Amazon通販  ワイルド・スピード 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

DVD内の分類

外国映画内の詳細

 外国映画
ドラマ
ヒューマン
ファミリー
ラブ&ロマンス
犯罪
文芸
アクション
スパイ
パニック
アジアンアクション
刑事
戦争
犯罪・ギャング
総合
SF
SFアクション
SFアドベンチャー
エスエフ
スター・ウォーズ
ファンタジー
モンスター
エイリアン・ミュータント
近未来
ミステリー・サスペンス
官能サスペンス
ミステリー
サスペンス
コメディ
ラブコメディ
アクションコメディ
ドタバタ・パロディ
ヒューマンコメディー
ブラックコメディー
ラブロマンス
ホラー
オカルト・サイコ
スプラッタ
アドベンチャー
ファミリー
青春
ファンタジー
ミュージカル・音楽映画
戦争
エロス
ドキュメンタリー
西部劇
史劇
伝記
Deprecated Nodes
クラシックス
未公開フィルム
General AAS
 シリーズ別
  007
  13日の金曜日
  TAXI
  X-MEN
  アイス・エイジ
  インファナル・アフェア
  エイリアン
  エクソシスト
  エルム街の悪夢
  オーメン
  ゴッドファーザー
  ジョーズ
  スタートレック
  スパイダーマン
  スーパーマン
  ターミネーター
  ダイ・ハード
  トランスポーター
  ドラゴン
  ハリー・ポッター
  バック・トゥー・ザ・フューチャー
  バットマン
  パイレーツ・オブ・カリビアン
  マトリックス
  ミッション:インポッシブル
  リーサル・ウェポン
  ロッキー
  ロード・オブ・ザ・リング
  ワイルド・スピード
  猿の惑星
  男たちの挽歌
  裸の銃を持つ男

トップ → DVD → 外国映画 →  ワイルド・スピード


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
ワイルド・スピード トリロジーBOX<初回生産限定商品> [Blu-ray]

ワイルド・スピード トリロジーBOX<初回生産限定商品> [Blu-ray](メーカー ジェネオン・ユニバーサル )

発売日 2009-09-18  希望価格¥ 13,440 販売価格¥ 4,280
2017-11-22 の情報

レビューは有りません。

2 位
ワイルド・スピード クアドリロジーDVD SET 【初回生産限定】

ワイルド・スピード クアドリロジーDVD SET 【初回生産限定】(メーカー ジェネオン・ユニバーサル )

発売日 2010-02-17  希望価格¥ 4,980 販売価格¥ 2,900
2017-11-22 の情報

レビューは有りません。

3 位
ワイルド・スピードMAX [Blu-ray]

ワイルド・スピードMAX [Blu-ray](メーカー ジェネオン・ユニバーサル )

発売日 2010-02-17  希望価格 販売価格¥ 1,300
2017-11-22 の情報

レビューは有りません。

4 位
ワイルド・スピード 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD]

ワイルド・スピード 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD](メーカー ジェネオン・ユニバーサル )

発売日 2012-05-26  希望価格¥ 1,800 販売価格¥ 1,800
2017-11-22 の情報

喜んでいただけるよう丁寧に梱包し、迅速に発送させていただきます。

5 位
ワイルド・スピード [DVD]

ワイルド・スピード [DVD](メーカー ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン )

発売日 2006-04-01  希望価格¥ 1,851 販売価格¥ 2,099
2017-11-22 の情報

   ハイスピードで走るトラックの積荷を、改造車が疾走しながら盗むという強奪事件が多発。そんな折り、ロスのストリートに君臨するドミニク(ヴィン・ディーゼル)の前に、ある日謎の若者ブライアン(ポール・ウォーカー)が現れ、ストリート・レースの勝負を挑む。結果はドミニクの勝利に終わるが、それを機にブライアンは彼らの仲間に加わることになった。しかし、彼の正体は…。
   ストリート・レースに興じる若者たちの姿を描いたヴァイオレンス・カー・アクション映画。正直ドラマそのものは大したことはなく、また現実に考えれば迷惑極まりない連中しか登場しないのだが、彼らの心意気がびんびんに伝わってくるのと、カー・アクションのダイナミック描写ゆえ、まったく飽きることがない。まさに改造車が馬のように雄叫びをあげながら疾走する現代版西部劇といっても過言ではない快作である。(的田也寸志)

6 位
ワイルド・スピード × 2 [DVD]

ワイルド・スピード × 2 [DVD](メーカー ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン )

発売日 2003-12-26  希望価格¥ 4,104 販売価格¥ 4,104
2017-11-22 の情報

   オープニング、違法の路上カーレースから、いきなりアドレナリンを上昇させる。アクセルを踏み、スピードアップするシークエンスは、絶妙な編集と音響によって臨場感ばっちりに映像化され、はっきり言って前作以上の仕上がりだ。監督ジョン・シングルトンの、ミュージック・クリップ的なノリが、ここではいい方向に作用している。
   前作で、ロスのストリートレースの世界で潜入捜査に成功するも、その中心人物を逃がした主人公・ブライアン。警官を辞め、フロリダの裏レース界で名を馳せる彼が、ふたたび潜入捜査を依頼される。物語にとくに新しさはないが、この続編は、車やキャラの個性と、テンポのよい展開が持ち味になっている。ドライバーの好みに合わせたペイントやチューンナップがユニークで、なかでも人気の日系モデル、デヴォン青木が演じるスキの、ド派手ピンクの「ホンダS2000」が目を引く。このあたりは女性観客を意識しているのだろう。俳優たちも、それぞれが与えられた役どころに順応し、無理のない演技で、いい味だ。
   巨大ガレージから100台以上の車が一気に飛び出すカーチェイスや、川岸から船へ大ジャンプする車などのシーンには、ストレートに、そして大いに興奮させられる。VFX技術をひけらかすアクションではなく、物語のためのアクションを満喫できる、極めてまっとうな作品なのだ。(斉藤博昭)

7 位
ワイルド・スピードMAX [DVD]

ワイルド・スピードMAX [DVD](メーカー ジェネオン・ユニバーサル )

発売日 2010-02-17  希望価格¥ 4,104 販売価格¥ 2,480
2017-11-22 の情報

レビューは有りません。

8 位
ワイルド・スピード クアドリロジーBlu-ray SET 【初回生産限定】

ワイルド・スピード クアドリロジーBlu-ray SET 【初回生産限定】(メーカー ジェネオン・ユニバーサル )

発売日 2010-02-17  希望価格¥ 6,815 販売価格¥ 6,680
2017-11-22 の情報

レビューは有りません。

9 位
ワイルド・スピード ― コレクターズ・エディション [DVD]

ワイルド・スピード ― コレクターズ・エディション [DVD](メーカー ソニー・ピクチャーズエンタテインメント )

発売日 2002-04-26  希望価格¥ 4,104 販売価格¥ 3,940
2017-11-22 の情報

   ハイスピードで走るトラックの積荷を、改造車が疾走しながら盗むという強奪事件が多発。そんな折り、ロスのストリートに君臨するドミニク(ヴィン・ディーゼル)の前に、ある日謎の若者ブライアン(ポール・ウォーカー)が現れ、ストリート・レースの勝負を挑む。結果はドミニクの勝利に終わるが、それを機にブライアンは彼らの仲間に加わることになった。しかし、彼の正体は…。
   ストリート・レースに興じる若者たちの姿を描いたヴァイオレンス・カー・アクション映画。正直ドラマそのものは大したことはなく、また現実に考えれば迷惑極まりない連中しか登場しないのだが、彼らの心意気がびんびんに伝わってくるのと、カー・アクションのダイナミック描写ゆえ、まったく飽きることがない。まさに改造車が馬のように雄叫びをあげながら疾走する現代版西部劇といっても過言ではない快作である。(的田也寸志)

10 位
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT [DVD]

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT [DVD](メーカー ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン )

発売日 2006-12-22  希望価格 販売価格¥ 1,680
2017-11-22 の情報

   人気カーアクション・シリーズの第3弾は、東京が舞台。カリフォルニアの高校生ショーンが暴走事故を起こし、少年院送りになる代わりに、軍人の父が住む日本へ行くことになる。東京都心での狭い道や立体パーキング、急カーブの山道で繰り広げられるドリフト走行のレースは、過去2作とは違う緊密なスペクタクル感を生み出した。レースシーンは日本でのロケに、セットでの撮影、CGを合成。渋谷のスクランブル交差点で大爆発が起こるなど、“ありえない”状況が無理なく映像化されている。
   アクション以外でも、日本人にとってはカルチャーギャップのドラマが楽しめる。詰め襟を着たショーンの姿も笑えるが、高校の食堂での懐石料理風メニューや、渋谷ギャルのメイクなど、ちょっぴり変な日本もご愛嬌。ツッコミを入れるのも、それはそれでおもしろい。日米混合のキャストのなかでは、わずかなシーンながら妻夫木聡、柴田理恵など豪華なゲスト出演が見どころ。これまでのシリーズが、どちらかと言えばカーアクション・ファン向けだったが、この3作目は娯楽作として、とくに日本でより多くの層にアピールする作りになった。(斉藤博昭)

11 位
ワイルド・スピード [Blu-ray]

ワイルド・スピード [Blu-ray](メーカー ジェネオン・ユニバーサル )

