Amazon通販 思想 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

ノンフィクション内の詳細

ノンフィクション
思想・社会
思想
国際情勢
軍事問題
 戦争
  陸軍
  海軍
  学徒出陣
  特攻隊
  空襲
  原子爆弾
  強制連行・強制労働
  抑留・捕虜
  虐殺
  ナチス
  ベトナム戦争
  戦争犯罪
  その他
 法律
 弁護士
 民事裁判
 刑事裁判
 労働問題
 エコロジー
 その他
 思想・社会 全般
事件・犯罪
事件一般
警察・FBI
暴力団・マフィア
麻薬
殺人
事故
ストーカー
少年犯罪
戦争犯罪
裁判
死刑問題
犯罪者
その他
事件・犯罪 全般
歴史・地理・旅行記
 歴史
  日本史
  東洋史
  西洋史
  戦争
  人物評伝
  その他
 地理・地誌
 紀行文・旅行記
 歴史・地理・旅行記 全般
ビジネス・経済
企業・経営
起業・開業
金融・銀行
 世界経済
  アジア
  ヨーロッパ
  アメリカ
  その他の地域
 自伝・伝記
 その他
 ビジネス・経済 全般
科学
動物・植物
医学
精神医学
闘病記
エイズ
終末期医療
医療過誤
医療訴訟
科学史・科学者
その他
科学 全般
アート・エンターテイメント
アート・芸術
J-POP
海外のロック・ポップス
その他の音楽
演劇・舞台
映画
その他のエンターテイメント
アーティスト評伝
音楽家・ミュージシャン評伝
芸能人評伝
アート・エンターテイメント 全般
実用・暮らし・スポーツ
冠婚葬祭・マナー
美容・ダイエット
恋愛・結婚
子育て
スポーツ
スポーツマン評伝
実用・暮らし・スポーツ 全般
語学・教育
語学習得
留学
育児
早期教育
保育園・幼稚園
 学校教育
  小学校
  中学校
  高校
 受験・入試
 障害児教育
 教師
 教育者評伝
 その他
 語学・教育 全般
自伝・伝記
歴史上の人物
経済人
科学者
教育者
犯罪者
アーティスト
音楽家・ミュージシャン
芸能人
スポーツマン
自伝・伝記 全般
著者別
 あ行
  阿部寿美代
  家田荘子
  伊佐千尋
  イザヤ・ベンダサン
  石川好
  井田真木子
  猪瀬直樹
  上前淳一郎
  宇佐美承
  尾川正二
  落合信彦
 か行
  加藤昭
  鎌田慧
  木村治美
  桐島洋子
  神坂次郎
  小坂井澄
  後藤正治
  小林峻一
  小林照幸
  小堀桂一郎
  近藤紘一
 さ行
  櫻井よしこ
  佐々淳行
  佐高信
  佐藤正明
  佐貫亦男
  佐野眞一
  澤地久枝
  重兼芳子
  杉浦明平
  杉山隆男
  鈴木明
  袖井林二郎
  沢木耕太郎
 た行
  高山文彦
  立花隆
  千葉敦子
  塚本哲也
  柘植久慶
  角田房子
  ドウス昌代
 な行
  中津燎子
  中薗英助
  中野不二男
  中村紘子
  西倉一喜
  野村進
  野田正彰
 は行
  萩原遼
  橋本克彦
  早瀬圭一
  春名徹
  ハロラン芙美子
  久田恵
  平松剛
  広瀬隆
  深田祐介
  船戸与一
  辺見じゅん
  辺見庸
  星野道夫
  星野博美
  堀田善衛
 ま行
  松原惇子
  溝口敦
  三好徹
  村上春樹
  森まゆみ
 や・ら・わ行
  柳田邦男
  山際淳司
  山崎朋子
  山平重樹
  吉田司
  吉田敏浩
  吉永みち子
  吉野せい
  吉村昭
  米原万里
 ノンフィクション 全般

