Amazon ジャンル別売り上げ順総覧    お役立ちサイト集    サイトマップ ニュース速報版のトップ > 記事閲覧
【政治】 中国が嫌がるオスプレイ飛行再開
日時: 2017/01/04 19:05
名前: N/T

★【政治】中国が嫌がるオスプレイ飛行再開「尖閣諸島防衛の切り札」 井上和彦氏「反対派は非科学的」 [01/04]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi?bbs=newsplus&key=1483514704&ls=50

> 1 名前: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 投稿日: 2017/01/04(水) 16:25:04.93 ID:???
> 2017.1.4 12:28
> ★中国が嫌がるオスプレイ飛行再開「尖閣諸島防衛の切り札」 井上和彦氏「反対派は非科学的」
> 
> 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが昨年12月19日に飛行再開したことを受け、
> 沖縄県の翁長雄志知事らは「到底容認できない」などと猛反発している。
> ただ、米軍は「(事故は乱気流などが原因で)機体自体の安全性は確認できた」という。
> 高い機動力と空輸力を持つ同機は「尖閣諸島防衛の切り札」といわれ、
> 中国が配備を嫌がっているという。(夕刊フジ)
> 
> 事故発生から6日後の飛行再開だが、民主党政権時代の2012年7月に北海道沖で
> 墜落したF16戦闘機は3日後、13年5月に沖縄県沖で墜落したF15戦闘機は2日後に
> 飛行再開した。
> 
> 民進党の大串博志政調会長は「拙速な飛行再開は沖縄県民の気持ちに寄り添っていない」
> と批判するが、今回の飛行停止期間が特別短いわけではない。
> 
> オスプレイの10万時間当たりの事故率は一昨年9月時点で2・64で、
> 他の海兵隊機も含めた平均値と変わりがない。
> 
> 同機には優れた点が多々ある。防衛省の資料によると、オスプレイは、米海兵隊が直前まで
> 沖縄に配備していたCH46中型輸送ヘリコプターと比べて、最大速度は時速約520キロで
> 約2倍、搭載量は約5700キロで約3倍、行動半径は約600キロで約4倍という。
> 
> http://www.sankei.com/politics/news/170104/plt1701040016-n1.html
> 
> 給油なしで沖縄から台湾北部を往復でき、給油1回で韓国南部や中国・上海を往復できるのだ。
> 中国の海上民兵が乗船した偽装漁船の尖閣上陸が懸念されるなか、当然、尖閣にも急行できる。
> 
> 軍事ジャーナリストの井上和彦氏は「オスプレイの事故率は海兵隊機の中でも低く、
> 退役したCH46の方がはるかに危ない。反対派の批判は非科学的で非現実的だ。
> 一部メディアの報道もひどい。オスプレイは尖閣危機や台湾有事、朝鮮半島有事の際、
> 海兵隊員を急派できる。これを中国は一番嫌がっている。オスプレイ反対運動の裏で、
> 中国関係者が動いているのは周知の事実だ」と語っている。
> 
> http://www.sankei.com/politics/news/170104/plt1701040016-n2.html
メンテ
お役立ちサイト集 ・ Amazon人気順総覧2ちゃんねるビューワ
Page: [1]

題名
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存
累計 「本音のCAD・CAM」のトップページに戻る