Amazon通販  一般 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

人文・思想内の詳細

 人文・思想
哲学・思想
哲学入門
哲学
哲学史
形而上学・存在論
自然哲学・宇宙論・時間論
死生観
人生論
イデオロギー
認識論
論理学・現象学
 東洋思想
  東洋哲学入門
  日本
  中国
  インド
 西洋思想
  西洋哲学入門
  古代・中世・ルネサンス
  近現代
  ドイツ・オーストリア
  フランス・オランダ
  スペイン・ポルトガル
  イタリア
  ロシア
  イギリス・アメリカ
  その他
 現代思想
 倫理学
 辞事典
 論文・評論・講演集
 思想誌
  ユリイカ
  現代思想
  批評空間
  思想誌 全般
 叢書・全集
 哲学・思想 全般
倫理学・道徳
倫理学入門
倫理学
家庭・性倫理
社会道徳
人生論・教訓
倫理学・道徳 全般
宗教
宗教入門
宗教学
神話
原始宗教
比較宗教
道教
 イスラム教
  一般
  コーラン
  マホメット
  スーフィー
  イスラム原理主義
 ヒンズー教・ジャイナ教
 新興宗教
  創価学会
  天理教
  幸福の科学
  生長の家
  統一教会
  オウム真理教(アレフ)
  その他
 神道・祭祀
  神道
  神道神学
  神社
  祭祀
 仏教
  仏教入門
  仏教学
  仏教史
  経典
  法話
  仏事
  日本・中国仏教
  チベット仏教
  禅
  密教
  浄土
  巡礼
  寺院
  名僧
 民間信仰
 キリスト教・ユダヤ教
  キリスト教一般
  キリスト教入門
  ユダヤ教
  神学
  聖書
  旧約聖書
  新約聖書
  キリスト教史
  説教集
  マザーテレサ
  教会
 伝記・評伝
 宗教史
 参考図書・白書
 宗教 全般
心理学
心理学入門
発達心理学
異常心理学・催眠術
臨床心理学・精神分析
超心理学・心霊
教育心理学
社会心理学
読みもの
参考図書・白書
心理学 全般
文化人類学・民俗学
文化人類学一般
民間信仰・俗信
昔話・伝承
祭り
日本の民俗
アイヌ
海外の民俗
参考図書・白書
文化人類学・民俗学 全般
言語学
言語研究・記号学
 日本語・国語学
  日本語研究
  文法・語法
  漢字・文字
  語源・歴史・方言
  語彙・熟語
  論文作法・文章技術
  ことわざ
 英語・英語学
  英語学
  語源・意味
  方言研究
 参考図書
 言語学 全般
女性学
女性問題
女性史
フェミニズム
ジェンダー
セクシュアルハラスメント
女性学 全般
教育学
一般
教育史
教育心理学
教育行政・法律
 学校教育
  一般
  学校運営
  校長
  教師
  学級運営
  学校五日制
  生徒指導
  カウンセリング
  いじめ・不登校
 教科教育
  学習指導
  国語
  英語・外国語
  算数・数学
  社会
  理科
  音楽
  図工・美術
  技術・家庭
  保健体育
  道徳・生活科
 幼児教育
  一般
  保育学
  保育指導書
  保育教材
  早期教育
 高等教育
 障害児・福祉教育
  障害児教育
  教育指導書
  多動性障害(ADHD)
  学習障害(LD)
  よみもの
 生涯教育
 国際理解教育
 参考図書・白書
 教育学 全般
本・図書館
本・書誌学
編集
著作権
印刷・本づくり
出版・自費出版
書店・古書店
読書法
復刻雑誌
 本についての書誌・雑誌・叢書
  あなたはこの本を知っていますか
  世界名著大事典
  世界名著解題選
  典籍関係雑誌叢書
  反町茂雄収集古書販売目録精選集
  季刊・本とコンピュータ
  定本庄司浅水著作集
  彷書月刊
  書物展望
  書物関係雑誌叢書
  未刊史料による日本出版文化
  紀田順一郎著作集
  蘇峰書物随筆
  雑誌研究
 目録・カタログ・インデックス
  一般・全国書誌目録
  ロングセラー目録
  便利な文庫の総目録
  古典籍総目録
  国書総目録
  岩波文庫解説総目録
  新書総合目録
  日本全国書誌書名著者名索引
  日本著者名総目録
  特殊目録
  稀書目録
  蔵書・総合目録
  読者のための文庫目録トルト
  選定図書総解説・目録
 百科事典・年鑑
 図書館
 図書館情報学
 本・図書館 全般
思想誌
ユリイカ
現代思想
批評空間
思想誌 全般
参考図書
哲学・倫理・思想
宗教
心理学
文化人類学・民俗学
教育

トップ → 和書 → 人文・思想 →  一般


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
イスラム2.0: SNSが変えた1400年の宗教観 (河出新書)

イスラム2.0: SNSが変えた1400年の宗教観 (河出新書)(メーカー 河出書房新社 飯山陽)

発売日 2019-11-23  希望価格 販売価格¥ 1,258
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