トップ → 和書 → ノンフィクション → 思想


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
哲学と宗教全史

哲学と宗教全史(メーカー ダイヤモンド社 出口 治明)

発売日 2019-08-08  希望価格¥ 2,592 販売価格¥ 2,592
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

2 位
反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」(メーカー KADOKAWA 草薙龍瞬)

発売日 2015-07-29  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

悩みは「消す」ことができる。そしてそれには「方法」がある――ブッダの「超合理的で、超シンプル」な教えを日常生活に活かすには? 注目の“独立派”出家僧が原始仏教からひもとく“役に立つ仏教”。
本書のオーディオブック版も好評発売中!特典として、草薙龍瞬本人が朗読したメッセージ付き。

3 位
在野研究ビギナーズ――勝手にはじめる研究生活

在野研究ビギナーズ――勝手にはじめる研究生活(メーカー 明石書店 荒木 優太)

発売日 2019-09-06  希望価格 販売価格¥ 1,944
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

4 位
現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)(メーカー 筑摩書房 渋沢栄一)

発売日 2014-01-10  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。「利潤と道徳を調和させる」という、経済人がなすべき道を示した『論語と算盤』は、すべての日本人が帰るべき原点である。明治期に資本主義の本質を見抜き、経営、労働、人材育成の核心をつく経営哲学は色あせず、未来を生きる知恵に満ちている。

5 位
夜と霧 新版

夜と霧 新版(メーカー みすず書房 ヴィクトール・E・フランクル)

発売日 2002-11-05  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

〈わたしたちは、おそらくこれまでのどの時代の人間も知らなかった「人間」を知った。では、この人間とはなにものか。人間とは、人間とはなにかをつねに決定する存在だ。人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかし同時に、ガス室に入っても毅然として祈りのことばを口にする存在でもあるのだ〉

「言語を絶する感動」と評され、人間の偉大と悲惨をあますところなく描いた本書は、日本をはじめ世界的なロングセラーとして600万を超える読者に読みつがれ、現在にいたっている。原著の初版は1947年、日本語版の初版は1956年。その後著者は、1977年に新たに手を加えた改訂版を出版した。
世代を超えて読みつがれたいとの願いから生まれたこの新版は、原著1977年版にもとづき、新しく翻訳したものである。
私とは、私たちの住む社会とは、歴史とは、そして人間とは何か。20世紀を代表する作品を、ここに新たにお贈りする。

6 位
愛するということ 新訳版

愛するということ 新訳版(メーカー 紀伊國屋書店 エーリッヒ・フロム)

発売日 1991-03-25  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

愛は技術であり、学ぶことができる――
私たち現代人は、愛に渇えつつも、現実にはエネルギーの大半を、
成功、威信、金、権力といった目標のために費やし、
愛する技術を学ぼうとはしない。

愛とは、孤独な人間が孤独を癒そうとする営みであり、
愛こそが現実の社会生活の中で、より幸福に生きるための最高の技術である。

◆各界の方々からのメッセージ


「愛」を、学術的に学ぶ本。
解剖・分解され、構築される愛のメソッド。
本能として持ち合わせた愛を、いったいどれだけ言葉で表せるのだろう。
愛されるのではなく、愛する技術とは? 生きるためのヒントがつまっている。

岡崎武志
現代は「愛」が消費材のように叩き売られる時代。
半世紀も前にフロムは、「愛」は「幸福に生きるための最高の技術」と断言。
その修練のために「信じる」ことの必要性を説いた。かくも「愛」は困難だ。

姜尚中
愛に飢えながら、愛を語りえないわたしたちの不幸。それは、愛が歪んだナルシシズムと利己心の別名になっているからだ。
愛するということは、自己への信頼と他人の可能性への信頼にもとづく最も人間らしい技術にほかならないことを知ったとき、愛は輝きを増し、そしてわたしの希望となった。本書によってわたしは救われたのだ。

