本はたちまち世界的ベストセラーになりました。今回刊行される愛蔵版は、特別リハーサル版の増補改訂版です。リハーサル版とは少し異なる本番の台詞や、演出のジョン・ティファニーと脚本のジャック・ソーンの二人による、戯曲を読むことをテーマにした対談を収めました。ポッター家の家系図や、『ハリー・ポッターと呪いの子』の物語が幕を開けるまでの魔法界での歴史など、役に立つ予備知識もまとめられています。



ハリー・ポッターとして生きる宿命を負った少年は、おとなになったいまでも、魔法省で忙しく働きながら、夫として、そして学校へ通う三人の子どもの父親として、悩み多き日々を送っています。



ハリーが、事あるごとに甦る過去の記憶に悩むいっぽう、末の息子のアルバスもまた、ポッター家に生まれた重圧に苦しんでいました。過去と現在が不吉に混ざりあうなか、父と息子は忌まわしい真実を知ることになります――時として、闇は思わぬところからしのび寄ってくるのです。

3 位
新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)

新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 アンブローズ ビアス)

発売日 1997-01-16  希望価格 販売価格¥ 842
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

4 位
日々是布哇(ひびこれハワイ) アロハ・スピリットを伝える言葉

日々是布哇(ひびこれハワイ) アロハ・スピリットを伝える言葉(メーカー 太田出版 北山 耕平)

発売日 2006-06-22  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

5 位
筒井版 悪魔の辞典〈完全補注〉上 (講談社+α文庫)

筒井版 悪魔の辞典〈完全補注〉上 (講談社+α文庫)(メーカー 講談社 アンブローズ・ビアス)

発売日 2009-01-20  希望価格 販売価格¥ 907
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

6 位
孤独の愉しみ方―森の生活者ソローの叡智 (智恵の贈り物)

孤独の愉しみ方―森の生活者ソローの叡智 (智恵の贈り物)(メーカー イースト・プレス ヘンリー・ディヴィッド ソロー)

発売日 2010-09-01  希望価格 販売価格¥ 1,404
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

7 位
筒井版 悪魔の辞典〈完全補注〉下 (講談社+α文庫)

筒井版 悪魔の辞典〈完全補注〉下 (講談社+α文庫)(メーカー 講談社 アンブローズ・ビアス)

発売日 2009-01-20  希望価格 販売価格¥ 907
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

8 位
魂の錬金術―エリック・ホッファー全アフォリズム集

魂の錬金術―エリック・ホッファー全アフォリズム集(メーカー 作品社 エリック ホッファー)

発売日 2003-02-01  希望価格 販売価格¥ 2,376
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

9 位
悪魔の辞典 (角川文庫)

悪魔の辞典 (角川文庫)(メーカー KADOKAWA アンブローズ ビアス)

発売日 1975-04-07  希望価格 販売価格¥ 821
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

10 位
赤毛のアンの名言集

赤毛のアンの名言集(メーカー 講談社 鈴木 義治)

発売日 2014-09-26  希望価格 販売価格¥ 1,836
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

11 位
ターシャ・テューダー 言葉の日めくり イラスト編 ([実用品])

ターシャ・テューダー 言葉の日めくり イラスト編 ([実用品])(メーカー KADOKAWA/メディアファクトリー ターシャ・テューダー)

発売日 2008-10-14  希望価格 販売価格¥ 2,052
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

12 位
マジカル・モーメント---賢者のつぶやき

マジカル・モーメント---賢者のつぶやき(メーカー ダイヤモンド社 パウロ・コエーリョ)

発売日 2014-12-05  希望価格 販売価格¥ 1,728
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

13 位
叡智の断片 (集英社文庫)

叡智の断片 (集英社文庫)(メーカー 集英社 池澤 夏樹)

発売日 2011-07-20  希望価格 販売価格¥ 761
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

14 位
ソロー語録

ソロー語録(メーカー 文遊社 ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

発売日 2009-10-01  希望価格 販売価格¥ 1,728
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

15 位
マーフィーの法則―現代アメリカの知性

マーフィーの法則―現代アメリカの知性(メーカー ASCII アーサー ブロック)