2 位
イスラム教の論理 (新潮新書)

イスラム教の論理 (新潮新書)(メーカー 新潮社 飯山 陽)

発売日 2018-02-15  希望価格 販売価格¥ 858
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

3 位
イスラーム法の存立構造―ハンバリー派フィクフ神事編

イスラーム法の存立構造―ハンバリー派フィクフ神事編(メーカー ナカニシヤ出版 中田 考)

発売日 2003-10  希望価格 販売価格
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

4 位
クルアーン:やさしい和訳

クルアーン:やさしい和訳(メーカー 国書刊行会 )

発売日 2019-02-07  希望価格 販売価格¥ 2,970
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

5 位
イスラーム文化−その根柢にあるもの (岩波文庫)

イスラーム文化−その根柢にあるもの (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 井筒 俊彦)

発売日 1991-06-17  希望価格 販売価格¥ 726
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

6 位
コーラン〈上〉 (ワイド版岩波文庫)

コーラン〈上〉 (ワイド版岩波文庫)(メーカー 岩波書店 )

発売日 2004-04-16  希望価格 販売価格
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

7 位
イスラム哲学とは何か―宗教と哲学の攻防

イスラム哲学とは何か―宗教と哲学の攻防(メーカー 草思社 オリヴァー リーマン)

発売日 2012-12  希望価格¥ 4,180 販売価格¥ 4,180
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

8 位
ペンブックス20 イスラムとは何か。 (Pen BOOKS)

ペンブックス20 イスラムとは何か。 (Pen BOOKS)(メーカー CCCメディアハウス )

発売日 2013-02-28  希望価格 販売価格¥ 1,760
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

9 位
コーランを知っていますか (新潮文庫)

コーランを知っていますか (新潮文庫)(メーカー 新潮社 阿刀田 高)

発売日 2005-12-22  希望価格 販売価格¥ 693
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

10 位
〈戦前戦中〉外交官の見た回教世界――笠間杲雄著作選集

〈戦前戦中〉外交官の見た回教世界――笠間杲雄著作選集(メーカー 書肆心水 笠間杲雄)

発売日 2018-11-25  希望価格 販売価格¥ 7,590
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

11 位
コーラン (まんがで読破 MD133)

コーラン (まんがで読破 MD133)(メーカー イースト・プレス Team バンミカス)

発売日 2014-12-05  希望価格 販売価格¥ 990
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

12 位
コーラン 下 (岩波文庫 青 813-3)

コーラン 下 (岩波文庫 青 813-3)(メーカー 岩波書店 )

発売日 1958-06-25  希望価格 販売価格¥ 1,111
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

13 位
【中東大混迷を解く】 シーア派とスンニ派 (新潮選書)

【中東大混迷を解く】 シーア派とスンニ派 (新潮選書)(メーカー 新潮社 池内 恵)

発売日 2018-05-25  希望価格 販売価格¥ 1,100
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

14 位
池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界 (集英社文庫)

池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界 (集英社文庫)(メーカー 集英社 池上 彰)

発売日 2017-10-20  希望価格 販売価格¥ 638
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

15 位
「乳と蜜の流れる地」から 非日常の国イスラエルの日常生活 (スマートブックス)

「乳と蜜の流れる地」から 非日常の国イスラエルの日常生活 (スマートブックス)(メーカー CLAP 山森 みか)

発売日 2016-09-15  希望価格 販売価格
2019-12-11 の情報

ユダヤ人とは誰か。民族共存とは何か。
今こそ知りたい中東の日常と一神教の手触り。
イスラエルの大学で教鞭を取る著者が、政治状況が急速に悪化するなか、ユダヤ人の家族やアラブの隣人たちとの交わりを通して、追求した問い。
批評精神とユーモアを交えながら、複雑な現実の重層性を明らかにする!

【本文より】
イスラエルのユダヤ人がどのような日常生活を送っているのかについて、日本ではあまり知られていない。メディアによく登場するのは、きわめて厳格にユダヤ教の規定を守るユダヤ教正統派や、狂信的に占領地に固執するユダヤ人入植者たちの主張であり、イスラエル社会のマジョリティを占める一般の伝統派、世俗派のユダヤ人の考え方や彼らが直面するジレンマに関しては、ほとんど取り上げられて来なかったと言っていいだろう。
私は、自分自身もその中で生活しているこれらの人々の日常についての記述を通して、古代からのユダヤ的伝統と現代のユダヤ人の考え方との関連を少しでも明確にしたいという大それた意図のもとに、連載を開始した。それが成功しているか否かは心もとない次第だが、読者の批判を待ちたい。家族を含む私生活をこのような形で公にすることへのためらいが私になかったわけではない。だが綿密な学問的手続きを踏んではいても究極的には個人の感覚や資質に基盤を置く人文学に多少なりとも関わる者として、自らの関心の出所をある程度明らかにするのは無意味ではないと考えるに至った。といっても私は、「自分はこの地に暮らしているからこそ問題の本質が分かる」とか「日本に住んでいる人間にはこの問題は分からない」などと言う気はない。物理的な近さが理解を保証するわけではないこと、問題が微妙かつ複雑になればなるほど体験や実感がかえって目を曇らせる場合があることは十分承知しているつもりだ。

