Amazon通販  その他の外国文学 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  その他の外国文学


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
読書について 他二篇 (岩波文庫)

読書について 他二篇 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 ショウペンハウエル)

発売日 1960-04-05  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

前記『付録と補遺』の中から『思索』『著作と文体』『読書について』の三篇を収録.「読者とは他人にものを考えてもらうことである.一日を多読に費す勤勉な人間は次第に自分でものを考える力を失ってゆく.」――鋭利な寸言,痛烈なアフォリズムの数々は,山なす出版物に取り囲まれた現代のわれわれにとって驚くほど新鮮である.

2 位
新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)

新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 ビアス)

発売日 1997-01-16  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

恋愛-一時的の精神異常だが,結婚するか,あるいは,この病気の原因になった影響力から患者を遠ざけるかすれば,簡単に直る.…このような風刺と機知に富む社会批評で,19世紀末アメリカのジャーナリズムで辛辣な筆を揮ったビアス(1842-1914?)の箴言警句集.芥川龍之介の『侏儒の言葉』にも大きな影響を与えた.(解説=長田弘)

3 位
アンナ・カレーニナ 完全版

アンナ・カレーニナ 完全版(メーカー 古典教養文庫 トルストイ)

発売日 2018-09-12  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

(この本について)
 この古典教養文庫版の「アンナ・カレーニナ」には次のような特長があります。
1、現在では使われない言い回しや言葉は、現在普通に使われる言葉に置き換えました。現代人には意味の取りにくい文は、平易な文に書きなおしました。
2、わかりにくい言葉や、登場人物、出来事、作品などについての適切な注を、割り注の形で入れてありますので、本文の理解が深まります。これは原訳書にあったものに、編集者が適宜加えたものです。
3、人名・地名は、現在通常に使われている表記に変更しました。

 この本は、トルストイ作、米川正夫翻訳による「アンナ・カレーニナ」です。以下のような章立てになっています。

 「アンナ・カレーニナ」
   第一編、第二編、第三編、第四編、
   第五編、第六編、第七編、第八編

 この本はそのすべてを収めた完全版です。訳者による解説は、巻末に収録しました。
 底本は以下のものになります。
 平凡社 ロシア・ソビエト文学全集十七 一九六四年二月二十五日発行

(訳者米川正夫について)
 訳者米川正夫(一八九一−一九六五)は、岡山県に生まれました。一九〇九年東京外国語大学ロシヤ語本科に入学、旧友の中村白葉などとともに『露西亜文学』を創刊します。一九一四年処女出版として新潮文庫からドストエフスキーの「白痴」を刊行開始しますが、この時は第四巻で中断の憂き目をみます。
 その後幾つかの職を経験しながらも、一九二九年に白葉とともにトルストイ全集を岩波書店から刊行します。一九三五年の「罪と罰」を訳し、ドストエフスキーの五大長編をすべて訳し終わりました。
 戦後は、個人訳による「トルストイ全集」(全二三巻)と「ドストエフスキー全集」(全一八巻)を刊行しました。

(古典教養文庫について)
古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。
1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。
2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、電子書籍デバイスはもちろん、スマートフォンやタブレットなどでの読書に最適化しました。またMacやパソコンでも読むことができます。
3、すばやい操作性
 索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
4、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。
5、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。「古典教養文庫」のブログに書き込むことで迅速なレスポンスが得られます。

4 位
戦争と平和 完全版

戦争と平和 完全版(メーカー 古典教養文庫 トルストイ)

発売日 2018-06-29  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

(この本について)
 この本は、トルストイ作、米川正夫翻訳による「戦争と平和」です。
 この古典教養文庫版の「戦争と平和」には次のような特長があります。
1、現在では使われない言い回しや言葉は、現在普通に使われる言葉に置き換えました。現代人には意味の取りにくい文は、平易な文に書きなおしました。
2、原文で触れられた場所、人物、絵画などを中心に、関連する画像を、著作権フリーのものにかぎって、いくつか挿入しましたので、より興味深く読み進めることができます。
3、わかりにくい言葉や、登場人物、でき事、作品などについての適切な注を、割り注の形で入れてありますので、本文の理解が深まります。これは原訳書にあったものに、編集者が適宜加えたものです。
4、人名・地名は、現在通常に使われている表記に変更しました。

