Amazon通販 フォーライフレコード 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

音楽内の分類

J-POP内の詳細

 J-POP
ロック
J-Rock1
J-Rock2
J-Rock3
ポップス
男性ソロ
女性ソロ
グループ
全般
アイドルポップ
60年代以前
70年代
80年代
90年代以降
全般
パンク・オルタナティヴ
ソウル・R&B
ヒップホップ
テクノ
ダンス・ユーロビート
フォーク・ニューミュージック
フォーク
カレッジフォーク
関西フォーク
叙情派フォーク
ニューフォーク
ニューミュージック
 アーティスト別
  あ行
  か行
  さ行
  た行
  な行
  は行
  ま行
  や・ら・わ行
全般
沖縄民謡・沖縄ポップス
インストゥルメンタル
コンピレーション
レゲエ
レーベル別
BMGファンハウス
エイベックス
キングレコード
ジェネオン エンタテインメント
ジャニーズエンタテイメント
ソニー・ミュージックエンタテインメント
テイチクエンタテインメント
トライエム
バップ
ビクターエンタテインメント
ビーグラムレコーズ
フォーライフレコード
ベルウッド・レコード
ポニーキャニオン
ユニバーサルミュージック
ロードランナー・ジャパン
ワーナーミュージック・ジャパン
徳間ジャパンコミュニケーションズ
日本クラウン
日本コロムビア
東芝EMI
全般

トップ → 音楽 → J-POP → フォーライフレコード


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
GOLDEN BEST

GOLDEN BEST(アーティスト 井上陽水 )

発売日 1999-07-28  希望価格¥ 3,909 販売価格¥ 3,514
2018-4-27 の情報

1999年:フォーライフ

2 位
1996

1996(アーティスト 坂本龍一 )

発売日 1996-05-16  希望価格¥ 3,146 販売価格¥ 4,480
2018-4-27 の情報

1996 坂本龍一 | 形式: CD

3 位
GOLDEN☆BEST OUR SONG~彼の歌は君の歌~

GOLDEN☆BEST OUR SONG~彼の歌は君の歌~(アーティスト 原田真二 )

発売日 2002-11-20  希望価格¥ 2,037 販売価格¥ 1,831
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

4 位
ANRI the BEST

ANRI the BEST(アーティスト 杏里 )

発売日 2000-05-23  希望価格¥ 3,703 販売価格¥ 3,329
2018-4-27 の情報

   夏がよく似合う爽やかな歌声とライトなダンス・サウンドで、80年代にヒット・アルバムを量産したポップ・シンガー、杏里の代表曲を完全網羅した2枚組ベスト・アルバム。尾崎亜美のペンになる名バラード「オリビアを聴きながら」でさっそうとシーンに登場した彼女が、本格的なブレイク・ポイントを迎えるのは80年代前半のこと。アニメ主題歌「CAT'S EYE」や、角松敏生をプロデューサーに迎えた「悲しみがとまらない」が連続ヒットを記録したあたりだ。個人的にも、角松プロデュースの名作『Timely!』(1983年)の頃の彼女がひときわ印象深いだけに、角松らしいバラード「I CAN'T EVER CHANGE YOUR LOVE FOR ME」で幕を閉じる本盤の選曲は大正解だと思う。(木村ユタカ)

5 位
原田知世 Best Harvest

原田知世 Best Harvest(アーティスト 原田知世 )

発売日 2001-11-21  希望価格¥ 3,146 販売価格¥ 2,828
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

6 位
BEST~風~

BEST~風~(アーティスト 長渕剛 )

発売日 2002-06-26  希望価格¥ 2,674 販売価格¥ 2,404
2018-4-27 の情報

   1976年<1>でヤマハのポプコンに入賞を果たし、翌77年に『雨の嵐山』でシーンに参戦した長渕剛。そのデビュー25周年を記念して発表したスーパーベストの第1弾がこちらである。これまで世に放ったナンバーの中から本人自らがチョイスしたという26タイトルを収録。基本的に年代順といった並びになっているのでヴォーカルを含め長渕流が確立されていく様もよくわかる。1978年に先述の受賞曲をレコード化したことが本格的な始動と見る向きもあるようではあるが、まあ何はともあれ、歌い続けた四半世紀に乾杯なのである。(春野丸緒)

7 位
Re-View

Re-View(アーティスト 井上陽水 )

発売日 1987-07-20  希望価格¥ 3,251 販売価格¥ 3,850
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

8 位
LIFE

LIFE(アーティスト 吉田拓郎 )

発売日 1996-04-18  希望価格 販売価格
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

9 位
Future Listening!

