Amazon通販  聖書 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

人文・思想内の詳細

 人文・思想
哲学・思想
哲学入門
哲学
哲学史
形而上学・存在論
自然哲学・宇宙論・時間論
死生観
人生論
イデオロギー
認識論
論理学・現象学
 東洋思想
  東洋哲学入門
  日本
  中国
  インド
 西洋思想
  西洋哲学入門
  古代・中世・ルネサンス
  近現代
  ドイツ・オーストリア
  フランス・オランダ
  スペイン・ポルトガル
  イタリア
  ロシア
  イギリス・アメリカ
  その他
 現代思想
 倫理学
 辞事典
 論文・評論・講演集
 思想誌
  ユリイカ
  現代思想
  批評空間
  思想誌 全般
 叢書・全集
 哲学・思想 全般
倫理学・道徳
倫理学入門
倫理学
家庭・性倫理
社会道徳
人生論・教訓
倫理学・道徳 全般
宗教
宗教入門
宗教学
神話
原始宗教
比較宗教
道教
 イスラム教
  一般
  コーラン
  マホメット
  スーフィー
  イスラム原理主義
 ヒンズー教・ジャイナ教
 新興宗教
  創価学会
  天理教
  幸福の科学
  生長の家
  統一教会
  オウム真理教(アレフ)
  その他
 神道・祭祀
  神道
  神道神学
  神社
  祭祀
 仏教
  仏教入門
  仏教学
  仏教史
  経典
  法話
  仏事
  日本・中国仏教
  チベット仏教
  禅
  密教
  浄土
  巡礼
  寺院
  名僧
 民間信仰
 キリスト教・ユダヤ教
  キリスト教一般
  キリスト教入門
  ユダヤ教
  神学
  聖書
  旧約聖書
  新約聖書
  キリスト教史
  説教集
  マザーテレサ
  教会
 伝記・評伝
 宗教史
 参考図書・白書
 宗教 全般
心理学
心理学入門
発達心理学
異常心理学・催眠術
臨床心理学・精神分析
超心理学・心霊
教育心理学
社会心理学
読みもの
参考図書・白書
心理学 全般
文化人類学・民俗学
文化人類学一般
民間信仰・俗信
昔話・伝承
祭り
日本の民俗
アイヌ
海外の民俗
参考図書・白書
文化人類学・民俗学 全般
言語学
言語研究・記号学
 日本語・国語学
  日本語研究
  文法・語法
  漢字・文字
  語源・歴史・方言
  語彙・熟語
  論文作法・文章技術
  ことわざ
 英語・英語学
  英語学
  語源・意味
  方言研究
 参考図書
 言語学 全般
女性学
女性問題
女性史
フェミニズム
ジェンダー
セクシュアルハラスメント
女性学 全般
教育学
一般
教育史
教育心理学
教育行政・法律
 学校教育
  一般
  学校運営
  校長
  教師
  学級運営
  学校五日制
  生徒指導
  カウンセリング
  いじめ・不登校
 教科教育
  学習指導
  国語
  英語・外国語
  算数・数学
  社会
  理科
  音楽
  図工・美術
  技術・家庭
  保健体育
  道徳・生活科
 幼児教育
  一般
  保育学
  保育指導書
  保育教材
  早期教育
 高等教育
 障害児・福祉教育
  障害児教育
  教育指導書
  多動性障害(ADHD)
  学習障害(LD)
  よみもの
 生涯教育
 国際理解教育
 参考図書・白書
 教育学 全般
本・図書館
本・書誌学
編集
著作権
印刷・本づくり
出版・自費出版
書店・古書店
読書法
復刻雑誌
 本についての書誌・雑誌・叢書
  あなたはこの本を知っていますか
  世界名著大事典
  世界名著解題選
  典籍関係雑誌叢書
  反町茂雄収集古書販売目録精選集
  季刊・本とコンピュータ
  定本庄司浅水著作集
  彷書月刊
  書物展望
  書物関係雑誌叢書
  未刊史料による日本出版文化
  紀田順一郎著作集
  蘇峰書物随筆
  雑誌研究
 目録・カタログ・インデックス
  一般・全国書誌目録
  ロングセラー目録
  便利な文庫の総目録
  古典籍総目録
  国書総目録
  岩波文庫解説総目録
  新書総合目録
  日本全国書誌書名著者名索引
  日本著者名総目録
  特殊目録
  稀書目録
  蔵書・総合目録
  読者のための文庫目録トルト
  選定図書総解説・目録
 百科事典・年鑑
 図書館
 図書館情報学
 本・図書館 全般
思想誌
ユリイカ
現代思想
批評空間
思想誌 全般
参考図書
哲学・倫理・思想
宗教
心理学
文化人類学・民俗学
教育