 全体は大きく四部に分かれ、最後にエピローグが付いています。
 トルストイ自身による解説とも言うべき、「『戦争と平和』について数言をついやす」と訳者による解説は巻末に掲載してあります。
「戦争と平和」第一部(第一篇、第二篇、第三篇)
「戦争と平和」第二部(第一篇、第二篇、第三篇、第四篇、第五篇)
「戦争と平和」第三部(第一篇、第二篇、第三篇)
「戦争と平和」第四部(第一篇、第二篇、第三篇、第四篇)
「戦争と平和」エピローグ(第一篇、第二篇)

 この本は、そのすべてを収めた完全版です。
 底本は以下のものとなります。
 岩波文庫「戦争と平和」第一巻
  一九八四年八月十六日  改版第一刷発行
  一九九六年五月七日   第二十刷発行
 岩波文庫「戦争と平和」第二巻
  一九八四年九月十七日  改版第一刷発行
  一九九六年十二月十六日 第十五刷発行
 岩波文庫「戦争と平和」第三巻
  一九八四年十月十六日  改版第一刷発行
  一九八七年五月十一日  第二刷発行
 岩波文庫「戦争と平和」第四巻
  一九八四年十一月十六日 改版第一刷発行
  一九八八年十二月十五日 第五刷発行

(訳者米川正夫について)
 ロシア文学翻訳の金字塔!
 訳者米川正夫(一八九一−一九六五)は、岡山県に生まれました。一九〇九年東京外国語大学ロシヤ語本科に入学、旧友の中村白葉などとともに『露西亜文学』を創刊します。一九一四年処女出版として新潮文庫からドストエフスキーの「白痴」を刊行開始しますが、この時は第四巻で中断の憂き目をみます。
 その後幾つかの職を経験しながらも、一九二九年に白葉とともにトルストイ全集を岩波書店から刊行します。一九三五年の「罪と罰」を訳し、ドストエフスキーの五大長編をすべて訳し終わりました。
 戦後は、個人訳による「トルストイ全集」(全二三巻)と「ドストエフスキー全集」(全一八巻)を刊行しました。

(古典教養文庫について)
古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。

1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。
2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、電子書籍デバイスはもちろん、スマートフォンやタブレットなどでの読書に最適化しました。またMacやパソコンでも読むことができます。
3、すばやい操作性
 索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
4、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。
4、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。「古典教養文庫」のブログに書き込むことで迅速なレスポンスが得られます。

5 位
罪と罰(完全版)

罪と罰(完全版)(メーカー 古典教養文庫 ドストエフスキー)

発売日 2017-12-24  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

(ドストエフスキー翻訳の金字塔!)

 訳者米川正夫(1891−1965)は、岡山県に生まれました。1909年東京外国語大学ロシヤ語本科に入学、旧友の中村白葉などとともに『露西亜文学』を創刊します。1914年処女出版として新潮文庫からドストエフスキーの「白痴」を刊行開始しますが、この時は第四巻で中断の憂き目をみます。
 その後幾つかの職を経験しながらも、1929年に白葉とともにトルストイ全集を岩波書店から刊行します。1935年の「罪と罰」を訳し、ドストエフスキーの5大長編をすべて訳し終わりました。
 戦後は、個人訳による「トルストイ全集」(全23巻)と「ドストエフスキー全集」(全18巻)を刊行しました。
 ドストエフスキーが日本にこれほど受け入れられたのは、この米川正夫による業績によるところが大きいと言われます。まさに金字塔と言えるでしょう。たとえば、小林秀雄はドストエフスキーについての評論を数多く書いていますが、そこに引用されているドストエフスキーはすべてが米川正夫のものによっています。また三島由紀夫の「仮面の告白」の冒頭引用されている、「カラマーゾフの兄弟」のドミートリーによる「熱烈なる心の懺悔」もまた米川訳によっています。

(「罪と罰」について)

