Amazon通販 叢書・全集 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

人文・思想内の詳細

 人文・思想
哲学・思想
哲学入門
哲学
哲学史
形而上学・存在論
自然哲学・宇宙論・時間論
死生観
人生論
イデオロギー
認識論
論理学・現象学
 東洋思想
  東洋哲学入門
  日本
  中国
  インド
 西洋思想
  西洋哲学入門
  古代・中世・ルネサンス
  近現代
  ドイツ・オーストリア
  フランス・オランダ
  スペイン・ポルトガル
  イタリア
  ロシア
  イギリス・アメリカ
  その他
 現代思想
 倫理学
 辞事典
 論文・評論・講演集
 思想誌
  ユリイカ
  現代思想
  批評空間
  思想誌 全般
 叢書・全集
 哲学・思想 全般
倫理学・道徳
倫理学入門
倫理学
家庭・性倫理
社会道徳
人生論・教訓
倫理学・道徳 全般
宗教
宗教入門
宗教学
神話
原始宗教
比較宗教
道教
 イスラム教
  一般
  コーラン
  マホメット
  スーフィー
  イスラム原理主義
 ヒンズー教・ジャイナ教
 新興宗教
  創価学会
  天理教
  幸福の科学
  生長の家
  統一教会
  オウム真理教(アレフ)
  その他
 神道・祭祀
  神道
  神道神学
  神社
  祭祀
 仏教
  仏教入門
  仏教学
  仏教史
  経典
  法話
  仏事
  日本・中国仏教
  チベット仏教
  禅
  密教
  浄土
  巡礼
  寺院
  名僧
 民間信仰
 キリスト教・ユダヤ教
  キリスト教一般
  キリスト教入門
  ユダヤ教
  神学
  聖書
  旧約聖書
  新約聖書
  キリスト教史
  説教集
  マザーテレサ
  教会
 伝記・評伝
 宗教史
 参考図書・白書
 宗教 全般
心理学
心理学入門
発達心理学
異常心理学・催眠術
臨床心理学・精神分析
超心理学・心霊
教育心理学
社会心理学
読みもの
参考図書・白書
心理学 全般
文化人類学・民俗学
文化人類学一般
民間信仰・俗信
昔話・伝承
祭り
日本の民俗
アイヌ
海外の民俗
参考図書・白書
文化人類学・民俗学 全般
言語学
言語研究・記号学
 日本語・国語学
  日本語研究
  文法・語法
  漢字・文字
  語源・歴史・方言
  語彙・熟語
  論文作法・文章技術
  ことわざ
 英語・英語学
  英語学
  語源・意味
  方言研究
 参考図書
 言語学 全般
女性学
女性問題
女性史
フェミニズム
ジェンダー
セクシュアルハラスメント
女性学 全般
教育学
一般
教育史
教育心理学
教育行政・法律
 学校教育
  一般
  学校運営
  校長
  教師
  学級運営
  学校五日制
  生徒指導
  カウンセリング
  いじめ・不登校
 教科教育
  学習指導
  国語
  英語・外国語
  算数・数学
  社会
  理科
  音楽
  図工・美術
  技術・家庭
  保健体育
  道徳・生活科
 幼児教育
  一般
  保育学
  保育指導書
  保育教材
  早期教育
 高等教育
 障害児・福祉教育
  障害児教育
  教育指導書
  多動性障害(ADHD)
  学習障害(LD)
  よみもの
 生涯教育
 国際理解教育
 参考図書・白書
 教育学 全般
本・図書館
本・書誌学
編集
著作権
印刷・本づくり
出版・自費出版
書店・古書店
読書法
復刻雑誌
 本についての書誌・雑誌・叢書
  あなたはこの本を知っていますか
  世界名著大事典
  世界名著解題選
  典籍関係雑誌叢書
  反町茂雄収集古書販売目録精選集
  季刊・本とコンピュータ
  定本庄司浅水著作集
  彷書月刊
  書物展望
  書物関係雑誌叢書
  未刊史料による日本出版文化
  紀田順一郎著作集
  蘇峰書物随筆
  雑誌研究
 目録・カタログ・インデックス
  一般・全国書誌目録
  ロングセラー目録
  便利な文庫の総目録
  古典籍総目録
  国書総目録
  岩波文庫解説総目録
  新書総合目録
  日本全国書誌書名著者名索引
  日本著者名総目録
  特殊目録
  稀書目録
  蔵書・総合目録
  読者のための文庫目録トルト
  選定図書総解説・目録
 百科事典・年鑑
 図書館
 図書館情報学
 本・図書館 全般
思想誌
ユリイカ
現代思想
批評空間
思想誌 全般
参考図書
哲学・倫理・思想
宗教
心理学
文化人類学・民俗学
教育