菊地成孔
「愛ってこんなに面倒くさいものなの?」と思うでしょうけれども、こんなに面倒くさいんです。
あらゆる愛の実践が、歌の歌詞だけになってしまった現代に残された、今となっては喰えないぐらいにキツイ本です。
「ずっとそばにいるよ」とか「声聞けないと死にそうだよ」とかいった言葉に本気でグッと来るような人は、読まない方が良いかもしれません。

辛酸なめ子
愛に迷った時、求めても得られなくて絶望にかられた時、この本の愛についての理性みなぎる文章に触れるとたちまち精神が鎮静化します。

谷川俊太郎
『愛するということ』を、若いころは観念的にしか読んでいなかった。
再読してフロムの言葉が大変具体的に胸に響いてくるのに驚いた。
読む者の人生経験が深まるにつれて、この本は真価を発揮すると思う。

土井英司
人を動かす秘訣を学びたいなら、100冊のマネジメント本を読むより、このフロムの名著を読むといい。
たった一つの原則――愛とは対象の問題ではなく、愛する能力の問題である――を知るだけで、うまくいくはずだ。

夏木マリ
いくつになっても愛についてのメカニズムに答えはないと思っていた。
著者は「愛は技術だ」と言い切る。人を愛する技術。そういえば、こんな私も…、人を愛して隣人に優しくなれたような気もしている。
そんな時、自己成長を体感しているような気もしている。
「人を愛することは自分を知ること」 この本が明解に導いてくれた。

新浪剛史
本当の愛とは何かを考えれば、人生も、真に企業が歩むべき道も見えてくるのだと思います。

西村佳哲
人が人生を通じて触れつづけていたいものは愛、と語る言葉に時々出会う。
そうかもしれないと思うし、あまりに大事な話で、言葉にしたくないとも思う。
この本はそれを言葉にしているわけですが、生涯を通じて何度も読み返したい。そんな一冊です。

日野原重明
私は本書を読み、「技術を習得する過程として、1.理論に精通すること、2.習練に励むこと、3.その技術を習得することが究極の関心事にならなければならない」という言葉に接し、これが医学にも音楽にも通じることに気づき、強い感動を覚え、臨床医や看護・介護職の方々にこの本を読むことを勧めている。

松浦弥太郎
愛とは、自然と涙が流れること。愛するとは、すべてを信じることから学ぶ、工夫と発案に満ちた無償の生き方である。
本書は現代人が欲望と引き換えに失った、人間らしさに立ち返るヒントに満ちた一冊といえよう。

宮台真司
愛とは、
愛される〈体験〉ではなく、
恋に落ちる〈体験〉でさえもなく、
喜びを与える〈行為〉たるがゆえに、
磨かれるべき「技術」を要するという本書は、
何度読んでも、そう、そうだったはずだとの気付きをもたらす。

森まゆみ
初読の学生時代、私はカップルの片われで、「愛されること」ばかり考えていた。
結婚、出産、育児、離婚、市民運動、更年期障害、老いの自覚を経て再読し、この本が何百倍も広く深い、生きる意味を照らす鏡であると思えてきた。

山田太一
出回っている陳腐な愛で諦めている人に、修練を積めば、もっとましな愛、ましな人生、ましな世界を手にすることが出来るのではないか、といっている本です。

7 位
「私」は脳ではない 21世紀のための精神の哲学 (講談社選書メチエ)

「私」は脳ではない 21世紀のための精神の哲学 (講談社選書メチエ)(メーカー 講談社 マルクス・ガブリエル)