 ストラーホフの回想記によれば、この小説の与えた衝撃は莫大なものであった。
「小説『罪と罰』の与えた印象はなみなみならぬものであった。1866年には読書人はただこの作品のみを読み、この作品のみについて語った。多くの人々はこの小説の圧倒的な力や重苦しい印象を訴えた。健全な神経をもっている人もために半病人になるし、神経の弱い人は中途で本を投げ出さなければならないほどであった。……」
(『回想記』)
 この小説は、ドストエフスキーによって1865年に執筆され、翌1866年に雑誌『ロシア報知』に1月から12月に渡って連載されました。
 『白痴』、『悪霊』、『未成年』、『カラマーゾフの兄弟』と続く後期五大長編小説の最初のものです。後世に与えた影響はロシアのみならず、世界中において甚大なものがあります。
 この作品、及び作者ドストエフスキーについては、巻末の訳者の解説を参考にしてください。


(この本について)

 この古典教養文庫版の「罪と罰」には次のような特長があります。
1、現在では使われない言い回しや言葉は、現在普通に使われる言葉に置き換えました。現代人には意味の取りにくい文は、平易な文に書きなおしました。しかし、その場合でも原訳の高い格調はできるだけ損なわないように最大限の配慮をしました。
2、原文で触れられた場所、人物、絵画などを中心に、関連する画像を、著作権フリーのものにかぎって、いくつか挿入しましたので、より興味深く読み進めることができます。
3、わかりにくい言葉や、登場人物、でき事、作品などについての適切な注を、編集者が割り注の形で入れましたので、本文の理解が深まります。
 この本は以下の三巻をすべて収めた完全版です。
 上巻 「罪と罰」第一編、第二編
 中巻 「罪と罰」第三編、第四編
 下巻 「罪と罰」第五編、第六編
 巻末に訳者による解説を付けてあります。

(古典教養文庫について)

古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。
1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。
2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、電子書籍デバイスはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットでの読書に最適化しました。またMacやパソコンでも読むことができます。
 索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
3、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。
4、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。

6 位
中国古典の言行録 (文春文庫)

中国古典の言行録 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 宮城谷 昌光)

発売日 1996-10-01  希望価格 販売価格¥ 540
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

7 位
カラマーゾフの兄弟 完全版

カラマーゾフの兄弟 完全版(メーカー 古典教養文庫 ドストエフスキー)

発売日 2017-12-26  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

*第2版について 
 読者の方のご指摘により、いくつかの誤植を訂正しました。この場を借りてお礼申し上げます。2018.7.14

(この本について)
 この本は、ドストエフスキー作、米川正夫翻訳による「カラマーゾフの兄弟」です。以下のように四巻に分かれています。

第一巻 第一篇 ある一家族の歴史
    第二編 無作法な会合
    第三篇 好色な人々
    第四篇 病的な興奮
第二巻 第五篇 Pro et Contra
    第六篇 ロシアの僧侶
    第七篇 アリョーシャ
    第八篇 ミーチャ
第三巻 第八篇(承前) ミーチャ
    第九篇 予審
    第十篇 少年の群
第四巻 第十一篇 兄イワン
    第十二篇 誤れる裁判
    第十三篇 エピローグ

 この本は、そのすべてを収めた完全版です。

 この古典教養文庫版の「カラマーゾフの兄弟」には次のような特長があります。
1、現在では使われない言い回しや言葉は、現在普通に使われる言葉に置き換えました。現代人には意味の取りにくい文は、平易な文に書きなおしました。
2、わかりにくい言葉や、登場人物、でき事、作品などについての適切な注を、割り注の形で入れてありますので、本文の理解が深まります。これは原訳書にあったものに、編集者が適宜加えたものです。
3、原訳書に挿入されたフランス語などの外国語表記はそのまま掲載し、日本語訳を割り注の形で入れました。
4、人名・地名は、現在通常に使われている表記に変更しました。
5、特に人名については、ロシア固有の文化を尊重する観点から、できるだけ原文通りの名前・父称としました。

 巻末に米川正夫による解説掲載しました。

(「カラマーゾフの兄弟」について)
 フョードル・ドストエフスキーの最後の長編小説です。一八七九年に文芸雑誌『ロシア報知』に連載が開始され、翌年に単行本として出版されました。『罪と罰』と並ぶドストエフスキーの最高傑作とされ、『白痴』、『悪霊』、『未成年』とあわせ後期五大作品と呼ばれています。
 また、トルストイの「戦争と平和」と並んで、ロシア文学の二大高峰と目されています。
 サマセット・モームは『世界の十大小説』の一つに挙げています。