発売日 2009-09-18  希望価格 販売価格¥ 1,980
2017-11-22 の情報

レビューは有りません。

12 位
ワイルド・スピードX2 [DVD]

ワイルド・スピードX2 [DVD](メーカー ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン )

発売日 2006-04-01  希望価格 販売価格¥ 1,280
2017-11-22 の情報

   オープニング、違法の路上カーレースから、いきなりアドレナリンを上昇させる。アクセルを踏み、スピードアップするシークエンスは、絶妙な編集と音響によって臨場感ばっちりに映像化され、はっきり言って前作以上の仕上がりだ。監督ジョン・シングルトンの、ミュージック・クリップ的なノリが、ここではいい方向に作用している。
   前作で、ロスのストリートレースの世界で潜入捜査に成功するも、その中心人物を逃がした主人公・ブライアン。警官を辞め、フロリダの裏レース界で名を馳せる彼が、ふたたび潜入捜査を依頼される。物語にとくに新しさはないが、この続編は、車やキャラの個性と、テンポのよい展開が持ち味になっている。ドライバーの好みに合わせたペイントやチューンナップがユニークで、なかでも人気の日系モデル、デヴォン青木が演じるスキの、ド派手ピンクの「ホンダS2000」が目を引く。このあたりは女性観客を意識しているのだろう。俳優たちも、それぞれが与えられた役どころに順応し、無理のない演技で、いい味だ。
   巨大ガレージから100台以上の車が一気に飛び出すカーチェイスや、川岸から船へ大ジャンプする車などのシーンには、ストレートに、そして大いに興奮させられる。VFX技術をひけらかすアクションではなく、物語のためのアクションを満喫できる、極めてまっとうな作品なのだ。(斉藤博昭)

13 位
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT [Blu-ray]

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT [Blu-ray](メーカー ジェネオン・ユニバーサル )

発売日 2009-09-18  希望価格 販売価格¥ 1,380
2017-11-22 の情報

レビューは有りません。

14 位
ワイルド・スピードX2 [Blu-ray]

ワイルド・スピードX2 [Blu-ray](メーカー ジェネオン・ユニバーサル )

発売日 2009-09-18  希望価格 販売価格¥ 1,580
2017-11-22 の情報

レビューは有りません。

15 位
ワイルド・スピード コレクターズ・エディション [DVD]

ワイルド・スピード コレクターズ・エディション [DVD](メーカー ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント )

発売日 2004-06-23  希望価格 販売価格
2017-11-22 の情報

   ハイスピードで走るトラックの積荷を、改造車が疾走しながら盗むという強奪事件が多発。そんな折り、ロスのストリートに君臨するドミニク(ヴィン・ディーゼル)の前に、ある日謎の若者ブライアン(ポール・ウォーカー)が現れ、ストリート・レースの勝負を挑む。結果はドミニクの勝利に終わるが、それを機にブライアンは彼らの仲間に加わることになった。しかし、彼の正体は…。
   ストリート・レースに興じる若者たちの姿を描いたヴァイオレンス・カー・アクション映画。正直ドラマそのものは大したことはなく、また現実に考えれば迷惑極まりない連中しか登場しないのだが、彼らの心意気がびんびんに伝わってくるのと、カー・アクションのダイナミック描写ゆえ、まったく飽きることがない。まさに改造車が馬のように雄叫びをあげながら疾走する現代版西部劇といっても過言ではない快作である。(的田也寸志)

16 位
ワイルド・スピード ターボ・エディション [DVD]

ワイルド・スピード ターボ・エディション [DVD](メーカー ソニー・ピクチャーズエンタテインメント )

発売日 2003-08-27  希望価格¥ 4,104 販売価格¥ 4,104
2017-11-22 の情報

   ハイスピードで走るトラックの積荷を、改造車が疾走しながら盗むという強奪事件が多発。そんな折り、ロスのストリートに君臨するドミニク(ヴィン・ディーゼル)の前に、ある日謎の若者ブライアン(ポール・ウォーカー)が現れ、ストリート・レースの勝負を挑む。結果はドミニクの勝利に終わるが、それを機にブライアンは彼らの仲間に加わることになった。しかし、彼の正体は…。
   ストリート・レースに興じる若者たちの姿を描いたヴァイオレンス・カー・アクション映画。正直ドラマそのものは大したことはなく、また現実に考えれば迷惑極まりない連中しか登場しないのだが、彼らの心意気がびんびんに伝わってくるのと、カー・アクションのダイナミック描写ゆえ、まったく飽きることがない。まさに改造車が馬のように雄叫びをあげながら疾走する現代版西部劇といっても過言ではない快作である。(的田也寸志)

