Amazon ジャンル別売り上げ順総覧    お役立ちサイト集    サイトマップ ニュース速報版のトップ > 記事閲覧
【柏崎刈羽原発】 6・7号機、再稼働前提審査に合格
日時: 2017/10/04 19:21
名前: N/T

> 柏崎刈羽原発6・7号機 再稼働前提の審査に事実上合格
> 10月4日 12時06分
> 
> 新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所6号機と7号機の審査で原子力規制委員
> 会は、東京電力が示した安全対策が新しい規制基準に適合しているとして、
> 事実上、合格したことを示す審査書の案を取りまとめました。福島第一原発
> の事故を起こした東京電力の原発が再稼働の前提となる審査に事実上合格し
> たのは初めてです。
> 
> 4日開かれた原子力規制委員会では、柏崎刈羽原発6号機と7号機について、
> 東京電力が示した安全対策が新しい規制基準に適合しているとする審査書の
> 案について議論が行われました。
> 
> この中では、核燃料が冷やせなくなり、格納容器が壊れて放射性物質が外に
> 放出するといった重大事故の対策として、新たに設置した設備や対応の手順
> などが示され、規制委員会の5人の委員が全会一致で事実上の合格を意味す
> る審査書案を取りまとめました。
> 
> 福島第一原発の事故を起こした東京電力の原発が再稼働の前提となる審査に
> 事実上、合格したのは初めてで、福島第一原発と同じ沸騰水型と呼ばれる原
> 発でも初めてです。
> 
> 規制委員会は、今後、1か月間、一般からの意見募集を行った上で審査書を
> 正式に決定することにしています。しかし、新潟県の米山知事は、再稼働に
> 必要な地元の同意について、3年から4年かかるという原発事故の検証が終
> わるまで判断しない考えを示しています。
> 
> 柏崎刈羽原発の審査をめぐって規制委員会は、東京電力に原発を運転する適
> 格性があるか確認するというほかの原発の審査にはなかった異例の対応をし、
> 東京電力は、福島第一原発の廃炉に取り組む覚悟などを、事業者が守らなく
> てはならない「保安規定」に盛り込むことになります。
> 
> また、4日、委員会では、柏崎刈羽原発で導入された格納容器内で熱くなっ
> た水を海水で冷やし、再び、格納容器などに戻して循環させる事故の際の対
> 策が、内部の気体を放出して圧力を下げる「ベント」より有効だとして、今
> 後、沸騰水型の原発では同じ対策を求めるなど、規制基準を見直すことを決
> めました。

以下はソースをお読み下さい。↓NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171004/k10011167201000.html?utm_int=all_contents_just-in_001&nnw_opt=just-in_b
メンテ
お役立ちサイト集 ・ Amazon人気順総覧2ちゃんねるビューワ
Page: [1]

題名
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存
累計 「本音のCAD・CAM」のトップページに戻る