トップ → 和書 → 人文・思想 →  聖書


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
世界を変えた10冊の本 (文春文庫)

世界を変えた10冊の本 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 池上 彰)

発売日 2014-02-07  希望価格 販売価格¥ 605
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

2 位
小型聖書 旧約続編つき - 新共同訳

小型聖書 旧約続編つき - 新共同訳(メーカー 日本聖書協会 共同訳聖書実行委員会)

発売日 1988-10-01  希望価格 販売価格¥ 3,960
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

3 位
上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門

上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門(メーカー 講談社 上馬キリスト教会)

発売日 2018-11-29  希望価格 販売価格¥ 1,430
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

4 位
聖書 聖書協会共同訳 旧約聖書続編付き 引照・注付き SIO43DC

聖書 聖書協会共同訳 旧約聖書続編付き 引照・注付き SIO43DC(メーカー 日本聖書協会 日本聖書協会)

発売日 2018-12-10  希望価格 販売価格¥ 5,940
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

5 位
聖書 新共同訳

聖書 新共同訳(メーカー 日本聖書協会 )

発売日 1993-01  希望価格 販売価格
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

6 位
聖書 新改訳2017 (新改訳聖書センター)

聖書 新改訳2017 (新改訳聖書センター)(メーカー いのちのことば社 )

発売日 2018-05-18  希望価格 販売価格
2019-11-20 の情報

47年ぶりに、公用聖書として諸教会で親しまれてきた「聖書 新改訳」が全面・大改訂。最新の聖書学に基づいた『聖書 新改訳2017』を電子書籍で。原典に忠実でありながら、自然な日本語を実現。時代における日本語の変化にあわせて、よりわかりやすい訳語、訳文に変更。総ルビ、注付きで使いやすい。

7 位
1年で聖書を読破する。 永遠のベストセラー完読法 (Forest Books)

1年で聖書を読破する。 永遠のベストセラー完読法 (Forest Books)(メーカー いのちのことば社 鈴木 崇巨)

発売日 2016-01-25  希望価格 販売価格¥ 1,760
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

8 位
日本語ヘクサプラ―六聖書対照 新約全書

日本語ヘクサプラ―六聖書対照 新約全書(メーカー エルピス )

発売日 1994-03-01  希望価格 販売価格
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

9 位
聖書 聖書協会共同訳 旧約聖書続編付き SI44DC

聖書 聖書協会共同訳 旧約聖書続編付き SI44DC(メーカー 日本聖書協会 日本聖書協会)

発売日 2019-09-06  希望価格 販売価格¥ 3,960
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

10 位
革新的聖書論考

革新的聖書論考(メーカー 創英社/三省堂書店 有馬七郎)

発売日 2019-02-01  希望価格 販売価格¥ 3,300
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

11 位
旧約聖書を知っていますか (新潮文庫)

旧約聖書を知っていますか (新潮文庫)(メーカー 新潮社 阿刀田 高)

発売日 1994-12-20  希望価格 販売価格¥ 737
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

12 位
新約聖書を知っていますか

新約聖書を知っていますか(メーカー 新潮社 阿刀田 高)

発売日 1993-11  希望価格 販売価格
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

13 位
旧約聖書 創世記 (岩波文庫)

旧約聖書 創世記 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 )

発売日 1967-01-01  希望価格 販売価格¥ 858
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

14 位
聖書 新共同訳  新約聖書

聖書 新共同訳 新約聖書(メーカー 日本聖書協会 日本聖書協会)

