Amazon通販  な行の著者 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  な行の著者


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
天才の証明

天才の証明(メーカー 日経BP社 中田 敦彦)

発売日 2017-11-02  希望価格 販売価格¥ 1,512
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

2 位
[オーディオブックCD] 夏目漱石 著 「吾輩は猫である」(CD20枚)

[オーディオブックCD] 夏目漱石 著 「吾輩は猫である」(CD20枚)(メーカー ことのは出版 夏目漱石)

発売日 2008-05-21  希望価格 販売価格
2017-12-12 の情報

著:夏目漱石 朗読:田中尋三   「吾輩は猫である。名前はまだ無い」 誰もが知っているこの一節で始まる、夏目漱石の処女作にして一躍有名作家とした長編小説。 約100年前の作品が今なお日本人の心をとらえて放しません。 露戦争前後の風俗を背景に、高校の英語教師宅に飼われる名無しの猫の視点で描き出される人間喜劇と、痛烈な社会批判。飼い主の教師・苦沙弥先生、友人の美学者・迷亭、物理学者・寒月、その他続々登場する人々もこぞって秀逸で、現代人も抱腹絶倒間違いなし! 朗読の田中尋三は、多数のキャラクターを演じ分けて名作を生き生きと現代に蘇らせます。 総時間21時間の超大作です。ゆっくりゆっくりお聞きください。

3 位
西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)(メーカー 新潮社 梨木 香歩)

発売日 2001-08-01  希望価格 販売価格¥ 497
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

4 位
[オーディオブックCD] 夏目漱石 著 「三四郎」(CD12枚)

[オーディオブックCD] 夏目漱石 著 「三四郎」(CD12枚)(メーカー ことのは出版 夏目漱石)

発売日 2008-06-24  希望価格 販売価格
2017-12-12 の情報

田舎の高等学校を卒業し、東京の大学へ進学するため上京する場面から始まる三四郎。 同輩だの先輩だの若い女だのに接触して色々に動いて来る、三四郎にとって新しい世界。どのように成長していくのか? 新聞連載された夏目漱石、代表作の一つですが、題名は聞いたことがあっても作品を読んだ方は案外少ない話かもしれません。ちなみに、作中で三四郎と美禰子が出会った東京大学の心字池は、本作品の影響から「三四郎池」と呼ばれるようになりました。

5 位
影裏 第157回芥川賞受賞

影裏 第157回芥川賞受賞(メーカー 文藝春秋 沼田 真佑)

発売日 2017-07-28  希望価格 販売価格¥ 1,080
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

6 位
今夜、すベてのバーで (講談社文庫)

今夜、すベてのバーで (講談社文庫)(メーカー 講談社 中島 らも)

発売日 1994-03-04  希望価格 販売価格¥ 605
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

7 位
神様のカルテ 2

神様のカルテ 2(メーカー 小学館 夏川 草介)

発売日 2010-09-28  希望価格 販売価格¥ 1,512
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

8 位
神様のカルテ

神様のカルテ(メーカー 小学館 夏川 草介)

発売日 2009-08-27  希望価格 販売価格¥ 1,296
2017-12-12 の情報

なかなか良かった。 読後に爽やかさが残った。 私自身、主人公と同様の境遇にあって、この小説を客観視できない。 むしろ、あっと言う間に主人公に成り代わってしまった。 しかも本書は、現実の医療現場から、医師の目線で書かれた小説として、色々な問題が散りばめられている。 地方の地域医療問題。 救急医療問題。 研修医問題。 終末期医療問題。 癌告知の問題。 大学病院・高度医療とは何なのか。 医療現場の内実を知っているほどに、主人公の葛藤はひしひしと伝わってくる。 その葛藤と闘いながら、それでも真面目に生きていこうとする主人公にそれこそ人生のヒントを得たような感慨である。 著者は主人公そのものだと思うが、文語調の言い回しや文体が見事にキャラクターに融合している辺りは、大変な読書家と洞察する。 小説に何を求めるのかで、本作品の評価は変わってくるのかも知れないが、 医療現場のリアリティを理解している読者であるほど、主人公の立ち居振る舞いに敬服せざるを得ないだろう。 次回作を期待せずにはいられない。 でも、著者が本当の臨床家であれば、次回作を期待してはいけないかも知れない