発売日 1993-07-15  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

「失敗する可能性のあるものは失敗する」というあまりに有名な法則から始まる本書の内容は、この十数年の間に、確実にアメリカ人の生活思想の中に根をおろした。すべてのビジネスマン、研究者、技術者、学生、医者、乞食、政治家、プログラマ、その他の人々に本書をお勧めする。

16 位
ブラック・スワンの箴言

ブラック・スワンの箴言(メーカー ダイヤモンド社 ナシーム・ニコラス・タレブ 著  望月衛 訳)

発売日 2011-09-09  希望価格 販売価格¥ 1,620
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

17 位
かみさまへのてがみ

かみさまへのてがみ(メーカー サンリオ )

発売日 1994-07-01  希望価格 販売価格¥ 922
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

18 位
オスカー・ワイルドに学ぶ人生の教訓

オスカー・ワイルドに学ぶ人生の教訓(メーカー サンマーク出版 グレース宮田)

発売日 2009-10-09  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

19 位
モーム語録 (岩波現代文庫)

モーム語録 (岩波現代文庫)(メーカー 岩波書店 )

発売日 2010-04-17  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

20 位
前人未踏のすたーとれっく ポポロ工作室の小さな図書館@

前人未踏のすたーとれっく ポポロ工作室の小さな図書館@(メーカー Bottega Popolo(ポポロコウサクシツ) 22)

発売日 2014-07-01  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

更新情報:2017年9月8日 表紙及び題名変更 2016年9月9日 文章内容の修正、新作情報の追記、レイアウト変更

----------概要----------
Q:これはどのような本か?
A:アメリカで生まれ、長い歴史を持つSFドラマ、スタートレックの原点であるTOSシリーズ(The Original Series:ザ・オリジナル・シリーズ)の世界を味わう本です。対話形式で、あらすじや見所を紹介しています。ささやかな個人的感想や哲学思想なども含んでいます。

Q:スタートレックとは?
A:宇宙船エンタープライズ号による近未来の探査航行の物語です。この宇宙船に乗っている魅力溢れる船員たちが広大な宇宙空間で、SF、アクション、恋愛、コメディ、ヒューマンドラマ、サスペンス、ミステリーなど、あらゆるジャンルのエピソードを盛大に繰り広げます。

Q:非常にシリーズの多いドラマだと聞くが?
A:1966年誕生以来、現時点(2016年)に至るまでに5本のTVドラマシリーズ、12本の映画が誕生しており、TVシリーズのエピソード総数は800話を越えています。すでに半世紀以上も長く愛され続けている実に広大な世界です。そしてまた現在、新ドラマ『スタートレック ディスカバリー(Star Trek: Discovery)』シリーズの制作が進められており、2017年1月より放映が開始される予定となっています。映画版にも新展開があり、J・J・エイブラムス製作の劇場版シリーズ第3弾『スタートレック BEYOND』が2016年10月21日から公開されます。

Q:何が魅力なのか?
A:多彩なエピソードの中に、現代社会や倫理学に訴えかける隠喩が見られます。爽快な物語ですが、また深い考察もあるという意味で、スタートレックにはエンターテイメントとして多くの魅力があるように思われますね。

