Amazon 通販商品 アクション

Amazon通販 アクション 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

DVD内の分類

日本映画内の詳細

日本映画
ドラマ
アクション
コメディ
青春
ラブロマンス
ミステリー・サスペンス
ホラー
SF
ファンタジー
特撮
戦争
時代劇
刑事
ヤクザ
メイキング
ドキュメンタリー
エロス
Deprecated Nodes
リング
仁義なき戦い
岸和田少年愚連隊
座頭市
必殺
極道の妻たち
濱マイク
男はつらいよ
網走番外地
金田一耕介
釣りバカ日誌
あぶない刑事
Vシネマ

トップ → DVD → 日本映画 → アクション


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
いぬやしき プラチナ・エディションBlu-ray

いぬやしき プラチナ・エディションBlu-ray(メーカー ポニーキャニオン )

発売日 2018-11-02  希望価格¥ 8,208 販売価格¥ 6,263
2018-8-20 の情報

レビューは有りません。

2 位
曇天に笑う 特別版 (初回限定生産) [DVD]

曇天に笑う 特別版 (初回限定生産) [DVD](メーカー 松竹 )

発売日 2018-09-12  希望価格¥ 6,264 販売価格¥ 4,656
2018-8-20 の情報

レビューは有りません。

3 位
曇天に笑う 特別版 (初回限定生産) [Blu-ray]

曇天に笑う 特別版 (初回限定生産) [Blu-ray](メーカー 松竹 )

発売日 2018-09-12  希望価格¥ 7,236 販売価格¥ 5,378
2018-8-20 の情報

レビューは有りません。

4 位
いぬやしき スタンダード・エディションDVD

いぬやしき スタンダード・エディションDVD(メーカー ポニーキャニオン )

発売日 2018-11-02  希望価格¥ 4,104 販売価格¥ 3,132
2018-8-20 の情報

レビューは有りません。

5 位
いぬやしき スタンダード・エディションBlu-ray

いぬやしき スタンダード・エディションBlu-ray(メーカー ポニーキャニオン )

発売日 2018-11-02  希望価格¥ 5,076 販売価格¥ 3,873
2018-8-20 の情報

レビューは有りません。

6 位
【Amazon.co.jp限定】トウキョウ・リビング・デッド・アイドル 豪華版(L判ブロマイド3枚セット付き) [DVD]

【Amazon.co.jp限定】トウキョウ・リビング・デッド・アイドル 豪華版(L判ブロマイド3枚セット付き) [DVD](メーカー ポニーキャニオン )

発売日 2018-11-02  希望価格 販売価格¥ 5,184
2018-8-20 の情報

レビューは有りません。

7 位
シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組

シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組(メーカー 東宝 )

発売日 2017-03-22  希望価格¥ 7,344 販売価格¥ 7,587
2018-8-20 の情報

★予約特典:チケットホルダー付★

8 位
図書館戦争 THE LAST MISSION プレミアムBOX [Blu-ray]

図書館戦争 THE LAST MISSION プレミアムBOX [Blu-ray](メーカー KADOKAWA / 角川書店 )

発売日 2016-03-25  希望価格¥ 9,504 販売価格¥ 4,752
2018-8-20 の情報

レビューは有りません。

9 位
【Amazon.co.jp限定】銀魂 ブルーレイ プレミアム・エディション(初回仕様/2枚組)(特典Disc1枚/先着購入特典「万事屋」大判ポストカード(3枚組)付き) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】銀魂 ブルーレイ プレミアム・エディション(初回仕様/2枚組)(特典Disc1枚/先着購入特典「万事屋」大判ポストカード(3枚組)付き) [Blu-ray](メーカー ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント )

発売日 2017-11-22  希望価格 販売価格¥ 8,000
2018-8-20 の情報

レビューは有りません。

10 位
太陽を盗んだ男 [DVD]

太陽を盗んだ男 [DVD](メーカー ショウゲート )

発売日 2006-06-23  希望価格¥ 2,700 販売価格¥ 1,873
2018-8-20 の情報

   ごくごく普通の中学教師が、プルトニウムを盗み出して自らの手で原爆を作り上げ、国家に挑戦していく姿を描いた、伝説の監督・長谷川和彦による反体制的ピカレスク・ロマン。一見荒唐無稽風でアラも多いが、それを凌駕(りょうが)する映画のパワーに満ち満ちている快作であり、20世紀を代表する日本映画の1本にこれを推す者も多い。
   特に、前半の原爆を製造する際の描写が秀逸だ。いつもフーセンガムをふくらませている頼りなげな犯人を沢田研二が好演。また、彼が要求する事項が「TVのナイター中継を最後まで見せろ(79年当時は、放映時間が定められていたのだ)」とか「ローリングストーンズを日本に呼べ(当時、彼らは麻薬所持のせいで日本に入国できなかった)」と、何とも時代の空気を感じさせる。対する体制側には菅原文太というキャスティングの意外性もおもしろい。(的田也寸志)

該当データが有りませんでした