9 位
プラチナタウン

プラチナタウン(メーカー 祥伝社 楡 周平)

発売日 2008-07-23  希望価格 販売価格
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

10 位
偽物語(上) (講談社BOX)

偽物語(上) (講談社BOX)(メーカー 講談社 西尾 維新)

発売日 2008-09-02  希望価格 販売価格¥ 1,404
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

11 位
テミスの剣 (文春文庫)

テミスの剣 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 中山 七里)

発売日 2017-03-10  希望価格 販売価格¥ 756
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

12 位
[オーディオブックCD] 夏目漱石 著 門(CD10枚)

[オーディオブックCD] 夏目漱石 著 門(CD10枚)(メーカー ことのは出版 夏目漱石)

発売日 2008-12-01  希望価格 販売価格
2017-12-12 の情報

野中宗助とその妻・御米は、崖の下の家にひっそりと暮らす睦まじい夫婦。 宗助は京都の大学を出て、今は東京で役所勤めをしているが、弟の小六に馬 鹿にされるほど出世欲もなく、弟の学資となるはずだった亡父の遺産を親戚に食い尽くされても強く抗議することもなく、波風の立たない日常をそっと守るよう に暮らしているのも、過去に犯した事件の影にいまだ怯えているためでもあった。 懇意にしていた大家の坂井宅で、その影が現れるかもしれない事態が出来(しゅったい)したとき、宗助は救いを求めて鎌倉へ向かうが、そこに救いはなかった。—— 「三四郎」「それから」に続く漱石前期三部作の最後を飾る長編。執筆中に胃潰瘍が悪化し、連載終了後に入院することとなった。

13 位
きいろいゾウ (小学館文庫)

きいろいゾウ (小学館文庫)(メーカー 小学館 西 加奈子)

発売日 2008-03-11  希望価格 販売価格¥ 710
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

14 位
百瀬、こっちを向いて。

百瀬、こっちを向いて。(メーカー 祥伝社 中田 永一)

発売日 2008-05-10  希望価格 販売価格
2017-12-12 の情報

恋愛アンソロジー「I LOVE YOU」などで読書界を騒然とさせた話題の大型新人、初めての恋愛小説集

15 位
囮物語 (講談社BOX)

囮物語 (講談社BOX)(メーカー 講談社 西尾 維新)

発売日 2011-06-29  希望価格 販売価格¥ 1,404
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

16 位
さくら (小学館文庫)

さくら (小学館文庫)(メーカー 小学館 西 加奈子)

発売日 2007-12-04  希望価格 販売価格¥ 648
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

17 位
七つの海を照らす星

七つの海を照らす星(メーカー 東京創元社 七河 迦南)

発売日 2008-10  希望価格 販売価格
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

18 位
李陵・山月記 (新潮文庫)

李陵・山月記 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 中島 敦)

発売日 2003-12  希望価格 販売価格¥ 432
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

19 位
ネメシスの使者

ネメシスの使者(メーカー 文藝春秋 中山 七里)

発売日 2017-07-21  希望価格 販売価格¥ 1,836
2017-12-12 の情報

レビューは有りません。

20 位
家守綺譚 (新潮文庫)

家守綺譚 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 梨木 香歩)

発売日 2006-09-28  希望価格 販売価格¥ 464
2017-12-12 の情報

『「本屋大賞」事務局(http://www.hontai.jp)』からノミネート作品のPOPが届きました!
POP王の作品を拡大する POP姫の作品を拡大する

(Copyright© Web本の雑誌 POP王 POP姫)