トップ → 和書 → 人文・思想 → 叢書・全集


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
善の研究

善の研究(メーカー 西田 幾多郎)

発売日 2012-09-27  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

大正・昭和時代の代表的哲学者。京都大学教授・名誉教授。西田哲学と呼称される京都学派の創始者。日本初の本格的な哲学書となった、西田の代表作[弘道館、1911(明治44)年1月]。禅の修業を通して得た東洋的精神性の自覚と<純粋経験>の立場から、知識・道徳・宗教への思索を深めた独自の哲学論を展開。東洋と西洋の哲学を統合した東西思想の統一が、近代的自我の確立に苦しんでいた青年層に衝撃的な影響を与えた。

2 位
思考は現実化する_アクション・マニュアルつき

思考は現実化する_アクション・マニュアルつき(メーカー きこ書房 ナポレオン・ヒル)

発売日 2015-01-07  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

アンドリュー・カーネギー、トーマス・エジソン、マハトマ・ガンジー、ウィルバー・ライト、ヘンリー・フォード、ジョン・D・ロックフェラー、J・P・モルガン・ジュニア、アレキサンダー・グラハム・ベル、キング・ジレット、フランク・W・ウールワース......

500名を超える成功者の協力をえて、ナポレオン・ヒルが
体系化した、唯一無二の科学的自己開発書!





3 位
自己矛盾劇場 ―「知ってる・見えてる・正しいつもり」を考察する

自己矛盾劇場 ―「知ってる・見えてる・正しいつもり」を考察する(メーカー dZERO 細谷 功)

発売日 2019-03-28  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

知と社会構造の関係をシンプルに説いた『具体と抽象』『「無理」の構造』に続く第三弾。
「あの人は、人の〈批判〉ばかりしている」という〈批判〉、これが自己矛盾。
世の中に苛立ちと不毛な争いをもたらす大きな原因の一つがこの人間心理の負の側面であり、
インターネットやSNSの発展によって表舞台にあふれるように出てきている。
「知性の限界」ともいうべき「自己矛盾」が生まれる心理の歪みと社会構造との関係を
身近な事例を取り上げながら模式・可視化。
知の構造を見据えつつ、自分自身と対峙するための思考法を提示。
メタ認知への扉を開く格好のテキスト。
【目次】
モグラ劇場(四コマ漫画)
第1章 自己と矛盾: 本書における定義と範囲
第2章 滑稽と戒め: 自分は気づかない、他人は気づく
第3章 歪み: 想像を絶する違いに気づいているか
第4章 二つの頭: 知の構造と発展
第5章 「抽象的でわからない」: 人間であることを批判する?
第6章 遠近: 「メタ認知」とは何か
第7章 無限マトリョーシカ: 劇場モデルで見る「三つの視点」
第8章 無知の無知: 人間の知性には限界がある
第9章 知識差: 実は「ほとんど一緒」と知る
第10章 非メタ: 「自称賢者」の勘違い
第11章 「空は黒い」: 言葉には二つのレベルがある
第12章 「あの人はケチだ」: 第二の視点から解放されるために
第13章 「まったく気にしない」: 自己矛盾発言の裏事情
第14章 「行動がすべてだ」: 心理的バイアスの落とし穴
第15章 「自分の頭で考えろ」: それは非常に困難な要求
第16章 「先進事例を真似したい」: それはもはや「先進的」とは言えず
第17章 「今日は無礼講でいこう」: 「号令」という怪しさ
第18章 「全社一丸となって多様性を推進します」: 決意表明に見る構造的自己矛盾
第19章 「多様性の進展度を測定したい」: 評価指標で定量化される価値観
第20章 「横串を通そう」: 温存されるセクショナリズム
第21章 宿命: 思考を硬直化させる「言葉の定義」
第22章 「クライアントは何もわかっていない」: 「賢者のつもり」という喜劇
第23章 「あなたのために言っている」: 教育自体に宿る自己矛盾
第24章 「イノベーターを育てる」: 教育制度と「広大な荒野」
第25章 内在する自己矛盾: マイノリティ問題はなぜ困難なのか
第26章 強烈な自己矛盾: 自然保護と人間のエゴ
第27章 逃れられないのなら

