Amazon通販  51-75回 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  51-75回


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
新 青春の門 第九部 漂流篇

新 青春の門 第九部 漂流篇(メーカー 講談社 五木寛之)

発売日 2019-09-30  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

無名の新人歌手の域を出ないままの牧織江。シベリアに渡り、大陸横断を試みるも断念した伊吹信介。青春が終わりを告げつつある中、己が何者なのか未だに見つけられずに苦しむ姿は、遠く離れた地にあっても同じだった。だが、運命は、二人を再び結びつけようとしていた。ロシア革命の直後、極東で消えたとされるロマノフ王朝の財宝。その謎が、信介と織江それぞれに近しい人々をたぐり寄せているのだ――。一九六一年暮れ。二十四歳となった牧織江は、大手芸能プロダクションKオフィス専属の新人歌手であったが、ヒット曲に恵まれないうえ方向性にも迷い、燻っていた。しかし、織江の才能を信じるマネージャー山岸守は、大物ディレクターとして名高いコロンブス・レコードの高円寺竜三に託そうと奔走。ついに高円寺の承諾を得て、織江の再出発に向けた一歩を踏み出すことに成功した。だが、それは諸刃の剣でもあった。昔ながらのスタイルを貫く高円寺は、社内の改革派から目の敵にされており、早晩コロンブス・レコード分裂劇の火種になると目されていたからだ。一方、伊吹信介は、遠く離れたシベリアの大地で苦境にあえいでいた。二十六歳にして何も為していないことへの焦燥に駆られた信介は、旅券さえ持たないという無謀さを省みずユーラシア大陸横断の旅に踏み切ったが、脚を負傷したため頓挫。治療を施してくれた現地在住の日本人医師「ドクトル」の勧めで、旅を断念し、身体の回復を待つことにした。鬱々とした日々を送る信介に「世界を見聞するためには、まずは歴史をきちんと学べ」と諭すドクトルは、やがて自らの数奇な人生を語り始める。それは、戦後十五年が経った今なお同地にとどまっている、本当の理由でもあった。一九一七年のロシア革命勃発の際、白軍の手で極東に運ばれてきたとされるロマノフ王朝の財宝は、どこに消えたのか。当時シベリアに出兵していた日本軍は、消えた財宝の謎に関与していたのか。シベリア出兵に反対し、後に陸軍機密費横領問題を議会で追及した衆議院議員で、ドクトルの恩人でもあった中野正剛は、なぜ非業の死を遂げたのか――。ドクトルは信介に「中野正剛の無念を晴らすため真相を追い続ける同志」として筑紫次郎という男の名を挙げたが、その筑紫は高円寺の前に現れていた。筑紫の口から語られる、Cレコード分裂劇と新会社設立構想の背後にあるロマノフ王朝の遺産をめぐる巨額資金と、その金に群がる闇の人間たちの存在。その背景に不穏なものを察した高円寺は、やがて新会社設立構想そのものがCレコードの改革派による罠だったことを知り、いったんは一切から身を引くことを決意するが、有志の支えにより再スタートを期すことになった。再起に向けて立ち上がろうとする高円寺と織江。その頃、信介もまたドクトルとともに帰国の途についていた。運命の糸は、再び信介と織江を結びつけようとしている。

2 位
かもめのジョナサン 完成版 (新潮文庫)

かもめのジョナサン 完成版 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 リチャード バック)

発売日 2015-06-26  希望価格 販売価格¥ 649
2019-10-21 の情報

レビューは有りません。

3 位
首狩族1

首狩族1(メーカー グループ・ゼロ 川崎 三枝子)

発売日 2018-11-01  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

加納康子、28歳。その妖艶な裸体を晒し巨大なベッドに寝そべりながら、彼女は考えていた。「うちは男の生気を吸い取ってんかもしれへんな……」大阪でホステスをしている康子は、その肉体を武器に何人もの男を惑わせ、溺れさせてきた。しかし本当に愛した男はヤクザの抗争で殺された。彼のことを忘れられないまま金づるのオヤジに抱かれていた時……その親父が突如腹上死! 康子と関係した男は死んでしまう……本当に、彼女は男の命を吸い取って生きている魔女なのか……!?

