Amazon ジャンル別売り上げ順総覧    お役立ちサイト集    サイトマップ ニュース速報版のトップ > 記事閲覧
【戸籍開示】 早くも内容に疑惑
日時: 2017/07/19 19:24
名前: N/T

★【政治】蓮舫代表は国籍離脱について嘘をついている 1984年に失効したパスポートで国籍離脱の手続きはできない [07/19]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi?bbs=newsplus&key=1500452748&ls=50

> 1 名前: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 投稿日: 2017/07/19(水) 17:25:48.07 ID:???
> ★蓮舫代表は国籍離脱について嘘をついている --- 池田 信夫
> 7/19(水) 17:02配信
> 
> 奇妙なのは、彼女のパスポートが1984年7月15日に失効していることだ。
> 台湾政府の国籍喪失には現在有効な中華民国の旅券が必要なので、
> このパスポートでは国籍喪失の許可は下りない。
> 
> 一つの説明は彼女が有効なパスポートを提出した
> (2016年まで台湾パスポートを更新していた)ということだが、
> それでは1984年に失効したのはおかしい。
> 
> ここから先は推測だが、蓮舫事務所が台湾代表処に「政治的配慮」
> を求めたのではないか。彼女が二重国籍だということが確定すると
> 民進党代表の地位が危うくなるので、台湾政府が超法規的に旅券を更新し、
> 遡及して国籍喪失を認め、彼女はこの事実を口外しないという取引をしたのだろう。
> 
> しかしこの嘘は、辻褄が合わない。パスポートが1984年に失効していたら
> 2016年に国籍喪失の手続きはできないし、国籍喪失できたとすれば有効な
> パスポートをもっていたことになる。これは絶対絶命の二律背反だが、
> ただ一つ明らかなことがある:彼女は嘘をついているということだ。
> 
> https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170719-00010009-agora-pol
メンテ
お役立ちサイト集 ・ Amazon人気順総覧2ちゃんねるビューワ
Page: [1]

題名
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存
累計 「本音のCAD・CAM」のトップページに戻る