4 位
超スゴい本: 全ての生命は意識エネルギー体

超スゴい本: 全ての生命は意識エネルギー体(メーカー 天才馬鹿凡人)

発売日 2019-08-24  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

 初めにamazon「生涯教育部門」新着ランキング1位、そしてamazon売れ筋ランキング教育学、教育行政・法律部門で第1位ありがとうございます。

 ですが、AMAZON キンドルでは部門ごとに1位になったり良く売れる様になると既存のランカー達に問題解決されてしまうとはコミュニティーで聞いていたのですが、やはり本当にその様に叩かれてしまったのか!?今は何処へ〜っ!!と言った感じになりました。(笑)

 ただそれでも、「この本は愛と良識を持つある程度の意識レベルの方にとって、必ずあなたの人生観を変える、
あなたの人生にとって『最も重要な情報エネルギー』となる事をお約束致します。間違いなく徳の高い本であります。」と、カッコ良く言っておきます。

 ですが、レビューにもある通り少し読みにくいので、そこは頑張っている素人と言う事で許してもらえたらと思いますし、終始この様な書き口なので氣に入らない方は初めから読まないで下さいね。(笑)わざわざレビューを書いてまでどうしても人の努力を馬鹿にし、ランクを下げる人には本当に泣かされます。逆にマジで一流という事で宜しいのでしょうか!?(笑)

と言う事で、
それでは

 「天才馬鹿凡人と申します。まえがきに来て頂きまして、本当にありがとうございます。宜しくお願い致します。」

 まえがきだけでも読んで下さっている私にとって、いや、おそらくすべての存在にとっても、とてもありがたい存在になるあなたに向けて、今から全力でこの本の内容を伝えたいと思います。


 「あなたは神です。」良いですか?!もう一度言います。

 「あなたは神です。」どうでしょう!?もう一度言いましょうか!?(笑)

 とりあえずこれは僕の中では真実ですが、あなたにとってはどうでしょうか!?変なまえがきに来てシマッタ!?(笑)


 さて、ここから急に真面目になりますが、こういった認識する真実や現実の違いは、人の意識のある場所、それまでの知識・経験・感覚で、ものを推し量り知る能力などから創られた価値観・信条、その時の氣分などによりそれぞれ異なります。

 簡単に言うと「人は物事をみたい様にみる」という事で、また違う言い方だと「人は自分の都合の良い様に情報を受け取る」という事ですね。

 例えばりんごを指してA君は「赤くて甘いフルーツさ!緑もあるけどね。」と言い、B君は「トーラス状の禁断の果実さ。」と答え、Cちゃんは「一日一個のりんごは医者要らずよ!」と答えたりします。


 この様に私達は同じ対象を指してもなお、それぞれの持つ背景から、話す言葉や持っている認識が異なります。真実や真理、悟りの類は、これらの要素の簡素化・共通認識化に成功している「最も純粋な情報エネルギー」になります。

 この観点から観ても「あなたは神です。」と自分は自信を持って言い切れます。

 自分は馬鹿故に、いや馬鹿過ぎて、意識体となってしまった経験を持ってしまい、その結果「真実って何なのだ!?」と漠然とした疑問の中に生き始め、親には大学まで出してもらったにも関わらず、ろくに働きもせず結婚もせず期待も裏切り続け、こんなことばかりを20年程考え続けてきました。(親父はおこです。激おこです。実家には見えないバリアがある様です。)

 しかしそんな自分も、最近になってようやく一つの解に辿り着いたので、満を持して電子出版させていただきたいと思いました。


 そして、読み始めるその前にもう一つ伝えておきたい事があります。

 この本は主に、人の本当の正体である「意識エネルギー体・意識」についての話がメインになります。

 意識についての真実は脳からのみ生まれていると言う事はありませんし、意識体が宿るのは全身の全細胞に半分の可能性で存在していたり、その意識は周りにあるものからもできています。

 良く脳科学で脳から意識が発生するとして科学的に証明しようとしていますが、あれは前提とする絶対条件が物質の視点からになっているので、始めから答えを拒絶しているものになります。しかも、科学的な解決以外は受け付けないと謎に頑なな姿勢を貫いていますので、まだまだたくさんの時間を必要とすると思います。