(訳者米川正夫について)
 ドストエフスキー翻訳の金字塔!
 訳者米川正夫(一八九一−一九六五)は、岡山県に生まれました。一九〇九年東京外国語大学ロシヤ語本科に入学、旧友の中村白葉などとともに『露西亜文学』を創刊します。一九一四年処女出版として新潮文庫からドストエフスキーの「白痴」を刊行開始しますが、この時は第四巻で中断の憂き目をみます。
 その後幾つかの職を経験しながらも、一九二九年に白葉とともにトルストイ全集を岩波書店から刊行します。一九三五年の「罪と罰」を訳し、ドストエフスキーの五大長編をすべて訳し終わりました。
 戦後は、個人訳による「トルストイ全集」(全二三巻)と「ドストエフスキー全集」(全一八巻)を刊行しました。
 ドストエフスキーが日本にこれほど受け入れられたのは、この米川正夫による業績によるところが大きいと言われます。まさに金字塔と言えるでしょう。たとえば、小林秀雄はドストエフスキーについての評論を数多く書いていますが、そこに引用されているドストエフスキーはすべてが米川正夫のものによっています。また三島由紀夫の「仮面の告白」の冒頭引用されている、「カラマーゾフの兄弟」のドミートリイによる「熱烈なる心の懺悔」もまた米川訳によっています。

(古典教養文庫について)
古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。

1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。
2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、電子書籍デバイスはもちろん、スマートフォンやタブレットなどでの読書に最適化しました。またMacやパソコンでも読むことができます。
3、すばやい操作性
 索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
4、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。
4、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。「古典教養文庫」のブログに書き込むことで迅速なレスポンスが得られます。

8 位
憂愁のロシア文学傑作集

憂愁のロシア文学傑作集(メーカー 古典教養文庫 プーシキン)

発売日 2013-12-22  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

 プーシキンからチェーホフまで、深い憂愁を秘めたロシア文学の傑作を青空文庫より14作収録しました。いずれも傑作中の傑作と言われるものばかりです。
 

収録された作品

1、スペードの女王   プーシキン
2、鼻         ゴーゴリ 
3、外套        ゴーゴリ 
4、はつ恋       ツルゲーネフ 
5、キリストのヨルカに召された少年 ドストエフスキー 
6、百姓マレイ     ドストエフスキー 
7、大審問官(「カラマーゾフの兄弟」より) ドストエフスキー 
8、イワンの馬鹿    トルストイ    
9、ムツェンスク郡のマクベス夫人 レスコーフ 
10、アッタレーア・プリンケプス   ガルシン  
11、夢がたり      ガルシン  
12、犬を連れた奥さん  チェーホフ  
13、決闘        チェーホフ  
14、桜の園       チェーホフ  


(古典教養文庫について)

古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。

1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。

2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、Kindleはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットでの読書に最適化しました。また索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
 青空文庫をベースとしている場合も、適切に処理してありますので、そのまま青空文庫の物をダウンロードして読むよりも格段に読みやすくなっています。

3、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。

4、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。

5、手に入れやすい価格
 「価値ある古典こそ低価格で」のモットーから、古典教養文庫は、一番高い物で300円で、そのほとんどが100円となっています。

9 位
君主論 (光文社古典新訳文庫)

君主論 (光文社古典新訳文庫)(メーカー 光文社 マキャヴェッリ)

発売日 2017-09-20  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

傭兵ではなく自前の軍隊をもち、人民を味方につけ、時には道徳的な悪をもためらわない。フィレンツェ共和国の官僚で外交軍事の実務を担ったマキャヴェッリが、君主に必要な力量(徳)を示し、キリスト教的モラルから脱却した新しい君主像を提言した主著。マキャヴェッリのいうリアリズムとは現状追随ではなく、理想を実現するためにリアリストに徹するということである。近代政治学における最重要古典。

10 位
酔古堂剣掃(すいこどうけんすい) 「人間至宝の生き方」への箴言集 (PHP文庫)

酔古堂剣掃(すいこどうけんすい) 「人間至宝の生き方」への箴言集 (PHP文庫)(メーカー PHP研究所 安岡 正篤)