----------目次----------
はじめに
ポポロ工作室、各種作品のご紹介
エンタープライズ号について
Epi01 The Cage 歪んだ楽園
Epi02 Where No Man Has Gone Before 未踏の果て
Epi03 The Corbomite Maneuver 謎めく球体
Epi04 Mudd's Women マッドの美女
Epi05 The Enemy Within 二人のカーク
Epi06 The Man Trap 去りゆく生命体
Epi07 The Naked Time むき出しの感染症
Epi08 Charlie X セイサス星から来た青年
Epi09 Balance of Terror 見えざる破壊者
Epi10 What Are Little Girls Made of? かわいい娘
Epi11 Dagger of the Mind 精神の剣
Epi12 Miri 400歳の少女
Epi13 The Conscience of the King 王たるものの良心
Epi14 The Galileon Seven ガリレオ号の七人
Epi15 Count Martial 軍法会議
Epi16 The Menagerie 実験動物園
Epi17 Shore Leave 上陸休暇中止!
Epi18 The Squire of Gothos 惑星ゴドスの妨害者
Epi19 Arena 怪獣ゴーンとの対決
Epi20 The Alternative Factor ふたつの宇宙
Epi21 Tomorrow is Yesterday 明日と昨日
Epi22 The Return of the Archons 支配者の再来
Epi23 A Taste of Armageddon 末期的戦争
Epi24 Space Seed 宇宙種
Epi25 This Side of Paradise 二度目のエデン
Epi26 The Devil in the Dark 暗闇の悪魔
Epi27 Errand of Mercy 慈悲の使命
Epi28 The City on the Edge of Forever永遠の淵に立つ都市
Epi29 Operation Annihilate!精神寄生生命体
Epi30 Catspawパイリスの魔術師
Epi31 Metamorphosisある恋の物語
Epi32 Friday's Child医師に託した子供
Epi33 Who Mourns for Adonais?誰、わが主をいたむや?
Epi34 Amok Timeかの論理種族の秘密
Epi35 The Doomsday Machine最終破壊兵器
Epi36 Wolf in the Fold羊のなかの狼
Epi37 The Changeling超小型探査機器の狂気
Epi38 The Apple禁断のパラダイス
Epi39 Mirror, Mirror 銀像反転世界
Epi40 The Deadly Year 老衰の宇宙病
Epi41 I, Mudd 我輩はマッドである
Epi42 The Trouble with Tribbles トリブルトラブル
Epi43 Bred and Cirsuses バベルへの旅路
Epi44 Journey to Babel バベルへの旅路
Epi45 A Private Little War 小さな戦争
Epi46 The Gamesters of Triskelion 賭博師たち
Epi47 Obsession 過去への執念
Epi48 The Immunity Syndrome 単細胞生命体との衝突
Epi49 A Piece of the Action ボスたちの騒乱
Epi50 By Any Other Name 銀河系の放浪者
Epi51 Return to Tomorrow 明日への帰還
Epi52 Patterns of Force エコス・ナチスの恐怖
Epi53 The Ultimate Computer 究極の演算機
Epi54 The Omega Glory 最後の栄光
Epi55 Assignment:Earth 地球上陸命令
Epi56 Spectre of the Gun 最後の決闘
Epi57 Elaan of Troyius トロイアスの王女
Epi58 The Paradise Syndrome 遺されし科学
Epi59 The Enterprise Incident それぞれの思惑
Epi60 And the Children Shall Lead そして子らは導く
Epi61 Spocke's Brain 盗まれし頭脳
Epi62 Is There in Truth No Beauty? 真実と美の光
Epi63 The Empath エムパスの実験
Epi64 The Tholian Web 怒りの連鎖網
Epi65 For the Wolds Is Hollow and I Have Touched the Sky 俺が触っちまった空
Epi66 Day of the Dove 平和へのいざない
Epi67 Plato's Stepchildren プラトンの子孫たち
Epi68 Wink of an Eye まばたくまに
Epi69 That Which Survives 悲劇の果てに遺されしもの
Epi70 Let That Be Your Last Battlefield 惑星最後の戦場
Epi71 Whom Gods Destroy 神、だれを滅ぼし給う
Epi72 The Mark of Gideon ギデオンの記章
Epi73 The Lights of Zetar 輝く宇宙嵐
Epi74 The Cloud Minders 雲の上の住人たち
Epi75 The Way to Eden エデンへの道
Epi76 Requiem for Methuselah メトラセへの鎮魂歌
Epi77 The Savage Curtain 英雄と共に
Epi78 All Our Yesterday 過ぎ去りし日に
Epi79 Turnabout Intruder 拙い模倣と乗員の信頼
Cine01 Star Trek: The Motion Picture スタートレック:ザ・モーションピクチャー
Cine02 Star TrekⅡ:The Wrath of Khan スタートレックⅡカーンの逆襲
Cine03 Star TrekⅢ:The Search for Spock スタートレックⅢスポックを探せ!
Cine04 Star TrekⅣ:The Voyage Home スタートレックⅣ故郷への長い道
Cine05 Star TrekⅤ: The Final Frontier スタートレックⅤ新たなる未知へ
Cine06 Star TrekⅥ: The Undiscovered Country スタートレックⅥ未知の世界
人類未踏の世界へーレナード・ニモイの詩ー(縦読み感謝)
あとがき

---みなさまへ---
本書籍は「デジタル著作権管理(DRM)」の適用を行っておりませんので、本書の電子ファイルは自由度の高い状態が保持されています。論理学の閃きを、自由な環境でお楽しみくだされば幸いです。