 私達の体は私達が神と呼ぶ全知全能の意識エネルギー体達が、この物質世界を楽しむ為に物凄い長い時をかけて創造した結果生まれた意識の入れものになります。なので、その辺の事を理解するためにも意識エネルギー体の持つ能力や、存在の正体や存在の理由、更に現実世界で意識していると良い事などをお話していきたいと思います。

 ちなみに著者も一度体を抜けた経験ともう一つ半分抜けた経験!?がありまして、その時の経験から理解した内容も多いので、そのあたりから触れていきたいと思います。


 この本では全ての章において、今のあなたの持つ現実への認識・固定観念がブッ飛ばされる事になるかもしれません。超スゴい本がどこまでスゴいのか!?(超スゴく無くても、あなたの持つ信条から外れていても、くれぐれもレビューは星5つでお願いします。そしてコメントは超スゴい!でお願いします。今やこの本のレビューは拝金主義のネガティブ勢力 vs 本当に広まるべきものは何なのかを知るポジティブ勢力の戦いとなりました。 あなたの愛を信じています!笑)

 そして最後には「目には見えない最も大切なもの」という無料動画のプレゼントをご用意しており(メルマガ登録無しでOK!)、その力も理解して有効活用する事で、必ずあなたの現実に大きな影響を与えますので、是非受け取ってもらい有効活用して貰えたらと思います。

 と言った感じで、基本的にお硬い読書に疲れた方にはモッテコイの本になっています。


 さあ!それでわあ!「真実の旅へ出る用意はできましたか!?」愚問でしたね(笑)では第1章へと旅立ちましょう!




目次

 まえがき

第1章
真実の体験1

第2章
真実の体験2

第3章
意識エネルギー体の能力

第4章
意識の真実

第5章
意識と量子

第6章
意識と波動

第7章
意識の住処

第8章
地球における意識体の現状

第9章
神と宗教

第10章
大切にしたいこと

あとがき

プレゼント「目に見えない最も大切なもの」案内 




(作者プロフィール)

天才馬鹿凡人

「人生これ旅なり」
この字の如く生きるだけの人

これ以外の情報は
現在はまだ謎に包まれている

https://makotocreates.com/

5 位
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する(メーカー dZERO 細谷 功)

発売日 2019-03-28  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

本書のキーメッセージは、「理不尽なのは〈世の中〉ではなく、私たちの〈頭の中〉である」。
努力が報われず、抵抗が無駄に終わるのはなぜか。
本書では、「世の中」と「頭の中」の関係を明らかにし、閉塞感や苛立ちの原因に迫ります。
本書のタイトル、〈「無理」の構造〉は、〈理(ことわり)なきことのしくみ〉です。

【目次】
第I部 対称性の錯覚
第1章 錯覚の積み重ねと「三つの非対称性」―「善と悪」は対称か
第2章 「知識」の非対称性、「思考」の非対称性―知的能力が理不尽さを生みだす
第3章 「具体と抽象」の非対称性―お金で上下関係が生まれるのはなぜか
第4章 「言葉」という幻想―「わかっているつもり」を二円図で表す
第5章 「人間心理」の非対称性―水は低きに流れる
第6章 1:9の「ねじれの法則」―「教えられること」と「求められること」は違う

第II部 時間の不可逆性
第7章 気づきにくい社会や心の不可逆性―湯は冷め、振り子は止まる
第8章 社会・会社の劣化の法則―「盛者必衰」の真理からは逃れられない
第9章 具体化・細分化の法則―高度化すれば視野が狭くなる
第10章 上流・下流の法則―不毛な議論に費やされる膨大な時間

第III部 ストックの単調増加性
第11章 「微分と積分」と現実―増やすのは簡単、減らすのは困難
第12章 のこぎりの法則―増えだしたら止まらない
第13章 折り曲げの法則とストックのジレンマ―「対極」は「紙一重」に変わる
第14章 大企業「病」という幻想―もう「あの時代」には戻れない

第IV部 「自分と他人」の非対称性
第15章 宇宙と「人間の心」―「絶対的中心」があるかないか
第16章 コミュニケーションという幻想―「言葉の意味」の共有は難しい
第17章 「公平」という幻想―基準は人間の数だけ存在する
第18章 「対等」という幻想―批判する人とされる人の間に横たわるものは