発売日 2005-07-01  希望価格 販売価格¥ 617
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

11 位
酔古堂剣掃を読む (心に刻みたい不朽の名言)

酔古堂剣掃を読む (心に刻みたい不朽の名言)(メーカー 致知出版社 安岡正篤)

発売日 2016-04-22  希望価格 販売価格¥ 1,728
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

12 位
悪霊(完全版)

悪霊(完全版)(メーカー 古典教養文庫 ドストエフスキー)

発売日 2017-12-30  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

*読者の方のご指摘により、いくつかの誤植を訂正致しました。この場を借りてお礼申し上げます。(2018/5/15)

ドストエフスキー翻訳の金字塔!

(「悪霊」について)
 フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(1821-81)の五大長編の一つで、そのうちの三番目の作品です。無政府主義、無神論、ニヒリズム、信仰、社会主義革命などをテーマにもつ深遠な作品です。
 
(この本について)
 この古典教養文庫版の「悪霊」には次のような特長があります。
1、現在では使われない言い回しや言葉は、現在普通に使われる言葉に置き換えました。現代人には意味の取りにくい文は、平易な文に書きなおしました。また明らかな誤訳は、他の翻訳および信頼できる英訳書を参考にして訂正しました。
2、原文で触れられた場所、人物、絵画などを中心に、関連する画像を、著作権フリーのものにかぎって、いくつか挿入しましたので、より興味深く読み進めることができます。
3、わかりにくい言葉や、登場人物、でき事、作品などについての適切な注を、割り注の形で入れてありますので、本文の理解が深まります。これは原訳書にあったものに編集者が適宜加えたものです。
4、原訳書におびただしく挿入されたフランス語などの外国語表記はそのまま掲載し、日本語訳を割り注の形で入れました。
5、人名・地名は、現在通常に使われている表記に変更しました。
6,特に人名については、ロシア固有の文化を尊重する観点から、できるだけ原文通りの名前・父称としました。たとえば、これまで「ステパン氏」と訳されることが多かった、ステパン・トロフィーモヴィチ・ヴェルホーヴェンスキーについては、原書の表記どおり「ステパン・トロフィーモヴィチ」とし、また「ワルワーラ夫人」も「ワルワーラ・ペトローヴナ」としました。

 全体を三巻に分けてあります。以下のように分かれています。
上巻 「悪霊」第一編
中巻 「悪霊」第二編
下巻 「悪霊」第三編
 この本は、すべてを収めた完全版です。

(ドストエフスキー翻訳の金字塔!)

 訳者米川正夫(1891−1965)は、岡山県に生まれました。1909年東京外国語大学ロシヤ語本科に入学、旧友の中村白葉などとともに『露西亜文学』を創刊しました。1914年処女出版として新潮文庫からドストエフスキーの「白痴」を刊行開始しますが、この時は第4巻で中断の憂き目をみます。
 その後いくつかの職を経験しながらも、1929年に白葉とともにトルストイ全集を岩波書店から刊行します。1935年の「罪と罰」を訳し、ドストエフスキーの五大長編をすべて訳し終わりました。
 戦後は、個人訳による「トルストイ全集」(全23巻)と「ドストエフスキー全集」(全18巻)を刊行しました。
 ドストエフスキーが日本にこれほど受け入れられたのは、この米川正夫による業績によるところが大きいと言われます。まさに金字塔と言えるでしょう。たとえば、小林秀雄はドストエフスキーについての評論を数多く書いていますが、そこに引用されているドストエフスキーはすべてが米川正夫のものによっています。また三島由紀夫の「仮面の告白」の冒頭引用されている、「カラマーゾフの兄弟」のドミートリイによる「熱烈なる心の懺悔」もまた米川訳によっています。

(古典教養文庫について)
 古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。
1、古典として価値あるものだけを
 これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。
2、読みやすいレイアウト
 文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、電子書籍デバイスはもちろん、スマートフォンやタブレットなどでの読書に最適化しました。またMacやパソコンでも読むことができます。
3、すばやい操作性
 索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
4、美しい表紙
 プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。
5、スピーディーな改版
 紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。古典教養文庫のブログに書き込むことで迅速なレスポンスが得られます。

