Amazon通販  51-75回 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  51-75回


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
新 青春の門 第九部 漂流篇

新 青春の門 第九部 漂流篇(メーカー 講談社 五木寛之)

発売日 2019-09-30  希望価格 販売価格
2020-1-22 の情報

無名の新人歌手の域を出ないままの牧織江。シベリアに渡り、大陸横断を試みるも断念した伊吹信介。青春が終わりを告げつつある中、己が何者なのか未だに見つけられずに苦しむ姿は、遠く離れた地にあっても同じだった。だが、運命は、二人を再び結びつけようとしていた。ロシア革命の直後、極東で消えたとされるロマノフ王朝の財宝。その謎が、信介と織江それぞれに近しい人々をたぐり寄せているのだ――。一九六一年暮れ。二十四歳となった牧織江は、大手芸能プロダクションKオフィス専属の新人歌手であったが、ヒット曲に恵まれないうえ方向性にも迷い、燻っていた。しかし、織江の才能を信じるマネージャー山岸守は、大物ディレクターとして名高いコロンブス・レコードの高円寺竜三に託そうと奔走。ついに高円寺の承諾を得て、織江の再出発に向けた一歩を踏み出すことに成功した。だが、それは諸刃の剣でもあった。昔ながらのスタイルを貫く高円寺は、社内の改革派から目の敵にされており、早晩コロンブス・レコード分裂劇の火種になると目されていたからだ。一方、伊吹信介は、遠く離れたシベリアの大地で苦境にあえいでいた。二十六歳にして何も為していないことへの焦燥に駆られた信介は、旅券さえ持たないという無謀さを省みずユーラシア大陸横断の旅に踏み切ったが、脚を負傷したため頓挫。治療を施してくれた現地在住の日本人医師「ドクトル」の勧めで、旅を断念し、身体の回復を待つことにした。鬱々とした日々を送る信介に「世界を見聞するためには、まずは歴史をきちんと学べ」と諭すドクトルは、やがて自らの数奇な人生を語り始める。それは、戦後十五年が経った今なお同地にとどまっている、本当の理由でもあった。一九一七年のロシア革命勃発の際、白軍の手で極東に運ばれてきたとされるロマノフ王朝の財宝は、どこに消えたのか。当時シベリアに出兵していた日本軍は、消えた財宝の謎に関与していたのか。シベリア出兵に反対し、後に陸軍機密費横領問題を議会で追及した衆議院議員で、ドクトルの恩人でもあった中野正剛は、なぜ非業の死を遂げたのか――。ドクトルは信介に「中野正剛の無念を晴らすため真相を追い続ける同志」として筑紫次郎という男の名を挙げたが、その筑紫は高円寺の前に現れていた。筑紫の口から語られる、Cレコード分裂劇と新会社設立構想の背後にあるロマノフ王朝の遺産をめぐる巨額資金と、その金に群がる闇の人間たちの存在。その背景に不穏なものを察した高円寺は、やがて新会社設立構想そのものがCレコードの改革派による罠だったことを知り、いったんは一切から身を引くことを決意するが、有志の支えにより再スタートを期すことになった。再起に向けて立ち上がろうとする高円寺と織江。その頃、信介もまたドクトルとともに帰国の途についていた。運命の糸は、再び信介と織江を結びつけようとしている。

2 位
首狩族3

首狩族3(メーカー グループ・ゼロ 川崎 三枝子)

発売日 2018-11-01  希望価格 販売価格
2020-1-22 の情報

加納康子、28歳。その妖艶な裸体を晒し巨大なベッドに寝そべりながら、彼女は考えていた。「うちは男の生気を吸い取ってんかもしれへんな……」大阪でホステスをしている康子は、その肉体を武器に何人もの男を惑わせ、溺れさせてきた。しかし本当に愛した男はヤクザの抗争で殺された。彼のことを忘れられないまま金づるのオヤジに抱かれていた時……その親父が突如腹上死! 康子と関係した男は死んでしまう……本当に、彼女は男の命を吸い取って生きている魔女なのか……!?

3 位
お金本

お金本(メーカー 左右社 夏目 漱石)

発売日 2019-11-01  希望価格 販売価格¥ 2,530
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

4 位
明智光秀 (文春文庫)

明智光秀 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 早乙女 貢)

発売日 2018-11-09  希望価格 販売価格¥ 1,034
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

5 位
かもめのジョナサン 完成版 (新潮文庫)

かもめのジョナサン 完成版 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 リチャード バック)

発売日 2015-06-26  希望価格 販売価格¥ 649
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

6 位
九十歳。何がめでたい

九十歳。何がめでたい(メーカー 小学館 佐藤愛子)

発売日 2016-08-01  希望価格 販売価格¥ 1,320
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

7 位
エロ事師たち (1967年) (ロマン・ブックス)

エロ事師たち (1967年) (ロマン・ブックス)(メーカー 講談社 野坂 昭如)

発売日 1967  希望価格¥ 259 販売価格¥ 259
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

8 位
逆軍の旗

逆軍の旗(メーカー 文藝春秋 藤沢 周平)