第V部 「見えている人と見えていない人」の非対称性
第19章 決定的な非対称性―「見えていない人」には「見えている人」が見えない
第20章 「全体像」という幻想―自分の視野の狭さには気づきようがない
第21章 「経験則」という幻想―自分の経験が「部分」であることに気づけない
第22章 「啓蒙」という幻想―教育は無力なのか

6 位
「いまここ」にさとりを選択する生きかた

「いまここ」にさとりを選択する生きかた(メーカー やまがみてるお)

発売日 2017-06-25  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

さとりの状態こそが、人間にとって自然な状態なのです。



「さとり」とは、思考からはなれた自分を発見し、

そこから人生を生きている状態。



本書をとおして、実際に「さとり体験」が起こりえます!



「さとり」の状態を生きるための方法をわかりやすく解説!



無意識に思考と同一化する習慣が私たちに、

「ほんとうの自分」――「体験の主体」――を見失わせます。

思考が起こったときにそれに気づき、それに気づいている存在に

意識を集中することをくりかえし習慣化することで

「ほんとうの自分」はとりもどされます。

新しい習慣の獲得ですので、さとりは誰にでも習得することができます。



「体験の主体」がとりもどされると、私たちは、過去に身につけた思考に同一化する習慣から自由をとりもどし、

あるがままへのゆだねが人生を、よりよく展開させていくことを目撃するようになります。

(本文より)

7 位
「現代ワーシップ」から「歴史的典礼」へ: 元プロテスタント宣教師の探求記

「現代ワーシップ」から「歴史的典礼」へ: 元プロテスタント宣教師の探求記(メーカー 富加見絹子)

発売日 2019-10-11  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

「現代ワーシップ」から「歴史的典礼」へ——元プロテスタント宣教師の探求記。

「若者伝道や魂の救いのためという大義があるのなら、私たちはロック音楽を礼拝に取り入れて差し支えないのだろうか。」「音楽というものは本質的に道徳性と関係があるものなのか、それとも音楽はあくまで伝達手段にすぎないのだろうか。」「礼拝の中にフラダンスやスキット劇といったものを取り入れることに関してはどうだろう。」

 キリスト教礼拝のあり方はそもそも誰が決めるのだろう。何を基準にそれらは決定・是認・導入、あるいは拒絶されるのだろう。また、導入されたものが、信者の良心につまずきを与える際、個人や教会はどのような対応をすることが望ましいのだろう。神はどのような仕方で私たちがご自身に近づくことを望んでおられるのだろう。

 小著は、そういう問いを一つ一つ掘り下げていった先に徐々に開かれ、見い出されていった歴史的典礼——その美しさ、深さ、恒久性、そして典礼の中心であるユーカリストのただ中におられるキリストの現存への気づきをつづった探求記です。私と同じような信仰道程をたどっている方々にとり、本書の内容がなんらかの形で励ましになるなら幸いです。


〈目次〉
はじめに——礼拝のあり方は「正誤」ではなく「好み」の問題?
一.キリスト教礼拝のあり方はそもそも誰が決めるのだろう
二.礼拝における規制原理(Regulative Principle)について調べはじめる
三.永遠のみことばを歌い、嘆き、賛美する——リトルジーの中における詩篇歌
四.「書かれた祈り」に対する再評価
五.ヴェール、創造の秩序、礼拝
六.神礼拝と妻の姿勢
七.シンボル観の変化
八.「受肉」から「脱肉」へ——礼拝における機能的グノーシス主義
九.なぜ伝統諸教会ではイエスの磔像がついた十字架(crucifix)が用いられているのだろう
十.聖なるコイノニア——ユーカリスト(聖餐)の神秘
十一.「まなざし」をもつ信仰——聖画像の深遠性と内的感覚の開示
十二.アド・オリエンテム——祈りの東向性
十三.舌による聖体拝領——人間疎外の問題に対する神の御応答
おわりに——この探求の旅はいつ終わるのだろう

【付録一】.クリスチャン・エンターテイメント(A・W・トーザー)
【付録二】.ある中東圏改宗者の苦悩の告白「私がキリスト教会を去ることにした理由」——CCMロック礼拝が中東宣教にもたらしている破壊的影響について
【付録三】.CCMロックとは何か?
【付録四】.置き換えられた「サクラメント」——元賛美リーダーによる過去三〇年の振り返りと自省の記録
【付録五】.なぜ若者たちは伝統的リトルジーを求めているのか?——ポストモダン時代の根幹