13 位
デメトリウス

デメトリウス(メーカー 藤舎 フリードリヒ シラー)

発売日 2018-11-06  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

シラーの未完で残された最後の作品。
歴史的基点は1603年にロシアで12年前に殺されたイヴァン雷帝の息子を僭称したあの有名な偽のデメトリウスで、帝位につき、1606年に殺された。
この本はシラーの原文とメモと草稿をまとめたものである。

14 位
老子講義: 道経

老子講義: 道経(メーカー 根本通明)

発売日 2018-10-27  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

<著者(講述)の説明>
根本通明(ねもとつうめい)
文政五年(一八二二)、秋田生まれ。

藩校明徳館学長、明治天皇侍講。東京帝大教授文学博士。江戸~明治期の漢学者。
明治十九年には天皇へ連続御講書始の進講を務めた数少ない「天下の大儒」であり、
そこで周易の泰卦について講義しているように、周易(易経)へ深い造詣がある。
易義に皇統一系の説を唱えた我が国の易学・漢学界の第一人者。
我国の易経の解説書の最高峰と呼ばれる「易経講話」の公田連太郎も、根本のもとで
周易を学んでいる。
著書、講義録に「周易象義辯正」「周易講義」「論語講義」「詩経講義」「孟子講義」
「老子講義」などがある。
明治三十九年(一九〇六)没。


<本書の説明>
数ある老子の訳本、講義のなかでも、根本通明の老子を推す理由を挙げておく。

「老子五千言は真に是れ玄の又玄なるもの。古来之を注釈せる者、和漢其書に乏しからずといえども、初学の士、
なお、その要領を得るに苦しむものが少なからず。本書は老儒根本先生が数十年来、沈潜咀嚼のあまり、独特の
見地を以て極めて平易明鬯(めいちょう)に講述せられたるものにして古宝刀の新たに磨きを経たるものの如く
孔子が猶、龍乎と称して端倪すべからざるを嘆じたる老子の面目極めて釈然たるものあるべし。
抑も老子は諸子中の泰斗して漢学を講ずるものは勿論、東洋哲学を攻むるもの、詩文に遊ぶ者、共に研鑽せざるべからず。
而して老子を読むものは先ず本書より入らざるべからず。
老子を講ずる人の未だ老子の何たるを知らざるの人、皆一本を備えて玄味を咀嚼せらるべきなり。」

根本先生曰く、

 「老子の道源を黄帝(こうてい)に發(はっ)すという者あり。これを以て後世併(あわ)せ称して黄老の学という。
然れども黄帝と老子と何の繋るところあらん。いわゆる老子とは、老子を奉ずる者、其説を神(しん)にするが為に、
遠く黄帝を引いて強いて之を其の上に加うるのみ。
而して世人老子の道を誤り認めて左道邪説と為す。
然るに其の上下八十有一章、五千有餘言を玩索(がんさく)すれば、蓋(けだ)し聖人の道と其揆(き)を一にするを見る。
夫の聖人の教えを垂る甚だ平明にして夫婦の愚も亦た与(あずか)り知るべき者あり。
ただ諸子はすなわち然らず。天下を風化せんがため矯世激俗の言殆んどいたらざるなし。
是を以て或は聖人の徒にあらずとする者あり。

老子の如き、其の文最も簡錬、其意甚だ雋永(せんえい)(「意味深長」の意)、道に通ずる者にあらざれば、
すなわち其の妙を覺ること能わず。
聖人易において道の本源を説く。
乾坤二卦至れり尽くせり。
子思は天の命之を性と謂う、といい、孟子は吾能く吾が浩然の氣を養うという。
なんぞ老子のいわゆる「無名常無欲、玄之又玄衆妙之門」というに異ならんや。
是れ聖人の道と其揆を一にするものというべし。

~中略~

惜しいかな、聖人の道と並び称せられず、叨(みだ)りに迂儒(うじゅ)皮相(ひそう)の見を以て點(つ)けられる。
故に今其の意を明らかにし、其の旨を達っし以て世人の惑いを釈(と)く。」