発売日 2019-09-12  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

今、世界で最も注目を浴びる哲学者マルクス・ガブリエル。大ヒット作『なぜ世界は存在しないのか』の続編にして、一般向け哲学書「三部作」の第2巻をなす注目の書が日本語で登場です。前作と同様に目を惹きつけられる書名が伝えているように、本書が取り上げるのは昨今ますます進歩を遂げる脳研究などの神経科学です。それは人間の思考や意識、そして精神は空間や時間の中に存在する物と同一視できると考え、その場所を特定しようと努めています。その結果は何かといえば、思考も意識も精神も、すべて脳という物に還元される、ということにほかなりません。でも、そんな考えは「イデオロギー」であり、「誤った空想の産物」にすぎない、というのがガブリエルの主張です。「神経中心主義」と呼ばれるこのイデオロギーは、次のように主張します。「「私」、「意識」、「自己」、「意志」、「自由」、あるいは「精神」などの概念を理解したいのなら、哲学や宗教、あるいは良識などに尋ねても無駄だ、脳を神経科学の手法で―─進化生物学の手法と組み合わせれば最高だが―─調べなければならないのだ」と。本書の目的は、この考えを否定し、「「私」は脳ではない」と宣言することにあります。その拠り所となるのは、人間は思い違いをしたり非合理的なことをしたりするという事実であり、しかもそれがどんな事態なのかを探究する力をもっているという事実です。これこそが「精神の自由」という概念が指し示すことであり、「神経中心主義」から完全に抜け落ちているものだとガブリエルは言います。したがって、人工知能が人間の脳を超える「シンギュラリティ」に到達すると説くAI研究も、科学技術を使って人間の能力を進化させることで人間がもつ限界を超えた知的生命を実現しようとする「トランスヒューマニズム」も、「神経中心主義」を奉じている点では変わりなく、どれだけ前進しても決して「精神の自由」には到達できない、と本書は力強く主張するのです。矢継ぎ早に新しい技術が登場してはメディアを席捲し、全体像が見えないまま、人間だけがもつ能力など存在しないのではないか、人間は何ら特権的な存在ではないのではないか……といった疑念を突きつけられる機会が増している今、哲学にのみ可能な思考こそが「精神の自由」を擁護できるのかもしれません。前作と同様、日常的な場面や、テレビ番組、映画作品など、分かりやすい具体例を豊富に織り交ぜながら展開される本書は、哲学者が私たちに贈ってくれた「希望」にほかならないでしょう。[本書の内容]序 論I 精神哲学では何をテーマにするのか?II 意 識III 自己意識IV 実のところ「私」とは誰あるいは何なのか?V 自 由

8 位
武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50(メーカー KADOKAWA 山口 周)

発売日 2018-05-18  希望価格 販売価格¥ 1,728
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

9 位
人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版(メーカー 創元社 D・カーネギー)

発売日 2016-01-20  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

500万部を超える公式版から主要部分を集約した文庫エッセンシャル版

あらゆる自己啓発書の原点となったデール・カーネギー不朽の名著。人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則を、長年にわたり丹念に集めた実話と、実践で磨き上げた事例を交え説得力豊かに説き起こす。深い人間洞察とヒューマニズムを根底に据え、人に好かれて人の心を突き動かすための行動と自己変革を促す感動の書。1936年の初版刊行以来、改訂が施されてきた現行の公式版である『新装版 人を動かす』から本編30章を収載した。

10 位
生きづらさについて考える

生きづらさについて考える(メーカー 毎日新聞出版 内田 樹)

発売日 2019-08-24  希望価格 販売価格¥ 1,728
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

11 位
「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版(メーカー 文響社 シェリー・ケーガン)

発売日 2019-07-12  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

余命宣告を受けた学生が、
“命をかけて”受けたいと願った伝説の授業の完全翻訳版!

--人は必ず死ぬ。だからこそ、どう生きるべきか

※本書の第1講、第8講~第15講、「死についての最終講義」は、
『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義〔日本縮約版〕』と同内容です。
第2講~第7講の追加に伴い、原書に従う形で一部を再編集しております。

12 位
漫画 君たちはどう生きるか

漫画 君たちはどう生きるか(メーカー マガジンハウス 吉野源三郎)

発売日 2017-08-24  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

人間としてあるべき姿を求め続ける
コペル君とおじさんの物語。
出版後80年経った今も輝き続ける
歴史的名著が、初のマンガ化!