〈著者紹介〉
富加見絹子(ふかみきぬこ)。1978年鹿児島生まれ。2000年国際基督教大学社会科学科卒業(東アジア史、政治思想史専攻)。在学中にプロテスタント長老教会で受洗。卒業後、東京で開拓伝道に専心。2005年、スイスにあるYWAM(ユース・ウィズ・ア・ミッション)を経て、ギリシャ共和国に宣教師として派遣され、中東からの難民たちと共に生きる。2018年夏、福音主義からカトリックへ(ほぼ)転向。東方典礼カトリック教会での信仰生活を経、現在、東方正教会で求道中。これまでの霊的旅路の中で出会ったすべての人々に感謝。

8 位
世界の中にありながら世界に属さない

世界の中にありながら世界に属さない(メーカー サンガ 吉福伸逸)

発売日 2016-04-27  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

70年代以降の日本の精神文化の底流を流れる思想、吉福人間学の集大成!!

『ビー・ヒア・ナウ』『タオ自然学』などを翻訳し、カウンターカルチャー以降の新しい精神文化を精力的に日本に紹介した、吉福伸逸氏。
トランスパーソナル心理学を日本に導入したあと、日本を離れハワイに居を移し、カウンセラーとして活躍されて多くの人材を育てられました。
惜しまれつつ2013年4月に逝去されましたが、その遺稿の書籍化です。

9 位
ライプニッツ著作集 第1期 新装版(1) 論理学

ライプニッツ著作集 第1期 新装版(1) 論理学(メーカー 工作舎 G・W・ライプニッツ)

発売日 2019-11-22  希望価格¥ 11,000 販売価格¥ 11,000
2019-10-23 の情報

レビューは有りません。

10 位
悩めるおとなのための絵本(国際版)

悩めるおとなのための絵本(国際版)(メーカー TAD SUZUKI)

発売日 2012-12-31  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

この本は、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語で出版しているのと同じバージョンの日本語版です。

英語版のものを翻訳しているため、この(国際版)の内容はシンプルに書いてあります。
別に日本人向けに11ページに増刷した「悩めるおとなのための絵本(第2版)」
がありますので、ご興味のある方はそちらをご覧ください。

これらの本が、なにか悩んでいる人にヒントを与えることができたら、幸いです。
また、哲学的な思考をすることが好きな方には気にいっていただけるかもしれません。

この絵本は、著者の描いた8枚の絵と8個の格言(半分は偉人の言葉、半分は著者の創作)でできています。

11 位
人生論ノート

人生論ノート(メーカー 三木 清)

発売日 2012-09-13  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

非業の死を遂げた京都学派を代表する哲学者、三木清の最も有名な著作。初出は「文學界」[1938(昭和13)年~1941(昭和16)年]。死について、幸福について、懐疑について、習慣について、虚栄について、名誉心について、怒りについて、孤独について、嫉妬について等、三木の思想のエッセンスが込められた作品。その哲学的テーマにも関わらず、分り易い文体の魅力が時代を超えた愛読者たちを生み出している。

12 位
魂のパートナー ソウルバディ: あなたの愛するあの人はソウルバディかもしれない

魂のパートナー ソウルバディ: あなたの愛するあの人はソウルバディかもしれない(メーカー ファシーカめい)

発売日 2017-06-19  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

あなたが愛してやまないあの人は、もしかしたらソウルバディかもしれません。
「ソウルバディ」は魂のパートナーです。地球上で生きている魂が、危険な目にあったり、本来の魂の目的から外れたことをしそうになったりすると、魂の世界からバディはそっと手を差し伸べて助けてくれました。そして次の転生では役割を交代していたのです。

長い年月に渡り、何度も転生を繰り返してきたソウルバディたち。実は近年、地球上に一緒に転生してきています。
ずっと長い間バディとして助け合ってきた、常に同じエネルギーで繋がった魂ですので、出逢ったときの衝撃は並大抵のものではありません。まさに運命の出逢いなのです。

人間は生まれるときに、魂の記憶はすべて消してきているので、出逢った相手が魂のパートナーであることは頭ではわかりません。ずっとバディに見守られていたことも、これまでの転生での体験も、すべて忘れているのです。