Future Listening!(アーティスト テイ・トウワ )

発売日 1994-10-20  希望価格 販売価格
2018-4-27 の情報

Future Listening! [CD] テイ・トウワ; 鄭東和

10 位
Blue Selection

Blue Selection(アーティスト 井上陽水 )

発売日 2002-11-20  希望価格¥ 3,146 販売価格¥ 2,832
2018-4-27 の情報

初回限定紙ジャケット仕様。2002年:フォーライフ

11 位
GOLDEN BAD

GOLDEN BAD(アーティスト 井上陽水 )

発売日 2000-07-28  希望価格¥ 2,571 販売価格¥ 2,312
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

12 位
春夏秋冬

春夏秋冬(アーティスト 泉谷しげる )

発売日 1994-11-17  希望価格¥ 1,888 販売価格¥ 1,767
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

13 位
Sugar Dream

Sugar Dream(アーティスト Sugar )

発売日 1994-06-16  希望価格¥ 1,888 販売価格¥ 1,682
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

14 位
Long time no see

Long time no see(アーティスト 吉田拓郎 )

発売日 1995-06-20  希望価格¥ 3,146 販売価格¥ 3,146
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

15 位
best

best(アーティスト MONDO GROSSO )

発売日 2000  希望価格¥ 2,571 販売価格¥ 2,571
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

16 位
BEST~空~

BEST~空~(アーティスト 長渕剛 )

発売日 2002-06-20  希望価格¥ 2,674 販売価格¥ 2,308
2018-4-27 の情報

   こちらはデビュー25周年を記念して発表したスーパーベストの第2弾である。やはり長渕自らが選曲したという27曲をパッケージしているわけだが、CDの帯によく目を凝らしてみると「名曲」という文字の箇所にフェイバリット・ソングスというルビが見られる。自身の思い入れの強いナンバーをそろえたという意味か? ピック・アップされた1つ1つの曲に隠された、彼の心の機微なども思いばかって聴いてみると(容易ではないだろうが)、より深く長渕ワールドに浸ることができるのではないだろうか。(春野丸緒)

17 位
THE BEST PENNY LANE

THE BEST PENNY LANE(アーティスト 吉田拓郎 )

発売日 1999-11-02  希望価格 販売価格
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

18 位
KYOTO JAZZ MASSIVE presents:CROSSBREED-a collectio

KYOTO JAZZ MASSIVE presents:CROSSBREED-a collectio(アーティスト KYOTO JAZZ MASSIVE )

発売日 2000-12-20  希望価格¥ 2,674 販売価格¥ 2,015
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

19 位
夢の時へ‾JOURNEY INTO PRECIOUS TIME

夢の時へ‾JOURNEY INTO PRECIOUS TIME(アーティスト 中村由利子 )

発売日 1995-10-19  希望価格¥ 3,146 販売価格¥ 3,146
2018-4-27 の情報

レビューは有りません。

20 位
GOLDEN BEST SUPER

GOLDEN BEST SUPER(アーティスト 井上陽水 )

発売日 2003-06-25  希望価格¥ 4,298 販売価格¥ 4,298
2018-4-27 の情報

200万枚のセールスを記録した『GOLDEN BEST』に10曲入りのDISC3を加えた限定ベスト。聴きどころは何と言っても、DISC3に収録された7曲のライヴ・ヴァージョン。ライヴならではの意外なアイデアをちりばめた7曲を聴いていると、独特の空気感を伝えるメロディと言葉と声がゆったりと体のなかに入り込んでくるのを感じる。それは、あまりにも中毒性の高い、甘くて隠微な体験。それにしても、彼の持つ音楽性の奥深さには、あらためて驚かされる。 (森 朋之)