Amazon ジャンル別売り上げ順総覧    お役立ちサイト集    サイトマップ ニュース速報版のトップ > 記事閲覧
【バイデン疑惑】まとめ
日時: 2020/11/02 18:03
名前: N/T

【米国】バイデン息子のハードディスク騒動、米有権者の5割以上が信じる…トランプ氏の支持率上昇 ラスムセン・レポート世論調査 ★19 [樽悶★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604294927/ より

83ニューノーマルの名無しさん2020/11/02(月) 14:42:35.96ID:R1YHevr20
あらすじ 1/3 (長文すまん。)
バイデン一族アメリカ国家転覆画策・中国スパイ共謀・ウクライナ等国際5カ国収賄マネロン・FBI腐敗・情報検閲等事件

2019年4月、酔っぱらったハンターバイデン(息子の方)が自分の水没したPCを地元のデラウェア州のPC修理店に出す。PCにはバイデン財団のステッカーあり。ハンターはアルコール中毒、ドラッグ中毒でもある。(4chカキコより真偽不明:ジョーバイデンがハンターとナタリー(姪)との肉体関係、妊娠?の写真のこと知り激怒してハンターのPCを池に投げ込む。ジョーはハリー(兄嫁)にも事実確認する。ハンターはデラウェアに戻りハリー(兄嫁)とも衝突。ハンターは池のPCを修理店に持ち込む。)

3台のうち1台だけHDDを修理できて代金を請求するも連絡とれず。一定期間過ぎたので修理店マックアイザックは契約として中身を見る。2019年8月、ウクライナゲートの問題はバイデン疑惑で店にあるとHDDのデータから店主は知ってしまう。2019年10月に保管期限迎えても取りに来ない上、電話連絡しても繋がらなかったので法によりPCの権利が修理業者に渡る。また沢山のエロや虐待の動画や画像のことも。中身を見た店主があまりの内容に自分の命が危ないのではないかとFBIに相談する。(ヒラリーのとき情報を知っている証言できる人がたくさん不審死したこともこの店主は知っているのだと思われる)

何回相談してもFBIは相手にせず。2019年12月になってやっとFBIは動く。店主自身の保護とセットでHDDを提供、FBIからは誰にも喋るなと言われPC本体を押収して召喚状を発行する。(押収の証明書の中にはFBI特別捜査官Joshua Wilsonの名前が捜査チームに入っていた。この人はFBIの児童ポルノ問題専門でトップの捜査官。FBIは気がついているしかし捜査できない。)
店主はこれで刑事事件となり、これでトランプの疑惑がはれると思ったがトランプ弾劾されてしまう。依然としてFBIに動きはない。

すぐ対応しないFBIのことを不審に思っていた店主はHDDのコピーを4つ作っていた。(なんで分割するのかと言うと、1つだった場合殺せば終わりだから重要性が高くなるが、複数に分散すれば情報吐き出させたり重要性が低くなって生き残る可能性が上がる為)
2020年になってもFBI側からなんのアクションもなく、ハンター関連のニュースも出なくて店主の不安がMAXに。

やはり自分は消されるのではないかと危惧した店主がデータのコピーを友人やトランプの個人弁護士であるNY市のジュリアーニ元市長などに託すことになる。2020年7月にジュリアーニの顧問弁護士を務めているコステロ氏に保護を訴えHDD提供(この段階で修理業者は保護された為情報が出なくなった)

ジュリアーニ元市長も当初はフェイクなのではないかと半信半疑。次第に裏が取れていきヤバイデータだとわかる。FBIは店主が通報した2019年8月からそこから1年も動いていなかった。(ジュリアーニがインタビューで店主が命の危険を感じたのは当然で笑うなと諭す動画があり。)

ウクライナ疑惑でジョーバイデンが表でトランプと汚職で戦っているとみせかけて実は裏で息子のハンターを通してウクライナから賄賂を得ていた。バイデン疑惑なのにトランプの問題にメディアと米民主党に仕立て上げられ下院で弾劾されたわけで、FBIが放置していたことにジュリアーニは激怒する。FBIに対して「おまえらも犯罪者だ!」と罵倒。(その時はまだ世間は、その意味が分からず…ジョーバイデン「息子と海外事業のことは一度も話したことない」と言っているが実際は正反対。HDDにはウクライナのエネルギー企業ブリスマ幹部からハンター宛てに父親と会わせてくれてよかったとのお礼のメールもあり。副大統領退任後にシンクタンクで「あと6時間でアメリカに帰る、ウクライナ政府が検察をクビにしないなら君らに金を貸さないぞ」と言ってやったと自慢している動画があり。ブリスマが収賄容疑で捜査される前に当時の副大統領の地位を利用して、ウクライナ政府に10億ドルの貸付取り消しで脅して、ウクライナの捜査担当の検事総長を圧力で解任させた。)