にもかかわらず、心は反応します。わけもわからず、うれしくて、懐かしくて、愛おしくて、切なくて、身体の奥から深い愛が溢れだすのです。初めて感じる「深い愛」に戸惑う人も多いでしょう。

ところがそんな運命のふたりには、楽しいだけでなく、この先たくさんの困難が待ち受けているのです。これまで体験したこともないほどの感情の揺さぶりにあったり、人生観がまるっきり変わってしまったり、思いも寄らぬほどの苦しみに襲われたりもするのです。年齢差だとか国籍の違いなどのハードルも盛りだくさん。

でもそれは、ふたりの絆が磐石であるしるしなのです。
ふたりは地球で生きる上で必要だった古いやり方や概念を少しずつ捨てていき、宇宙エネルギーという存在に戻ろうとしているのです。ふたつの魂には、地球上にたくさんの愛を広げていく使命があるのです。

そんな魂のパートナーに出逢ってしまったあなた、そしてこれから出逢おうとしているあなたにたくさんの幸せが訪れますように。
ふたりの「愛」がもっともっと大きく深い愛になりますように。
そして虹色の愛が地球上に溢れますように。
心を込めて宇宙からのメッセージをお届けいたします。

〈目次〉

はじめに  魂のパートナー・ソウルバディ
第一章 ソウルバディとの出逢い
第二章 虹色の愛
第三章 一筋縄ではいかないバディジャーニー
第四章 宇宙規模での計画
第五章 自分に向き合う時期の過ごし方
第六章 自分を癒す
第七章 宇宙からのいろんな教え
第八章 愛
第九章 既婚のソウルバディたち
第十章 ソウルバディジャーニーをまい進する決意
あとがき

13 位
哲学入門

哲学入門(メーカー 三木 清)

発売日 2012-10-04  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

14 位
生きるとは (高校倫理からの哲学 第1巻)

生きるとは (高校倫理からの哲学 第1巻)(メーカー 岩波書店 )

発売日 2012-07-05  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

レビューは有りません。

15 位
霊的叡智の宝庫 シルバーバーチの教え(新版・上)

霊的叡智の宝庫 シルバーバーチの教え(新版・上)(メーカー スピリチュアリズム普及会 A・W・オースティン)

発売日 2017-04-01  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

稀有の霊界通信『シルバーバーチの霊訓』シリーズの一つ。『シルバーバーチの霊訓』は、その内容の深さ・広さにおいて、人類が手にした最高の真理と呼ぶにふさわしいものです。本書はシリーズの中で最も分量が多く、テーマも多岐にわたっています。シルバーバーチの思想の全体を知るには最適な一冊で、シルバーバーチの入門書と言うべきものです。

※新版発行にあたって、旧版『シルバーバーチを語る』を『霊的叡智の宝庫―シルバーバーチの教え』に改題し、上巻・下巻の2冊に編集しました。本書は上巻。

<上巻目次>
巻頭言
編集者まえがき
序文 ハンネン・スワッファー
一章 通信霊シルバーバーチについて
二章 シルバーバーチの霊界通信の目的
三章 霊界を挙げての大計画
四章 スピリチュアリズムが目指す新しい世界
五章 神とはどのような存在か
六章 すべてを支配する神の摂理
七章 正しい祈りとは
八章 地上の宗教の間違い
九章 キリスト教の人工的教義の間違い
十章 霊的進化の道を歩む神の子供たち
十一章 死後の世界
十二章 睡眠中は何をしているのか
十三章 再生(生まれ変わり)

<スピリチュアリズム普及会の紹介>
スピリチュアリズムの霊的真理の普及を願う者たちが集まり、純粋なボランティア・サークルとして、30年以上にわたって活動しています。一人でも多くの方にスピリチュアリズムの霊的真理を知っていただくために、スピリチュアリズム関連書籍の自費出版やインターネットによる情報提供、スピリチュアル・ヒーリングの奉仕活動などを行っています。

16 位
宇宙一美しい奇跡の数式

宇宙一美しい奇跡の数式(メーカー きこ書房 ノ・ジェス)

発売日 2017-05-21  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

古今東西の哲学者や宗教家が追い求めてきた「悟りの境地」。

しかしそれは、修行などを重ねた本人が到達できても、それをうまく他者に伝えることができない、とても難しい概念でした。

本書は脳科学や量子力学などの側面から人間が持っている固定観念を分析し、そしてそれを解体する一冊です。
著者は「悟り」とはなにかを科学的に考え抜き、それを端的に表現する方法を見つけたのです。
それこそが本書の表紙に書かれたひとつの数式。
すなわち