というように、老子の思想は聖人の道と同一であることを教えてくれる。
道に通ずる大儒をもってすれば意味深長で難解とされるものも、難なく解釈できてしまう。

それがこの書の優れたところであるといえる。

今回、書籍化にあたっては、読み下しをし、可能な限りルビをふって現代人に読みやすく配慮したつもりである。
また、老子がもとは詩の形式とされていたことから、詩を意識した段組みとした。
老子のは道徳経とも呼ばれ、道経、徳経に大きくわけられるが、本書は道経部分のみを収録してある。
(徳経は後日出版予定)

本書は、あなたの研鑽に資するであろう。

15 位
平行植物 (ちくま文庫)

平行植物 (ちくま文庫)(メーカー 筑摩書房 レオ レオーニ)

発売日 1998-12  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

16 位
絵巻水滸伝 第七巻 軍神独歌行

絵巻水滸伝 第七巻 軍神独歌行(メーカー 株式会社ブックファン 正子 公也)

発売日 2013-10-26  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

絵巻作家・正子公也氏、作家・森下翠氏、制作・株式会社キノトロープによる電子版『絵巻水滸伝』が、堂々の刊行開始!

中国四大奇書『水滸伝』が現代に蘇る!
英雄豪傑108人を新たな視点から鮮やかに描き出す、豪華絢爛絵巻。
WEB上で公開され2000万ページビューを記録し、“世界一面白い『水滸伝』”と読者に熱烈に支持された単行本『絵巻水滸伝』が電子書籍として 初登場。
歴史武将画の世界的第一人者、絵巻作家・正子公也の描く美麗挿絵、読みやすく、かつ格調高い文章で定評の歴史作家・森下翠の、原典を生かした巧みなストーリー。

第七巻「軍神独歌行」
 “小旋風”柴進は、叔父が横死したとの知らせを受け、急ぎ高唐州へ赴くが、邪な知府・高廉により捕らわれてしまう。梁山泊は柴進救出のため高唐州に戦いを挑む。高廉は妖術を使って梁山泊軍を窮地に陥れるが、“入雲龍”公孫勝の五雷天心の正法に敗れ、梁山泊は高唐州を制圧した。この事態に、大宋国の実権を握る宰相蔡京、枢密使童貫らは、梁山泊を掃討すべく、軍神“双鞭”呼延灼を召還する。呼延灼は鋼鉄の騎馬部隊“連環馬”軍を率い、梁山泊へ攻め寄せる。さらに“轟天雷”凌振による砲撃が梁山泊に大きな打撃を与えるが、連環馬を破る唯一の武器“鈎鎌鎗”を操る“金鎗手”徐寧の入山により、一気に形勢は逆転する。再起を図ろうとする呼延灼は、親交のある青州知府・慕容彦達に援軍を求めるが、慕容知府は州内の盗賊・青州三山――二竜山、桃花山、白虎山を討伐するよう条件を出す。呼延灼率いる青州軍に対し、青州三山は手を結び、梁山泊に加勢を求める。それに応じた梁山泊軍は青州三山とともに青州城を攻め、これを陥落。軍神・呼延灼もついに敗北するが、晁蓋はその武勇に敬意を示し、彼を梁山泊に迎え入れる。山塞へ凱旋する梁山泊軍の中には、呼延灼、そして“花和尚”魯智深、“行者”武松、“青面獣”楊志ら青州三山の男たちの雄姿があった。

17 位
中国笑話集 (ちくま文庫)

中国笑話集 (ちくま文庫)(メーカー 筑摩書房 )

発売日 1999-07  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

レビューは有りません。

18 位
故郷(中国語・日本語訳併記版) 魯迅小説集

故郷(中国語・日本語訳併記版) 魯迅小説集(メーカー 魯迅)

発売日 2016-08-25  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

魯迅の「故郷」の中国語原文・日本語訳の併記版です。目次付きです。
各章ごとの対訳版の他に、中国語原文の全文と日本語訳の全文も付いています。

19 位
三人の英雄と何仙姑天仙

三人の英雄と何仙姑天仙(メーカー 大浦 秀光)