1937年に出版されて以来、
数多くの人に読み継がれてきた、
吉野源三郎さんの名作「君たちはどう生きるか」。
人間としてどう生きればいいのか、
楽しく読んでいるうちに
自然と考えるように書かれた本書は、
子供はもちろん
多くの大人たちにも
共感をもって迎えられてきました。
勇気、いじめ、貧困、格差、教養、、、
昔も今も変わらない人生のテーマに
真摯に向き合う
主人公のコペル君と叔父さん。
二人の姿勢には、生き方の指針となる言葉が
数多く示されています。
そんな時代を超えた名著が、
原作の良さをそのままに、
マンガの形で、今に蘇りました。
初めて読む人はもちろん、
何度か読んだことのある人も、
一度手にとって、
人生を見つめ直すきっかけに
してほしい一冊です。

13 位
マルクス・アウレーリウス 自省録 (岩波文庫)

マルクス・アウレーリウス 自省録 (岩波文庫)(メーカー 岩波書店 神谷 美恵子)

発売日 2007-02-16  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

あたかも一万年も生きるかのように行動するな.生きているうちに,許されている間に,善き人たれ──ローマ皇帝でストア派の哲人マルクス・アウレーリウス(121-180).多端な公務に東奔西走しつつ,透徹した目で自らを内省した記録は,古来,数知れぬ人々の心の糧となってきた.神谷美恵子の清冽な訳文に,新たな補注を加えた.(改版)

14 位
正義の教室

正義の教室(メーカー ダイヤモンド社 飲茶)

発売日 2019-06-19  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

30人の幼児と自分の娘、どちらを助ける?

ソクラテス、プラトン、ベンサム、
キルケゴール、ニーチェ、ロールズ、フーコーetc。

人類誕生から続く「正義」を巡る論争の決着とは?

★佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)
「抜群に面白い。サンデル教授の正義論よりもずっとためになる」


本書の舞台は、いじめによる生徒の自殺をきっかけに、
学校中に監視カメラを設置することになった私立高校。

平穏な日々が訪れた一方で、「プライバシーの侵害では」と
撤廃を求める声があがり、生徒会長の「正義(まさよし)」は、
「正義とは何か?」について考え始めます……。

物語には、「平等」「自由」そして「宗教」という、
異なる正義を持つ3人の女子高生
(生徒会メンバー)が登場。
交錯する「正義」。ゆずれない信念。トラウマとの闘い。
個性豊かな彼女たちとのかけ合いをとおして、
正義(まさよし)が最後に導き出す答えとは! ?

★登場人物
■主人公
今中正義(いまなか・まさよし)
生徒会長。名前の影響で、正義感の強い男の子であったが、
真面目に正義を唱えているうちにクラスメイトから無視され、
イジメを受けた経験を持つ。したがって、正義や道徳に対して
ニヒル(懐疑的)な面もあるが、基本的にお人よし。

■それぞれの「正義」を持つ3人の女の子たち
最上千幸(もがみ・ちゆき):会計・功利主義・幼馴染
「最大多数の最大幸福」を信条としており、
あらゆることに「ハッピーポイント(幸福値)」を計算し、
その合計値が高い方を正義と主張する女の子。

リバティ・自由(みゆう)・フリーダム:書記・自由主義・帰国子女
自由は人間に与えられた権利であり、それを守るものが正義、
それを害する(制限する)ものが悪だと考える女の子。
お金持ちのお嬢様で、まったく自由のない家に生まれており、
そのため自由に対して固執し、自由を阻害する発言には徹底的に攻撃する。

徳川倫理(とくがわ・りんり):副会長・直観主義・和風
絵に描いたような道徳的な優等生で、平等や自由よりも、
美徳(正義らしい行い)を求める女の子。
しかし、それは独善的だと周囲から追い詰められる場面も。
口癖は「それは倫理的に問題ありません(があります)」。
正義(まさよし)からは、それは「自分的には問題ない」って
意味だろうか、と心の中でつっこまれている。