88ニューノーマルの名無しさん2020/11/02(月) 14:43:04.94ID:R1YHevr20>>100
あらすじ 2/3 (長文すまん。)

さらにジュリアーニからトランプ大統領側にデータがいく。トランプ激怒。演説で何度も「バイデンが勝利したらアメリカは中国の自由にされてしまう」と連呼するようになる。「バイデン一家は犯罪者だ!」とも発言(その時はまだ世間は意味が分からず、トランプの過激さを批判。これはハンターバイデンが中国のスパイとつながってアメリカの情報を売って金儲けをしていることのわかる肉声録音のことも把握しての発言とみられる。以後のTwitter検閲を受けて、今トランプ大統領は検索避けで対抗して#BidenCrimeFamiily。familyのiが2つなのはわざと。ちなみにTwitterの検索結果を操作されている。)

ハンターバイデンのHDDが流出したのでは?裏の取れた疑惑もあるぞ!とニューヨークポストが記事にする。即TwitterがNYポストのアカウントを凍結する。記事のURLも投稿できなくなり大問題になる。(後の上院でのCEOの対応でTwitter株価が21%落下。10/31にはNYポストのアカウントが2週間ぶりに凍結解除される。)この記事が出たのと同時期ぐらいにハンターの顧問弁護士が修理店にHDDを返せといってくる。

メディアがそんなのフェイク、ロシアの工作、陰謀論だ、あり得ない!との騒ぎ出す中、米国にいる反習近平派団体(反腐敗派)の華僑が「本当にあるんですよ、中国はこうやってカードを握って米国を操っているんです、本国の腐敗をどうにかしたい」と大量のデータを公開。

大混乱。TwitterとFacebook等がバイデンに不利なコメントをどんどん削除する。Twiterでは反習近平派の中国系サイトのハンター動画や記事URLをツイートできなくする。当該記事をツイートすればアカウントを即凍結される。

Twitter、facebook、googleなどbig techが情報を検閲してることにトランプと米上院が激怒。通信品位法230条問題でTwitter、FacebookのCEOを召喚。ザッカーバーグが半泣きで「FBIの指示でやった」と証言、TwitterCEOはニューヨークポストはログインし直せば凍結は解除され投稿できると嘘をつく。

その頃、ハンターの元ビジネス仲間ボブリンスキーがFOXでインタビューを応じる。(そのFOXの公式動画をyoutubeがなぜか著作権で削除する。TwitterとFacebookが目立っただけでそれ以前からgoogleも検閲していたことが司法省の独占禁止法違反の動きに関連していると思われる。)ボブリンスキーはサイノホークCEO。証拠となるメールが保存された携帯電話3台をFBIに提出すると述べる。
ハンターが契約に反してボブリンスキーに新会社への出資金のうち500万ドル(約5億2000万円)をバイデン氏一家に渡せと言い出して、ボブリンスキーがそれを拒否したという背景がある。「HDDの疑惑メールはすべて事実だ」と証言する。またハンターの肉声録音テープで「中国スパイのビジネスパートナーが失踪してデカイ事業が破綻しちまった〜」というものも公開される。売国活動に父親バイデンが関わっていた証拠も出る。バイデン一族はそれで金儲けをしていたのだ。

ハンターのメールには中国企業とのスパイビジネスの儲けの山分けについて書かれていた。(メールはヘッダーの解析で本物)
取り分(合計100)イニシャル 株式の保有割り当て
(←半沢の箕部幹事長のやつに似ている。ただしバイデンのバックにはもっと大物のジョージソロスがいる。またヒラリーもいる。背後に組織が存在。ソロスの背後には誰がいるのか?)