4 位
首狩族3

首狩族3(メーカー グループ・ゼロ 川崎 三枝子)

発売日 2018-11-01  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

加納康子、28歳。その妖艶な裸体を晒し巨大なベッドに寝そべりながら、彼女は考えていた。「うちは男の生気を吸い取ってんかもしれへんな……」大阪でホステスをしている康子は、その肉体を武器に何人もの男を惑わせ、溺れさせてきた。しかし本当に愛した男はヤクザの抗争で殺された。彼のことを忘れられないまま金づるのオヤジに抱かれていた時……その親父が突如腹上死! 康子と関係した男は死んでしまう……本当に、彼女は男の命を吸い取って生きている魔女なのか……!?

5 位
首狩族4

首狩族4(メーカー グループ・ゼロ 川崎 三枝子)

発売日 2018-11-01  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

加納康子、28歳。その妖艶な裸体を晒し巨大なベッドに寝そべりながら、彼女は考えていた。「うちは男の生気を吸い取ってんかもしれへんな……」大阪でホステスをしている康子は、その肉体を武器に何人もの男を惑わせ、溺れさせてきた。しかし本当に愛した男はヤクザの抗争で殺された。彼のことを忘れられないまま金づるのオヤジに抱かれていた時……その親父が突如腹上死! 康子と関係した男は死んでしまう……本当に、彼女は男の命を吸い取って生きている魔女なのか……!?

6 位
九十歳。何がめでたい

九十歳。何がめでたい(メーカー 小学館 佐藤愛子)

発売日 2016-08-06  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

待望の単行本がついに発売。実にめでたい!

 『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。

 大正12年生まれ、今年93歳になる佐藤さんは2014年、長い作家生活の集大成として『晩鐘』を書き上げました。その時のインタビューでこう語っています。
「書くべきことは書きつくして、もう空っぽになりました。作家としての私は、これで幕が下りたんです」(「女性セブン」2015年2月5日号より)

 その一度は下ろした幕を再び上げて始まった連載『九十歳。何がめでたい』は、「暴れ猪」佐藤節が全開。自分の身体に次々に起こる「故障」を嘆き、時代の「進歩」を怒り、悩める年若い人たちを叱りながらも、あたたかく鼓舞しています。

 自ら災難に突進する性癖ゆえの艱難辛苦を乗り越え92年間生きて来た佐藤さんだからからこそ書ける緩急織り交ぜた文章は、人生をたくましく生きるための箴言も詰まっていて、大笑いした後に深い余韻が残ります。
 ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。(2016年8月発表作品)

7 位
花埋み (新潮文庫)

花埋み (新潮文庫)(メーカー 新潮社 渡辺 淳一)

発売日 1975-06-03  希望価格 販売価格¥ 825
2019-10-21 の情報

レビューは有りません。

8 位
私の文学放浪 (講談社文芸文庫)

私の文学放浪 (講談社文芸文庫)(メーカー 講談社 吉行 淳之介)

発売日 2004-01-10  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

レビューは有りません。

9 位
人生は美しいことだけ憶えていればいい

人生は美しいことだけ憶えていればいい(メーカー PHP研究所 佐藤 愛子)

発売日 2019-03-18  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

現在95歳。誕生日には96歳になる佐藤先生。郵便局や何かに行くとき、ダーッと急いでは息が切れるようになったというものの、「怒っていれば元気」と、持ち前の憤怒の炎は衰えず。老人をねらった詐欺電話を手ぐすねひいて待ち、徹底的に相手を追い詰めることにファイトを燃やしていらっしゃいます。本書は月刊誌「PHP」にご執筆いただいた佐藤先生の、単行本未収録の原稿を主に集め、お互いに10代から知り合いだという大親友で作家の遠藤周作氏(故人)との愉快な対談を巻末に付けまとめました。「少女時代のあんたはきれいだった」と遠藤氏に言われる佐藤先生が、いかにして「怒りの佐藤」になり、90歳を超えて大ベストセラーを出せたのか。元夫の借金を肩代わりしても「苦労したとは思っていない、この世で起こることは、すべて修行」「力一杯生きて、ああ面白かったと言って死ねればいちばん」と語る佐藤先生の、読むだけで元気が出る痛快人生論です。

10 位
組曲虐殺

組曲虐殺(メーカー 集英社 井上 ひさし)

発売日 2010-05-06  希望価格 販売価格¥ 1,320
2019-10-21 の情報

基本的に傷みのはげしい本、見苦しい本など、受け取られた方が不快に思うような本は扱っておりません。本品は目立つような傷・汚れもなく、よい状態です。気持ちよく鑑賞していただけるのではないかと思います。専用書庫にて保管しております。ご注文確定後、速やかに送付いたします。

