Amazon通販  I・アンドリッチ(1961年) 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

文学・評論内の詳細

文学・評論
文芸作品
 日本文学
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 中国文学
 アジア文学
 英米文学
 ドイツ文学
 フランス文学
 スペイン文学
 イタリア文学
 ロシア文学
 ギリシャ・ラテン文学
 その他の外国文学
 外国文学・著者別
  ア行の著者
  カ行の著者
  サ行の著者
  タ行の著者
  ナ行の著者
  ハ行の著者
  マ行の著者
  ヤ・ラ・ワ行の著者
 評論・文学ガイド
  日本文学
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 文芸作品 全般
歴史・時代小説
 あ行の著者
  池波正太郎
  その他
  あ行の著者 全般
 か行の著者
 さ行の著者
  早乙女貢
  笹沢左保
  柴田錬三郎
  その他
  さ行の著者 全般
 た行の著者
  陳舜臣
  津本陽
  童門冬二
  その他
  た行の著者 全般
 な行の著者
  南条範夫
  南原幹雄
  その他
  な行の著者 全般
 は行の著者
 ま行の著者
  峰隆一郎・村上元三
  宮城谷昌光
  その他
  ま行の著者 全般
 や・ら・わ行の著者
  山田風太郎
  その他
  や・ら・わ行の著者 全般
 経済・社会小説
 ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
 SF・ホラー・ファンタジー
ロマンス
 ハーレクイン
  ハーレクイン 新書判 5日刊
  ハーレクイン 新書判 20日刊
  ハーレクイン文庫
  MIRA文庫
  ハーレクイン その他
 シルエットシリーズ
  シルエット・スペシャルエディション
  シルエット・ディザイア
  シルエット・ラブストリーム
  シルエット・ロマンス
 シルキーシリーズ
 ハーレクインシリーズ
  ハーレクイン・イマージュ
  ハーレクイン・クラシックス
  ハーレクイン・スーパー・ロマンス
  ハーレクイン・テンプテーション
  ハーレクイン・ヒストリカル
  ハーレクイン・プレゼンツ
  ハーレクイン・ロマンス
  その他のシリーズ
 モダンロマンスシリーズ
 ロマンス 全般
エッセー・随筆
日本のエッセー・随筆
 外国のエッセー・随筆
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  ロシア
  その他
 日記・書簡
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  ロシア文学
  その他の外国文学
 紀行文・旅行記
 グルメ
 住まい・インテリア
 名言・箴言
  日本文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  その他の外国文学
 著者別
  あ行の著者
  か行の著者
  さ行の著者
  た行の著者
  な行の著者
  は行の著者
  ま行の著者
  や・ら・わ行の著者
 エッセー・随筆 全般
古典
日本の古典
中国の古典
その他
古典 全般
詩歌
詩論
 詩集
  一般
  近代詩
  現代詩
 外国詩
  中国
  イギリス・アメリカ
  ドイツ
  フランス
  スペイン
  イタリア
  ロシア
 漢詩
  一般
  李白
  杜甫
  陶淵明
  白居易
  日本漢詩
 和歌・俳諧
  歌論
  万葉集
  柿本人麻呂
  古今和歌集
  新古今和歌集
  百人一首
  藤原定家
  西行
  松尾芭蕉
  良寛
  小林一茶
  与謝蕪村
 歌集
  一般
  佐佐木幸綱
  俵万智
  岡井隆
  島木赤彦
  斎藤茂吉
  馬場あき子
 句集
  一般
  松尾芭蕉
  加藤楸邨
  山口誓子
  有馬朗人
  正岡子規
  清崎敏郎
  種田山頭火
  稲畑汀子
  藤田湘子
  金子兜太
  阿波野青畝
  飯田龍太
 季語・歳時記
 詩歌 全般
戯曲・シナリオ
日本
イギリス・アメリカ
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ロシア
戯曲・シナリオ 全般
評論・文学研究
文学理論
日本文学研究
 外国文学研究
  中国文学
  英米文学
  ドイツ文学
  フランス文学
  スペイン・ポルトガル文学
  イタリア文学
  ロシア・東欧文学
  その他の外国文学
 作家研究
 ミステリー論
 児童文学研究
 コミック・アニメ研究
 論文集・講演集・対談集
 文学史
 参考図書・書誌
 評論・文学研究 全般
 雑誌・逐次刊行物
 伝承・神話
全集・選書
日本文学
中国文学
英米文学
ドイツ文学
フランス文学
ロシア文学
その他の外国文学
個人全集
著者別
 著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 日本の著者
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や行
  ら・わ行
 外国の著者
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ・ラ・ワ行
文学賞受賞作家
 芥川賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 直木賞
  1-25回
  26-50回
  51-75回
  76-100回
  101-125回
  126回-
 ノーベル文学賞(1901-1950年)
  B・ビョルンソン(1903年)
  H・シェンキェーヴィチ(1905年)
  R・キプリング(1907年)
  S・ラーゲルレーヴ(1909年)
  M・メーテルリンク(1911年)
  G・ハウプトマン(1912年)
  R・タゴール(1913年)
  R・ロラン(1915年)
  K・ハムスン(1920年)
  A・フランス(1921年)
  W・B・イェイツ(1923年)
  G・B・ショー(1925年)
  H・ベルグソン(1927年)
  T・マン(1929年)
  S・ルイス(1930年)
  E・オニール(1936年)
  R・M・D・ガール(1937年)
  P・バック(1938年)
  H・ヘッセ(1946年)
  A・ジッド(1947年)
  T・S・エリオット(1948年)
  W・フォークナー(1949年)
  B・ラッセル(1950年)
 ノーベル文学賞(1951年-)
  F・モーリアック(1952年)
  W・チャーチル(1953年)
  A・ヘミングウェイ(1954年)
  A・カミュ(1957年)
  B・パステルナーク(1958年・辞退)
  I・アンドリッチ(1961年)
  J・スタインベック(1962年)
  J・P・サルトル(1964年・辞退)
  M・ショーロホフ(1965年)
  川端康成(1968年)
  S・ベケット(1969年)
  A・ソルジェニーツィン(1970年)
  P・ネルーダ(1971年)
  S・ベロー(1976年)
  I・シンガー(1978年)
  E・カネッティ(1981年)
  G・ガルシア=マルケス(1982年)
  W・ゴールディング(1983年)
  J・サイフェルト(1984年)
  C・シモン(1985年)
  O・パス(1990年)
  N・ゴーディマ(1991年)
  T・モリスン(1993年)
  大江健三郎(1995年)
  S・ヒーニー(1995年)
  W・シンボルスカ(1996年)
  J・サラマーゴ(1998年)
  C・J・セラ(1998年)
  G・グラス(1999年)
  V・S・ナイポール(2001年)
  I・ケルテース(2002年)
  J・M・クッツェー(2003年)
 文学・評論 全般