発売日 1985-03-25  希望価格 販売価格
2020-1-22 の情報

「時は今あめが下しる五月哉」──明智光秀は、その日の直前こう発句した。坐して滅ぶかあるいは叛くか。天正十年六月一日、亀山城を出た光秀の軍列は本能寺へとむかう。戦国武将のなかでもひときわ異様な謎につつまれたこの人物を描き出す歴史小説。他に「上意改まる」「幻にあらず」「二人の失踪人」の三篇を収める異色歴史小説集。

9 位
志に死す :人情時代小説傑作選 (新潮文庫 い 17-89)

志に死す :人情時代小説傑作選 (新潮文庫 い 17-89)(メーカー 新潮社 池波 正太郎)

発売日 2019-12-23  希望価格¥ 572 販売価格¥ 572
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

10 位
花埋み (新潮文庫)

花埋み (新潮文庫)(メーカー 新潮社 渡辺 淳一)

発売日 1975-06-03  希望価格 販売価格¥ 869
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

11 位
小説十八史略 文庫 全6巻 完結セット (講談社文庫―中国歴史シリーズ)

小説十八史略 文庫 全6巻 完結セット (講談社文庫―中国歴史シリーズ)(メーカー 講談社 陳 舜臣)

発売日 2012-05-29  希望価格¥ 5,037 販売価格¥ 5,037
2020-1-22 の情報

原書「十八史略」の最も古い刊行時期は至治年間(1321年 - 1323年)である。曾先之がまとめたものは2巻本だが、その後、明の陳殷によって帝王世紀や朱子学の書を元に注釈を加えられ、現在と同じ7巻本となった。さらに明の中期、劉剡が(朱熹の『資治通鑑綱目』に従い)三国時代の正統王朝を魏から蜀とするなどの改変を行なった。 小説十八史略は『十八史略』で扱われている範囲の時代を小説化したもの。創作した部分も多いとされる。

12 位
新装版 又蔵の火 (文春文庫)

新装版 又蔵の火 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 藤沢 周平)

発売日 2006-04-07  希望価格 販売価格¥ 682
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

13 位
組曲虐殺

組曲虐殺(メーカー 集英社 井上 ひさし)

発売日 2010-05-06  希望価格 販売価格¥ 1,320
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

14 位
鈍感力 (集英社文庫)

鈍感力 (集英社文庫)(メーカー 集英社 渡辺淳一)

発売日 2010-03-24  希望価格 販売価格
2020-1-22 の情報

シャープで、鋭敏なことが優れていると世間では思われているが、本当にそうなのか!? 医師としての経験や作家としての眼差しを通じて、些細なことで揺るがない「鈍さ」こそ、生きていく上で最も大切で、源になる才能だと説き明かす。恋愛関係、夫婦生活、子育て、職場、環境適応能力……。様々な局面で求められる鈍感力とは何か。先行き不透明な現代を生きぬくヒントが満載。ミリオンセラー、待望の電子化。

15 位
用心棒日月抄 (新潮文庫)

用心棒日月抄 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 藤沢 周平)

発売日 1981-03-27  希望価格 販売価格¥ 825
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

16 位
隠し剣孤影抄: 1

隠し剣孤影抄: 1(メーカー 文藝春秋 藤沢 周平)

発売日 2004-06-10  希望価格 販売価格
2020-1-22 の情報

秘剣、外に語らず──伝授はもちろん、どんな技かも極秘にされる“隠し剣”。その隠し剣が必要になるとき、それは最悪の事態を意味する。剣鬼と化して破牢した夫のために捨て身の行動に出る人妻、これに翻弄される男を描く「隠し剣鬼ノ爪」は、同名の映画の原作となった作品。そのほか「臆病剣松風」「暗殺剣虎ノ眼」「女人剣さざ波」「必死剣鳥刺し」など、爽やかで深い時代小説の魅力が横溢するシリーズ8篇。剣客小説に新境地を拓いた名品集、第1弾!

17 位
人生は美しいことだけ憶えていればいい

人生は美しいことだけ憶えていればいい(メーカー PHP研究所 佐藤愛子)

発売日 2019-03-20  希望価格 販売価格¥ 1,320
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

18 位
孤剣―用心棒日月抄― (新潮文庫)

孤剣―用心棒日月抄― (新潮文庫)(メーカー 新潮社 藤沢 周平)

発売日 2003-09-30  希望価格 販売価格
2020-1-22 の情報

藩主毒殺の陰謀の証拠書類をもって姿を消した恐るべき剣鬼がいる。藩取り潰しを目論み、公儀隠密も暗躍する。お家の危機を救うべく、密命を帯びて青江又八郎ふたたび脱藩、江戸へ。頼むは身一つ剣一つ。用心棒稼業に糊口をしのぐ又八郎を待ち受ける三つどもえの死闘。

19 位
三屋清左衛門残日録 (文春文庫)

三屋清左衛門残日録 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 藤沢 周平)

発売日 1992-09-10  希望価格 販売価格¥ 781
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。

20 位
『葛藤する刑事たち』傑作警察小説アンソロジー (朝日文庫)

『葛藤する刑事たち』傑作警察小説アンソロジー (朝日文庫)(メーカー 朝日新聞出版 松本清張)

発売日 2019-11-07  希望価格¥ 880 販売価格¥ 880
2020-1-22 の情報

レビューは有りません。