11 位
用心棒日月抄 (新潮文庫)

用心棒日月抄 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 藤沢 周平)

発売日 1981-02-28  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

用心棒が赴くところにドラマがある――。故あって人を斬り脱藩。己れの命を危険にさらし、様々な人の楯となって生きる浪人青江又八郎の苛烈な青春。江戸は元禄、巷間を騒がす赤穂浪人の隠れた動きが活発になるにつれ、請け負う仕事はなぜか浅野・吉良両家の争いの周辺に……。凄まじい殺陣の迫力と市井の哀歓あふれる十話。

12 位
迷いながら生きていく

迷いながら生きていく(メーカー PHP研究所 五木 寛之)

発売日 2019-10-03  希望価格 販売価格¥ 1,485
2019-10-21 の情報

レビューは有りません。

13 位
孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)

孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 藤沢 周平)

発売日 1984-09-27  希望価格 販売価格¥ 781
2019-10-21 の情報

レビューは有りません。

14 位
アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)

アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 野坂 昭如)

発売日 1971-12-31  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

昭和20年9月21日、神戸・三宮駅構内で浮浪児の清太が死んだ。シラミだらけの腹巻きの中にあったドロップの缶。その缶を駅員が暗がりに投げると、栄養失調で死んだ4歳の妹、節子の白い骨がころげ、蛍があわただしく飛び交った……戦後どれだけの時間が過ぎようと、読む度に胸が締め付けられる永遠の名作『火垂るの墓』をはじめ全6編を収載。

15 位
円生と志ん生

円生と志ん生(メーカー 集英社 井上 ひさし)

発売日 2005-08-05  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

レビューは有りません。

16 位
私の遺言(新潮文庫)

私の遺言(新潮文庫)(メーカー 新潮社 佐藤 愛子)

発売日 2005-10-01  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

北海道に山荘を建てたときからそれは始まった。屋根の上の足音、ラップ音、家具の移動をともなう様々な超常現象、激しい頭痛。私はあらゆる霊能者に相談してその原因を探った。そうせずにはいられなかった。やがてわかった佐藤家の先祖とアイヌとの因縁。霊界の実相を正しく伝えることが私に与えられた使命だったのか。浄化のための30年に及ぶ苛烈な戦いを記した渾身のメッセージ。

17 位
蝉しぐれ (文春文庫)

蝉しぐれ (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 藤沢 周平)

発売日 1991-07-10  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

舞台は東北の小藩、海坂(うなさか)藩である。ある朝、小川のほとりで蛇に咬まれた隣家の娘を少年が救う場面から、この物語ははじまる。清流と木立に囲まれた、静かな城下組屋敷。少年の日の淡い恋と友情。そして突然の、父の非業の死。微禄の武士となった青年は、ふりかかる悲運と闘い、父の仇を討つべく、己を鍛えつづける。いまや遥かな存在となった初恋の女性への思いを胸に……。ドラマ・映画の原作にもなった、藤沢作品の代表的傑作。

18 位
隠し剣 孤影抄

隠し剣 孤影抄(メーカー 文藝春秋 藤沢 周平)

発売日 1981-01-12  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

レビューは有りません。

19 位
風の果て (下) (文春文庫)

風の果て (下) (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 藤沢 周平)

発売日 1988-01-09  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

レビューは有りません。

20 位
孤独のすすめ 人生後半の生き方 (中公新書ラクレ)

孤独のすすめ 人生後半の生き方 (中公新書ラクレ)(メーカー 中央公論新社 五木寛之)

発売日 2017-07-10  希望価格 販売価格
2019-10-21 の情報

著者が2015年に『嫌老社会を超えて』を出版し、世代間闘争や暴走老人に警鐘を鳴らして約1年半。老人による交通事故報道が後を絶たず、2017年には改正道路交通法が施行されました。100歳以上の高齢者が6万人を超え、団塊世代が70歳を迎える今、新たな「老い方」を考えることは日本にとって、私たち一人ひとりにとって最も重要な課題であるといえます。しかし、「高齢になっても元気に前向きに」は誰もができることではありません。老いに抗わず、等身大に受け止め、工夫して楽しむ。「嫌われる、迷惑をかける老人」にならないなど「賢老」という生き方のために日々実践できることを、84歳の著者自らの体験も交えながら綴った1冊。