トップ → 和書 → 文学・評論 →  I・アンドリッチ(1961年)


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
ドリナの橋 (東欧の文学)

ドリナの橋 (東欧の文学)(メーカー 恒文社 イヴォ・アンドリッチ)

発売日 1966-09-20  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

ボスニア地方の美しい石橋「ドリナの橋」を舞台に、橋の上を去来する人間たちの運命を中世から400年にわたって、あたかも大河の流れのごとく、静かに、ゆったりとした筆致で描くノーベル賞作家イヴァン・アンドリッチの代表作。

2 位
ボスニア物語 (1972年) (東欧の文学〈3〉)

ボスニア物語 (1972年) (東欧の文学〈3〉)(メーカー 恒文社 イヴォ・アンドリッチ)

発売日 1972  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

3 位
サラエボの鐘

サラエボの鐘(メーカー 恒文社 イヴォ アンドリッチ)

発売日 1997-04-10  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

4 位
呪われた中庭

呪われた中庭(メーカー 恒文社 イヴォ・アンドリッチ)

発売日 1983-01  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

5 位
ボスニア物語 (東欧の文学)

ボスニア物語 (東欧の文学)(メーカー 恒文社 イヴォ・アンドリッチ)

発売日 1972-07-20  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

6 位
サラエボの女

サラエボの女(メーカー 恒文社 イヴォ・アンドリッチ)

発売日 1982-07-30  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

図書館のリサイクル本です。背表紙下部に小さな図書分類シールが貼ってあります。裏表紙左下に「リサイクル RECYCLE」シールが貼ってあります。本体は若干スレと少しヨゴレはありますがほぼ普通です。中身はきれいです。

7 位
ドリナの橋 (1972年)

ドリナの橋 (1972年)(メーカー 恒文社 アンドリッチ)

発売日 1972  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

8 位
ゴヤとの対話 (1976年)

ゴヤとの対話 (1976年)(メーカー 恒文社 イヴォ・アンドリッチ)

発売日 1976  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

9 位
ドリーナの橋

ドリーナの橋(メーカー 大学書林 イヴォ・アンドリッチ)

発売日 1985-11  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

ユーゴスラヴィアのノーベル賞作家、イヴォ・アンドリッチの代表作。セルビアとボスニアの境界近くにあるヴィシェグラードの町を流れるドリナ川にかかる橋を舞台に、オスマン帝国による橋の建造から、サラエヴォの銃声が聞こえ、オーストリアに橋を爆破される1914年までの400年にわたる大河ロマン、ならぬ橋と川を巡る年代記。 『ドリナの橋』(セルビア・クロアチア語: Na Drini ćuprija[1]、トルコ語: Drina Köprüsü、英: The Bridge on the DrinaまたはThe Bridge over the Drina)は、ユーゴスラビアのノーベル賞作家イヴォ・アンドリッチの代表作。作家自ら幼少期を過ごしたドリナ川に面するヴィシェグラードを舞台にした歴史小説。第二次世界大戦中にベオグラードで書かれ、1945年にベオグラードで出版された。1961年にノーベル文学賞の対象となった。

10 位
現代東欧文学全集〈第12〉 (1966年)

現代東欧文学全集〈第12〉 (1966年)(メーカー 恒文社 イヴォ・アンドリッチ)

発売日 1966-09-20  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

11 位
ドリーナの橋 (1985年)

ドリーナの橋 (1985年)(メーカー 大学書林 田中 一生)

発売日 1985-11  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

12 位
ゴヤとの対話

ゴヤとの対話(メーカー 恒文社 イヴォ・アンドリッチ)

発売日 1976-01  希望価格 販売価格
2017-11-24 の情報

レビューは有りません。

これ以上はデータが有りませんでした