発売日 2015-08-10  希望価格 販売価格
2019-11-20 の情報

新共同訳の『新約聖書』です(旧約聖書の詩編はついていません)。日本聖書協会オリジナルのこの版は、数字を除く総ての漢字がふりがなつき(総ルビ)ですので、どなたでも楽に読み進めることができます。
私たちが普段から聞き慣れている「聖書」という書物は、大きく旧約聖書と新約聖書から成っています。聖書は全部で66巻の書物が1冊に綴じられており、はじめの39巻がキリスト誕生以前すなわち紀元前1400年前後から紀元前450年頃までに書かれた「旧約聖書」です。
旧約聖書は、天地創造、失楽園、ノアの箱舟、バベルの塔などの物語で始まり、続いてアブラハムを始祖とするイスラエル民族の歴史物語、さらに神への感謝、賛美、嘆き、祈りの詩や、格言、預言などが綴られています。続く27巻はキリスト誕生後の紀元一世紀の中頃から書かれた「新約聖書」です。
厳しい神とその戒めが特徴的な旧約聖書に比べ、新約聖書には小さく弱い人間に寄り添う、優しい神の子キリストの姿が描かれています。
聖書を読み始めるきっかけは様々です。両親がクリスチャンで幼い頃から教会に通っていて、読む場合もあります。また、人類の歴史や考古学、西洋哲学、国際情勢の理解に役立てることができます。
しかしながら、2000ページにもおよぶ聖書を、全て通して読むには根気を要します。はるか3500年前、私たち日本人とは全く異なる環境や背景を持った人々に向けて書かれた文章ですから、内容が難しく敷居が高いと感じる方も多いのが現実かもしれません。
初めて読む場合は、どこからでも読める部分から始めて、焦らず読み進めていくことが肝要です。旧約聖書は最初の「創世記」や、真ん中より少し後にある「箴言」、新約聖書は「ヨハネによる福音書」から読み始めるのがおすすめです。
いずれも読みやすく書かれています。箴言は短い教訓が31章にまとめられていて、これを一日一章ずつ一ヶ月かけて味わう方法もあります。ヨハネによる福音書は、イエス・キリストの弟子ヨハネによって書かれたとされ、キリストの公生涯と珠玉の言葉がまとめられています。
旧約聖書は前半に歴史物語が続きます。特に、ダビデやソロモンが活躍する「サムエル記」や「列王記」は、ドキドキしながら読み進めるでしょう。新約聖書は、さらに他の福音書を読むのもちろんよいですし、後に続く「使徒言行録」はキリスト教会の始まりの物語で、イエスの弟子たちが福音を伝える使徒となって活動する様子が描かれています。
シチュエーション別に拾い読みをする
聖書は、自分が置かれた状況や心境に沿って、どんなことを知りたいのかを考えながら、読み進めていく方法があります。読めば読むほど新しい発見がありますので、次第に興味や関心が広がり、全てに目を通すことができるようになるでしょう。
ただし、自分にとって利益のある部分だけを探して読み進める方法はお勧めできません。また、現代の科学や政治意識、金銭感覚などを単純に持ち込むのは正しい読み方とは言えません。聖書が書かれた時代背景、人々の暮らしを想像しながら全てに目を通していくことで、現代社会に通じる様々な気付きを得ることができます。
ケース1:「悩みのとき」
例えば、悩む人に向けられた、キリストの言葉は文語訳聖書でよく知られています。
「何を食ひ、何を飮まんと 生命のことを思ひ煩ひ、何を著んと體のことを思ひ煩ふな。 生命は糧にまさり、 體は衣に勝るならずや。 … 汝らの天の父は、凡てこれらの物の汝らに必要なるを知り給ふなり。…明日のことを思ひ煩ふな、明日は明日みづから思ひ煩はん。一日の苦勞は一日にて足れり。」
これを、前後も含めて新共同訳で見ますと、次のようになっています。
「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。…あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。
そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」(新約聖書・マタイによる福音書6:25,32~34)
ケース2:「困難に出会ったとき」
キリストの使徒として、初代教会の信者たちに向けて多くの手紙を残したパウロも、困難について次のように述べています。
「現在の苦しみは、将来わたしたちに現されるはずの栄光に比べると、取るに足りないとわたしは思います。被造物は、神の子たちの現れるのを切に待ち望んでいます。被造物は虚無に服していますが、それは、自分の意志によるものではなく、服従させた方の意志によるものであり、同時に希望も持っています。
つまり、被造物も、いつか滅びへの隷属から解放されて、神の子供たちの栄光に輝く自由にあずかれるからです。被造物がすべて今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっていることを、わたしたちは知っています。
被造物だけでなく、“霊”の初穂をいただいているわたしたちも、神の子とされること、つまり、体の贖われることを、心の中でうめきながら待ち望んでいます。わたしたちは、このような希望によって救われているのです。見えるものに対する希望は希望ではありません。
現に見ているものをだれがなお望むでしょうか。わたしたちは、目に見えないものを望んでいるなら、忍耐して待ち望むのです。」(新約聖書・ローマの信徒への手紙:8:18-25)
ケース3:「愛について」
おなじく、パウロは様々な思想の違いで信仰的に混乱のあったコリントの教会に宛てた書簡の中で、有名な「愛」についての言葉を送りました。これもまず、文語訳で見てみましょう。
「愛は寛容にして慈悲あり。愛は妬まず、愛は誇らず、 驕らず、非禮を行はず、 己の利を求めず、 憤ほらず、人の惡を念はず、不義を喜ばずして、眞理の喜ぶところを喜び、凡そ事忍び、おほよそ事信じ、おほよそ事耐ふるなり。」(コリント人への前の書・13:4-8)
同じ個所は、新共同訳は次の通りです。
「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。」
実は、以上と同様に、あらかじめ定めた範囲を読むことと、牧師や司祭からその範囲について語られるメッセージを聞くことが、キリスト教会の礼拝やミサで大切にされています。
お近くのキリスト教会で、適切な導きのもとで聖書を読むことを基本にしつつ、さらにご自分でも読み進めて日々、聖書の言葉に励まされ、導かれて歩まれることをお勧めします。
新共同訳聖書の前身となった「新約聖書 共同訳」は、日本で初めてカトリック・プロテスタントの両派が共同で翻訳を行い、出版された聖書です。
1964年に開催された世界教会指導者会議における、「あらゆる教会との協力によって共通の聖書が準備されることを要望する」ドリーベルゲン宣言をきっかけに、共同聖書翻訳のための「標準原則」が成立しました。
その後、日本では1970年に共同訳聖書可能性検討委員会が組織され、1978年に共同訳の新約聖書が出版されました。ところが、その人名の表記や用語に対し1,000件を越える批判や助言が集まり、それを受けて更なる改訳が行われました。
キリスト教に触れたことのない人にも分かりやすい翻訳をと、必要に応じて言葉の意味までも訳し出す「動的等価」という翻訳原則をとっていましたが、この原則を大きく修正し、さらに9年の歳月を要して完成したのが「新共同訳聖書」です。
以前に出版された口語訳聖書に比べ格段に読みやすく、入門者にとってもわかりやすいことから、現在は日本のほとんどのキリスト教主義学校で採用され、8割近くのキリスト教会において礼拝やミサで用いられているなど、幅広い人々から愛される聖書となっています。

