Amazon通販  平松剛 人気順総覧

本文へ本音のCAD・CAM独学で学ぶエクセルお役立ちリンク集携帯版アマゾン 通販商品総覧site map

Amazonのカテゴリ

   -- トップに戻る --

和書内の分類

ノンフィクション内の詳細

ノンフィクション
思想・社会
思想
国際情勢
軍事問題
 戦争
  陸軍
  海軍
  学徒出陣
  特攻隊
  空襲
  原子爆弾
  強制連行・強制労働
  抑留・捕虜
  虐殺
  ナチス
  ベトナム戦争
  戦争犯罪
  その他
 法律
 弁護士
 民事裁判
 刑事裁判
 労働問題
 エコロジー
 その他
 思想・社会 全般
事件・犯罪
事件一般
警察・FBI
暴力団・マフィア
麻薬
殺人
事故
ストーカー
少年犯罪
戦争犯罪
裁判
死刑問題
犯罪者
その他
事件・犯罪 全般
歴史・地理・旅行記
 歴史
  日本史
  東洋史
  西洋史
  戦争
  人物評伝
  その他
 地理・地誌
 紀行文・旅行記
 歴史・地理・旅行記 全般
ビジネス・経済
企業・経営
起業・開業
金融・銀行
 世界経済
  アジア
  ヨーロッパ
  アメリカ
  その他の地域
 自伝・伝記
 その他
 ビジネス・経済 全般
科学
動物・植物
医学
精神医学
闘病記
エイズ
終末期医療
医療過誤
医療訴訟
科学史・科学者
その他
科学 全般
アート・エンターテイメント
アート・芸術
J-POP
海外のロック・ポップス
その他の音楽
演劇・舞台
映画
その他のエンターテイメント
アーティスト評伝
音楽家・ミュージシャン評伝
芸能人評伝
アート・エンターテイメント 全般
実用・暮らし・スポーツ
冠婚葬祭・マナー
美容・ダイエット
恋愛・結婚
子育て
スポーツ
スポーツマン評伝
実用・暮らし・スポーツ 全般
語学・教育
語学習得
留学
育児
早期教育
保育園・幼稚園
 学校教育
  小学校
  中学校
  高校
 受験・入試
 障害児教育
 教師
 教育者評伝
 その他
 語学・教育 全般
自伝・伝記
歴史上の人物
経済人
科学者
教育者
犯罪者
アーティスト
音楽家・ミュージシャン
芸能人
スポーツマン
自伝・伝記 全般
著者別
 あ行
  阿部寿美代
  家田荘子
  伊佐千尋
  イザヤ・ベンダサン
  石川好
  井田真木子
  猪瀬直樹
  上前淳一郎
  宇佐美承
  尾川正二
  落合信彦
 か行
  加藤昭
  鎌田慧
  木村治美
  桐島洋子
  神坂次郎
  小坂井澄
  後藤正治
  小林峻一
  小林照幸
  小堀桂一郎
  近藤紘一
 さ行
  櫻井よしこ
  佐々淳行
  佐高信
  佐藤正明
  佐貫亦男
  佐野眞一
  澤地久枝
  重兼芳子
  杉浦明平
  杉山隆男
  鈴木明
  袖井林二郎
  沢木耕太郎
 た行
  高山文彦
  立花隆
  千葉敦子
  塚本哲也
  柘植久慶
  角田房子
  ドウス昌代
 な行
  中津燎子
  中薗英助
  中野不二男
  中村紘子
  西倉一喜
  野村進
  野田正彰
 は行
  萩原遼
  橋本克彦
  早瀬圭一
  春名徹
  ハロラン芙美子
  久田恵
  平松剛
  広瀬隆
  深田祐介
  船戸与一
  辺見じゅん
  辺見庸
  星野道夫
  星野博美
  堀田善衛
 ま行
  松原惇子
  溝口敦
  三好徹
  村上春樹
  森まゆみ
 や・ら・わ行
  柳田邦男
  山際淳司
  山崎朋子
  山平重樹
  吉田司
  吉田敏浩
  吉永みち子
  吉野せい
  吉村昭
  米原万里
 ノンフィクション 全般

トップ → 和書 → ノンフィクション →  平松剛


表示が遅い場合は少々お待ち下さい

1 位
光の教会―安藤忠雄の現場

光の教会―安藤忠雄の現場(メーカー 建築資料研究社 平松 剛)

発売日 2000-12-01  希望価格 販売価格¥ 2,052
2019-8-24 の情報

   建築家安藤忠雄の代表作の1つに、大阪府茨木市の日本基督教団茨木春日丘教会がある。コンクリート打ち放し。直方体の箱のようなシンプルな教会堂。十字架の形をした窓が正面の壁いっぱいにくりぬかれ、そこから太陽の光が内部に差し込む。明るい光とほの暗い室内のつくり出すドラマチックな対照。「光の教会」とよばれるゆえんである。

   本書はこのユニークな教会堂がどのようにして構想され、設計、施工されたかを丹念にたどったノンフィクションだ。大学院で建築構造学を学び、構造設計事務所で実務を経験した著者の筆により、読者は建築の現場で何が行われているのかを実感することができる。コンクリートの軟らかさが少し違うだけで、どれだけ工程に影響するのか。なぜ建築家はその違いにこだわるのかといったことが、誰にもわかりやすく語られる。また、安藤のラフなアイデアがスタッフの手によって設計図にまとめられ、それを施工業者が工事現場で実際につくっていく過程が臨場感たっぷりに描かれる。

   とはいえ、本書が建築の技術面に偏っているかといえばそうではない。1つの建物ができあがるまでには、何人もの人々がさまざまな立場からかかわるのであり、そこには人間くさいドラマが生まれる。安藤と彼のスタッフ、牧師と主だった教会員からなる建築委員会、そして施工業者が互いにどのような会話を交わし、何を考えていたかについての著述も十分な量を与えられている。ストレートにものを言い、次々に大胆なアイデアを発想する安藤という魅力的な人物なしにこの本は考えられないが、周囲の人物もそれぞれ重要な役割を演じている。第32回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。(松本泰樹)

これ以上はデータが有りませんでした