Amazon ジャンル別売り上げ順総覧    お役立ちサイト集    サイトマップ ニュース速報版のトップ > 記事閲覧
【民意】 名護市長選、基地反対派候補は惨敗
日時: 2018/02/05 18:47
名前: N/T

★【政治】民意は「オール沖縄」に「NO」辺野古移設に「YES」 稲嶺進「市民の選択。真摯に受け止める」 翁長雄志「忸怩たる思いだ」
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi?bbs=newsalpha&key=1517783180&ls=50

> 1 名前: モチモチの木φ ★ [sage] 投稿日: 2018/02/05(月) 07:26:20.96 ID:???
> ■稲嶺進氏が敗戦の弁「市民の選択。真摯に受け止める」 翁長雄志知事は「忸怩たる思いだ」
> 
> 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となった名護市長選で、
> 新人候補に敗れた無所属現職の稲嶺進氏=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=は4日夜、
> 「市民の選択の結果なので真摯に受け止めないといけない」と敗戦の弁を述べた。
> 敗因については「残念ながら辺野古移設問題が争点となり得ず、はぐらかされてしまった」と振り返った。
> 市内の後援会事務所で記者団に語った。
> 
> 稲嶺氏を支持した翁長雄志沖縄県知事も
> 「自民党中央の組織戦が大きな威力を発揮した。
> じくじたる思いだが、結果なのでしっかり受け止めたい」と語った
> 。秋に控える県知事選への影響については「一日一日だ。その時々の判断になると述べるにとどめた。
> 
> 
> ソース:http://www.sankei.com/politics/news/180204/plt1802040030-n1.html
メンテ
お役立ちサイト集 ・ Amazon人気順総覧2ちゃんねるビューワ
Page: [1]

題名
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存
累計 「本音のCAD・CAM」のトップページに戻る