0=∞=1

です。

これは近年、注目が集まっている「マインドフルネス」が最終的に行き着く境地――といっても過言ではないでしょう。


本書は著者と質問者の対話形式で進んでいきます。
読み進めていくと、あなたはいつしか「悟り」の概念を理解し、まったく新しい自分を見つけているはずです。


もくじ
PROLOGUE 0=∞=1 真実の世界の発見
CHAPTER1 自分と自分の宇宙がない状態
CHAPTER2 この世界を、どう見るのか?
CHAPTER3 錯覚から目覚める
CHAPTER4 人間は、ほんとうにすごい
解説 真実の世界のメカニズム

17 位
苫米地式 「幸せ脳」のつくり方

苫米地式 「幸せ脳」のつくり方(メーカー 苫米地英人)

発売日 2019-09-19  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

テーマは誰にでも簡単にできる「幸せ脳」のくり方です。
「幸せ脳」とは、いま現在の自分を「幸せ」と感じるようになる脳のことをいいます。言い換えれば、現在、不幸だと思っている人でも、一瞬で幸せになれる脳ということです。

「幸せとは何か?」ということを理解した上で、「1日10分トレーニング」を実践すれば、「本当の幸せ」を手に入れられることができます。



*****
この書籍は2010年5月にイースト・プレスから発行された『苫米地式「幸せ脳」のつくり方-「本当の自由」を手に入れる いちばん簡単な方法 』を再編集し電子書籍化したものです。

18 位
苫米地博士の「知の教室」: 本当の知性とは難しいことをわかりやすく説明することです!

苫米地博士の「知の教室」: 本当の知性とは難しいことをわかりやすく説明することです!(メーカー サイゾー 苫米地 英人)

発売日 2017-09-10  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

Q.博士、四次元ってなんですか?
A.それは「待ち合わせ」で考えれば簡単にわかるよ。

Q.悟りって答えが見つかるってことじゃないんですか?
A.違うよ。悟りって問題解決の手段じゃないよ。問題を認識しないことだよ。

Q.時間は未来から過去に流れるんですか! ?
A.科学ではすでにそれが常識、相対論では時間はマイナスだからね。


四次元、正義、洗脳、瞑想、幸せ、記憶、怒り、時間、悟り……って何だ? ? ?
知っているようで知らない「森羅万象の本質」を問答方式で優しく解説。
巨大な知のつぼに巻き込まれ一瞬溺れそうになるが、最後には快感に浸る一冊!

19 位
個人的知識―脱批判哲学をめざして

個人的知識―脱批判哲学をめざして(メーカー マイケル・ポラニー)

発売日 2018-02-07  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

個人的知識―脱批判哲学をめざして [単行本] [Dec 01, 1985] マイケル・ポラニー; 長尾 史郎 …

20 位
無知の壁: 「自分」について脳と仏教から考える (サンガ新書)

無知の壁: 「自分」について脳と仏教から考える (サンガ新書)(メーカー サンガ 養老孟司)

発売日 2015-12-27  希望価格 販売価格
2019-10-23 の情報

◎養老孟司氏とアルボムッレ・スマナサーラ長老の対談! 聞き手は釈徹宗氏!

問題が太刀打ちできないほど大きくなってしまうのは、
私たちの心が「自我の錯覚」という病にかかっているから。
――では、どうすればいい?
解剖学者と初期仏教長老が実践する
「自分」をはずして、楽に生きるための智慧!


◆「本当の自分」なんてない! ◆
『バカの壁』と『無知の壁』の共通点を見つけ出し
『「自分」の壁』を越えてゆく!!


著書『バカの壁』で「脳は知りたくない情報を遮断する」という事実を大胆に指摘し、新著『「自分」の壁』で「『自分探し』なんてムダなこと」と喝破する解剖学者・養老孟司氏。この「壁」の議論をさらに深めていく、初期仏教・アルボムッレ・スマナサーラ長老との対話。聞き手・釈徹宗氏の卓越した問いで、解剖学者が考える「バカ」と仏教の「無知」の共通点が明らかになり、知者の意見が一致する。「本当の自分」なんてない!