発売日 2017-05-15  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

 明朝末期、何仙姑と名乗る女仙人にやがて皇帝と称する日々が訪れるであろうと予言された三人の武将がいた。満州から明朝の勢力を追い払い後金国、後の清国を樹立したヌルハチの一子ドルゴン、農民反乱軍の英雄李自成、明国の武将呉三桂である。
 三人の英雄は、何仙姑天仙の予言と己の力を信じてそれぞれの未来を切り開くべく日夜戦いに挑む。
 その三人の英雄と肌を合わせた美女がいた。何仙姑天仙の弟子円円である。円円はドルゴンとの間に一子を設ける。やがてドルゴンは何仙姑天仙に、円円を美人の計に使うことが天下取りの近道だと諭され、しぶしぶ円円を手放すことに同意する。
 円円はその類まれな美貌と何仙姑天仙仕込みの房中術で、明国皇帝の皇后の父である周奎、万里の長城などの守将である呉三桂を次々と虜にする。そして、明王朝を滅ぼした農民反乱軍の英雄李自成までも意のままに操り、李自成の妾となる。
 やがて、農民反乱軍の英雄李自成はドルゴンと雌雄を決すべく、山海関の近く一片石で対峙する。ドルゴンにつくか、北京を占領している李自成につくか、帰趨を決めかねていた呉三桂は、北京に残してきた愛妾円円を李自成が犯したことを知り、激怒のあまりドルゴンと手を結び、ドルゴンの先兵となって李自成軍と戦う。
 一片石で激戦を繰り広げる李自成軍と呉三桂軍。戦況を見つめるドルゴン。ドルゴンの脳裏には「清が中国に覇を唱えるとき、必ずや天が味方し、空がバイエイにおおわれるであろう」という何仙姑天仙の予言があった。その日の戦いも終わろうとする頃、突如として突風が吹き荒れ、土が舞い上がり空が真っ黒になった。バイエイである。
 ドルゴンはここぞとばかりに全軍に突撃を命じ、李自成軍は総崩れとなった。
 何仙姑天仙から皇帝となることを予言されたと信じていた三人の英雄の内、李自成はこうして僅か一日だけの皇帝に終わった。また、清王朝樹立に奔走したドルゴンは皇帝になる直前に毒殺され、死して義皇帝と追尊された。そして呉三桂は中国の一部を支配しただけの内実の伴わない皇帝に終わった。
 また、五代の皇帝に仕えてしたたかに生きた謀臣、笵文程。蒙古族の男たちに男の中の男、サイン・エルといわれたジャムチの超人的な活躍を描く。
 

20 位
諺で読み解くロシアの人と社会

諺で読み解くロシアの人と社会(メーカー スラヴァ書房 栗原成郎)

発売日 2016-05-04  希望価格 販売価格
2018-11-16 の情報

 本書は「ロシアの諺の特質」の解明をめざしたものです。諺は本来、語呂の良さ、人間の本質を鋭く突いた寸鉄、人情の機微に触れた頓智、支配者階級の圧政をあてこすった皮肉などによって民衆に愛され、人の口から口へと伝えられた音声表現の言語です。ロシアの諺は、表現面と内容面の両面において考察する必要があります。
 表現面においては、俚諺表現に固有のロシア語の韻律、文語と異なる民衆的口語の文法、比喩表現に注目しなければなりません。内容面においては、個々の諺が成立した時の歴史・時代・社会・文化・民俗的背景を考慮の入れなければ、それらの諺の意味や面白さが理解できない、と思います。
 本書は、そのような考えに基づいて十年前に書かれ、東洋書店から「ユーラシア・ブックレット」№104として2007年2月に出版されました。版元の消滅により本書も書店から姿が消えました。「十年一昔」と言います。筆者もそれだけ年を取り、稿を新たにすることが困難な状況にあります。(あとがきより)
=目次=
はじめに
第Ⅰ章 諺とは何か
諺と諺風成句
音声言語としての諺
口承文芸としての諺
諺の比喩法
第Ⅱ章 農奴制のロシア
大地に生きる
富める者と貧しき者
農奴制のもとで
ヴォルガへ
商売上手
貴族の目から見れば
家畜とともに
すなどりびと
第Ⅲ章 ロシア人の食生活

諺にあらわれる酒
酔っ払いの登場
ロシア人の酒の飲み方・勧め方
食物
第Ⅳ章 ロシア人の家・家族・人生
農民家屋
蒸し風呂
ペチカを囲んで
家族
結婚まで
婚礼の宴のあと
浮気・不倫
子供
青年から老年へ
あとがき
参考文献