【内容】
◆ユダヤ人とは?
◆何を食べようか、何を飲もうかと……
◆乾いた夏と恵みの雨
◆男(イーシュ)と女(イシャー)
◆安息日の過ごし方
◆だれでも話せるヘブライ語
◆二〇〇〇年後の帰還
◆ユダヤ人から見たキリスト教徒
◆キブツの危機
◆日本と出会うイスラエル人学生
◆憎悪に抵抗する記憶
◆ユダヤ人とアラブ人
◆安全と防衛――テロと選挙
◆安全と防衛――兵役の意味
◆改宗への道
◆二つの成人年齢
◆家族の意味
◆公教育の役割
◆産めよ、増えよ、地に満ちよ……
◆不安とオプティミズム
◆割礼という契約
◆死と葬儀
◆ユダヤ人であることの困難
◆ユダヤ人と日本人

【著者】
山森 みか(やまもり・みか Mika Levy-Yamamori)
1960年、大阪生まれ。国際基督教大学大学院比較文化研究科博士後期過程修了。博士(学術)。現在テルアビブ大学人文学部東アジア学科講師。
著書『ヘブライ語のかたち《新版》』(白水社)、『古代イスラエルにおけるレビびと像』(国際基督教大学比較文化研究会)など。訳書多数。

16 位
イスラム芸術の幾何学:天上の図形を描く (アルケミスト双書)

イスラム芸術の幾何学:天上の図形を描く (アルケミスト双書)(メーカー 創元社 ダウド・サットン)

発売日 2011-05-19  希望価格 販売価格¥ 1,320
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

17 位
現代アラブの社会思想 (講談社現代新書)

現代アラブの社会思想 (講談社現代新書)(メーカー 講談社 池内 恵)

発売日 2002-01-18  希望価格 販売価格¥ 880
2019-12-11 の情報

   2001年9月11日、たまたまつけたNHKテレビで、ニューヨーク世界貿易センターに突入していく黒い機影を見た著者が、まず抱いたのは「ついに来るべきものが来てしまった」という気持ちだった。著者はまだイスラム政治思想史を研究する大学院生だったが、これは紛れもなくテロであり、犯人は残念ながら「イスラーム教徒である可能性が高い」と瞬時に確信し、「この先にアラブ・イスラーム研究者としての真価を問われる日々が待っていることを予感した」というのである。

   いったいイスラム原理主義は、どのような軌跡をたどって「9.11テロ」に行き着いたか。著者は、アラブ社会思想が2つに分極化した「1967年」を起点として、その道筋を跡付けていく。この年6月、イスラエルの電撃作戦によってエジプト・シリア・ヨルダン軍が撃破された。いわゆる「六日戦争」だが、この決定的敗北を画期にアラブの知的状況は「危機の時代」を迎える。つまり、アラブ現代思想は、敗北の原因を「人民勢力」の疎外に求める思想と、イスラムの倫理に反した腐敗政治に求める思想に分極し、前者は人民解放闘争を唱える急進的マルクス主義へ、後者は過激なイスラム原理主義へと伸長していく。 しかし、社会主義イデオロギーは事実上機能しなくなった。著者は残されたもう一つの思想である「イスラム主義」の非現実性を、コーランと「ハディース集(ムハンマドと教友の対話)」の今日的解釈にメスを入れながら丹念に摘出する。そして、現代アラブ世界にコーランの「終末論」と現代的「陰謀史観」のオカルト的結合の出現を見て取り、これを「危険な兆候」と警告するのである。

   著者が本書の冒頭でいみじくも言っているように、「9.11同時多発テロ」のあと、無知や誤解にもとづいた荒唐無稽な議論が信頼度の高いメディア上にも現れ、「どうせみんなも知らないのだから、なにを言ってもいい」という「自称アラブ通」のアラブ論、イスラム論がまかり通っている。まさにそういうイスラム論の悪影響を案じたのが、この本を書いた動機であるという。本書の内容の大部分は、著者が「大学院生時代に行った調査と資料収集」にもとづいているということだが、アラブ思想の地層深くボーリングのパイプを下ろした観察と、アラブ社会の「時代の気分」の鋭敏な嗅ぎ分けが見事である。(伊藤延司)

18 位
笑える 腹立つ イスラム夫と共存中

笑える 腹立つ イスラム夫と共存中(メーカー 飛鳥新社 ハスナ(日本人))

発売日 2018-10-18  希望価格 販売価格¥ 1,222
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

19 位
ムハンマド (知的常識シリーズ)

ムハンマド (知的常識シリーズ)(メーカー 心交社 ジアウッディン サーダー)

発売日 1995-03  希望価格 販売価格
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。

20 位
イスラムが効く!

イスラムが効く!(メーカー ミシマ社 内藤正典)

発売日 2019-02-23  希望価格 販売価格¥ 1,760
2019-12-11 の情報

レビューは有りません。