Amazon通販  た行 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  た行


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
[オーディオブックCD] 人間失格 (<CD>)

[オーディオブックCD] 人間失格 (<CD>)(メーカー でじじ発行/パンローリング発売 太宰 治)

発売日 2008-04-03  希望価格¥ 3,024 販売価格¥ 3,024
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

2 位
陰翳礼讃 (中公文庫 A 1-9)

陰翳礼讃 (中公文庫 A 1-9)(メーカー 中央公論新社 谷崎 潤一郎)

発売日 1975-10-10  希望価格 販売価格
2019-1-17 の情報

西洋との本質的な相違に眼を配り、かげや隈の内に日本的な美の本質を見る

3 位
旅のラゴス (徳間文庫)

旅のラゴス (徳間文庫)(メーカー 徳間書店 筒井 康隆)

発売日 1989-07  希望価格 販売価格
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

4 位
痴人の愛 (中公文庫)

痴人の愛 (中公文庫)(メーカー 中央公論社 谷崎 潤一郎)

発売日 1985-01-10  希望価格 販売価格
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

5 位
斜陽 (1948年)

斜陽 (1948年)(メーカー 新潮社 太宰 治)

発売日 1948  希望価格 販売価格
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

6 位
残像に口紅を

残像に口紅を(メーカー 中央公論社 筒井 康隆)

発売日 1989-04  希望価格 販売価格
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

7 位
田辺聖子の小倉百人一首 (角川文庫)

田辺聖子の小倉百人一首 (角川文庫)(メーカー 角川書店 田辺 聖子)

発売日 1991-12-01  希望価格 販売価格¥ 778
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

8 位
グッド・バイ (新潮文庫)

グッド・バイ (新潮文庫)(メーカー 新潮社 太宰 治)

発売日 2008-09  希望価格 販売価格¥ 562
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

9 位
斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)

斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 太宰 治)

発売日 2000-10-01  希望価格 販売価格¥ 767
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

10 位
サラダ記念日―俵万智歌集

サラダ記念日―俵万智歌集(メーカー 河出書房新社 俵 万智)

発売日 1988-03  希望価格 販売価格
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

11 位
にぎやかな未来 (角川文庫)

にぎやかな未来 (角川文庫)(メーカー 角川書店 筒井 康隆)

発売日 1972-06  希望価格 販売価格
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

12 位
津軽 (お風呂で読む文庫 50)

津軽 (お風呂で読む文庫 50)(メーカー フロンティアニセン 太宰 治)

発売日 2005-01-01  希望価格 販売価格
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

13 位
家族八景 (新潮文庫)

家族八景 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 筒井 康隆)

発売日 1975-03-03  希望価格 販売価格¥ 562
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

14 位
考える短歌―作る手ほどき、読む技術 (新潮新書)

考える短歌―作る手ほどき、読む技術 (新潮新書)(メーカー 新潮社 俵 万智)

発売日 2004-09-01  希望価格 販売価格¥ 713
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

15 位
日本文学盛衰史

日本文学盛衰史(メーカー 講談社 高橋 源一郎)

発売日 2001-05-30  希望価格 販売価格
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

16 位
犬婿入り (講談社文庫)

犬婿入り (講談社文庫)(メーカー 講談社 多和田 葉子)

発売日 1998-10-15  希望価格 販売価格¥ 497
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

17 位
パプリカ (新潮文庫)

パプリカ (新潮文庫)(メーカー 新潮社 筒井 康隆)

発売日 2002-10-30  希望価格 販売価格¥ 767
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

18 位
走れメロス [新潮CD]

走れメロス [新潮CD](メーカー 新潮社 太宰 治)

発売日 1997-11  希望価格 販売価格¥ 2,160
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。

19 位
一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))

一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))(メーカー 岩波書店 高橋 源一郎)

発売日 2002-06-20  希望価格 販売価格
2019-1-17 の情報

   世の中には小説の書き方に関する本があふれている。そういった本の読者の大半は、小説を書きたい、あわよくば小説家になりたい人だろう。しかし、本書の「少し長いまえがき」の中で、高橋源一郎は早々に断言する。「わたしの知っている限り、『小説教室』や「小説の書き方」を読んで小説家になった人はひとりもいません」。なぜか。「小説家は、小説の書き方を、ひとりで見つけるしかない」からだそうだ。

   しかし、著者は小説家志望者の夢を打ち砕こうとしているわけではない。この本は、標題どおり「1億3000万人のための」小説教室なのだ。「小説を書く」という作業の前に、「小説の書き方をひとりで見つける」方法を手とり足とり、教えてくれる。

   小説は「つかまえる」ものであること。小説と「遊ぶ」こと。まねることから始めること。小説の世界に深く入ること。そして最後に、自分の小説を書きはじめること。著者の後について「小説を書く旅」に出た読者は、今まで気づかなかった小説のおもしろさに気づかされる。書くよりもまず、読んでみたくなるはずだ。そして、著者の教えどおり、まねをしたくなる。

   要するに、本書は「小説(を楽しむための)教室」でもある。その意味では、小説家になりたい人が目を通すべき実用の書といえる。音楽を好きな人が音楽家になり、スポーツの好きな人がスポーツ選手になるように、小説を書くためには小説を深く、楽しめることが前提だ。この本を読むと、小説がますます好きになるはず。文章の巧拙やプロット、キャラクターづくりのテクニックを越えた、小説の魅力に目を開かせてくれるからだ。(栗原紀子)

20 位
安土往還記 (新潮文庫)

安土往還記 (新潮文庫)(メーカー 新潮社 辻 邦生)

発売日 1972-04-27  希望価格 販売価格¥ 562
2019-1-17 の情報

レビューは有りません。