15 位
名画の謎 旧約・新約聖書篇 (文春文庫)

名画の謎 旧約・新約聖書篇 (文春文庫)(メーカー 文藝春秋 中野京子)

発売日 2016-03-10  希望価格 販売価格¥ 979
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

16 位
旧新約聖書

旧新約聖書(メーカー 日本聖書協会 )

発売日 1982-06  希望価格 販売価格
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

17 位
新約聖書福音書 (ワイド版岩波文庫 (78))

新約聖書福音書 (ワイド版岩波文庫 (78))(メーカー 岩波書店 )

発売日 1991-12-05  希望価格 販売価格
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

18 位
ダイグロットバイブル NIESV54DIブルー-新共同訳・ESV 和英対照聖書

ダイグロットバイブル NIESV54DIブルー-新共同訳・ESV 和英対照聖書(メーカー 日本聖書協会 )

発売日 2016-10-01  希望価格 販売価格¥ 6,930
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

19 位
聖書 -原文校訂による口語訳

聖書 -原文校訂による口語訳(メーカー サンパウロ フランシスコ会聖書研究所)

発売日 2013-02-04  希望価格 販売価格¥ 5,500
2019-11-20 の情報

レビューは有りません。

20 位
ルビ付き+なし版 口語訳(旧約聖書+新約聖書)+文語訳(旧約聖書+新約聖書)+聖書地図

ルビ付き+なし版 口語訳(旧約聖書+新約聖書)+文語訳(旧約聖書+新約聖書)+聖書地図(メーカー サキ出版 )

発売日 2014-07-17  希望価格 販売価格
2019-11-20 の情報

【本書の特徴】
  ◆聖書8冊、聖書地図を収録しています。
    【口語訳】
      .旧約聖書  ■■ルビ付き■■
       .新約聖書  ■■ルビ付き■■
        .旧約聖書  □□ルビなし□□
         .新約聖書  □□ルビなし□□
    【文語訳】
      .旧約聖書  ■■ルビ付き■■
       .新約聖書  ■■ルビ付き■■
        .旧約聖書  □□ルビなし□□
         .新約聖書  □□ルビなし□□
    【地図】
      .聖書地図

  ◆目次付き(章迄)
  +概要目次(章なし目次、『本文』『章目次』のリンク。目次ページを繰る回数が削減出来ます)
   ※Kindle端末の移動メニューで章を非表示にした状態に近いものと思って下さい。
  ◆縦書き
  ◆Kindle端末の移動メニューは、2階層対応で章を非表示に出来ます
  ◆本文節の先頭に節番号を漢数字で付与


本書は、以下のパブリックドメイン(日本の著作権保護期間(50年)満了)のものを収録しています。
 ・口語訳 旧約聖書・・・(日本聖書協会発行)初版(1955年版)『聖書 口語』
 ・口語訳 新約聖書・・・(日本聖書協会発行)初版(1954年版)『口語 新約聖書』
 ・文語訳 旧約聖書・・・(日本聖書協会発行)初版(1887年版)『舊約聖書 [文語]』 ※明治元訳。 底本は、1953年版を使用。
 ・文語訳 新約聖書・・・(日本聖書協会発行)初版(1917年版)『新約聖書 [文語]』 ※大正改訳。 底本は、1950年版を使用。
 ・聖書地図・・・(日本聖書協会発行)初版(1956年版)


【注意】
 聖書は約2000年前に書かれた書物で、また『聖書 口語(旧約聖書)』は、
古い訳であるため、現在では不適切とされる差別用語や表現、内容が含まれています。
 これらは、著作時、翻訳当時から、最近まで問題無いとされていましたが、
近年の社会通念の変化により、不適切となったものです。
 一方で、聖書は『人類の宝』と言われるなど資料価値が大変高く、
さらに、著作者人格権にも配慮して、当時のまま掲載しています。
 しかし、読まれると、場合によっては不快になる可能性もありますので、
不快に思われる可能性がある方は、お読みにならないようお願いします。
※差別的な意図は全くありませんので、ご了承をお願い申し上げます。
 ~ WIKISOURCEより ~

※『口語 新約聖書』『文語訳旧約聖書』『文語訳新約聖書』も 『聖書 口語(旧約聖書)』と同様の注意が必要です。


◆◆本書収録内容は、以下の通り◆◆

口語訳旧約聖書(1955年版)
 01.創世記
 02.出エジプト記
 03.レビ記
 04.民数記
 05.申命記
 06.ヨシュア記
 07.士師記
 08.ルツ記
 09.サムエル記上
 10.サムエル記下
 11.列王紀上
 12.列王紀下
 13.歴代志上
 14.歴代志下
 15.エズラ記
 16.ネヘミヤ記
 17.エステル記
 18.ヨブ記
 19.詩篇
 20.箴言
 21.伝道の書
 22.雅歌
 23.イザヤ書
 24.エレミヤ書
 25.哀歌
 26.エゼキエル書
 27.ダニエル書
 28.ホセア書
 29.ヨエル書
 30.アモス書
 31.オバデヤ書
 32.ヨナ書
 33.ミカ書
 34.ナホム書
 35.ハバクク書
 36.ゼパニヤ書
 37.ハガイ書
 38.ゼカリヤ書
 39.マラキ書