■先生
風祭封悟(かざまつりふうご)
倫理の授業の先生。スキンヘッド。色眼鏡。タートルネック。
生徒たちに、倫理学の基礎、そして問題点について教える。

★本文より抜粋
人間が持つ3種類の「正義の判断基準」、
それは「平等、自由、宗教」の3つだ。

意外にあっさりとした答えだった。
本当にそんなものなのかな。

本当にこの3つだけなのか? そう疑問に思う人もいるだろう。
だが、少し視野を広げて、世界レベルで考えてみてほしい。
実際のところ世界を見渡せば、「平等」を尊重する国、
「自由」を尊重する国、「宗教」を尊重する国の3種類があり、
それぞれが自国の正義を訴え、いがみ合っている
ことに気づくはずだ。

15 位
史上最強の哲学入門 (河出文庫)

史上最強の哲学入門 (河出文庫)(メーカー 河出書房新社 飲茶)

発売日 2015-11-05  希望価格 販売価格¥ 799
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

16 位
具体と抽象

具体と抽象(メーカー dZERO(インプレス) 細谷 功)

発売日 2014-11-27  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

17 位
Newton別冊『ゼロからわかる人工知能』 (ニュートン別冊)

Newton別冊『ゼロからわかる人工知能』 (ニュートン別冊)(メーカー ニュートンプレス )

発売日 2018-04-18  希望価格 販売価格¥ 1,620
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

18 位
なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか? アマゾンに勝つ!  日本企業のすごいマーケティング (光文社新書)

なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか? アマゾンに勝つ! 日本企業のすごいマーケティング (光文社新書)(メーカー 光文社 田中道昭)

発売日 2019-08-20  希望価格¥ 1,080 販売価格¥ 1,080
2019-9-20 の情報

レビューは有りません。

19 位
「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義(メーカー 文響社 シェリー・ケーガン)

発売日 2018-10-05  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

イェール大学で23年連続の人気講義が、ついに日本上陸!

――人は必ず死ぬ。だからこそ、どう生きるべきか――

なぜ、余命宣告をされた学生は、
最後に“命をかけて”、
この講義を受けたのか!?

死を通すことでますます「生」が輝きを増す、世界的名著!

20 位
奴隷の哲学者エピクテトス 人生の授業――この生きづらい世の中で「よく生きる」ために

奴隷の哲学者エピクテトス 人生の授業――この生きづらい世の中で「よく生きる」ために(メーカー ダイヤモンド社 荻野 弘之)

発売日 2019-09-11  希望価格 販売価格
2019-9-20 の情報

奴隷が奴隷でありながら、いかに真の自由を手にするか――。
異色の古代哲学者エピクテトスから学ぶ、
不惑の生き方、考え方!

マルクス・アウレリウス、ニーチェ、アラン、パスカル、夏目漱石、など、
古今東西、様々な立場の違いや時代を超えて、
多くの人々に影響を与え続けた「エピクテトス」。

彼は、真の自由を得るために、
・「我々次第であるもの(自分がコントロールできるもの)」
・「我々次第でないもの(コントロールできないもの)」
の境界を明確に定め、
認識、欲求、人間関係の見方を正すことを説きました。

本書では、彼の残した言葉から
その思想を読み解き、漫画とともにわかりやすく解説。

◆感情に振り回されないためにはどうすべきか 
◆人間関係に思い悩まないための考え方とは 
◆自らの境遇をどう捉え、どう生き抜くか 
◆真の意味で「自由に生きる」とはどういうことか 

その思想からは、人生の節々で感じる「生きづらさ」を解消するヒントが学べます。
そして、自分の人生について改めて考え直すきっかけともなるはずです。

【本書の目次】
第1部 認識を正す――「我々次第であるもの」とは何か
第2部 感情の奴隷から脱する
第3部 人間関係のしがらみから自由になる 
第4部 真に成長し、よく生きる