Amazon ジャンル別売り上げ順総覧    お役立ちサイト集    サイトマップ ニュース速報版のトップ > 記事閲覧
【朝日】 販売店の過酷労働
日時: 2017/04/07 19:15
名前: N/T

★【社会】「ヤマト過酷労働」スクープ 朝日新聞が書かない販売店の過酷労働 [04/07]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi?bbs=newsplus&key=1491542799&ls=50

> 1 名前: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 投稿日: 2017/04/07(金) 14:26:39.36 ID:???
> ★「ヤマト過酷労働」スクープ 朝日新聞が書かない販売店の過酷労働
> 2017年4月7日 5時59分 デイリー新潮
> 
> 〈ヤマト 巨額の未払い残業代〉
> 
> 朝日新聞の1面トップにこんなタイトルが躍ったのは3月4日のこと。
> 
> ところが、このスクープ記事を複雑な気持ちで読んだ人たちがいる。
> 他ならぬ朝日新聞の販売所の関係者だ。
> 
> 一般に新聞の販売所は、午前2時ごろに従業員が出勤し朝刊を配達する。
> それが終わるといったん退勤となり、夕刊のために再び午後1時ごろ出勤、
> 午後7〜8時が退社時間だ。朝刊から夕刊まで10時間以上の営業時間だが、
> これをシフト制にして8時間勤務にしている。
> 
> だが、首都圏の販売所(ASA)を経営していた元所長が言う。
> 
> 「新聞販売所は古紙回収業者やクレーム電話の対応などもこなさなくてはならない。
> ウチの従業員は20人いましたが、忙しすぎて朝刊から夕刊までの間に休むことができず、
> 定時退社だって年に1、2回で毎日残業は当たり前でした」
> 
> 問題は、その残業代がきちんと払われているかである。元所長のASAではタイムカードで
> 管理することになっていたが、打刻するのは出勤時だけ。あとは自己申告で規定の
> 時間内に収めることが常態化していた。サービス残業そのものではないか。
> 
> ■2週間休みなし
> 
> 別の元従業員が言う。
> 
> 「月5日と決められていた休みも、1、2日は返上して出勤しなくては間に合いません。
> 中には2週間近くもぶっ続けで働くケースもあった。しかも、ルールでは休日出勤には
> 通常の1・35倍の給料を払わなくてはならないのですが、ほとんどの従業員は知らされていない。
> 20年間ASAに勤めてきたから、未払いの残業代を合わせると凄い額になるはず」
> 
> こんなことが起きてしまうのも、販売所に人が集まらなくなっているからだ。
> 内部資料によると東京本社管内の専業従業員が1割以上減っており、
> 最近はベトナムやネパールなどから新聞奨学生を集めて働かせているのが実態だという。
> 
> しかも、ジャーナリストの出井康博氏によると、
> 
> 「外国人奨学生は正規に募集するほか、個人的な紹介の“準正規ルート”があり、
> 人手不足が深刻な中、ブローカー的な人たちも出てきている。
> さらには、日本人より賃金が安かったり、休みが少なかったりするケースもあります」
> 
> そこで朝日新聞に聞くと、
> 
> 「弊社の取引先である朝日新聞販売所(ASA)の労務環境は厳しさを増しており、
> 弊社としてもASAの労務環境を改善するための支援策などに取り組んでいます。
> 外国人奨学生の労働条件も含めて法令遵守を徹底するよう、ASAにお願いしています」(広報部)
> 
> http://news.livedoor.com/article/detail/12902333/
メンテ
お役立ちサイト集 ・ Amazon人気順総覧2ちゃんねるビューワ
Page: [1]

題名
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存
累計 「本音のCAD・CAM」のトップページに戻る