20 H  ←ハンターバイデンを意味する
20 RW ←ロブウォーカー(ハンターのビジネスパートナー)
20 JG ←?何故か公表されていない←オバマの隠語?Jorg Grayオバマ記念腕時計JG6500あり。それともメールの送り主James Gilliarか?
20 TB ←トニーボブリンスキーが顔出しでTBは自分だと証言する。文章は本物でbig guyはJoe bidenで正しいと。
10 JIM ←ジムバイデン (ハンターの叔父 ジェームズ・バイデンとの指摘があり修正しました)
10 big guy ←誰?←噂の通りJoe biden(ハンターの父親)ボブリンスキーの証言あり。2015年の車番がTHEBIGGUYの画像も見つかっている。

100ニューノーマルの名無しさん2020/11/02(月) 14:44:17.58ID:R1YHevr20
あらすじ 3/3(長文すまん。)>>88

メディアの作る偽イメージを信じてバイデンに投票してしまった支持者たちが検閲されていない情報を知り驚き「投票をキャンセルできますか?」がGoogle検索1位になる。これは郵便投票が既に終了していた為。そのワードを検索をした人は一緒にハンターのことも調べていることがわかっている。

その間にも次々とハンターバイデンの淫猥動画、画像がリークされる。単なる淫猥だけではない。 ←9インチ自撮り画像も無事世界デビュー。

公開された動画と同じ物がかなり前から米国のポルノ投稿サイトにあった事が発覚。ハンターバイデンのセックス動画投稿用のアカウントがバレる。

そのサイトにあった動画から、ハンターと兄嫁とのセックス動画、妹、姪、中華系の子供、有名人との…、背中のタトゥーの意味…、(虐待はそのサイトからではなくhddからみたい…)と次々と出て来る。同時期にジョーバイデンが史上最大の不正選挙の仕組みを作ったと動画で宣言する。NYで既にバイデンに既にチェックのつけられた投票用紙が送られてきたとの報告あり。

HDDのデータからオバマが南沙諸島での中国の活動を放置した経緯がわかるものが発掘される。
当時ハンターがオバマを説得して父親バイデンは中国にホワイトハウスの監視カメラの音声データをシークレットサービスを使って抽出させて、それを中国に送った。(ジョーバイデンは既に中国に弱みを握られている?)それから26時間以内に10億ドル(1000億円)が振り込まれた。10億ドルの一部はオバマにもいった。習近平は「これは軍事基地ではない」ということでオバマも実際にこの問題を放置した。

ジュリアーニ元市長がジョーバイデンは殺人犯と発言。バイデン一家はイラク、ウクライナ、ロシア、中国、ルーマニア、カザフから裏金をもらっている、その窓口がハンターになっていた。中国スパイとも繋がっている。またオバマの関与も示唆し始める。
(参考ハンターメールの「20 JG」はobamaか? 経緯 ttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604204967/153)

疑惑のデパートなんてレベルじゃねーぞ。真っ黒すぎて書ききれない。
カトリック公開書簡でトランプ大統領は闇の子どもたちを救える唯一の人です。ジョー・バイデンはただの操り人形で背後には組織があることをカトリックの公開書簡も暗に示している。中国でCIA要員殺害された事件もオバマやバイデンが中国に情報を売ったとの疑惑も出てきている。

国家安全保障会議(NSC)元戦略計画記局長のリッチ、ヒギンズ氏のTwitterでの投稿によるとハンターが2010年から中国から資金をもらい始めた同年から、米中央情報局(CIA)の諜報員が中国共産党の大捜査に遭い、30人あまりの諜報員が逮捕され処刑されたとのこと。直接的な言及には至っていないが、「彼がこの事件における国家機密漏洩にかかわっている国家反逆罪の疑いがあると示唆。

他にもビンラディン暗殺作戦を行ったネイビー・シールズのチーム6の参加者24名が全員不可解な状況で死んでおり、隊員の親族が元々情報部員だったこともありその遺族が調べてるという話も出ている。ちなみにジョーバイデンは33年前には学歴詐称で大統領選を撤退している。

カトリックの公開書簡 Covid-19 and Covid-21 と書かれてる。
https://catholicfamilynews.com/blog/2020/10/30/open-letter-to-president-donald-trump/

一連の事態は、アメリカという国家を揺るがす世紀の大事件ですよ。
尖閣諸島を中国に狙われている日本にも関係ある。〜しかし日本のテレビはこれを報道せず〜


-------------------------------------
以上です。
メンテ
お役立ちサイト集 ・ Amazon人気順総覧2ちゃんねるビューワ
Page: [1]

題名
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存
累計 「本音のCAD・CAM」のトップページに戻る