17 位
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 【プレミアム・ベスト・コレクション¥1800】 [DVD]

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 【プレミアム・ベスト・コレクション¥1800】 [DVD](メーカー UPJ/ジェネオン エンタテインメント )

発売日 2011-11-28  希望価格¥ 1,800 販売価格¥ 980
2017-11-22 の情報

レビューは有りません。

18 位
ワイルド・スピード×2 (UMD Video)

ワイルド・スピード×2 (UMD Video)(メーカー ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン )

発売日 2005-11-25  希望価格 販売価格
2017-11-22 の情報

   オープニング、違法の路上カーレースから、いきなりアドレナリンを上昇させる。アクセルを踏み、スピードアップするシークエンスは、絶妙な編集と音響によって臨場感ばっちりに映像化され、はっきり言って前作以上の仕上がりだ。監督ジョン・シングルトンの、ミュージック・クリップ的なノリが、ここではいい方向に作用している。
   前作で、ロスのストリートレースの世界で潜入捜査に成功するも、その中心人物を逃がした主人公・ブライアン。警官を辞め、フロリダの裏レース界で名を馳せる彼が、ふたたび潜入捜査を依頼される。物語にとくに新しさはないが、この続編は、車やキャラの個性と、テンポのよい展開が持ち味になっている。ドライバーの好みに合わせたペイントやチューンナップがユニークで、なかでも人気の日系モデル、デヴォン青木が演じるスキの、ド派手ピンクの「ホンダS2000」が目を引く。このあたりは女性観客を意識しているのだろう。俳優たちも、それぞれが与えられた役どころに順応し、無理のない演技で、いい味だ。
   巨大ガレージから100台以上の車が一気に飛び出すカーチェイスや、川岸から船へ大ジャンプする車などのシーンには、ストレートに、そして大いに興奮させられる。VFX技術をひけらかすアクションではなく、物語のためのアクションを満喫できる、極めてまっとうな作品なのだ。(斉藤博昭)

19 位
ワイルド・スピード (UMD Video)

ワイルド・スピード (UMD Video)(メーカー ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン )

発売日 2005-11-25  希望価格 販売価格
2017-11-22 の情報

   ハイスピードで走るトラックの積荷を、改造車が疾走しながら盗むという強奪事件が多発。そんな折り、ロスのストリートに君臨するドミニク(ヴィン・ディーゼル)の前に、ある日謎の若者ブライアン(ポール・ウォーカー)が現れ、ストリート・レースの勝負を挑む。結果はドミニクの勝利に終わるが、それを機にブライアンは彼らの仲間に加わることになった。しかし、彼の正体は…。
   ストリート・レースに興じる若者たちの姿を描いたヴァイオレンス・カー・アクション映画。正直ドラマそのものは大したことはなく、また現実に考えれば迷惑極まりない連中しか登場しないのだが、彼らの心意気がびんびんに伝わってくるのと、カー・アクションのダイナミック描写ゆえ、まったく飽きることがない。まさに改造車が馬のように雄叫びをあげながら疾走する現代版西部劇といっても過言ではない快作である。(的田也寸志)

20 位
ワイルド・スピード×2 [DVD]

ワイルド・スピード×2 [DVD](メーカー ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン )

発売日 2005-04-08  希望価格¥ 1,609 販売価格¥ 1,440
2017-11-22 の情報

   オープニング、違法の路上カーレースから、いきなりアドレナリンを上昇させる。アクセルを踏み、スピードアップするシークエンスは、絶妙な編集と音響によって臨場感ばっちりに映像化され、はっきり言って前作以上の仕上がりだ。監督ジョン・シングルトンの、ミュージック・クリップ的なノリが、ここではいい方向に作用している。
   前作で、ロスのストリートレースの世界で潜入捜査に成功するも、その中心人物を逃がした主人公・ブライアン。警官を辞め、フロリダの裏レース界で名を馳せる彼が、ふたたび潜入捜査を依頼される。物語にとくに新しさはないが、この続編は、車やキャラの個性と、テンポのよい展開が持ち味になっている。ドライバーの好みに合わせたペイントやチューンナップがユニークで、なかでも人気の日系モデル、デヴォン青木が演じるスキの、ド派手ピンクの「ホンダS2000」が目を引く。このあたりは女性観客を意識しているのだろう。俳優たちも、それぞれが与えられた役どころに順応し、無理のない演技で、いい味だ。
   巨大ガレージから100台以上の車が一気に飛び出すカーチェイスや、川岸から船へ大ジャンプする車などのシーンには、ストレートに、そして大いに興奮させられる。VFX技術をひけらかすアクションではなく、物語のためのアクションを満喫できる、極めてまっとうな作品なのだ。(斉藤博昭)