口語訳新約聖書(1954年版)
 01.マタイによる福音書
 02.マルコによる福音書
 03.ルカによる福音書
 04.ヨハネによる福音書
 05.使徒行伝
 06.ローマ人への手紙
 07.コリント人への第一の手紙
 08.コリント人への第二の手紙
 09.ガラテヤ人への手紙
 10.エペソ人への手紙
 11.ピリピ人への手紙
 12.コロサイ人への手紙
 13.テサロニケ人への第一の手紙
 14.テサロニケ人への第二の手紙
 15.テモテヘの第一の手紙
 16.テモテヘの第二の手紙
 17.テトスヘの手紙
 18.ピレモンヘの手紙
 19.ヘブル人への手紙
 20.ヤコブの手紙
 21.ペテロの第一の手紙
 22.ペテロの第二の手紙
 23.ヨハネの第一の手紙
 24.ヨハネの第二の手紙
 25.ヨハネの第三の手紙
 26.ユダの手紙
 27.ヨハネの黙示録

文語訳旧約聖書(1953年版)
 01.創世記
 02.出エジプト記
 03.レビ記
 04.民數紀略
 05.申命記
 06.ヨシュア記
 07.士師記
 08.ルツ記
 09.サムエル前書
 10.サムエル後書
 11.列王紀略上
 12.列王紀略下
 13.歴代志略上
 14.歴代志略下
 15.エズラ書
 16.ネヘミヤ記
 17.エステル書
 18.ヨブ記
 19.詩篇
 20.箴言
 21.傳道之書
 22.雅歌
 23.イザヤ書
 24.ヱレミヤ記
 25.エレミヤの哀歌
 26.エゼキエル書
 27.ダニエル書
 28.ホセア書
 29.ヨエル書
 30.アモス書
 31.オバデヤ書
 32.ヨナ書
 33.ミカ書
 34.ナホム書
 35.ハバクク書
 36.ゼパニヤ書
 37.ハガイ書
 38.ゼカリヤ書
 39.マラキ書

文語訳新約聖書(1950年版)
 01.マタイ傳福音書
 02.マルコ傳福音書
 03.ルカ傳福音書
 04.ヨハネ傳福音書
 05.使徒行傳
 06.ロマ人への書
 07.コリント人への前の書
 08.コリント人への後の書
 09.ガラテヤ人への書
 10.エペソ人への書
 11.ピリピ人への書
 12.コロサイ人への書
 13.テサロニケ人への前の書
 14.テサロニケ人への後の書
 15.テモテへの前の書
 16.テモテへの後の書
 17.テトスへの書
 18.ピレモンへの書
 19.ヘブル人への書
 20.ヤコブの書
 21.ペテロの前の書
 22.ペテロの後の書
 23.ヨハネの第一の書
 24.ヨハネの第二の書
 25.ヨハネの第三の書
 26.ユダの書
 27.ヨハネの默示録

聖書地図(1956年版)
  ※内容は、スキャンデータの画像(地図、索引、換算表)
  ※文字を見やすくするため、強調処理を施しています。
  ※索引・換算表ページ:裏移り除去済み
 ・目次、聖書名略語
 ・第1図 古代世界
 ・第2図 エジプト及びシナイ半島
 ・第3図 イスラエル定着時代のカナン
 ・第4図 イスラエルトとユダの王国及び虜囚後のユダと近接民(4a)
 ・第5図 アッシリヤ帝国
 ・第6図 ペルシャ帝国
 ・第7図 北部パレスチナ
 ・第8図 中部パレスチナ
 ・第9図 南部パレスチナ
 ・第10図 エルサレム近郊
 ・第11図 キリスト時代のパレスチナ
 ・第12図 第一世紀の地中海世界とパウロの伝道旅行行程
 ・第13図 古代のエルサレム
 ・第14図 現今のエルサレム
 ・索引  ※地名で地図上を探す為の索引
 ・換算表 ※Ⅰ.度量衡(1.尺度、2.面積、3.容量≪(a)凝体量、(b)液体量≫、4.衡量))、Ⅱ.通貨(1.旧約聖書の通貨、2.新約聖書の通貨)、Ⅲ.月,年及び時刻(1.月、2.年、3.時刻≪(a)旧約聖書の時刻、(b)新約聖書の時刻≫)